ブログパーツ

萌芽 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.5「自転車異種格闘技場!!」 感想




順調に滑り出したと思える新生総北だったが、今泉は3年生が抜けてチーム全体のレベルが下がることを懸念していた。そして鳴子に対して、チームが勝つためにオールラウンダーになれと言い放つ。自分はスプリンターであると反発しつつも、先輩の抜けた穴の大きさを痛感していた鳴子は、ある決意を胸に地元大阪に向かう。一方、総北の練習に1人の中学生が参加する。
[STAFF]
脚本 久尾 歩
コンテ あきとし
演出 黒田晃一郎
作監 渡邊一平太 はしもとかつみ



チームの為とはいえオールラウンダー転向は鳴子にとっては受け入れ難い話。
定時への対応といい今泉はいささか気負いすぎじゃね?
小野田を基準にしたら並の新人は期待外れだろうし、見切りをつけるのが早すぎるよ。
ってか監督は何をやってるんだ。新人の指導はあんたの仕事じゃないかな。

スポーツ作品のコピー系キャラって生来の身体特質に依拠する技は模倣出来ない事が多いが、小野田のケイデンスは常人には無理。葦木場のメトロノームダンシングの方がまだ合ってるかも。
定時が総北の6人目なんだろうか。

分岐点に立たされた鳴子の前に現れた御堂筋君。
鳴子にはスプリンターを貫いてほしいけど御堂筋君の相手は正直厳しいか?

Cパート
オタ泉君……
まあ、駅伝ランナーにオタクが多いのは有名な話だしフィギアのメドベージェワはキスクラ聖地巡礼するくらいのユーリファンだし。





テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

突き進む栄光と破滅の道 幼女戦記 第伍話「はじまりの大隊」 感想




大戦の最中、僅か数十名の部隊で大公国を壊滅寸前にまで追いつめた集団があった。その名は、サラマンダー。辛うじて戦争に勝利した合衆国は、彼等の力を恐れ、懐柔に乗り出した。 今、本当の白銀を知る者は少ない。


ターニャは軍大学を優秀な成績で卒業し、ゼートゥーアが立案した即応の航空魔導大隊を任されることになった。即応部隊の大隊長ともなれば、最前線での激戦は免れない。後方の安全な勤務を望むターニャは、どうにか部隊編成を遅らせようと、様々な策を弄して志願兵を不合格にする。だが本人の意に反して、ターニャの下には次々と兵士たちが集まってくる。おまけに参謀本部からは、大隊の編成を急げとの指示。もはや逃げ道のなくなったターニャは、内心で多くの脱落者が出ることを願いながら、志願兵を再教育するとの名目で、極寒のアルペン山脈における過酷な実地訓練を開始する。その頃、帝国南方に位置するダキア大公国に、大規模動員の兆しがあった。



脚本:猪原健太 絵コンテ:サトウシンジ 演出:高村雄太 作画監督:牧孝雄


架空将校のグレゴリオ・フォン・ターナー大佐。
目が死んでるってか目線がおかしい。確かに違和感ある。

前回の感想をネットで見て回ってたら一部でゼートゥーア閣下が黒い人物だと思われてて悲しい。
違うんだ。閣下は孫にプレゼントを贈る祖父のように善意オンリーなんだ。
ただKOS-MOSが欲しい子に邪神モッコスを贈っちまったくらいの悲しいすれ違いなのだ。ウィトゲンシュタインの気持ちになるですよ。

憲兵を借りてくるのは原作ではデグさんの指示だったけどアニメではヴィーシャが有能になってるな。
スコップを手に取って穴を掘る判断の迅速さは流石ライン帰りと思わせるが、デグさんはそれ以上に苛烈だった。
各国の訓練のごった煮の結果、どこに出しても恥ずかしくない戦争狂の群が完成。やってる事は大体フルメタのラグビー部と同じである。

始まりの大隊ってどっかの伍長が言及してた最後の大隊(ラストバタリオン)を意識したのかな。

とうとう三国目と戦争開始。
攻められたから反撃してるだけなのにブリカスや米帝、コミ―に危険視される帝国可哀想。

48名の増強大隊で3個師団5万の相手。包囲殲滅陣で勝利の絵を描かなきゃ。

ダキアは史実のルーマニア。この頃のルーマニア軍は本当に脆弱だからなぁ。マジボーイスカウトレベル。
あっ、これCivilizationで見た光景だ!
鎧袖一触という言葉がぴったりだが、この大勝利によって帝国は更なる泥沼に……

古いドクトリンに従って敵前逃亡未遂のヴァイスに見られるように帝国もパラダイムシフトに対応出来てない。
だからこそ現実でも駐在武官やら観戦武官を派遣して戦訓を積むんだけど、この時期は航空機や魔導師という新たな兵科が生まれて戦争の形態が大きく変わってるんだよな。ノルデンやラインの状況を詳しく知っている筈のレルゲン中佐ですら航空兵力の優位性による戦力差を認識出来てなかったし。

未来知識のあるデグさんはノリノリだけども。漫画じゃ未来日記の我妻由乃みたいな恍惚顔になってたし。
「空に我に仇なす敵航空戦力不在?」

そういやストライクウィッチーズにもダキアがあったな。
第505のコンスタンティア・カンタクジノ予備大尉さえいればこんな体たらくは晒さなかったろうに……アレクサンドラ・シェルバネスク中尉もモデルはルーマニアの人だよね。

デグさん、まずは一度目の首都襲撃。
戦時国際法を遵守するデグさんは理知的な軍人の鑑。
市街戦になっても市民は巻き込まずパルチザンだけ排除するもんね。
まあ、保身を考えずとも終戦時に超時空太閤や超時空総理的な存在となったあの人が全ての罪を背負っていく訳だけど……

「せんせい。ぼくたち、わたしたちは、こくさいほうにのっとり、せいせいどうどう、せんそうすることを、ちかいます」
「けいこくします」がアニメで聞けて満足。
国際法を守らず奇襲する気満々だった部下達に呆れてたデグさんだけど、当人も子供の演技で油断させる辺り大概。マンチ気質というか。

火竜が大空に羽ばたき、その息吹でダキアは灰燼に帰した。
敵国魔導師や歩兵はご愁傷様という他ない。二〇三航空魔導大隊はJV44や343航空隊、ガンダムで言うならキマイラ隊みたいなもんだから。

第二中隊中隊長マテウス・ヨハン・ヴァイス(CV濱野大輝)
第三中隊中隊長ヴィリバルト・ケーニッヒ(CV笠間淳)
第四中隊中隊長ライナー・ノイマン(CV林大地)
グランツ君もいたらしいんだよな。小林裕介らしいけどもしかして叫んで雪崩を起こした奴?
ツイーテ・ナイカ・タイヤネン准尉もいたのかな。






テーマ : 2017年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

受け継ぐ者達 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.4「峰ヶ山で一番速い男」 感想





峰ヶ山ヒルクライムレースで手嶋が見せる魂の走りに熱い鼓動を感じた坂道は、自らを奮い立たせ懸命に葦木場を追う!果たして勝負の行方は...!?レース後、3年生の福富と顔を合わせる葦木場。彼にはある過去があり...。後日、田所の卒業レースとなる「湾岸クリテリウム」が開催。"総北スプリントスピリッツ"を持つ田所、鳴子、青八木の三つ巴の勝負が展開する!
[STAFF]
脚本 岡田邦彦
コンテ あきとし
演出 村山 靖
作監 小林ゆかり



小野田優勝。
巻島がいなくなった事を長々と引っ張るんじゃないかと危惧してたけどちゃんと立ち直ってくれて一安心。

負けた葦木場だけど、公式サイトを見るとオールラウンダーらしいからそれであそこまで食い下がったのは怖ろしい強敵。

身長という本人の頑張りではどうにも出来ない要素で落ちこぼれてた葦木場が新開と福富に励まされて結果を出す一連の流れは良かったけど、その後のコースの逆走は正直唐突すぎないかな。カットされた描写とかあるのかな。

無期限謹慎の理由としては納得したが。ジャージを掴んで転倒させるくらい危ない。
箱学と一緒に走るのこえーよ。

スプリンター勢は湾岸クリテリウムで先輩越えならずとも肉薄してた訳で世代交代に確かな手応えを感じる。


鳴子が肉弾頭になった時はいつの間にかCパートが始まったのかと勘違いした。

スバル・レヴォーグ
リリカルなのはに出そう。




テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

激闘勃発 漫画版Fate/Apocrypha 2巻 感想





召喚を終えた黒と赤、両陣営。黒の陣営として召喚された英雄たちの真名が明らかとなり、それぞれの思惑が蠢く中、"調停者"として召喚されたジャンヌはとある英雄と出くわす。彼の真意とは、果たしてーー。






黒陣営によるサーヴァント一斉召喚。
ケイローン先生ってケンタウロス族と言われてるけど、実際は外見が同じだけの別種族だよね。両親がクロノスとピリュラーだし。
馬に変身してセックスするクロノスと白鳥になってレーダーとヤったゼウスとの間に確かな血の繋がりを感じる。
ロキ「ドン引きだよ」



月を背にジャンヌの前に立ちはだかる太陽神の息子。
カルナさん、初っ端にヴァサヴィ・シャクティぶっぱしようとしてたな。ルーラーの特権を考えれば黄金の鎧を失ってでも仕留めないといけないのも理解出来るが。

眼差しがアルジュナと似てるらしいすまないさん。
小説の頃はアルジュナのビジュアルはなかった訳だけど、こういうファンサービスが出来るのが後発作品の強みだな。

すまないさんとアルジュナって内面はそんなに似てないと思ったけど、カルナさんが知ってる時点でのアルジュナはそんなに拗らせてないのかも。決定打になったのはクンティーがカルナは兄だとバラした後だろうし。
……本当なんで墓まで持っていかなかったんだろう、かーちゃん。原典だとそれぞれの息子のアビマニユとヴリシャセーナが殺し合ってるし、そりゃヒマラヤに行くよ。


ゴルドさん、マスターとしては欠点もあったけど後方支援としてはすっげー優秀。傲慢な態度になるのも分かる。
すまないさんに喋るなと言って以後コミュニケーションを取らなかった件はあっさり了承したすまないさんサイドにも問題があるが、真名の秘匿の為だと言われると強く反論出来なかったのかも。それだけのビッグネームだし。

ゴルドさんが触媒に使った菩提樹の葉、別の世界線だと橙子さんに燃やされたんだよな。アトラムさんが召喚するIFも見てみたかった。

ふと気付いたけど、初戦がセイバーVSランサーってstay nightやZeroのオマージュ?
竜由来の力を持ったセイバーと太陽神の息子のランサーという点もアルトリアとクー・フーリンの兄貴と一緒だし。
被害規模は段違いだけど。隠蔽するにはガス会社の地下配管が爆発した事にするしかないか……
互いに宝具を封印した状態でもああなんだからアメリカ大陸はよく耐えてくれた。



子供が夢を嗣ぐとは限らない。
このモーさんの台詞だが、兄のアグラヴェインもモルガンを嫌ってたのに思惑通りブリテンをぶっ潰してしまったのが悲しい。ガウェインも援軍に来たランスロットと戦っちゃったし。
西遊記イベ復刻しないかな。牛魔王一家という優しい世界がもっと周知されてほしい。

「つぐ」が継ぐじゃなくて嗣ぐなのが型月作品っぽいよね。
ケリィの夢を嗣いだ士郎は……
カルデア、当初はアーチャーにとって理想の職場だったのに今や授業参観を通り越して完全に衛宮家である。後は士郎が村正、桜がサラスヴァティで来るという噂があるんだっけ。

ゴーレムとホムンクルス相手に無双する獅子劫さんとモーさん。
ベビーと八連双晶を泥するんだよ、おうあくしろよ。

銃火器と魔術師の死体を武器にする魔術使いである獅子劫さんは生粋の魔術師とは相性悪いだろうな。セミ様の暗躍がなくても単独行動を取ってたかも。

戦いぶりを褒められてドヤ顔してるモーさん可愛い。根拠なくカリバーンを引き抜けると思ってる所も。



ジーク君可愛すぎね?アストルフォとの出会いはガールミーツガールにしか見えない。
ジーク君の容姿のせいですまないさんが男の娘萌えという風評被害を受けたんだよな。やっぱり女装癖のブリハンナラちゃんとは似てない。



セミ様やアヴィケブロン先生が宝具を使う時は自作するから材料が必要って意外だった。てっきり真名解放したら背後からズズズ……と現れるのかと。
オジマンディアスやマシュがピラミッドや城壁を造るのにせっせと材料集めをしないと駄目な可能性もあったのかな。
本作の影響か、スカサハやドヴェルグを召喚して宝具量産する二次創作もちらほら見る。



外典解説四回はカルナさん。
競技会の時に英雄の出自を問う意味はないとカルナさんをアンガ国王にしたドゥルヨーダナのエピソードは格好良すぎ。
ドゥルヨーダナも生まれが原因で不吉な子供だのカリの化身だの言われてるから共感するものがあったんだろう。

昔はカウラヴァ軍のくせにパーンダヴァと通じるシャリヤさいてーと思ったが、そもそも最初は五王子側で参戦するつもりだったのに策略で甥っ子と戦う破目になったと知って、そりゃ仕方ないと同情。

二次創作でカルナさんの関係者が増えてきたな。
妻とか妹とか異母兄とか鍛治師の親友とかドゥリーヨダナ憑依とか。
最近終わったバクバクさんの新訳マハーバーラタは面白かった。安価とダイス機能で進めてたのに良い意味で物語っぽくなってて。



解説五回はワラキア公ヴラド三世。
ヴラド公を最初に知ったのはシャーマンキングかな?
最近は風評被害の被害者だというイメージも結構浸透してきた気がするが、サブカルチャーに慣れ親しんだ人間の印象なんであてにならんか。

ヴラド公視点だと敵だけどフニャディ・ヤーノシュもマーチャーシュ1世もハンガリーが誇る英雄なんだよな。
ハロウィンイベントの時に披露された裁縫の腕は幽閉中に研いたんだっけ?

※弟のラドゥ美男公はメフメト2世の手によりメス堕ちしました。



FGOに登場する鯖も増えてきた。
実装済
ジークフリート
ヴラド三世
アストルフォ
ジャック・ザ・リッパー
フランケンシュタイン
モードレッド
アタランテ
カルナ
シェイクスピア
スパルタクス
天草四郎時貞

未実装
ケイローン
アキレウス
セミラミス
アヴィケブロン

あとジーク君も実装されそうか。
三体くらいだったらアニメ化記念でやるだろうコラボで一気に実装されそうだが、五体だと難しそうか?



火竜の産声 幼女戦記 第肆話「キャンパス・ライフ」 感想




統一暦1924年。北方では協商連合軍と、西方では共和国軍との戦闘が継続するなか、晴れて軍大学生となったターニャは、後方の安全な帝都で大学生活を満喫していた。軍大学といえども、待遇は一般の大学と同じ。さらには国費で給与まで貰える、実に恵まれた環境だった。ターニャは持ち前の知識と効率主義で、学内の座学や実地訓練を要領良くこなし、教官や同輩から高い評価を受けていた。一方、参謀本部では、共和国軍の侵攻によって西方方面軍が崩壊寸前になった事実を重く受け止め、即応力の増強を急いでいた。大規模な軍管区再編は困難であるとの見通しが強いなか、戦務次長のゼートゥーアが新たな即応部隊の創設を提案する。



脚本:猪原健太 絵コンテ:赤松康裕 / 春藤佳奈 / 谷口宏美 / 上村泰 
演出:丸山裕介 作画監督:南井尚子 / 山口菜


アバンのモブ女性の「クリスマスには戻ってこれそう」発言で軍事や歴史に詳しい人は「あっ(察し)」となるよね。
直前のシーンで軍用切符や配給という単語が出てて戦時下を窺わせるが、これからはもっと厳しくなるんだよなー。

世界大戦。総力戦。第二次大戦後生まれの自分らにとっては「まあ、そういう事もあるよね」という感想だけど、本作の人々にとっては未知の概念。
連邦の参戦は存在Xの介入があるから仕方ないにしても、共和国の参戦を予想出来なかった帝国の上層部は政治オンチ。前に協商連合の政治家をお花畑と書いたけど、帝国も人の事は言えない。
(いるかどうか知らんけど)ビスマルクが草葉の陰で泣いていよう。ハンニバルはいるっぽいが。
せめてオトラント公でもいれば……
悪魔によって異世界転移したのに我が世の春をエンジョイしてるフーシェさん。デグさんとどこで差が付いたのか。慢心、環境の違い。
まあ、マブラヴの世界でBETAと戦いつつ人類にカッサンドラやってるよりはマシ。


ヴィクトールはいつも怒られてんな。
ラーケン衛兵司令とのやり取りがカットされたのが残念。


寝起きシーンや本を取ろうとして必死に背伸びするシーンや椅子に座っても足が床についてないシーンとかクッソ可愛い。
あぁ^~ロリヤになるぅ^~

「自分でも驚く程の弁舌っ」
「大尉殿は小官の資質を疑われるのですか?」
「どうして……どうしてこうなった!」
碧ちゃんのロリボイスは滾る。小説や漫画では出来ないアニメならではの醍醐味。
FGOでウィスパーマーケティングをやった女は一味違う。


悩めるウーガ大尉を導くデグさんマジ天使。
これで大尉は後方勤務になって戦争を生き延びるんだからデグさんの空回りっぷりは天才的。


二階級特進だよ!やったね、デグさん!

「常に彼を導き、常に彼を見捨てず、常に道なき道を往き、常に屈さず、常に戦場にある。全ては、勝利のために。求む魔導師、至難の戦場、わずかな報酬、剣林弾雨の暗い日々、耐えざる危険、生還の保証なし。生還の暁には名誉と賞賛を得る」
一流大学を出たのに社会保険にも加入してないようなブラックバイトの求人に応募する変人が大勢いてデグさんも困るよね。
アーネスト・シャクルトンの広告をパロったのが失敗だったな。
次回やるであろう面接が楽しみ。



東條チカ、トランザムは使うなよ!
漫画版の3巻も読んでみた。
モノクルのゼートゥーア閣下は激渋。ウーガ大尉のデザインもこっちの方が良いな。アニメじゃ削られた野外学習もあるし。

そういえば漫画の影響か、ターレルなるカップリングが一部で流行の兆しを見せてるらしいね。鳥海浩輔×三木眞一郎にはY.AOIネキも満足するだろう。
獣染みた欲を貪るレルゲン中佐さいてー。




テーマ : 2017年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

旧友相打つ 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.3「手嶋、魂の走り」 感想






秋の「峰ヶ山ヒルクライム」に出場する総北高校の坂道、今泉、手嶋。インターハイの優勝者として注目を集める坂道だが、不調から抜け出せず、不安で萎縮してしまう。一方、箱根学園は2年生の葦木場拓斗を送り込んできた。202cmという長身を活かした"メトロノームダンシング"で他を圧倒する葦木場に対し、総北の新キャプテン・手嶋が魂の走りで挑む!
[STAFF]
脚本 福嶋幸典
コンテ 紅 優 鵜飼ゆうき
演出 池田智美
作監 竹本佳子




脳内で第九再生。
こいつはやべえ奴だ!

明らかに3メートルくらいあるカットがあったね。強敵らしさを見せる為のアニメ的な演出だろうか。

葦木場のダンシングって並走すると怖い。先を譲ってしまいそう。

無期限で謹慎って何やらかしたんだろうな。ゴッドハンドよりは軽そうだけど。

原田さんは葦木場の何を知っていたんだろう。

「後でそいつら反省会だ!」
この台詞は葦木場の手嶋への友情と尊敬が感じられてグッとくる。

「もがけ純太!お前は登れって、巻島さんに託されて、ここ来たんだろ!」
平凡だけどその走りで仲間を鼓舞する手嶋はキャプテンの器。
小野田や弱泉君を見てるとメンタルが強いってのもすげー重要に感じる。

「気持ちを抑える事はない。受け止めてくれるはずだ。手嶋さんなら。お前が行きたいと思ったなら、真っ直ぐに行け」
気が早いけど次期キャプテンはエリートかな。
にしてもニューバイクの30%しか引き出せてないのに追いついていってる小野田が妖怪すぎる。




テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

神の奇跡は偉大なり。主を讃えよ。その誉れ高き名を 幼女戦記 第参話「神がそれを望まれる」 感想




Deus lo vult


協商連合軍との初戦闘から数週間後。戦功を称えられたターニャは、極めて優秀な魔導士官として認められ、幼いながらも帝都の戦技教導隊に配属される。切望していた安全な後方勤務を手にいれたと、内心で喜びを爆発させるターニャであったが、配属先で待っていた任務は、危険な新型演算宝珠のテスト要員であった。検証を任された試作品の性能は極めて不安定で、テストは失敗ばかり。そのうえ主任技師であるシューゲルは、開発のためなら人的犠牲も厭わないマッドサイエンティストであり、テストの中止を訴えるターニャの進言にも全く耳を貸さず、安全性など度外視した実験を強行。ターニャは遂に命の危険を感じ、技術局の本部に転属願を提出する。



脚本:猪原健太 絵コンテ:春藤佳奈 演出:春藤佳奈 作画監督:谷口宏美



(まさに理想的な配属先。だが、大袈裟に喜ぶ訳にもいくまい)
(数日後にはコーヒー片手に出世コースかぁ)
(帝都で待つのは温かな食事と快適な生活。軍大学で出世のレールに乗れば将来は確約される)
アニメ組もこの作品の楽しみ方に気付いた頃だと思う。
原作だと敢闘精神を疑われないようにしつつ後方勤務になるという離れ業に挑んで見事に失敗という感じだったけど、アニメ版だと存在Xの介入という面が強いな。まさかサラマンダーにも一枚噛んでいたとは……


後方で試作機のテストは本来ならそう悪くない選択肢(ハンナ・ライチュの自伝とか読むとテストパイロットもかなり危険なんだけど)
だがガンダムのヅダ以上に不安定な欠陥機では命が幾つあっても足るまい。

フルメタの相良宗介も試作機で喜ぶのはヒーロー気取りの新兵だけだと愚痴ってたな。
ラムダドライバを除けばM9並の性能はしてたアーバレストと比べて九五式はフルメタの兵器でたとえると……なんだろう?薬物を使わずにベヘモスを動かせとか?


科学ノ進歩、発展ニ犠牲ハツキモノデース。
MAD役に飛田展男さんはぴったり。フフフ、(存在)エックスだ。
安全機構は機能美がないから外すキチガイだけど自爆装置は浪漫と言い出さないだけマシかな。

デロデロデロデロデロデロデロデロ デンデン
現代の聖遺物エレニウム九五式。
主人公にしか使えないチート武器とか流石神様転生だぜ!(白目)
クトゥルフ神話に出てきてもおかしくない呪いのアイテム。使用中は常時SANチェック。
今回の存在Xはホラーチックだったな。

3話のラストでも引っかかったんだが、原作だとデグさんの魔力量は並だけど他の演算宝珠の扱いに慣れてないから選ばれたけどアニメだと常人以上って設定っぽいね。


レルゲン中佐は周囲の皆が月島さん月島さん言ってる時の一護並の四面楚歌感を味わっているに違いない。
デグさんは中佐に好感を持ってるし、なんとしてもデグさんを後方に送ろうとしてるのは願ったり叶ったりなのに中々噛み合わない。


3話目にして遂にEDお披露目。
「諸君、我々の任務は何だ?殲滅だ!一機残らずの殲滅だ!なすべきことはただ一つ、地獄を作れ!」
HELLSINGの少佐みたいな事を。
中佐殿!中佐!戦闘団長!戦闘団長殿!大隊指揮官殿!
声的にはMADだけど。ってか確かWEB版だとまんまアンデルセン神父のパロがあったような。


一部で本作が汚いイゼッタと呼ばれてて、クロスアンジュに対する汚いDOGDAYSみたいな評価を見て終末のイゼッタに興味を持った。AbemaTVで再放送しないかな。





テーマ : 2017年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

生まれる確執 ガールズ&パンツァー フェイズ エリカ 第4話「ふたつの傷痕」 感想




試合決着。
終盤の流れそのもの(みぽりんの手加減)は概ね予想通りだったんだが……

これは良くない。良くないぞみぽりん。
チームメイトの協力や頑張りを嘲笑うようなもんだしエリカが咄嗟に平手打ちする気持ちも分かる。エリカサイドだけじゃなくて赤星達の思いも踏み躙ってる訳だし。本当、どこから目線だって話。

勝ったら相手が戦車道を辞める試合で全力になれってのも酷な話ではある。
ただまあ、副隊長を辞めたい思いが強かったんじゃないかと想像する。結局みぽりんはエリカの事には触れてないし。
中一で副隊長、しかも隊長は不在の時もあるし先輩は自己主張が激しい。自分だったらゲロ吐くわ。
だからといって今回のやり方は肯定出来ないけ。
1対1の試合ならまだしもさ。すげー落ち込んだり泣いてるメンバーを見るとね。
読み直すと「みなさんよくがんばってくれました…」でもにょる。
つーか前回と明らかにキャラ違くね?赤星と話してる時から既に八百長する気だったとしたらとんだサイコだよ。

副隊長をやりたくないならまずお姉ちゃんと話そうぜ。
……小学生の頃は活発だったみぽりんが苦悩を姉にすら打ち明けられない性格になったと考えると西住流のどえらい闇を感じる。
試合を見るらしいしぽりんもみぽりんの手抜きに気付くだろうけど、怒られる事を承知でやるくらい副隊長が重圧だったんだろう。中一だから先の事まで考えてなかっただけかもしれないが。
……なんか今、すげー嫌な可能性に思い至った。もしかしてエリカの進退を言い訳に使う気だった、というのは悪意で穿ちすぎか。

みぽりんが薩摩もんだったらなー。



19ページ2コマ目のお姉ちゃんでなんか笑ってしまった。

気になったのは38ページ目の一連の台詞。
お姉ちゃんは「みほが手を抜いた事をエリカが気付いている」事を察しているのかどうか。
察した上で支えるように頼んだとしたらなかなかイイ性格してるよ。
自分や戦車道を舐め腐ってる相手を支えろなんてエリカがお姉ちゃんのシンパじゃなかったらブチキレててもおかしくない……ああ、もしかしたらお姉ちゃん、みぽりんが手を抜いたのってエリカの進退問題だけが理由だと思ってるのかな。流石に副隊長を辞める為に八百長したと気付いたらみぽりんに何か言うよな。



20ページの1コマ目にげし子らしき娘登場。
ってかお前、この頃から眼帯してたのか。なんなの?バウアー中尉リスペクトなの?



エリカの鞄にワニのぬいぐるみがあるな。
誤植ネタを積極的に取り入れていくスタイル。まそっぷ!


追記
一部界隈がこのワニネタで荒れてると聞いた。誤植じゃなくて誤字だけど洗脳探偵翡翠や小気味良い男を楽しんでた自分には意外。

ただ、どうも問題点は二次創作ネタを公式が逆輸入した点っぽいね。
確かにアニメ版艦これで足柄さんが婚活キャラにされてた時は嫌だったな。そういやどっちも角川か。



テーマ : ガールズ&パンツァー
ジャンル : アニメ・コミック

託されたバトンの重さ 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.2「巻島が残したもの」 感想




巻島が卒業を待たずして部を退部し渡英するというショックから抜け出せず、一人調子が上がらない坂道。練習でも空回りしている坂道に、同じく巻島からクライマーとしての魂を受け継いだ手嶋が「ゆっくりでいい」と語りかける。一方、箱根学園も新キャプテンに泉田が任命され、今年の雪辱を果たすべく新生チームが始動。その中には新たなメンバーが...。
[STAFF]
脚本 砂山蔵澄
コンテ 紅 優 鵜飼ゆうき
演出 森 邦宏
作監 米本奈苗 斎藤大輔



小野田の巻島ロスが深刻。
鳴子はさらりと言ってたけど、頻繁にあんな感じで転倒するって相当ヤバくないかな。

大勢に注目される中、不調のままレースに出るというので共感性羞恥が発動するかと思ったら手嶋先輩がフォローしてくれた。
3年が抜けた穴がどうなるか不安だったけど、ちゃんとキャプテンやってる手嶋先輩を見て一安心。
ただ根を詰めすぎないか心配。カラオケくらい行っても良かったのに。
ってか集まった人も可哀想。本人に確認を取る前に人を集めた東戸はどうよ。

俺は弱いと自覚してる手嶋の直後に「オレは強い」な福富登場。
箱学も新体制スタート。
手嶋先輩の回想で「モブに宮野とは豪華だな~」と思ってたら新メンバーの葦木場拓斗だった。
声的に変態な印象があるが……




話は変わるけど、通勤途中にあるパチスロの店で本作の宣伝をしてた。なんにでも手を出すな。





テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

可愛い幼女だと思った?残念おっさんでした! 幼女戦記 第弐話「プロローグ」 感想




帝国郊外の孤児院。ターニャは貧しい生活から抜け出すため、帝国軍への入隊を志願。魔導師としての適性を発揮し、士官学校へ進学する。その最後の研修として、北方のノルデン戦区上空にて、友軍による砲弾射撃の観測任務に就いていた。それは危険などない簡単な任務のはずだった。だが協商連合軍の越境侵犯を契機に帝国と協商連合が戦争状態に突入し、状況は一変。ターニャは敵魔導中隊の奇襲を受け、単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。多勢に無勢で増援の到着まで持ちこたえられるわけもないが、逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況のなか、ターニャは何としても生き延び、上層部に最善を尽くしたとアピールするため、とある作戦に打って出る。


脚本:猪原健太 絵コンテ:上村泰 / 谷口宏美 演出:赤松康裕 作画監督:髙田晴仁



まさか前世は鳥海浩輔さんだったとは。
部長のレールに乗れる筈が物理的にレールに乗ってしまったな。

原作や漫画とは違う存在Xとの邂逅は海外展開も視野に入れてるんだろうか。
十戒がどうこう言う辺りは四文字っぽいが輪廻転生とか解脱とか言い出すのは仏教系っぽいし、これはもう存在Xと呼称しても問題ない気がする。

PVや1話では隠されていたTS設定をアニメ組はどう受け止めるのか。最近アニメ化した他のWEB小説
異世界トリップ(この素晴らしい世界に祝福を、Re:ゼロから始める異世界生活)
ネトゲのキャラに憑依(ログ・ホライズン、オーバーロード)
なんかと比べるとTS転生はいささかハードルが高いかも。スコッパーからすれば「ああ、あるある」だけども。
そしてスコッパーとしてはいつHACHIMANの介入を受けるのか戦々恐々。あれ存在Xよりタチが悪い這い寄る混沌だからな。

オーバーロード
劇場版総集編制作決定!
告知義務を果たしてやがるぜ。

士官学校入学はデグさんの苦難の始まりであり、同時にレルゲン中佐の胃痛の始まりである。
でも違うんだ。デグさんはただ無能な後輩に本当に脳があるか確かめようとしただけなんだ。

現実でもバカみたいな理由で開戦した例は多々あるけどレガドニア協商連合の政治家のお花畑っぷりは本当に酷い。ここのせいで帝国は破滅に向かい突き進む運命だし世界大戦のピタゴラスイッチが動き出してしまう。
でもまあ、無慈悲な北朝鮮の無慈悲なミサイル発射や尖閣諸島問題における中国と大差ない。
そしてこんなのでもダキア大公国に比べれば真面目に戦争をやってるんだよな。

アンソン・スー中佐は堀内賢雄。
なかなかの渋メン。デグさんよりは年上だという娘さんはさぞ可愛いんだろうなー。皆から無条件で愛されるくらい。

普通なら砲兵部隊は重層な防衛が付いてると思うよね。単独飛行してる観測手の魔導師の方が簡単だと思うよね。でも実は砲兵を狙う方が楽だったんだ……
もしここでデグさんが戦死していたら多くの人の胃は救われていただろう。

Y.AOIネキの声で「勝てる戦争で!!勝てる軍隊で!!安全な空から敵を叩いて昇進するだけの簡単なお仕事!!」が聞きたかったな。

MADなシューゲル技師は飛田展男。
本当に声優が豪華だのう。

「はじめまして。私は白銀、ターニャ・デグレチャフです」
これには同志ロリヤもにっこり。


Twitterの感想を見てると本作を海外小説だと思ってる人をちらほら見るし書店で海外文学の棚にあったという目撃情報もあって苦笑。
確かに同志カルロ・ゼンの名前だけ見るとそういう勘違いも仕方ないのか?
「この世界がゲームだと俺だけが知っている」や「淡海乃海 水面が揺れる時」がアニメ化したら同じように勘違いされるんだろうか。
ニンジャスレイヤーをアメリカの作品だと思ってるモータルを見るような微笑ましい気持ち。そういや新作で明智小五郎をやるらしいね。





テーマ : 2017年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

深刻な真田丸ロス






内記が聞きたがってたもう一つの赤備えの物語「おんな城主 直虎」1話が放送されたね。
スイーツ大河になるんじゃないかと危惧していたけど、国人の悲哀をしっかり描いてたし子役の三人(新井美羽、藤本哉汰、小林颯)の演技も上手くて、この仲の良い子達が将来ああなると思うと涙を禁じ得ない。井伊家の竜宮小僧になりたい。

総じて期待出来る1話だったがしかし、何かが物足りない……
去年を思い返してみると初っ端から
「この真田安房守がいる限り武田が滅びる事は決してない」→「武田は滅びるぞ」
という表裏比興っぷりを存分に見せられたからな。あのインパクトを超える1話を持って来いというのは酷な話。
定説とは違い、無能ではないが滅びに抗えない儚い勝頼様も印象に残る。

これあれだ。中華一番であった、先手がすげー味の濃い料理を食わせる事で後手の料理が不味く感じるやつだ。
一度真田丸を知ってしまうと普通の大河じゃ満足出来ない……

直満叔父上が今川館に呼び出された時は「諦めんなよ!諦めんなよお前!どうしてそこでやめるんだそこで! もう少し頑張ってみろよ! ダメダメダメダメ諦めたら! 周りのこと思えよ!応援してる人たちのこと思ってみろって。 あともうちょっとのところなんだから」と思いながら見てたが、真田家が異常なんであって普通の国衆はあんなもんなのだ……

新選組の時の「土方歳三 最期の一日」みたいにスピンオフやってくれないかな。dies iraeみたいにクラウドファンディングをやってくれたらNHKに課金するのに。
ただ資金があっても三谷さん忙しそうだしなぁ。
尺の都合でカットした没エピソードとかあるだろうし、それを映像化とかでも十分満足出来るんだけども。

最終回で有働アナと一緒に江戸幕府をナレ死させた佐久間象山大河やろうぜ……といっても象山で一年は厳しいか。
功績とキャラの濃さを考えればメインキャラとして出せば輝くのは間違いないと思うが。
いやぁ、まさか花燃ゆでカットされるとは思わなかった。吉田松陰の妹の大河で象山を出さないとかどんな判断だ。

これから俺は清盛の残滓を感じ取って海の底の都から浮上する平清盛クラスタのようになるのか……
現状でも、九州に落ち延びた源次郎が島原の乱に参加する夢を見るくらいにロスが深刻だけども。
夢だけあって源次郎の外見年齢が変わってなかったり車が出てきたり遊郭の方の島原が絡んできたり、荒唐無稽だった。
明石全登を自称する牢人と騙りと知りながら士気向上の為に利用する源次郎の絡みは我が夢ながら面白かったけど。

追記
何気なくWikipediaを見たら花街の方の島原の由来が島原の乱って説もあるらしいね。



これから遠江は遠州錯乱という生き地獄が現出するけど、昌幸や政宗なら四苦八苦しつつも生き延びるんだろうなと思ってしまう。
そういや、直盛と直満の血縁関係ってちょうど昌幸と頼綱と一緒なんだよな。
YAZAWAが勝手に他家と外交したら昌幸も状況をコントロール出来ないかも。いやまあ、YAZAWAも沼田城関連では結構独断で動いてるけど昌幸にはそう不利益になってないというか、史実だと共謀した上で表向きYAZAWAの独断という形にしたんじゃないかって説もあるくらいだし。
直満を売った小野政直ポジは真田丸だと三十郎や出浦様か。家中が一致団結しているというだけでも戦国時代では素晴らしい。
本作では信康事件をどう扱うのか気になるぜ。

昇太師匠が怖いという感想をちょくちょく目にするが、恩人の息子である春日信達をハメた昌幸に比べたら謀反を起こそうとした直満を成敗しただけの今川義元って普通だよね。首も返してくれるし。武田や大友だったら一族郎党皆殺しだよ。
……なんでこの畜生は家族に見守られ御館様に迎えに来てもらって大往生出来たんだろう。

浅丘ルリ子が演じる寿桂尼は出るみたいだけど、椿姫ことお田鶴の方も出てこないかな。飯尾連竜の妻の。直平を毒殺したらしいから結構出る可能性ありそう。
遠山景任の妻おつやの方は……井伊大河だとちょっと厳しいか?






テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

棄てられながら、何一つ捨てなかった炎の王 レオニダス一世編 教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー 感想





53「5時間目」
神託は告げた
我らの誉れ高き町はペルセウスの末裔なる子らに滅ぼされるか
あるいはヘラクレスに連なる王の死か

という訳で数ヶ月ぶりの再開。
7章の後にレオニダス王は超嬉しい。





54「レオニダス」
青空ブートキャンプに参加すれば肉量が5倍。
だったら鍛えnight。

健全な精神は健全な身体に宿る、は誤用。
三田先生の「創神と喪神のマギウス」でも触れてたね。ユウェナリスから娯楽に溺れるローマ人への皮肉だとか。





55「さんかくかんすう」
レオニダス王の理系ネタ、以前はギャグオンリーな感じだったけど7章プレイ後だとまず合理的に考えた上で脳筋やってるというか、上手く説明出来ないけど、理系なのは間違いない気がする。今回はギャグだろうけど。
そういや終章でもサンドウィッチの話題が出たな。

語り継いでくれる人が居なきゃ歴史は消える。
ケルト神話は口伝だったので失伝した部分も結構あるんだっけ?
ここ100年から200年の間に作られた物語も多いとか。ブリューナクも日本発祥っぽいし。





56「スパルタクスさんとは無関係です」
スパルタ教育は厳しすぎる。
ファンタジー小説の主人公が受けてそうな訓練だけど、スパルタは国民全員だし。

長男クレオメネス1世の娘でレオニダスさんの妃のゴルゴーさんはすげー女傑なんだよな。
立ち絵だけでいいからグンヒルドやクリームヒルト、エメルなんかの奥さん連中出てこないかな。





57「わりまし」
盾サー界とは一体……
シンフォギアのビッキーや遊戯王ARC-Vのセレナが姫をやってる槍サーなら知ってるんだが。

他にどんなサーヴァントがいるんだろう。アキレウスは蒼天囲みし小世界(アキレウス・コスモス)のお陰でシールダーの資格あるんだっけ。
プリドゥエンを持ってるアルトリアも資格が……などと言われてた時期もあったけどモーさんが盗み出してサーファーになったんだよな。
フェルグスの叔父貴はアルスター戦士18盾の8レオハン、クー・フーリンの兄貴は18盾の2フヴァン(ドゥヴァン)やドゥヴスギアス持ちだったか。
大アイアスはいずれ実装されそう。ベオウルフの部下ウィーラーフも見たい。

昔の歴史書の参戦人数はまず疑ってかからないとね。
こういうのって見栄とかだけじゃなくて政治的な問題で盛る場合もある。
「大友の姫巫女」や「修羅の国九州のブラック戦国大名一門にチート転生したけど、周りが詰み過ぎてて史実どおりに討ち死にすらできないかもしれない」の北部九州在住さんが愚痴ってたな。国人が離反しないように負けた戦も勝ったと宣伝するから当時の資料でも鵜呑みに出来ないって。
「風雲児たち」だと戦後に負けた側の雑兵が恩賞を貰おうとして勝った側に紛れ込む事があると言ってたっけ。

中国なんかは盛るのがデフォだね。
三国志の曹操の部下の国淵なんかは戦果報告を正確にやったら逆に驚かれたくらいだから。
秦の白い悪魔こと白起は「長平の戦い40万は盛りすぎだろ→発掘調査で大量の人骨が!マジだったの!?→流石に万単位ではないので真相不明」こんな感じだっけ。





58「お好み焼きたこ焼き焼きそば」
ギリシャ圏の人間にとってお祭りは重要。
特にカルネイア祭はテーメノスがアポロンの怒りを鎮める為に始めたものだしね。

セイバーはZeroのジル戦のせいでタコが苦手だけどたこ焼きは大丈夫なんだっけ?

型月世界のダレイオス1世ってバビロンの宝物庫を開いたらしいんだよな。
CMに出てた割にあんまり出番のない3世の活躍が見たい。





59「エレクトリカルマッスルパレード」
目標キルスコア、1人頭3万人は項羽の軍勢でも無理かな。

300人隊の選抜基準は血族を絶やさないように息子のいる父親限定。
歴史小説で高橋紹運や吉川元長がそんな基準で兵を選んで籠城してたな。勝ち目のない大軍に寡兵で挑むのって悲壮感あるけど、同時に燃える。





60「500みりりっとる」
テルモピュライのチノ=リを得て奮戦したレオニダス王。
一方ペルシア側が投入した精鋭部隊の不死軍団ってようはダレイオスの不死の一万騎兵(アタナトイ・テン・サウザンド)だね。

カルデアのおいしい水って雪解け水なのかな。それとも地下水?





61「かけざん」
モーロン・ラベ(来たりて取れ)
戦い続ければ死ぬと分かってる状況でこの台詞。超痺れる。
「別に、アレを倒してしまっても構わんのだろうなアーチャーの先輩と言える。

ギリシャ勢はレオニダス王の遺体をなんとか確保したんだっけ。
彦根藩の小河原秀之丞が聞いたら血涙を流しそうなエピソード。

一人で二人殺したスパルタ。
薩摩もんは戦場に出てめいめい一人以上の敵ば殺さにゃならんのだっけ。殺さなんだら本人は死罪で父子親族と伍の仲間も切腹。





62「人に歴史あり」
テルモピュライに赴く時のレオニダス王の心境については是非とも7章をプレイしよう。

レオニダスの死後も彼の意志は受け継がれプラタイアの戦いでペルシャをフルボッコにするんだよな。





63「ウィーアースパルタ」
7章での王とマシュの会話もマジ良いシーンなんすよ。あそこでマシュの宝具レベルが上がっても違和感ない。

ヘラクレスから逃げ切るぐだの脚力を攻撃に転化すれば豹も倒せるかもしれない。

首を晒すとかサンソンがキレそう。
まあ、信長の首を確保出来なかったせいで味方を増やせなかった光秀とかもいるからクセルクセスの判断も王としちゃ間違ってるとは言えない。
「おんな城主直虎」の1話放送時、TLが「井伊直満の首を返してくれるなんて今川義元様は優しい(確信)」となったのは記憶に新しい。
それにしてもこれからの戦国大河の親父キャラは真田昌幸とかいう畜生と比べられるのか……武田信玄とかいうド畜生の薫陶を受けた畜生と普通の人間を比べるのは可哀想。

そういや沖田さんとこの近藤勇も晒し首にされてたな。
某所で見た殺害理由に関する説「新政府軍はそんなに新選組に恨みはなかったけど、人手不足でいつまでも捕らえておく余裕がなかったから殺した」は酷い浪漫ブレイクだったぜ……





64「時代」
我々はあなた方の盾
幾千幾万の軍勢が来ようと
この希望だけは
守護者の名にかけて
きっと
レオニダス王を育てなきゃ(使命感)
いや、レベルに関してはとっくにマックスだったんだけどね。ラフムが虚影の塵を大量に落としてくれたしクリスマスのオルタちゃんイベでスキル石と蛇の宝玉を確保出来たんでスキル上げが捗る。
流石に凶骨108個はすぐには用意出来ないけど。

偉大なる盾を守りの戦いではなく侵略に使うという無能采配を晒すレフンゴ。
ゲーティアに節穴と言われても仕方ない。





テーマ : Fate/Grand Order
ジャンル : ゲーム

俺達の総北を頼むぜ 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.1「最後の峰ヶ山」 感想




インターハイでの激闘を終えた、総北高校自転車競技部。1年の小野田坂道は、同級生の今泉や鳴子と共に、ニューバイクに乗り換え、3年生が抜ける新生チームとしての新たな闘いに向けて走り出していた。総北の新キャプテンに任命された手嶋も、盟友の青八木と共に連覇を目指し動き出す。そんな中、坂道は憧れの先輩である巻島から、ある事を告げられる...。

[STAFF]
脚本 砂山蔵澄
コンテ 鍋島 修
演出 大庭秀昭
作監 岡崎洋美 宍戸久美子




新型機への乗り換えイベント。
電動で変速って肝心な所でトラブルが起きそう。弱泉君だし。
どれも高そうだけど大丈夫なんだろうか。確か弱泉君は家が金持ちっぽい描写があったけど。

巻島先輩、海外に行くのは卒業してからで良いんじゃないかと思ったら向こうの学校は9月からか。ハリポタとかそうだったな。
それでも卒業後の方が……って、単位は取得済みなのか。
どれだけ本気なのか伝わってくるだけに遅らせろとは言い辛いが、小野田君の落ち込みっぷりを見てると、せめてもっと前にしっかりと話しておいてほしかった。

3年生の引退で総北の弱体化は避けられないかと思ったが、パーマ先輩も無口先輩もしっかりパワーアップしてた
でもまあ、2年生時は優勝を逃しそうな気がする。で、3年でリベンジ、みたいな。



キャスト
小野田坂道 山下大輝
今泉俊輔 鳥海浩輔
鳴子章吉 福島潤
手嶋純太 岸尾だいすけ
青八木一 松岡禎丞
杉元照文 宮田幸季
鏑木一差 下野紘
段竹竜包 羽多野渉
寒咲幹 諏訪彩花
寒咲通司 諏訪部順一
橘綾 潘めぐみ
金城真護 安元洋貴
巻島裕介 森久保祥太郎
田所迅 伊藤健太郎

真波山岳 代永翼
泉田塔一郎 阿部敦
黒田雪成 野島健児
葦木場拓斗 宮野真守
福富寿一 前野智昭
荒北靖友 吉野裕行
東堂尽八 柿原徹也
新開隼人 日野聡

御堂筋翔 遊佐浩二

原作:渡辺航(週刊少年チャンピオン)
監督:鍋島修
シリーズ構成:砂山蔵澄
キャラクターデザイン:番由紀子
デザインワークス:水村良男 秋篠Denforword日和
ライドデザイン:堀内博之
美術設定:青木智由紀
美術監督:吉原俊一郎
色彩設計:中尾総子
CG監督:佐々木俊宏
撮影監督:葛山剛士
音楽:沢田完
音響監督:高寺たけし
編集:坂本久美子
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント



テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

ライトノベル(右寄りの小説)最高峰 幼女戦記 第壱話「ラインの悪魔」 感想






(立場を)守りたいから私は飛ぶ!


統一暦1923年6月。
金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、
部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。
航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は
何事もなく無事に終わるはずだった。

しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。
協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。
戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、
協商連合軍による奇襲が発生し、
ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。
多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、
しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。
何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、
ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。

“其れは、幼女の皮をかぶった化物――。”



帝国西方、国境付近のライン戦線。帝国にとって共和国による不意の全面攻勢は、完全に想定外の事態であった。対応に追われた帝国軍は辛うじて防衛線を死守し、協商連合へと北進させていた主軍の転進を発令。戦線の再配置を急ピッチで進めるが、やはり対応の遅れは否めず、初戦における多大な損耗は免れなかった。そこで帝国軍参謀本部は、増援として航空魔導部隊を前線に投入。だが増援は新兵ばかりの寄せ集めに過ぎず、劣勢を余儀なくされていた。塹壕線には砲弾が止むことなく炸裂し、爆煙と轟音のなか、多くの兵士たちが次々と銃弾に倒れてゆく。そんな地獄のようなライン戦線には、戦場に似つかわしくない金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフの姿があった。

脚本:猪原健太 絵コンテ:上村泰/谷口宏美 演出:上村泰 作画監督:細越裕治



煙で咳き込んでるデグさん可愛い(ロリヤ並の感想)
こんな可憐な少女をラインの悪魔とは……
悪魔に対する風評被害もいい所だ。神への敵対者という点では合ってるんだが。
そういやアニメじゃ存在Xが出てきてないな。アニメ組はデグさんがチートTS転生したおっさんだと分かんないか。
ヴィーシャがサラリーマン発言を疑問に思う所も、軍人をリーマンになぞらえる事に戸惑ったように見えなくもないし。

PVの時から思ってたけどキャラデザがなかなか慣れない。唇がニジウラセブンみたいになってる時とか特に。

トーチカが安全な訳がないんだよなぁ。
クルスト伍長とハラルド伍長、その場で頭を切開されなかっただけマシかな。
頼りになるヴァイスとグランツの登場が待たれる。

デグさん、折角ヴィーシャをだしにして危険な任務から降りようとしたのに実直な新人には逆効果だったな。
こういう外からの印象とデグさんの内面の勘違い要素がこの作品の魅力の一つなんだけど、アニメだとどこまでやれるか。
とりあえずデグさんの発言の裏には確固たる自己保身があると踏まえて見なくては。

アニメどこまでやるんだろう。尺的にアレーヌ市の“パルチザン”排除まではいかないよな。

アニメ化を機に他の作品も読み直してみたけど更新停止している作品があるのが残念。
オリジナルの「彷徨えるオトラント公爵伝」は再開に特に問題ないだろうけど、Muv-Luv二次の「Lunatic Lunarian」の続編は絶望的かな。ダンまちの作者が書いてた「然もないと」もエタっちゃったし
「職業は何を?勇者です。」や「人形遣い」みたく原作要素を排除してオリジナルとして出版……はまあ無理だろうな。そこまで話数なかったし、仮にやっても多分見ない。

「ハルケギニア南船北竜」は「シャルパンティエの雑貨屋さん」が書籍化しても続きを書いててくれてありがたい。新作の「両片思いのアイアン・アームズ」も面白いよね。

実況見てるとストライクウィッチーズっぽいという感想をちらほら見るな。
実際はリリカルなのは二次の「Another~Fucking Great!~」に影響を受けた作品だが。








原作:カルロ・ゼン(「幼女戦記」/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:篠月しのぶ
監督:上村泰
キャラクターデザイン・総作画監督:細越裕治
シリーズ構成・脚本:猪原健太
副監督:春藤佳奈
サブキャラクターデザイン:谷口宏美、牧孝雄、髙田晴仁
服飾デザイン:谷口宏美
魔導具デザイン:江畑諒真
プロップデザイン:森山洋
銃器デザイン:秋篠Denforword日和、大津直
キーアニメーター:石橋翔祐、栗田新一、堀内博之
エフェクトディレクター:橋本敬史
軍事考証:大藤玲一郎
美術監督:平栁悟
色彩設計:中村千穂
撮影監督:頓所信二
3DCGIディレクター:高橋将人
編集:神宮司由美
音響監督:岩浪美和
音楽:片山修志
アニメーション制作:NUT
製作:幼女戦記製作委員会


メインキャスト
ターニャ・デグレチャフ:悠木碧
ヴィーシャ:早見沙織
レルゲン:三木眞一郎
ルーデルドルフ:玄田哲章
ゼートゥーア:大塚芳忠

オープニングテーマ「JINGO JUNGLE」
作詞・作曲・歌 - MYTH & ROID
エンディングテーマ「Los! Los! Los!」
作詞 - hotaru / 作曲 - 八木雄一 / 編曲 - eba / 歌 - ターニャ・デグレチャフ(悠木碧)



テーマ : 2017年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Fate/Grand Order ‐First Order‐感想





未来を取り戻す。
すべてはここから―――

西暦2015年。魔術がまだ成立していた最後の時代。人理継続保障機関・カルデアは、人類史を何より強く存続させる尊命のもの、魔術だけでは見えない世界、科学だけでは計れない世界を観測し、人類の決定的な絶滅を防ぐために成立された。ある日、カルデアで観測を継続していた未来が消え、人類は2017年で絶滅する事が判明―――いや、証明されてしまった。その原因と思われるのは西暦2004年の日本の地方都市・冬木。ここに、今まではなかった「観測できない領域」が現れたのである。カルデアはこれを人類絶滅の原因と仮定し、特異点の調査・解明、あるいは破壊を目的とした任務“聖杯探索”―――グランドオーダーを発令する

年末の気温の変化で体調を崩して終章の感想よりこっちが先になってしまった。
ネタバレ全開なのでアニメ組の方は要注意。

公式サイトを見るまで気付かなかったけど、主人公の名前ってRITSUKAなんだよな。

48人のマスター候補の中にぐだ子いたな。

「はーい、入ってまー―――って、うぇええええええ!?誰だ君は!?ここはボクのさぼり場だぞ!?誰の断りがあって入ってきたんだい」
ロマン……ロマンロスの人間にはきつい。
初見組と終章クリア組で全然印象が違いそう。

マスター候補を再起不能に追いやったのは
フォウくん=キャスパリーグ=ビーストⅣ=プライミッツ・マーダー
と判明した後はファインプレーだったんじゃないかと。

乾燥ワカメ。成長したアナっぽいデザインのランサー。
ゲームでは弁慶だったけど、あれは当時実装していた槍の中から選んだだけなんだろうか。ラフムみたいな喋り方だったのは伏線じゃないかと思ってるんだが。
ライダーポジは最初ククルんかと思ったけどどうやら男みたい。ダレイオス?

47人の命を背負える筈がないと零すオルガナイザーG1所長はあんまり魔術師っぽくない。
親父のマリスビリーはマシュの件みたいに魔術師らしい外道さを持ったんだけど。

以前はマシュに殺されるんじゃないかと怯えてたらしいのにマシュを庇うオルゴン所長には感動したよ。
それだけにレフに裏切られた時は悲しかった。マシュに向けた慈愛の僅か一部でも所長に向ける事は出来なかったのか。レフ的には所長もマシュに苦難を強いた一人だったのかもしれないが。

相性の良いアサシンや等倍のセイバー、アーチャーはともかくタイマンでライダーを仕留めたらしい兄貴強すぎ。ウィッカーマン無双。 大神刻印(オホド・デウグ・オーディン)を封印しておいてこれである。
ってかバーサーカー以外倒してる事になるのか。ソロモンも優勝してたしこの冬木の聖杯戦争ではキャスターが有能すぎる。

穂群原学園の屋上で魔術師に話しかけるクー・フーリンってstay nightのオマージュだったりするんだろうか。

最早恒例となったエミヤVS兄貴
だがまさか弓を持つとはな。

矛盾は使う者の技量次第。
ガンダムWのヴァイエイトとメリクリウスもそんな評価だったな。
黒王の信奉者をやってた筋力Dには何か最期に言い残してほしかった。

キャスパリーグを連れたギャラハッドのデミサーヴァントが現れた時の黒王の心境やいかに。
没になったアニメ版SNの設定だと青王は城壁には聖剣を向けられないんだっけ。

黒王がこの時代と聖杯を守ってた理由、突然消失したらしい住人、縁を結んだのに終章に来なかったキャスニキなど、まだまだ謎は多い。
ゲーティアとは別口の特異点の可能性もあるんだよな。


原作:TYPE-MOON
ストーリー原案:奈須きのこ
キャラクター原案:武内崇
監督:難波日登志
助監督:塚田拓郎
脚本:関根アユミ
キャラクターデザイン:後藤圭佑
デザインワークス:赤石沢貴士
色彩設計:竹澤聡
美術デザイン:佐藤豪志
美術監督:海老澤卓也
撮影監督:松井伸哉
編集:定松剛
音楽:川﨑龍
主題歌:「色彩」坂本真綾(フライングドッグ)
音響監督:高寺たけし
音響制作:HALF H・P STUDIO
制作:Lay-duce

藤丸立香:島﨑信長
マシュ・キリエライト:高橋李依
フォウ:川澄綾子
オルガマリー・アニムスフィア:米澤円
ロマニ・アーキマン:鈴村健一
レフ・ライノ―ル:杉田智和





狸は真田丸で見飽きたしのぅ。
丸の家康は第二の主人公と言っても過言ではなかった。

ノッブが寺で死ななければ幸村さんも真田丸でブレイブチェインせずに済んだ。
本能寺をあっさり流して信長死後の混乱の方を丹念に描いたのは斬新だった。ノッブの横死を知らない滝川さんと知ってる大名でもない父上のやり取りはしんみりするんじゃ。

「猿が悪いよぉ猿が~」
秀頼を守りたかったのに大角与左衛門の妻子に手を出しちゃったのが大阪城にトドメを刺したのがなんとも。
聚楽第の落首事件なんかもあって恐怖の対象だけど、源次郎に「佐吉を支えてやってくれ」と伝える場面が大好きなんでどうにも嫌いになれない。


Epic of Remnant

Ⅰ新宿幻霊事件
Ⅱアガルタの女
Ⅲ英霊剣豪七番勝負
Ⅳ異端なるセイレム

幻霊っていうのはホームズが探してたやつだな。新宿はPrototypeの舞台だが……
Ⅳは恐らく魔女裁判関連として、Ⅲが気になるな。恐らく宮本武蔵がメインとなるのだろう。剣豪対決って事は柳生十兵衛とか出そう。幸徳井友景や草深甚四郎時信、松山主水は出ない……よな。


福袋の術とニューイヤー2017ピックアップ召喚を回してみた。
14832192010.png

14832192270.png


戦力的には孔明の方が良かったかもだけど、三蔵ちゃんは6章で大好きになったから満足。ただ、バルバトスが狩れなかったから頁不足でスキルマ出来ねえ。
ニューイヤーの方で来たトータさんは流石お師匠様の弟子/保護者だ。これで天の逆月が限凸出来る。
三田先生もお師匠様を引いたらしいな。孔明を引けなかった事で人理は守られた。
桜が2枚も来たのはHFのPVを見た影響?
HFのナレはノッブのアドリブだと言われても納得する。
正直、あまり振るわない結果だったけど、スカサハ師匠がピックアップされる8日にもう1回10連を試みてみる。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

戦場の魔女達に祝福あれ ブレイブウィッチーズ 第12話「ひかり輝いて・・・」 感想



グリゴーリの特性に大苦戦するブレイブウィッチーズとペテルブルグ軍集団。
「もう、あれを・・・あの技を使うしかない!」
強い決意を宿し、皆の静止を振り切って一人グリゴーリに突っ込んでいく孝美。
その全身が魔法力に包まれ、髪が真っ赤に輝く。
「あの光!ダメ、お姉ちゃん!」
孝美を止めるため、ひかりは列車を飛び出し作戦現場に向ってひたすら走るのであった。



水の上を走れるようになったひかりは1話と比べて成長したな。
欲を言えば弁当をちゃんと届けるシーンも欲しかった。

なんかちょっと良いシーンみたいに描いてるけど、絶対魔眼を使うなら事前に話してちゃんと援護してもらおうよ。

万策尽きたな、作画班ってかCG班が。

ひかりがイヤボーンとかせずに凡人なりに奮闘したのは良かったし、予想通り手袋もリベレイターも生かした展開だったのは安心する。

監督
高村和宏
アウロラ姉ちゃん出すなら
ペテルブルグ大戦略に出たりしないかな。




テーマ : ブレイブウィッチーズ
ジャンル : アニメ・コミック

別れの季節 響け!ユーフォニアム2 第十三回「はるさきエピローグ」 感想




3年生が引退し、新体制となった吹奏楽部は新しくスタートをきった。
しかし、久美子はひとりモヤモヤとしていて……。
それが何故なのかを考えるうちに、久美子は自身のある想いに気づく。

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:石原立也、山田尚子、河浪栄作 作画監督:西屋太志



デカリボン先輩が部長で夏紀先輩が副部長。
コンクールに出てない夏紀先輩が来年新入生に舐められないか不安。

音楽の指導者としては優れてるけど、顧問としては経験が薄い滝先生と逆に教師としては経験豊富な軍曹の対比が良かった。
3年が抜けて質低下を結構容赦なく描く辺りこの作品っぽい。

1期が去年の4月。当初は自分もあすか先輩を胡散臭いと思ってたから久美子と心境がシンクロするな。
ここで終わりかと思うと寂しい。



テーマ : 響け!ユーフォニアム
ジャンル : アニメ・コミック

その再会は希望 Lostorage incited WIXOSS 第12話「夜明け」 感想




ちーちゃんを制止するすず姫がイケメンすぎる。

「満足させてよ」
お前も満足民か。
相手を言葉責めする時の里見は本当に生き生きしている。ダグバみたいな事も言い出したし。

「それも良いわね」
リルの裏切るそぶりは演技だと分かってたけど、この時の顔は興奮した。

セレクターとルリグの信頼を、元ルリグで現セレクターなのに見抜けなかった里見が敗北するのは必定。

オーネストの時に具体的に教えろと質問したのはすずの成長が窺えた。
万全を期すなら何を狙ってるのか質問するべきだったかもとも思うが。

ちーちゃんのコインをすずにベット。
王国編の遊戯王みたいな俺ルール全開だ。

RPGのラスボスみたいな捨て台詞を残して消えていっただけど、黒幕でもなんでもないんだよな、こいつ。

イオナさんやアキラッキーの登場はニヤリとする。

「私、穂村すず子。あなたは?」
「千夏……森川千夏」
「じゃあ、ちーちゃんだね。友達になろう。ちーちゃん」
すずやすずと過ごした日々が大事だったと自覚した後に記憶を失うのは罰として妥当なのかどうか。

メルを疑ってた視聴者はごめんなさいしないとね。
「趣味人の宿部屋」ってブログのとうゆきって奴が疑ってたらしいっすよ。



テーマ : selector infected WIXOSS
ジャンル : アニメ・コミック

堂々完結 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第39話「さよなら杜王町-黄金の心」 感想




ついに仗助たちは吉良を追い詰めた!承太郎たちも集まり、絶望の淵に立たされた吉良だったが、それでもなお、助けにやってきた救急隊員の女性にバイツァ・ダストを仕掛け、時間を吹き飛ばそうする。自ら女性に自分の正体を明かすことでバイツァ・ダストの発動条件を満たした吉良は、キラークイーンのスイッチを押す!杜王町の未来をかけた最終決戦、いよいよ決着―!


◆脚本:小林靖子 ◆絵コンテ・演出:津田尚克
◆作画監督:西位輝実/石本峻一/馬場充子/仲敷沙織/芦谷耕平/横山謙次
      木下由衣/SHIN HYUNG WOO/CHA MYOUNG JUN




フウウウウウウ~~~
わたしは…子供のころ……レオナルド・ダ・ビンチの『モナリザ』って ありますよね……あの絵…画集で見たときですね
あの『モナリザ』がヒザのところで組んでいる『手』…あれ……初めて見た時……なんていうか……その…下品なんですが…フフ……勃起………しちゃいましてね…………
この情報、多分バイツァ・ダストの発動に必要ないから完全に趣味だよね。

吉良の最後は事故死。
最後の決め手は杜王町の意思。スタンド使いの犯罪は裁けないというのは3部の花京院戦で承太郎も言ってたな。
運転手の責任問題とかで連日ワイドショーを賑わせそうだけど、数週間前に血だらけで行方不明になっていきなり事故死ってホラーすぎる。

女の腕を切断していた吉良が自分の手首を奪われたのは因果応報。

「ああ!わかったよ!最後だから本心を言ってやるッ!さびしいよ!ぼくだって行ってほしくないさ!」
鈴美さんと露伴ちゃんのやり取りはしんみりする。

「そう…ところでアンタ最近背伸びた?」
早人の成長としのぶさんの母親としての面が垣間見える台詞。

今回の「Great Days」は歴代歌手によるカバー?

ジョセフから財布を貰う仗助は酷いっちゃ酷いけど、この遠慮のなさは初期の壁を思うと感慨深い。

見送りには参加してたけどエニグマ以降出番がないから噴上裕也のアニオリは嬉しい。

女性社員は出てきても同僚は出てこないか……

康一君のナレーションに始まって終わる。覚えてないと4部は語れないよな。
そりゃ承太郎も「康一くん…君は本当に頼もしいヤツだ この町に来て君と知り合えて本当に良かったと思ってるよ…」と言うよ。
クリスマスイブにイチャイチャしやがって。こっちは年末まで忙しいんだよな。

スピンオフの漫画家体操をやる露伴。
更にカメユーで万引きしたらしい。鋼入りのダンの時みたいになんらかのスタンド攻撃によるものだったりして。

透明の赤ちゃんがジョセフの養子になったのは何かの前フリに思えるじゃん?何もないんだな、これが。



テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

薩奸死すべし慈悲はない ドリフターズ 12「みつめて☆新選組~熱血九州男児の唄~」 感想




あらすじ

ヴェルリナ市街を襲う黒王軍を、信長率いる火打銃兵(マッチロックガナー)と与一が率いるエルフの弓衆が迎え撃つ。銃の威力に崩れ撤退する黒王軍の兵だが、あまりの引き際の良さに信長は落ち着いて場を見定める。 信長たちとは別にドワーフを率いて先陣を切る豊久の前に、新撰組副長・土方歳三が立ちはだかる。豊久の胸にある「島津十字」を目にし憎悪を滾らせる土方を、知ってか知らずか豊久は嬉々として挑発し戦いを挑む。


■脚本:黒田洋介 ■画コンテ:西田正義 ■演出:高橋 謙仁 ■作画監督:小林利充



サブタイは行殺新選組かな。
ライアーは病気、と思ったら時代が追いついてしまった。

トッシーは合戦の玄人だが帥の素人。
某新選組スレの考察だと、有利な戦では勝って不利な戦では負けてるから判断は困難、そもそも勝敗を左右出来る立場にいなかった事が多い、でも部下から慕われていたのは確か、って感じだったかな。

対応の速さから銃を知ってると即座に察せられるノッブは凄い。
更にそれを上回るカルタゴの雷光。逃げ道を封じて一網打尽ってハンニバルの得意技だね。

「ははぁさては俺らの子孫がなにかしでかしてしもうたかの?」
子孫が徳川を倒したと確信している豊久ならではの天然煽りストっぷりだった。チェスト関ヶ原の精神で倒幕したね。

薩摩と新選組は蛤御門の変の頃は一緒に佐幕派として頑張ってたのに長州と組んで討幕派に宗旨替えしたからな。「島津という理由だけでじゅうぶんだ!」となるのも分からんでもない。
今川氏真も織田信長より武田信玄の方を憎んでいたとかいなかったとか。そういや来年の井伊直虎大河だとどういう描かれ方なんだろう。こいつや劉禅ってこれまでの過小評価の反動で近年はやたら過大評価される事が多い

豊久の戦い方に対して士道云々言うのは、一人に対して複数人で当たるのが基本の新選組の副長らしからぬ物言い。
本人も目潰しや羽織で首を絞めるという喧嘩殺法もやってたのに(これについての信憑性は今一つらしいが)
ここの土木作業員は士道にもとる事をやってたから逆に拘ってるというキャラ設定なんだろうか。

やたら挑発に乗りやすいという印象だけど、西南戦争に参加した斎藤一とかなら溜飲が下がって冷静に対応出来ただろうが、そもそもエンズにはならんか。

「おいはしょせん功名餓鬼よ
義弘殿や親父っどになれん
じゃっどん奴は違う
第六天魔王織田信長は違う!!
ノッブを信頼してる豊久は心地良い反面、あくまで一武士として動いてるから「お前が追い回しているバカは実はただの我々の総大将だ」という事態になるんだよな。ノッブの気苦労は絶えそうにない。

自分ごと撃たせる薩摩もんがそうそういてたまるか。肝練りじゃあるまいし。

侍と言われて嬉しそうな土木作業員はエンズっぽくない。
仲間思いだし、スタンド能力さえなければ実は漂流者だと言われても信じる。

タイ捨流VS天然理心流。
最後は侍二人が殴り合いに発展するのが泥臭くて良い。

戦国BASARAでも明智光秀ははやみんだったな。

銀河英傑伝説
ヒラコーは銀英伝大好きだよね。





テーマ : ドリフターズ
ジャンル : アニメ・コミック

決戦開始 ブレイブウィッチーズ 第11話「やってみなくちゃわからない」 感想


勝負に負けたひかりは当初の配属先に配置転換となる。
502部隊のメンバーはそれぞれの気持ちを持ってひかりを送り出すのであった。
「みなさん、お元気で~~!」
「ひかりっ~~~!」
走り出す車を思わず追いかけるニパ、しかしその姿はあっという間に見えなくなる。
そしてスオムス駅に付いたひかりを迎えに来たのは・・・



迎えが誰かって先週から色々説が唱えられてたがエイラーニャだったか。
サルミアッキはやめろおおおおおおおおおおおおおお!

5秒で一体がノルマとか過酷すぎる。
アムロですら9機のリック・ドムを撃墜するのに3分かかるのに。まあ、アマクサは3機のフリントを17秒で落としたが。

SILVER LINK.に大勢を動かす力はないしキャラが増えても話が取っ散らかるというのは分かるんだけど、乾坤一擲の作戦の割にウィッチが少ないよね。列車砲を守ってるのがニパとジョゼだけだとそりゃ撃ち抜かれるよ。
エイラーニャさえ出なければ他の戦線も手一杯だと脳内補完出来たんだが。503タイフーンウィッチーズ、506ノーブルウィッチーズ、507サイレントウィッチーズ辺りから救援は望めなかったのかな。

ドーラの魔導徹甲弾をグスタフに移すのかと思ったら直接ぶつけるのかよ。
まあ、いらん子中隊やルーデルさんも爆弾を抱えて空爆してたけどさ。ラル隊長の腰が心配。

ひかりの無茶っぷりはお姉ちゃんを見て育ったからだよね絶対。
にしても徹甲弾の重量1トンか。
アハトアハトを持って飛行出来るアフリカの稲垣真美なら余裕で持てそう。

手袋とリベレーターが最終回で大きな役割を果たしそうな気がする。

提供の時のマンシュタイン元帥は何を映してるんだよ……
腐敗ここに極まれりだな。

テーマ : ブレイブウィッチーズ
ジャンル : アニメ・コミック

親と娘 姉と妹 響け!ユーフォニアム2 第十二回「さいごのコンクール」 感想



ついに明日は吹奏楽コンクール全国大会。
吹奏楽部は大会に備えて会場近くの施設に宿泊し、最後の練習を行っていた。
その夜、久美子は寝つけず布団を抜け出す……。

脚本:花田十輝 絵コンテ:山田尚子、三好一郎 演出:三好一郎 作画監督:明見裕子、丸子達就



隙あらば鎧塚先輩の百合描写挟むな。
リードの所とか拳こつんとかあざとい。

久美子と秀一のやり取りは幼馴染みらしい遠慮のなさが良いね。
お姉ちゃんを追いかける久美子を見送るイケメンっぷりも良かった。

受験勉強で忙しいだろうに名古屋まで応援に来てくれる葵ちゃん。
久美子の事もそうだけど、吹奏楽が好きだったんだろうな。

集合写真の時の死んだ目が笑ってしまう。
全国レベルだけど銅賞な演奏って表現が難しそうだからカットは妥当なのかな。

麗奈の告白は見てるこっちまで恥ずかしくなる。
滝先生、流石に感づいた上でスルーしたのかな。

「よくここまで続けてきたね。美しい音色だったよ」
お父さんに褒められてあすか先輩は感無量だろう。
ただ、直接会わずに担任に伝言を託すだけってどうなんだろう。子供にユーフォだけ贈ったり、離婚理由って父親側にもありそう。
いやまあ、今更顔を合わせ辛いだろうなってのは分かるけどさ。

「お姉ちゃんがいたから私、ユーフォ好きになれたよ!」
「お姉ちゃんがいたから、吹奏楽好きになれたよ!」
「お姉ちゃん、大好き!」
「私も……大好きだよ!」
1期で似たようなやり取りがあった時は素っ気なかったお姉ちゃんが好きだと返してくれたのは感慨深い。なんかもうここで最終回でも綺麗に纏まってたよね。




テーマ : 響け!ユーフォニアム
ジャンル : アニメ・コミック

第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア 感想


七度目の聖杯探索の舞台は紀元前2655年。
それは人間と神が袂を分かった最初の時代。
人類を滅ぼさんと結託した『三女神同盟』の魔の手。
ウルクを飲みこもうとする滅びの予言。
絶対的な終焉を前に、今、最大の戦いが幕を開ける――!


クリスマス脳死周回を乗り越えたプレイヤーを待っていたのはまたしてもリンゴを齧る日々だった。

コードガーチャー反逆のサンタムの約束された勝利のカードのお陰で入手した石20個を加えてバビロニアピックアップ召喚を20連ほどやってみた。

14821098690.png
14821099090.png


!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?
最初銀のカードだったのが金になる演出だったんで文字で表現出来ないレベルでビビった。


いきなりテンションマックスになりつつ7章開始。


聖杯がやるのはあくまで時間短縮。
ケリィはそれで躓いたんだよな。

生命は無駄ばかりとか人類史に価値はないと言い出したロマン。
ナサリがそれらしい事を言ってたけど流石に悲観的すぎる、と疑ってたら案の定偽者。
ただ、マシュはその声が智慧と慈愛を含んでいたと感じたのが気になる。

苦しいのなら止めていい、と。
耳元で囁かれる、深い闇(ブラックホール)のような甘い声。

???「JASRACの者ですが」

レイシフト前のマシュとのやり取りは安心した。


マフラー装備のぐだーずのイラストが大量投稿されそう。
新年祝いはもっと華やかなもの、福袋を期待してる。





第1節 神代にて

フォウくんに知性があって淫獣なのは「デンジャラス・ビースト」のテキストから判明している。


敵のウリディンム、狂った犬とかライオンと言われるティアマトの11体の魔獣の一匹だな。
世界樹の種をドロップするのが美味しい。クリスマスのぼたん雪級で50以上ゲットしたけど幾らあっても困らない。

ウシュムガル、バシュムも同じくティアマトの仔等。
バシュムをオジマンディアスのブレイブチェインで仕留めたら神獣VS魔獣の超獣決戦の様相を呈した。


イシュタ凛登場。
お父様ってアヌ神かな。

神霊の世界にも免停ってあるのな。
アポロンだかヘリオスだかの息子のパエトーンは交通事故死しちゃったよね。

「裁判の……時間だ!」はエイプリルフールの「法廷でまた会おう」のセルフオマージュ?
狙撃されて墜落したイシュタルは疲れからか、不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは…。

大事なものを落とすうっかりは凛由来なのかイシュタル生来のものなのか。

追記
この時は聖杯かと思ったら天の牡牛グガランナだったか。


エルキドゥ登場。
兵器だから使い手が善なら善、悪なら悪というのは今後の展開にも関わってきそう。

聖娼シャムハトを讃える為にその姿を取ってるってセブンやメビウスなんかのウルトラ戦士みたいだ。
ウルトラマンXでマックスがカイトの姿で現れた時は感慨深かった。孫とも会えたみたいだし。未来を掴めたという何よりの証拠だわな。


何度も世界滅亡の危機に瀕してきたからしぶといウルク民。
セブン=フォートレスみたく週刊世界の危機なんだな。
……ラ・アルメイアの幻砦、ファンブルならともかくクリティカルで滅ぶとは思わなかった。





第2節 人類最古の城塞都市

ムシュフシュって大悪獣ギロンだよね。ガメラに出てきてギャオスを倒した。元ネタはエンリルが地上を滅ぼす為に遣わしたという。


神霊が人間を愛するのは多機能からくるロジックエラー。
だからアルテミスはあんなアーパースイーツに……


小型戦車並みの戦闘力を持つ魔獣一万頭と半年間渡り合うウルク人凄い。
冬木市の火災でも生き延びるのも納得。酒に酔っ払った京都人でもあれだからな。


レバノン杉の森の守護者フンババ、フワワって書くと可愛い。

最近発見されたギルガメッシュ叙事詩の断片によるとエルキドゥとフンババって友人だったらしいね(それ以前の粘土板でも知人だと窺わせていたみたいだけど)
人間になった事で獣だった頃の友人と決別って現代でも通用しそうなエピソードだ。
この頃のギルはシャマシュに頼ったりしてるんだよな。


マーリンシスベシフォ―――ウ!
CMでも一緒に戦っていたマーリンとアナ。
アナってメドゥシアナが由来かな。

どこからどう見てもマーリン本人だと言ったロマンは一体……
マーリンもマーリンで「あのバカ」と親しげだし。

追記
竹箒日記でかなり気になる記述があったね。
>千里眼持ちたちは直接面識がせなくても互いを意識しあっている溜め、初対面であってもタメ口だったり馴れ馴れしかったりします。


今明かされる衝撃の真実。
Fakeを読んでる身としては全くエルキドゥを疑ってなかった。
が、1節でエルキドゥと握手する時のフォウくんの沈黙は疑ってたのか。
絶対魔獣戦線を見て放っておいても死に絶えるのに無駄な事をするとか、新しい時代を代表して~ってのも伏線だったのかな。

友の死に一区切りつけたギルの前に偽者。これは強烈なストマの予感がするぜ……!
どんなストマが来ようが俺は既に勝利してるが。


ジャイアニズムの原典である英雄王ギルガメッシュ。
三分の二が神で三分の一が人間。ルガルバンダとニンスンの血がどう作用したのやら。

不老探索の時に霊草を盗った蛇の化石は巡り巡ってトッキーの元に。


セメントなアナにも優しく接する門番のウルク兵士が良い人すぎる。

ようこそウルク市へ。我々は生きるために戦う者、そのすべてに協力を惜しみません。
クリア後に見直すと感慨深い。活気あふれる市民も凄いわ。





第3節 ギルガメッシュの災難

部下の出身地や家族の事もきちんと把握して気配りも出来るギルガメッシュマジ賢王。


神権印章(ディンギル)と言われるとワイルドアームズやシンフォギアのカ・ディンギルを連想。
月を破壊して統一言語を復活させようとしたフィーネさんは型月に置き換えると興味深い。


いきなり戦闘に突入するギル。
こいつ、エルキドゥとも殴り合って分かり合ったんだよな。少年漫画の原典である。

うちの霊基一覧のギルは灰色です(半ギレ)

王、腹筋大激痛。
ころたんの片腹大激痛を思い出した。


イナゴの群と砂嵐、そして子供のかんしゃくが混ざった女がイシュタル。
マテでの評価だっけ?
イシュタルが「優雅」って言った時に「フフッ」と笑いが零れた。


白旗は敵を皆殺しにするって意味だろ?(バッフ・クラン並の感想)


この時代が起こした災いは、この時代の者が解決する
この心意気は立派だと思うし、傲岸不遜なギルにこれまでの働きを褒められた時は嬉しかった。
きのこ、乙女ゲーとか作ってくれないかな。


シドゥリさん、原典だと酒場の女主人なんだっけ?





第4節 働くウルク民

ダ・ヴィンチちゃんのミニ教室。
大源(マナ)の減少に関わるイベントがいずれありそう。
真エーテル、すまないさんのバルムンクに内蔵されていたり。

神々の消失は衰退、決別、契機の三段階。
契機は紀元前七世紀。
衰退は一万四千年前。
決別が紀元前2600年。
EXTELLAの話もちらりとあったな。衰退の原因である一万四千年前の大規模な災害はセファールのあれだね。


弁慶危機一髪、ジャイアントロボの衝撃のアルベルトが同じような事をしてた。
孔明は既に実装されてるが、小李広花栄や公孫勝一清道人なんかの水滸伝面子も出れそう。前者はモデルの方が可能性高いかもしれない。飛将軍だし。


防衛の指揮をしていたのはレオニダス王だったか。
リスペクトしてるマシュだけど、ストーリー中で本格的に会うのはこれが初だっけ?ローマではあっさり退場した記憶があるが。

魔獣の群の中で寝てヤバいと思ったら即座に反撃出来るレオニダス王怖い。
まあ、一人だけなら漫画やアニメの達人キャラでそういうのがいそうだけど、スパルタ兵は標準装備っぽいのが。そりゃあんな激戦を繰り広げられるわ。

極限状態でどうやって戦うかとかバッドコンディションとの付き合い方とか、疲労と負傷は別問題とか、脳筋だけど割とインテリっぽさも感じる。
這!闘!でカルデアスタッフも鍛えてくれるんだよな。


カルデア大使館。
こういう拠点からお遣いクエストをやるのは新鮮。

羊の毛刈りを楽しむ巫女さん可愛い。

貨幣は悪い文明。破壊する。
でも現在判明している世界最古の人名、会計士のクシムさんもメソポタミアの人だっけ?


地下に住まう謎の種族な奥方ヨヒメン。
異種婚、ヤンデレの原典もメソポタミアである。


シャドウサーヴァントにダビデがいたのは羊飼い繋がりかな。ロムルスも羊飼いだっけ。


アナはメシマズ?


混ざれなくて寂しいか聞かれた時のロマンの沈黙はなんなんだよ。


神代では冥府から死者を取り戻すのは治療行為。
オルフェウスも毒蛇に噛まれて死んだ妻のエウリュディケを助ける為に冥界に行ってたな。イザナギとイザナミはこれと顛末が似てる。
シーシュポスなんかは言葉巧みにペルセポネを欺いて自力で復活した。


片足を負傷した老人……ワンチャンエイハブ船長?かと思ったらジウスドゥラかよ。シュルッパクの王で叙事詩でのウトナピシュテム。大洪水からの生き残り。
Prototypeのギルは終末剣エンキで大洪水を起こせるんだっけ。

ウルクに訪れる三度の嵐
憎しみを持つ者に理解を示してはならぬ。
楽しみを持つ者に同調を示してはならぬ。
苦しみを持つ者に賞賛を示してはならぬ。
すげー伏線っぽいのでメモっく。

追記
この後ぐだが見たのってティアマトの夢だったのな。





第5節 密林の呼び声

ヨヒメンの話題に関心を持ったりジャガーマンを見たがるキャスギルあざとい。hollow ataraxiaのノリだよな。
……美々ちゃんはどうしてあんな事に……


ビールと枝豆は人類を堕落させる禁忌の果実。


ぽんぽこが後白河法皇から官位を貰った時……兄上の胃が……
レオニダスを休ませる気遣いは出来るのにな。
まあ、時代を先取りしまくってた兄上が政治チートすぎただけで他の坂東武者も似たり寄ったりだったって話も聞くけど。

左衛門佐を貰った時に義経を引き合いに出した真田丸の源次郎は不器用すぎると思った。
……あの時の秀次は関白の器だったのになぁ。


ぽんぽこもYAMA育ち。


天草四郎と風魔小太郎のツインアーム・ブリゲイド。共にクリスマスに出てきた顔だな。

そして茨木童子はまだしも巴御前とな。Fox Tailの鈴鹿御前の間違いではなく?ギルタブリルと相打ちになったらしいが。


脳の使い方をちょっと工夫すれば嗅覚を活用出来る。
きのこの作品だとこういうビックリ人間的なあれが出てくるよね。


『最強の虎、ここに健在!
もう誰も、私をタイガーとは呼ばせない!』
SSF
シリアスダイーン!
キャットかと思いきやまさかのジャガーマン。
エミヤ、これどう思う?エミヤ?……死んでる……


ウル市民の行動はなぁ。
ジリ貧で滅亡を先延ばしにしているだけなんだけど、とはいえ、彼等に戦えと言うのは酷な話。
……等と思ってたら生贄に差し出された人は強制労働か。





第6節 遭遇

『白峰の 雲海遥か 杉の山』

海を見たくなる時もあるギル。
クリスマスイベントの後だと何気ない台詞でもちょっと感じ入るものがある。

見ればあれはすべて暗殺者の石像のようだ
3wave目に騎のスプリガンが出てきたのは完全にコント。


時速500キロでかっ飛ぶエルキ。メドゥーサのペガサスと同じか。

宝具名がエルキドゥと違ったな。
母さんはお怒りだ。滅びの潮騒を聞け。
母よ、始まりの叫をあげよ(ナンム・ドゥルアンキ)


ナンムはエンキの母親、ドゥルアンキは世界の文字ここのサイトによるとシュメール語で「天と地の繋ぎ目」の意味らしい。ってか8節で言ってたわ。

心肺機能の停止をそういう事もあるで片付けるギル。
神代の魔境っぷりを考えるとよくありそう。

追記
心臓を撃たれても1時間持ち応えるギルならそういう感想になるわ。





第7節 天命の粘土板

冥界に現れ、門を閉じる事も出来るジウスドゥラ。

追記
不肖の弟子って誰だと首を捻ってたけどそういう事だったのか。

『世界の終わりを警鐘する者』『全ての死を看取ったもの』
キングハサンが名乗るに相応しい。


イシュタル三度目の襲来。
何度も出てきて恥ずかしくないんですか?

アナの鎌は不死殺し。ハルペーだったか。

実はウルクを襲ってないイシュタル。
なんだかんだで土着神と凛の融合体なんだなって。高笑いだけど。

追記
目覚めた後のイシュタルの口調が微妙に変だったり夜だから起きると言ったり、クリア後だと色々気付くな。亡者を呼べたのもそりゃ当然。





第8節 ウルク北壁

チーターって冗談抜きで生きるか死ぬかの瀬戸際で狩りをしてたんだな。


巴御前は混血。型月のオリジナル設定かな。本人も息子の朝比奈義秀も豪傑を示す逸話があるから異種族の血が混じってても不思議はないが。
境ホラでルターやってるロリババアは鬼族だったな。


「いやぁ、まあ。別に、何も?」
話は変わるが、とある幕間で子ギルに怠惰の罪を贖う事になると言われた奴がいたんだけど、巌窟王が言う怠惰の中には、成し遂げるべき事の数々を知りながら立ち向かわなかったというものがある。
あと、ナーサリーに「はじめから何もかも諦めて、笑う事しかできなくなった人」と言われた奴もいるが、いや、まさかね。

天命の粘土板は誰視点なんだろう。マリスビリーかなと思ったり。


マーリンについてはGOAを読もう。
人でなしだけど人間の味方をしているマーリンの在り方はマナにとって一つの指針になった事だろう。





第9節 魔獣母神

人理を守る為にもっとも必要なものは困難から目を背けない性質。
登場するたびに株を上げる男、レオニダス王。


魔獣の女神、ティアマトと思わせておいてゴルゴーンとかエキドナとかと思ったらティアマトだった……と思ったらやっぱりゴルゴーンじゃねえか!


部下に死ねと言えるのは指揮官に必要な資質だな。
遮那王流離譚の一つ、薄緑・天刃縮歩。ゲーム内に登場したのはこれが初だっけ?

笑顔なき者に大義は訪れないという言葉は境ホラの義頼さんを彷彿とさせる。


人間を連れ去って魔獣の材料にするとかえぐい。


ティアマト戦は嫁王、良妻、フレ孔明のアーツパが良い感じにハマったわ。
ティアマトの攻撃はヒット数が多いから連続で宝具が使える事もしばしば。


行くぞ友よ、魂(いのち)を此処に―――!
炎門のぉ、守護者ァァァア!

ここはヤバい。語彙力が低下するくらいヤバい。ぐだだけでなくその後ろの人類史すら守った偉大な盾だった。
石化熱線は物理。

棄てられながら、何一つ捨てなかった炎の王。
ゴルゴーンの過去を鑑みれば御身、勇者と敬意を払うのも頷ける。
ギリシャの神性としてアテネを守ったレオニダスへの感謝もあったかも。

“何も空を飛べ、などと言っているのではありません。
煉瓦を手に取り、ここに並べる”
“それは誰にでもできて、最も重要な仕事なのです”

レオニダスの遺志を受け継いで立ち上がるウルク兵士は本当に熱い。
現代の人間を見てギルが落胆するのも納得。

シャドウバースのレオニダスも強いよね、
自分の場にフォロワーが出るたび、それは+3/+3され、【突進】を持つ。


くっ殺状態の牛若丸。
ギルが牛若丸にニップル市に入ってはいけないと命令したのは千里眼でこの事を見たからなんだろうか。

子供だからと頼朝を見逃した清盛ってか平氏がどうなったかを思えば子供を見逃したキングゥは甘い。


聖杯の泥、ケイオスタイド。
ヘラクレスをアルケイデスに変貌させたあれだね。





第10節 おはよう、金星の女神

エビフ山とイシュタルの逸話は傍迷惑だけどコミカルで面白い。
しかし槍か。ロンゴミニアドやマグナ・ウォルイッセ・マグヌムと同類だったりして。


王、多すぎ問題。
戦闘しない王なんてノートン1世くらいしか思いつかない。


イシュタルの神殿、手前に招き猫らしきものが。


四つが三つって聖晶石の話じゃねーか!


イシュタルを凛に降霊、崩壊した冬木市、爆心地遠坂家、行方不明のグガランナ……この符号が意味するものは――!

ロマンが凛の状態を確認したのはやはりマシュと同じようなケースだからなんだろうな。

冒頭の会談を鑑みるにイシュタルは二柱現界しているのかと思ったらフォームチェンジ可能なのか。
EXTRA版の金髪凛ちゃんはトッキーの隠し子なんだっけ。

人間は生の苦しみ、死の恐怖から逃れられない。
魔術王も似たような事を言ってたな。

多くの理不尽、無慈悲を神様のせいにする。
高位の神に太陽神や雷神や嵐の神のような天候に関わる神が多いのはそれだけ自然災害が人間にとって脅威だったって事だし。
サキュバスやインキュバスも不貞を押し付ける為の存在だっけ。





第11節 こんにちは、太陽の女神

密林の女神の真名は“翼ある蛇”“金星の女神”“太陽の大鳥”“南米の風”ケツァル・コアトル。
CM時点ではアキレウスと戦ったアマゾン女王ペンテシレイア説もあったけど最有力候補だったケツァルコアトルだったか。

前節で他天体の末裔と言ってたけど小惑星由来の微生物だったとは。
密林が恐竜絶滅前の地球みたいって地味に伏線だった?割と唐突だなと思ったが。

ルチャリブレをするケツァル・コアトル。
こんな設定普通は思いつかない。

カルデアの戦士を待て……!
それまで、それまで―――
―――それまで、ヤツの要求通りやってやる!
一対一なら文句はないと言ったな、貴様―――!

兵士から漂う川上モブ臭。


翼ある蛇
善属性の攻撃を無効にする&中立・悪属性の攻撃を半減する
嫁王とバサクレスが良い感じに削ってくれてガッツを発動させるまでいったのに自動勝利してしまった。ジャックが入れてれば勝てたかな。


タイガーが言うククルんってマヤ神話のククルカンの事かな。


逆転道具を秘密にするのは男の浪漫。


自分を祭る神殿があるから高い神性と権能を発揮出来る。
インドラジットもそんな感じだな。


翡翠剣マカナ
太陽遍歴ピエドラ・デル・ソル
下は革命機ヴァルヴレイヴで聞いた事があるようなないような。





第12節 太陽の神殿

あらくれ(エグザイル)サーヴァント美獣ジャガ村先生が仲間になった。


ぶっ殺した直後にぶっ生き返すククルんは神性特有の独特の価値観してるな。


ギルやククルんと違って人間の弱さを肯定してくれるイシュタルはありがたい。


人間の欲望を食べる霊獣、災厄の獣キャスパリーグ。
アルトリアと互角に戦ったりしたんだっけ。


人間(アナタ)たちを愛している。
人間(アナタ)たちと共存したい。
この生命種こそ、私たちの生き甲斐だと!

ロンゴミニアドもそうだけど女神の愛は重い。ヴェルバーと通じるものもある。甘粕系女子。

ククルん戦は邪悪な女神とか決着を急かすロマンにちょいと違和感あった。状況を考えれば当然なんだけど。

決まっている。高さだ……!
決まっている。勇気だ……!

マーリンの声で「後は……勇気だけだ!」という文言が頭を流れて行った。


敵にプランチャ・スイシーダ。自分はいつの間にギャグイベントをやっていたんだ?
グラップラー刃牙のアントニオ猪狩も言ってたな。「プロレスラーはよけないッッ 相手の技は全て受けきるッ」
覚悟を決めたぐだがプロレスで挑んだ時点で勝負は決まっていた。





第13節 天命の予言

蛇だけにヘビィ。

パイプ椅子はELSも撃退出来る強武器。
追記
ここでククルんが言ってた揺り籠ってそういう事か。

テスカトリポカと聞くと「ほめられたいよ」というフレーズが脳裏に。黒曜……

あと「初手テスカトリポカ」という謎のパワーワード
ソロモン王の力で役満を和了った戒能良子プロとか意味不だけど、困った事に「Fate/mahjong night 聖牌戦争」というのがあるんだよな。

さらっと出てくる伝承保菌。


王とは建築学も修めるもの。
オジマンディアスも建築王の異名を持ってるな。

ギル逝ったー!?
過労死とは……
トルコのムスタファ・ケマルや鎌倉幕府の長崎高資も過労死説があるんだっけ。
孔明はカルデアでも過労死しそう。状況次第じゃ騎相手でも駆り出されるからな。
ナイチンゲール女史はベッド生活生活だっけ?付き合わされたシドニー・ハーバートは過労死したっぽいが。

こうなってくるとククルんに今にも内側から崩れそうと言われたロマンが心配。


ちょこちょこ「あれ?もしかしてイシュタルって三女神同盟じゃない? でも第7節だと自分が三女神同盟だと言ってるし……」等と困惑してたが真相判明。
悪のイシュタルと、善のエレシュキガル。二つの神性が同一扱いされるってカンピオーネでありそう。

最初にフォームチェンジした時の流れが「薄着で寒い→変身」だったからそこまで疑問に思わなかった。
思えば12節の会話とかもろだった。イルカルラってエレシュキガルの事だったのな。

人間の生を表すグレートアースマザー
人間の死を表すテリブルアースマザー
アースマザーと聞くと反原発のあれを思い出して困る。





第14節 さよなら、冥界の女神

運命力……アルカナフォースを常に正位置に出来るとかそういう?

質問内容を考えてるのはエレシュキガルだよね、絶対。

死んでも変わらないギル。
さらりと登場する気配遮断EX

ふははははは笑止!
今さら山国アラッタの支配者(エン)なぞウルクの敵ではない!
あらっためて来るがいい!

これが人類最古の親父ギャグである。

“なんだあのドラテクは!
天舟とはあそこまで速く軽快にコーナーを曲がれるのか!”
“これはとても追いつけない。神話に残るコース記録だ!
いま、ウルク最速が決定した!”

イシュタルに財の全てを持ってかれて涙目なエンキ神ェ……

貧乏籤扱いの冥界。
ハーデスさんもそんな感じだったな。

死と蛆と黴と穢れ。棺桶の中の空気がカタチになったような女、エレシュキガル。
北欧神話のヘルみたいに冥府の女神ってそういう外見になるのは当時の人間の死に対するイメージなんだろうか。

私のどこが恥ずかしいというのだわ!
怖ろしい死の女神なんですけど!

凄いポンコツ臭。
しかし赤くて語尾が「だわ」ローゼンメイデンの真紅みたい。

苦しみを持つ者に賞賛を示してはならぬ。
ジウスドゥラの助言を信じたいが、それでもエレちゃんの味方をしたかった。当たり前の事でも褒めたかった。結局下を選んでしまったが。

女神の同盟の契りを切りエレちゃんの本心を明かすジウスドゥラ。
すげー威厳があるんだけど何者なんだろう。ギルが面識ないみたいだから本人ではないんだよな。

初めて自分の意思で地上の人間を全て冥界に捕らえて保護しようとしたエレちゃん。
レオニダス王が言ってた、窮地において救いを与える神は死神のみって言葉を思い出す。
やってる事は獅子王と似てるね。女神のやり方は人間には素直に受け取り辛いけど、それでも確かな愛を感じる。

自分の境遇を諦めてるエレシュキガルに発破をかけに行ったイシュタルも良い奴。





第15節 決戦

出立前に祝いをしてくれるウルク市民は気持ちの良い奴等。
気になる事件がいっぱいある。「川に棲み着いたワニ百匹事件」「部屋が夜になるぐらいの群れの蜂の巣駆除」「イシン産、ウンマ産、ギルス産の麦酒運び」

花屋の老婆とアナの話は涙腺に来る。
花飾りを渡したかった……


謎の京人X……変化スキル使ったイバラギンじゃね?
追記
まさかエビフ山の向こう、神話にある『白い杉の山』からよみがえった大聖獣・デスフワワと人知れず戦っていたとは……


決戦前夜に仲間と語らうのって良いよね。
人間と距離を置いていたアナも変わったな。


人間のクズ(マーリンが人間だとは言っていない)
人間の痛みの重さが分からないけどアルトリアの件はガチで堪えた模様。


ククルんのあの邪悪な笑みって顔芸だったのか。


ブリテン魔術・アルトリアごはんですよ
ウルトラサインみたいなものかな。
ククルんを騙してマルドゥークの斧で直接鮮血神殿を狙わせるマーリンはやはりクズ。


復讐に意味を求めるのは立ち上がれる者だけというゴルゴーンの言葉は重い。
サーヴァントって既に終わってる存在だしな。いずれ覚める夢。しかも特異点だから何かが変わる訳でもない。


本来、冠位(グランド)クラス七騎を以てしか対抗できない、人理を食らう抑止の獣―――生命の海、原初の母
『七つの人類悪』のひとつ、原罪の獣(ビースト)
マーリンが3節で言ってた馴染みの娘ってティアマト?





第16節 終焉

ラフムによる絶望感が半端ない。BETAみたいだ。
更にぽんぽこまで……

ここではリントの言葉で話せ。
どうもラフムの言葉はみかか変換っぽいね。


人類悪とは、文字通り人類の汚点、人類を滅ぼす様々な災害。
社会を内側から食い破る癌のようなもの。人類史に溜まる淀み。人類が滅ぼす悪。
アンデルセンが言ってた自業自得のアポトーシスってこれの事?


シドゥリさーん!?
ギルガメッシュ王のばーかばーか!


黄金王っぽく現れる小便王魔術王。
全ての時間、時空の光帯を回収したという発言が気になる。
あれはソロモンの宝具ではないのだろうか。





第17節 新しいヒトのカタチ

ジャガーマンのムードメーカーっぷりには癒される。

両手を上げて無抵抗なラフム……
ぐああああああああああああああああああ!
3節で白旗が降伏を示すシンボルだと知った人がいるんだよなー……

ラフムはぁ。虫なんかを殺して遊ぶ人間の悪性を凝縮したような存在で嫌悪感がある。
ティアマト神の人形だと自認したキングゥの方がある意味高潔なのは皮肉というかなんというか。





第18節 目覚め

何もないが唯一母からの期待だけを信じて戦ってきたキングゥに対する仕打ち。
トイ・ストーリーのバズ・ライトイヤーやコン・バトラーVガルーダみたい。

打ちひしがれるキングゥを救う一体のラフム。
シドゥリさん……シドゥリさん!
彼女の言葉でエルキがどれだけ慕われていたか察せられる。
作り物の人もどきと言った兵士もいたが、あれはエルキドゥが敵に回った状況だしね。


オルタ化したぽんぽこ。
ドラゴンボールのメタルクウラやゲッター艦隊の武蔵みたいだ。
ステラ―!とシャクティで吹き飛ばしたけど。


泥に取り込んで黒化させる細胞強制(アミノギアス)
不愉快げなギルだけどそりゃそうだろう。

ククルんが「空を飛ぶ黄金の船」と言った時にギルが反応してて、ヴィマーナを出してくれるのかと思ったら違った。

水避けの呪具ア・メンボ。
それって忍者が使うあれでは?


次の世界を生み出すから危険視されて棄てられたティアマト。アナの話と繋がる。新しいものが出来た時に古いものを排斥するって。

ファム・ファタールって自分で手足を封印してたのかな。
魔術王はキングゥに意味深な事を言ってたが。

叫びがラーゼフォンっぽい。声が悠木碧だと知ってビビった。

水爆に匹敵する魔力量。
神霊の火力に追いついた人類も凄いかも。更に数百年で神の箱船に到達出来るという。
ゼル爺が言うには100年経てばORTにも対応出来るようになるらしいし、資源がないEXTRAの世界観でも大躍進してるし、そりゃ女神連中も人間に夢中になる。

ナピュシテムの牙の展開には興奮。





第19節 原初の星、見上げる空

生存者五百名。
孫が生まれたばっかりのタバドさんとかも亡くなったのかな。

生まれつき死がないティアマト。つまり直死の魔眼でも駄目か。
現存する全ての生命の母故に他の生命が存在を証明してしまう。インチキ効果もいい加減にしろ!
ギルが子は親には勝てない理論の前に苦戦するとは……

解決策:冥界に落とす。
7章終盤は本当豪快。

「私は駄目な女神です」の粘土板のイラストが描かれそう。

我らは諦めて眠るのではない。
明日、生き延びるために、この夜を過ごすのだ。


マテリアルでティアマトの情報を見てみたんだが……
七つの人類悪のひとつ、『回帰』の理を持つ獣、ビーストⅡ

ネガ・メサイヤを持つビーストⅥってなんだよ……
救世主って聖書っぽいから、アンチキリスト、マザーハーロット?

回帰の理、ネガ・ジェネシスが進化の否定という意味で倒すべき悪だというのは分かる。
でも救世主が人類悪……そういえば、救世者の少女が出てくる某ラノベで、誰か一人によって救われる程度の世界ならば、それは間違っていると言ったロリコン騎士がいたな。

蒼銀のフラグメンツのマスターテリオンがビーストⅣみたいだからコラボイベントやらないかな。愛歌様にファブリーズをかけたい。

あああと、ソロモンの宝具「誕生の時きたれり、其は全てを修めるもの(アルス・アルマデル・サロモニス)」が原罪のⅠ。
つまり、どういう事だってばよ!?


ゴルゴーンの為に回りくどい弁明をしたり他の女神に先んじて聖杯を手に入れて人類を守ろうとしたり、ククルんマジ女神。
超欲しい。ピックアップガチャでは爆死したが。

私の命でククルんが助かるなら、いってこいでOKです!
さらりと出てきた台詞だけど、両者の関係性、絆を感じさせて好き。


マシュは恐怖を勇気で押し込められるタイプ。

残される者を案じて戦いに出る事に恐怖を感じていたが、恐怖を希望で塗り替える強さを持っていたレオニダス王。
その事実を私はしたり顔で友に自慢しました。
“どうだ、知っていたか?”
“そんな、おまえ以外全員がやっていた事を、いまさら得意げに言われても”

この300人からも川上モブ臭。
こいつらがゴルゴーンの前に立ちはだかったのだと思うと目頭が熱くなる。

いいですか、マシュ・キリエライト。
アナタが戦いを恐れるのは、大切なものを多く知っているからです。
それが多い分だけ、恐怖を乗り越える分だけ、アナタの心は強さを増すでしょう。
それがアナタの最大の武器になる。
その心が、自らの恐怖で折れないかぎり―――
アナタの盾は他の何者にも汚されない。
負ける事は、ないのです。


ベディ卿も同じような事を言ってたな。

白亜の城は持ち主の心によって変化する。
曇り、汚れがあれば綻びを生み、荒波に壊される。
けれどその心に一点の迷いもなければ、正門は決して崩れない。


もしここでマシュが再臨しても違和感なかった。
特殊な血筋でも、神や聖霊から武具を賜った訳でもないレオニダス王だからこそマシュが尊敬するのも分かる。
戦力的な意味でも、宝具発動まで真価を発揮出来ないレオニダスに対してNP供給や防御力アップでフォロー出来るマシュは相性が良い。


星のように過去の人間の輝きを観測する天文台。カルデアの名前の意味は素敵だった。
まあ、カルデアが人類の滅亡を観測して確定させちゃったのが魔術王が人理焼却に走った原因じゃね?という考察もあるが。
近未来観測レンズ「シバ」の開発者であるレフが自殺した「2015年の時計塔」の世界線では人理焼却は起こらないらしいし。


未来視の結末と違って五百人残ったとマシュを奮起させるギルマジ賢王。ウルク民への演説も格好良かったしカルデアに迎えてーよ!
滅亡を知りつつそれでも抗い続けるウルク民に言葉では言い表せない感動がある。


特異点を修復しても死した命は戻らない……
百年戦争や十字軍、独立戦争、あと倫敦の公害やべー、な感じで辻褄を合わせるんだろうか?
ローマはネロちゃまの暴政扱い?それとも大火の被害拡大?

ロマンが隠してたのは救えなかった事に罪悪感を抱かせない為だろうな。

ぐだーずがどういう人間だったかは後に続く者が計る事、人類最後のマスターに対する何よりの激励だわ。


天の丘でのキングゥとギルの邂逅。CMの冒頭ってここだったんだな。
キングゥを贔屓にするギルはしんみりする。前夜に丘に来た心境も想像力を刺激する。





第20節 絶対魔獣戦線メソポタミア(Ⅰ)

ギリギリまで海岸線の学舎に残ってティアマトの報告をした人が格好良すぎないかな。この人の短編を書きたいくらいに。

カルデアは黒泥を浸食海洋ケイオスタイドと呼称。
魔術王が付けた名前が同じなのは偶然?
……な訳ないよな。ロマン、お前は一体……

ククルんを倒さず仲間にした事で太陽遍歴が使用可能。
主人公の善性が生きる流れはやってて気持ち良い。
が……「なんの、持ちこたえてみせますとも!意地でもデル・ソルは止めないわ!」の時に出てきたの誰だよお前!?うちのぐだ子をどこやった。


ベル・ラフム対策に投影魔術とキス魔をスキルマしたクロは強いわ。限凸したママの礼装を付けてれば1ターン目から宝具も使えるし、2発目も視野に入る。☆5の弓がいないうちじゃあ貴重なアタッカー。


ぽんぽこの言葉はエミヤに突き刺さるね。

いざ、西方浄土にて我らが業を焼き尽くす!
五百羅漢補陀落渡海―――義経様。
長き不在、どうかお許しくださいませ―――


――――――…………馬鹿者が。
いつまでも、下らぬ事を気に病みおって。
臆病者の命など、貰っても嬉しくも何ともない。
仙人にまでなったというのに、まったく……
阿呆は、どこまでいっても阿呆よな……


武蔵坊弁慶……いや常陸坊海尊の株も天元突破。
前章のアーラシュや呪腕といい低レアにもきっちり見せ場を用意してくれるきのこには頭が下がる。


ククルんの特攻でも時間稼ぎにしかならず、ティアマトが飛翔しようという絶望感の中でのゴルゴーン再登場は大興奮。

……そう言えば。
ちゃんと、さよならは言っていませんでした。
でもお花を戴きましたから。
私には、それで十分です。

自分を守ろうとした姉達を殺してしまったメドゥーサが今度は誰かを守れたってのは感無量。

追記
21日の朝、ふと思い立って呼符を使ったら来てくれた。
再臨とスキラゲに使うのは骨と7章新素材……へへっ震えてきやがったぜ……





第21節 絶対魔獣戦線メソポタミア(Ⅱ)

コイツをお願いね。人間のクセに自信の塊だから。無茶な事しないか、見張っていて
イシュタルのこの台詞、UBWのラストを思い出した。
私を頼む。知っての通り頼りないヤツだからな。―――君が、支えてやってくれ。


ギルがぐだを狙撃から庇った後の
ハ! 気にするな、致命傷だ!
それより貴様だ、ばかもの!
無事か! 無事だな! ならば良し!


無理と言うか? 我は限界だと?
もはやウルクは戦えぬと!
貴様はそう言うのか!
っ……ウルクはここに健在です!

一連の流れが涙腺にダイレクトアタックする。
ウルクに長期間留まって来たからこそ映える。


ティアマトの前に立ち塞がるキングゥ。
親たる神からの卒業というギルと同じ行動。
かつて壊れるまで人間の敵だと言ったキングゥがなぁ。
ただ、親からの巣立ちって本来なら始まりにすぎないんだよな。キングゥにはもっと生きてほしかった。
エルキドゥの立ち絵が流用出来るんだし、イベントに再登場しないかな。

母の怒りは過去のもの。
いま呼び覚ますは星の息吹―――
人よ、神を繋ぎとめよう(エヌマ・エリシュ)

これ、敵だった時の台詞と対になってるんだよな。
拘束されたティアマトがエロいと思ったのはここだけの話。

囮は勿論ギルが行く。

折角冥界に落としたのにエレちゃんがフラグを立てまくるから……

ククルんを助けて冥界に駆けつけてエレちゃんを叱咤激励するジャガーマンも(アヴァロンから)徒歩で来たハッピーエンド至上主義も最高だぜ!

獣に堕ちた神と言えど、原初の母であれば名乗らねばなるまい。
―――幽谷の淵より、暗き死を馳走しに参った。
山の翁、ハサン・サッバーハである。
晩鐘は汝の名を指し示した。
その翼、天命のもとに剥奪せん―――!


冠位を捨ててぐだに礼を言いに来る初代様。
ジョージのフルボイスだったら興奮で血管がはち切れてたかも。


フォウくんがマーリンを転移させなかったのって単純に魔力がなかったからだったりして。
まずは神官から殺すべきだって殺意様も言ってた。


「世界の行く末を賭けた戦い、これを決戦と言う」
髪を逆立てたネイキッドなギルって今回が初登場?
ギルがくれた麦酒の器ってつまりそういう事なんでしょ?

第22節 カルデアの帰還
エレちゃんが健気な乙女過ぎて辛い。
おう、エレちゃんを実装するんだよ。あくしろよ。
憎い……ネルガルが憎いよぉ……


貴様らの帰還をもって魔獣戦線は終結とする!
人理焼却、必ずや阻止して見せよ!

今回のギルは最初から最後まで格好良かった。

君もぐだのファンになったのかな?
グランドオーダーが終わった時にすべてをこと細かく覚えているのはマーリンだけ。それでも覚えてくれる奴がいるのは救われるものだ。
どうか善き青空を。



クリア記念10連ガチャ

14821099370.png

……まあ、ベディ卿も術ジルもまだ宝具レベルが4以下だったしね。
ジナコ礼装があと1枚で限凸か。無冠の武芸で星を出しても集中スキルを持ってないカルナさんと相性良いのがありがたい。
ドレイク姐さんと8歳ワカメ、緑茶とダン卿なんかは性能が噛みあってなくて悲しい。



エルキドゥの使用感など。
スキルを8にするまでの素材が八連と鎖なのは僥倖だった。脳死周回のお陰で腐るほどあったから。
100個ストックしてたホムンクルスベビーやクリスマス終了時、2億2千万ほどあったQPは溶けたけど。

ネットの評価を見てると厳しい意見が多いね。分からんでもないけど。

NP効率は他と比べて良くはないし宝具のスタンは神性のみなのがどうしてもスカサハと比べてしまう。

前にも書いたけど、自分ランダムで発動するスキルは苦手なんだよね。だからアーツかクイックのどちらかしか強化出来ない変容はちょっと……投影魔術みたいに全部アップじゃダメだったんだろうか。

気配察知、羅生門から生還したプレイヤーならクリティカル発生率ダウンの有用性はよく理解してるんだけど、フリクエや曜日、普段のイベントだとそこまで使わないし、それプラス回避状態の解除はいささか地味。

完全なる形は、なんだろう。運営は回復スキルを過大評価してないかな。ジャックちゃんの外科手術やサンタオルタの聖者の贈り物には結構助けられたが、あれはCTが短い上に他の鯖にかけられるからだし。いくら一万回復しても宝具を撃たれたら関係ない。
名前から受ける印象的にNPチャージはあっても良かった。








テーマ : Fate/stay night
ジャンル : アニメ・コミック

へっぽこ副隊長 ガールズ&パンツァー フェイズ エリカ 第3話「西住みほの実力」 感想





今回はほぼ全編に渡って試合。双方一歩も引かない熱戦だったね。

読む前は複数の理由から案外一方的な試合展開になるかもと考えてた。

理由その1は、舐められてた奴が実は実力者だったという王道展開にエリカが犠牲になるパターン。
ここいらで力を見せとかないとみぽりんが針の筵で可哀想という同情的な気持ちもあった。

もう一つの理由は↑とは逆にエリカが有利に試合を運ぶんじゃないかって想定。
ダージリン様が気に留めてなかった事から黒森峰時代のみぽりんはそこまで強くなかったんじゃないかという疑惑があったからさ。その疑惑は見事払拭してくれたが。

レイラに塗り薬を渡すエリカは良い子。本人は罪滅ぼしと言ってたけど反省出来るだけでも立派な事。

4ページのレイラが「黒森峰のみんなが望んでいることなの?」で勝ってもエリカが孤立するんじゃね?と危惧したが、同乗してる娘達の反応を見るに杞憂だったかな。
普通の学校ならまだしも黒森峰は戦車道の名門だし、入部する奴等は気概や競争心溢れていて当然か。

みぽりんはもくもく作戦をやってたけど、この頃から型に嵌らない臨機応変な戦術をやってたのな。西住流より島田流の方が合ってるんじゃ?

物心ついた頃から戦車に乗せられて音、振動、臭いを身体で覚えさせられる西住流半端ない。
最終章で「そんな旧式で何が出来る!?」と敵に言われつつII号戦車で無双してくれないかな。

退部さえかかってなければみぽりんは副隊長に相応しい実力だと認められ、エリカも上に盾突くだけの事はあるじゃねーかと双方共に評価を上げてWin-Winだったんだが。
いやまあ、どっとも退部しないって読者は知ってるんだけどね。

そしてみぽりんがこれから楽しい戦車道生活を送る訳ではない事も知ってる。
可能性としてはみぽりんが実力を見せた事で、これまでへぼかったのは一緒にいた初心者が悪いという空気になって居心地が悪くなって退部へ……とか?
ああでも、赤星以外描かれてなかっただけでちゃんと皆戦車の中にいたかも……と思ったら11ページでみぽりん「赤星さんと戦車道を楽しみたいと思ったの」と言ってるな。やっぱり赤星だけか?



テーマ : ガールズ&パンツァー
ジャンル : アニメ・コミック

私達の戦いはこれからだ! ViVid Strike! #12「繋いだ手の中で」 感想




戦いを終えたフーカとリンネ、改めて今までとこれからの話をする。
沢山の人に見守られていたこと、これから進んでゆく道。
リンネは、自分の迷いや悩みを打ち砕いてくれたフーカに、心からの感謝を伝える。
そして、フーカとアインハルトが戦う、決勝の日々が訪れる。

脚本:都築真紀 絵コンテ・演出:佐藤清光 作画監督:平田賢一 飯嶋友里恵 柴田志朗 寺尾憲治 土屋祐太 小菅和久 河本美代子 坂田理 総作画監督:新垣一成


戦う度に相手を病院送りにしていたリンネだけどフーカは助かったか。

ジルコーチも頑張ってたんだ。カウンセラーじゃないんだからメンタルケアには限界があるしね。
それにあの頃のリンネは格闘技でもやってないと確実に潰れてたろうし。
他の選手に無駄な努力があると思い知らせるのは独り善がりだと思うけど。

フーカはハルにゃんの練習を見るの禁止。
師弟ではなく一人のライバルと認めたって事だね。

フーカの歯、子供時代と同じ所が折れてたんだな。歯医者でどうにかなるんだろうか。
治すついでにテンプレートを作って身体能力30%アップしようぜ。

孤児院の子供、あんな死合いを見たら泣くんじゃね?

8位の人!それにライラも。
負けた連中はみんな前向きで、一回の敗北であそこまで追い詰められたリンネの方が少数派だったのかな。
格闘技をやってるなら負ける事があるのは当たり前だし、負けてどうこうなるって事は普通にないし。
それでまあ、リンネも強くなったし最終回らしい大団円。




テーマ : 魔法少女リリカルなのはViVid
ジャンル : アニメ・コミック

その決着は劇的 Lostorage incited WIXOSS 第11話「二人/すず子と千夏」 感想




しょーちゃんの恋心を知りつつ友達と言う里見は愉悦部の鑑。

復ッ活ッ御影はんな復活ッ!
すずは本当に強くなったね。

目に隈が出来るまで泣き腫らしたドーナは辛い。
回想の「お前、今日もよく喋るな」が仲の良さを窺わせてきつい。
それでも復讐じゃなくて最後の願いを叶えてもらえるようにすずに頼むドーナは良い子。
しょーちゃんも後半の展開を見るにかなりちーちゃんに影響を与えてたし、ご都合主義で良いから復活してくれないかな。「堪忍なっ♪」されても許すよ。

ちーちゃんのお父さんは仕事が順調で第一志望の学費もどうにかなりそう。
これ仮面ライダーインペラーパターンなんじゃ……
実況とかでは無理心中の前の最後の晩餐じゃね?とか言われてて酷い事を考える人もいるもんだと思いました。

記憶を捨てる為と守る為の戦い。
ちーちゃんがすずの記憶を消したらどうなるんだろう。完全に人格が変わりそう。
思い出の公園を指定するちーちゃんはどうしようもなく縛られてる。

「なんでよ……なんでそこまで私に拘るの?もう放っといてよ」
※自分で依存するように仕向けました

「光って不思議だね」
メルは本当になんなんだろう。裏とかなくてあくまでちーちゃんを全肯定してただけ?

ちゃんと娘とコミュニケーション取ったり一人で所在なさげにしてるお父さんは普通に良い人そう。
以前感想で悪い人じゃないんじゃね?と書いたけどその通りっぽくて一安心。




テーマ : selector infected WIXOSS
ジャンル : アニメ・コミック

運命と正義 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第38話「クレイジー・Dダイヤモンド は砕けない その2」 感想



キラークイーンとストレイ・キャットの攻撃によって追い詰められた仗助と早人は接近戦に持ち込むため近くの民家に逃げ込むが、そこへ空気弾が壁をすり抜け入り込んできた。灰皿の灰をまき、空気弾を視認できる状況にすることでかわそうとする仗助だったが、なぜか空気弾は仗助を追いかけてくる!外から見えるはずがないのに確実に仗助を狙っている空気弾に仗助と早人は動揺する―。

◆脚本:ふでやすかずゆき ◆コンテ:追崎史敏 ◆演出:加藤敏幸/村田光/津田尚克
◆作画監督:西位輝実/石本峻一/馬場充子/仲敷沙織/芦谷耕平/横山謙次
      SHIN HYUNG WOO/CHA MYOUNG JUN





「そんなに出世したかったのか…気苦労の方が多いのに」
この期に及んでも川尻浩作として生活するつもりの吉良から、仗助や早人を始末して平和な暮らしを取り戻すという確固たる意思を感じる。

隣の家の住人を爆殺するくだりはやたら力の入った作画。
この時期になると「うらやましいな…ヒマそうで…………」に心底共感してしまう。本当忙しいんだよな。今年は大晦日も仕事が入ってる。

恒例のSE入りのOP

タバコの吸い殻で空気弾を察知するシーンはポルナレフが砂煙を巻き上げてヴァニラ・アイスを察知したシーンを彷彿とさせる。
今回は違ったけど爆弾化した空気弾ならシアーハートアタックを内包出来たんだろうか。
そういや仗助がシアーハートアタックを実際に見たのは数秒だけ、でも承太郎や康一君が殺される寸前まで追い詰められたのは知ってるから当然警戒するし、いざ遭遇した時の対処法を考えていたんだろう。

ガラスの自動追尾弾がハート型なのがなんかいい。

息子に殺された写真のおやじは可哀想に思えるが、これまで息子の殺人を助けてた以上自業自得だよな。

「東方……仗助……」
「出しな…てめ~の………『キラー……………………クイーン』……を…」
ここの格好良さは異常。

「『杜王町に行く』って答えたら目が醒めたんだ………とてもさびしい夢だったよ」
4部アニメ化の時から見たかった場面。
億泰の選択が杜王町に行くというのが4部を象徴する台詞。



テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

お前たちは今歴史の上に立っている!! ドリフターズ 11「ピストル大名の冒険~火縄丸数え歌~」 感想




あらすじ

豊久たちの前に現れたサン・ジェルミはオルテ帝国へのクーデターの企てを持ちかける。信長は利益と打算で動いている間はサン・ジェルミはむしろ信頼できるとして、計画に協力することを決断しオルテ帝国の首都ヴェルリナへと向かう。 サン・ジェルミの議会操作による無血開城が行われると思いきや、黒王軍・ラスプーチンによる烽火があがり、ドリフターズと黒王軍の直接対決となる首都攻防戦が幕を開ける。


■脚本:黒田洋介 ■画コンテ:西田正義 ■演出:高橋 謙仁 ■作画監督:大塚八愛




島津が徳川を滅ぼすと確信してる豊久。
実際はどうあれ、自分の一族を信じる強さが戦場での活躍に直結するんだろうな。後顧の憂いなく突撃出来る。

空は飛んで怪光線を出して巨大化
BASARA

この世を魔界にかえたり
鬼武者

体真ッ二ツでお茶立てたり。
へうげもの

かな。元ネタ。

武器の方が有名な与一。お兄様も全長95㎝の規格外うどん「与一の矢」を開発してたな。
アーサー王(エクスカリバー)やクー・フーリン(ゲイボルグ)もこのパターンかな。
種や種死ファンは武器だけにはとにかく詳しそう。刀剣乱舞のファンもそうかなと思ったが、持ち主について言及する刀剣男子も多いから案外詳しいかも。
神話や歴史の武器と持ち主って「一般人は両方知らないがオタクは両方知ってる」ってパターンが多そう。

「何が起きた未来!!」
うっかり歴史に名を残すと恐ろしいにゃー。
滝沢馬琴が水滸伝の女性化をやってるし、トッシー辺りはある程度納得してくれるかも。
土木作業員歳三も、近年の創作では鬼になったりマヨラーになったりかわしまりのが2回声を当てたりハートを磨いたり小惑星ペズンで反乱を起こしたり色々やってるな。

利益と打算で動いてる奴は信頼出来るって秦の始皇帝の家臣、王翦がやった手だね。これ、短期的には良くても長期的には不安が残るやり方だけど、王翦はその辺りの見極めも上手かった。

サンジェルマンとラスプーチンって元の世界での顔見知りっぽいね。

策を力ずくで破られるラスプーチンがちょっと可哀想。
操らてる以上、ぶちのめすのが正解なんだけど会議の場でいきなりやれる豊久は敵に回したくない。
教育の成果らしいけど、当主がやりたくてもやれない事を家臣の独断という形でやらせて切り捨てるというケースも想定してたのかな、島津本家。

「笑えよホラこうするんだよ」
笑顔とは本来~

テーバイの神聖隊、強靭だったけどハンニバルが自分以上だと言ったアレクサンドロス大王に壊滅させられちゃったんだよなぁ。

敵陣が間近に迫ってるのに急かさず待てるノッブは凄い。
でもノッブは鉄砲での戦いに慣れてるしね。そういう意味では初めて見る武器に戸惑いながらも逃げ出さずに命を預けたサンジェルミの部下は立派。

鬼島津(グイシーマンズ)
島津の勇名の一つにして大河化最大の鬼門。
まあ、軍師何とか官兵衛や真田丸でも朝鮮出兵を描いてたからなんとかなりそうだけど。

ラスプーチンのフォローに回る土木作業員とかジャンヌの事で怒るアナスタシアとかエンズって結構仲いいよね。棄てられた者同士の共感とかあるのかな。

新選組は鳥羽伏見以前から近代的な訓練を行ってたらしいし、そもそも土木作業員が召喚するスタンドって恐怖とかなさそうだから参戦したら戦線は崩壊しそう。

BDボックス延期かぁ。討ち死にである。




テーマ : ドリフターズ
ジャンル : アニメ・コミック

妹の為に妹の夢を壊す ブレイブウィッチーズ 第10話「姉と妹と。」 感想




基地にやってきたペテルブルグ軍集団・総司令官のマンシュタイン元帥の口からもたらされたのは、
ネウロイの巣・グリゴーリ攻略―――『フレイアー作戦』。
第502統合戦闘航空団ブレイブウィッチーズにも作戦参加の要請が伝えられるが、
作戦の要としてある人物が選ばれていた。
「コア発見のため、魔眼持ちのウィッチもすでに選定済みである」



(……今度は超大型列車砲が乗っ取られるのかな?)

マンシュタイン元帥、作戦決行は7日後と言ってた辺りは内心で(????)だったんだろうか。
(なんで雁淵軍曹の話題が?魔眼?え?なんの話?)

一ヶ月に及ぶロスマン先生の面白特訓も見たかったな。

お姉ちゃんと伯爵の模擬戦はハルトマンとマルセイユの決着を彷彿とさせたが、どうにももっさりしてたな。

人類3位のグレートエース出撃。
の割にはあんまり目立たなかったな。尺の問題か。
まあ、ひかりの「ここです!」の時なんかはラル隊長の偏差射撃でもなければグロい事になってた可能性が高いが。
やっぱり接触魔眼って危険性高いよなー、と考えて射撃も接近戦もこなせるもっさんってチートだったんだなって。

戦場に必要なのは強い方と言いつつひかりを応援するナオちゃんはやはり良い子。

塔を歩いて登るのが1部DIO様みたい。
お姉ちゃんは不器用すぎる。
こういうきつく当たって危険から遠ざけようとするキャラって「相手の気持ちをもっと考えてやれよ」と言いたくなる事が多いけど、これまでひかりの無茶っぷりを見てると「これくらいやらないと止まらないよね」と納得というか同情さえする。
カウハバでレズレイプされて貞操を失った方がマシというもの……

無茶はするけど何だかんだで命令は守るひかりに対して、取引で転属命令を出させたお姉ちゃんは妹の事をよく分かってる。取引といったってあるべき形に戻っただけとも言えるが。

ラストで小さな翼が折れたように見えたけど、次回以降どうなるのか……





テーマ : ブレイブウィッチーズ
ジャンル : アニメ・コミック

恋する乙女は不屈の心 響け!ユーフォニアム2 第十一回「はつこいトランペット」 感想




あすかも無事に復帰し、ひと安心な久美子。
あとは全国大会に向けて練習するのみのはず……だったが、なぜか麗奈は久美子を避けるようになって!?
困惑する久美子を麗奈は夜の大吉山に連れ出す。

脚本:花田十輝 絵コンテ:藤田春香 演出:小川太一 作画監督:植野千世子



あすか先輩と夏紀先輩のやりとり良いな。

自分で口座を用意して覚悟を示すお姉ちゃん。
簡単ではないだろうけど、あすか先輩のように自分のやりたい道を進んでほしい。

心当たりがないのにその場しのぎに心当たりがあるふりをする久美子は年相応なんだけど、やられる方としたらイラっとするね。
麗奈本人も自覚あるだろうけど、滝先生の事情は放し辛いよな。かなりプライベートな話題だし。

「私、応援してるよ」
なんでかホラーチック。

麗奈に楽譜を渡した頃に奥さんが亡くなったんだろうな、きっと。

心配して様子を見に来るデカリボン先輩が良い人すぎる。
これは次期部長の風格。

あの時の麗奈にとっては些末な事だったんだろうけど、情報漏洩の罪を久美子に押し付けるのは可哀想だった。
口では説明し辛い経緯だけど、橋本先生が口を滑らせたとか。

応援するとは言ったが墓参りに付き合わされる久美子は内心すげー困ってそう。




テーマ : 響け!ユーフォニアム
ジャンル : アニメ・コミック

絡みついた殻を壊すあの日の絆 ViVid Strike! #11「撃ち抜く一撃」 感想



限界を超えて戦い続けるうち、ついに力尽きかけるリンネ。
意識を失いかけたリンネの心によぎったのは、ジルとの出会い、そしてジルと重ねてきた練習の日々だった。
決着をつけるため、二人は再び向かい合う。

脚本:都築真紀 絵コンテ:のりみそのみ 西村純二 演出:高林久弥 作画監督:服部益美 金子俊太朗 服部賢知 宮下雄次 総作画監督:橋本貴吉




格闘技への情熱を失うのではないかと恐れてリンネの問題を見ないふりしていたと自嘲していたジルコーチだけど、その分格闘技に関しては真摯だったんだろう。
それが生み出した全身の筋肉を連動させ地面を蹴って突き上げる一撃。愚地克己のマッハ突きみたいだ。これも神撃なのかな。つーかロンギヌス?
特訓は用法用量を守れとどの口が。

地面を陥没させて安全防護フィールドの上から歯を折るとか、フーちゃんじゃなかったらガチで死んでたんじゃね?

美少女アニメというより女版スクライド。なのはさんに夢を見てもらわないと。

シリアスな空気だけどちょくちょく挟まれるワイプには笑う。

格闘技は辛い過去から逃れる為の手段だったけど、それはそれとして成果が出るなら楽しいよな。無理に強くなろうとしなくても自分の事を想ってくれる人間は周囲にちゃんといた。過去の呪縛が強すぎて目を向けられなかっただけで。
お爺ちゃんが笑ってくれた所は本当に良かった。

腕枕の後でリンネの頭を抱き寄せるフーちゃんがちょっと男前すぎやしませんかね。男でもキュンとなるわ。
回想の「泣きたくなったら、悲しくなったら、いつでもワシを呼べ。お前は、リンネはワシの、世界で一番大切な幼馴染じゃけぇ」で既にイケメンだよね。
そりゃあ、拗らせていた頃のリンネもフーちゃんを巻き込みたくないと思うわ。






テーマ : 魔法少女リリカルなのはViVid
ジャンル : アニメ・コミック

その敗北は自尽 Lostorage incited WIXOSS 第10話「捕食/悲劇と喜劇」 感想




墨田2号はともかくあーやはそれなりに人間生活を楽しんでそう。やってる事は褒められたもんじゃないが。
キブハブってこいつらだったのか。

俺、セレクターバトルが終わったらまたサッカー始めるんだ。

自分が気持ちいいだけじゃなくて相手の気持ちいいところを探らないと駄目。相手をリスペクトしてエンタメしないとね。

自分が満たされる為にちーちゃんを利用してるとか、散々言葉責めされてたけど中身が元ルリグだと考えるとちょっと興奮する。男から生まれた存在だけどまあ、男のラノベ作家やエロゲライターの作った萌えキャラでブヒってるから多少はね?

童貞では勝てないのか……
これがガン×ソードなら逆に捨てる奴は勝てなかったんだが。

ちーちゃんを守りたいと思った心優しいしょーちゃんがコイン1枚の莉緒を倒せる筈がなかったのだ。
里見はえげつねえな。

落ち込んではいるけどうじうじしないで強くなりたいと前向きなすずは格好良いね。
はんなちゃんはお姉ちゃんのお陰で立ち直りそうだけど、それもすずがはんなちゃんの家を訪ねたからだし、関わった相手を不幸にしたちーちゃんと対照的かも。

里見と清衣で最終決戦みたいな雰囲気だけど、里見って黒幕どころか下手すると被害者だからな。どういうオチになるんだろう。
分割2クールとかかな。

的確に清衣の痛い所を突いていく里見だけどこいつの情報網はどうなってるんだろう。





テーマ : selector infected WIXOSS
ジャンル : アニメ・コミック

破壊と再生 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第37話「クレイジー・Dダイヤモンド は砕けない その1」 感想





ストレイ・キャットの空気弾で吉良を殺そうとした早人の作戦は失敗に終わった。早人が何度も同じ朝を往復していると察した吉良は、露伴の他にも何人かを吹き飛ばしている、そしてこれ以上同じ朝に早人を戻らせることは危険だと思い、今回でバイツァ・ダストを解除しようと考える。「運命は」自分に味方してくれていると確信した吉良だったが、そこにある人物が現れた。

◆脚本:ふでやすかずゆき ◆コンテ:古川順康 ◆演出:ソエジマヤスフミ/長田絵里
◆作画監督:横山謙次/SHIN HYUNG WOO/CHA MYOUNG JUN/芦谷耕平
      千葉山夏恵/木下由衣/飯飼一幸




電話しただけ。
ここは原作で本当に興奮した。吉良は油断しすぎだったよね。

激しい「喜び」はいらない…そのかわり深い「絶望」もない………「植物の心」のような人生を…そんな「平穏な生活」こそわたしの目標だったのに………
平穏に暮らしたいけど、その為に何か(殺人とか)を我慢したりストレスを溜める行為はしたくないのが吉良の欠点と言えるかも。
早人を殺した時に逃げていれば、と思ったけど彩先生は死んでるから顔は変えられないし、SPW財団の組織力の前には不利か。吉良はSPW財団の事を知らないだろうが。

「命」を「運」んでくると書いて「運命」!
ただでさえ強力なキラークイーンに猫草が加わっての攻勢にはハラハラしっぱなし。

億泰が爆弾に変えられたり一発だけと気付く早人の洞察力は半端ないが、それ以上に自分が代わりに触って爆発する精神力が尋常じゃない。
吉良という北風が勇者バイキングをつくったね。





テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

国の為、国にトドメを ドリフターズ 10「Baba Yetu」 感想




あらすじ

人類を廃滅し地上に新たな文明を作るために黒王は六大竜の一匹である青銅竜を軍門に下らせ、亜人たちに耕作をさせ文字を作り、多種族一体化の準備を始める。 時を同じくして信長は次なる戦への備えに鉄砲の量産を開始し、豊久はドワーフ軍を鍛錬する。そんな折、豊久たちの前にオルテの国政を左右する大藩治公サン・ジェルミが現れる。


■脚本:黒田洋介 ■画コンテ:田中孝行 ■演出:浅見松雄 ■作画監督:吉岡勝



治癒能力の応用で癌化とかえぐい。
生きた鉱山にされてしまった青銅竜不憫。

共通文字と統一宗教の開発。
漂流者が戦記物やってる一方廃棄物ってか黒王様はCivilizationやってる。

サン・ジェルミをホラレモンと呼ぶのやめてやれよ。

銃の利点を分かりやすく説明出来る豊久は知識はともかく頭の回転は早いよね。

初めて見る謎の道具を一日十挺量産するドワーフ。
種子島の場合は職人が娘を売り渡したんだっけ?

ドワーフが昔の姿を取り戻した事が嬉しそうなシャラが良い感じ。

800年も内戦やってる侍って怖い。自己満足の集合体とは言いえて妙。全部が全部そうとは言わないけど武士ってそういう所あるよね。
アナスタシアもラスプーチンも1910年代の後半まで生きてたから日露戦争の事はよく知っているのか。
バルチック艦隊を打ち破った東郷平八郎も薩摩の人だよね。
そういやアドミラル・トーゴーって宮古湾海戦に参戦してるな。土木作業員とは面識ないだろうけど。

アナスタシア×ジャンヌの百合同人ください。

桔梗紋の武士……EASYちゃんの発言のタイミング的に恐らくエンズ……ああ、太田道灌か。
真面目な話、水色桔梗だから明智光秀だろうね。

世界が変わっても合理性を追求したら同じような闘法になる事もあるか。
ドイツ剣術と日本の剣術にも共通点があると聞いたような聞かなかったような。

ヒゲで歴戦のナイスシルバー:ハンニバル
片目かくれホーステールの少年:与一
腐ったお姉様方もアレスタやフラメ―と同じような反応をしてそう。

売国奴サン・ジェルミ伯。
国力があるうちだからこそ上手く負ける方法を模索しなくちゃね。
それを絶賛ミスってるのが真田丸である。徳川と交渉しようとすると敵と内通してんじゃねえ!と追い出されちゃうからな、豊臣勢。まあ、片桐殿も有楽斎も問題がなかったとは言わないが。

サン・ジェルミ伯は松永弾正と同じような目をしてるらしいけど、ボンバーマンは最近の研究じゃ三好家の忠臣らしいね。
伯も自分やヒトラーが造った国が諸国に分割されたり黒王に蹂躙されるくらいならどこか一勢力に譲り渡して再起の目を残すべきと考えたんだろうか。





テーマ : ドリフターズ
ジャンル : アニメ・コミック

相棒 ブレイブウィッチーズ 第9話「ブレイクウィッチーズ」 感想




慣熟訓練中にネウロイに襲われる管野、ニパ、ひかり。
固いネウロイに苦戦する3人だったが、管野は得意のドッグファイトを仕掛ける。
「剣、一閃!」
固有魔法の圧縮式超硬度防御魔方陣でネウロイを殴り倒したが、無茶のし過ぎで
ストライカーユニットが故障し墜落する。
「管野さんはそこに正座!」
格納庫でサーシャに絞られる管野であったが・・・。



一人突っ走って仲間が犠牲になるってなんだか既視感。
個人回になると急に弱気になる奴がちらほらいるよね。

ウィッチが軍曹スタートなのってロマーニャの野郎共が魔女にコナかけるからだっけ。

無茶する前に許可を求める辺りが芳佳との違いか。
軍人らしいとも言えるが、自覚的に無茶をする分、余計タチが悪いとも言える。

おっぱい星人の芳佳にとっちゃお姉ちゃんの胸は垂涎ものだろう。
EDでキャストを出さずにCパートで出す演出は初めて見たけどネタバレ回避には効果的だな。



テーマ : ブレイブウィッチーズ
ジャンル : アニメ・コミック

後悔も失敗も全部受け止めて自分の道を 響け!ユーフォニアム2 第十回「ほうかごオブリガート」 感想




滝が定めた、あすか復帰の期限が刻一刻と迫っていた。
誰よりも全国大会に出たいはずなのに、あすかはそれを決して認めない。
諦めようと自分に言い聞かせるようなあすかに姉・麻美子を重ねた久美子は……。

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:山村卓也 作画監督:池田和美



エメラルドちゃんの頭を撫でる夏紀先輩が天使すぎる。

敢えて香織先輩をあすか派って表現するって事は部長はチャゲ派?

上の子と下の子がそれぞれ相手の方が恵まれてると思うのは兄弟姉妹あるあるだね。

音楽家は手を怪我しないよう自炊をしないと聞いたが、お姉ちゃんは関係なさそう。
一人暮らしといえど24時間営業のコンビニやファミレスが増えた昨今、別に料理が出来なくても大丈夫だし、極端な話生きていくだけなら料理出来なくてもなんとかなる。
自分なんか
朝:卵かけご飯、リンゴ
昼:ふりかけ、スーパーの惣菜、バナナ
夜:納豆腐丼、チーズ、ヨーグルト
大体このローテーションで生活してるし。多分30代以降体を壊すだろうけど。

焦げた鍋を綺麗にする過程とお姉ちゃんの心境をリンクさせる演出、イエスだね。

自分が諦めれば丸く収まると理解しつつ未練がある様子のあすか先輩。
色々と並びたてるのは自分を納得させようとする反面、説得されたがってるように見える。自分の心に引っかかってる事に久美子が反論してくれたらという期待。
あすか先輩が指摘したように、これまで大事な場面では踏み込まないようにしてきた久美子の言葉には目頭が熱くなる。

「お帰りなさい」
「ただいま」
一件落着、のように思えたのに今度は麗奈の地雷が爆発しそうで怖い。



テーマ : 響け!ユーフォニアム
ジャンル : アニメ・コミック

止まっていた時間を取り戻せ ViVid Strike! #10「雨」 感想





野外試合場で激戦を続けるフーカとリンネ。
ナカジマジムの先輩たちに教わり、身につけた技でリンネを圧倒するフーカと、
苦戦と負傷の中、それでも闘い続けるリンネ。
二人の胸に去来するのは、孤児院時代の二人の出会いと、二人で過ごした思い出だった。
すれ違ったまま繋がらない二人の思い出が、互いの拳に乗って激突する。

脚本:都築真紀 絵コンテ:のりみそのみ 西村純二 演出:のりみそのみ 作画監督:飯嶋友里恵 平田賢一 河本美代子 土屋雄太 のりみそのみ 森本由布希 飯塚葉子 木下由美子 鞠野黄英 宇津木勇 坂田理 金子俊太朗 総作画監督:新垣一成



「分からんのは、お前が伝えようとせんからじゃろ。本音を隠して内に籠って、自分の不運を嘆いとるだけで、周りが分かってくれると思うなよ!」
ベルトにホイホイ釣られやがってとか、前に進む為じゃなくて逃げる為に格闘技やってるだけだろ?とかズバズバ言うよね。
ヴィヴィオは自分じゃリンネを助けられないと言ったが、こういう台詞は幼馴染みのフーカじゃないと言えないよね。

自分がこれまでブログで色々書いてた事を纏めると、フーカが言った折り合いをつけろ、になります。
過去が過去だけにそう簡単な話じゃないけども。リンネは自分がどん詰まりでどうにもならない自覚があるからフーカを巻き込まないようにしてる面もあるよね。
この辺はリリカルなのはの系譜だなと思わせる。

覇王流、ストライクアーツ、春光拳のミックス。史上最強の弟子だったか。
急所とか関係なく当てた場所を破壊する神撃。ジークの鉄腕でもミウラの抜剣でもハルさんの断空でも未だ開かれていない扉を開けたフーカ、やはり天才か。
子供時代から既にお菓子を袋ごと二つに出来る握力あるんだよな。

スレてたフーカを笑顔にしたのがリンネだったとは。
EDの「大切な人の温もりで僕は優しくなれた」ってリンネ→フーカだったんだな。
そんな相手が世界中で誰より自分が嫌いと言ったら、その涙を止めたいし笑顔にしたいと思う。

半分背負ってやるとか一緒に戦ってやるとか完全にプロポーズである(百合厨の妄言)
https://twitter.com/fujimatakuya/status/804322294893924353
これってつまりそういう事なんです?





テーマ : 魔法少女リリカルなのはViVid
ジャンル : アニメ・コミック

その過去は禁忌 Lostorage incited WIXOSS 第9話「真実/終わりと始まり」 感想




水商売の女に入れ込んで足を洗わせようとしてる男にしか見えないしょーちゃん。

繭とか夢限少女とか懐かしい。
「peeping analyze」の話が映像化されるとは思わなかった。
リメンバは最悪だけど昏睡状態の人間を助けないといけないとなったら困るよね。

弟の死にはんなちゃんが関わってたのは予想通り。
ただこれ、はんなちゃんはこの記憶を消す為に再びセレクターバトルを始めるんじゃ……?
そうなるとある意味ちーちゃんと同じ立場になるな。

ちーちゃんとずっと一緒にいたいメルは何か企んでそうだしナナシも黒かったし母親の記憶を消させようとしてるママも何か引っかかるものがあるし、ロドリゲスとドーナが最後の希望だ。

雪野かがりになったゆきめだが……
カードゲームアニメで投身自殺か……たまにあるな。
こういう場合って運転手はどうなるんだろう。飛び降りの目撃者
ドラレコがあったら自殺だと分かるだろうけど。

人間の記憶から作られているとはいえ食事も睡眠も排泄しない生態だからいきなり人間の体になっても困るよね。
鳴海の妹はどうなったんだろう……

墨田2号やあーやにやる事を与えている里見は必要悪と言えるかもしれない。






テーマ : selector infected WIXOSS
ジャンル : アニメ・コミック

母を想う気持ちは黄金の輝き ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」 感想




キラークイーン第3の能力「バイツァ・ダスト」によって岸辺露伴を爆破し、同じ朝に戻ってきたということを聞かされた早人は、キラ・ヨシカゲを倒せるのは露伴のような「能力を持つ者」だけだと思い、露伴を死なせずにキラのことを伝えようとする。しかし、一度起こった運命の結果は変わらない。早人が露伴に会わなくても露伴は爆発してしまう。キラ・ヨシカゲを倒せないのかと苦しむ早人の目の前に、さらなる人物が現れ…。

◆脚本:ヤスカワショウゴ ◆コンテ:加藤敏幸/津田尚克 ◆演出:江島泰男/西島圭祐
◆作画監督:小美野雅彦/千葉山夏恵/仲敷沙織/芦谷耕平/石本峻一/馬場充子/西位輝実




3部ではDIOが時を止めた演出だったけど今回は吉良が時を巻き戻した演出か。

改めて見ると小学生なのにこんな激難易度のループに巻き込まれた早人は不憫すぎる。
仗助達を助ける為に自殺しようとするのは紛れもなく黄金の精神。

寝坊して待ち合わせに遅れた、そして名前を名乗ったのがファインプレーなんだよな。アニメだとしっかり呼び出し音が鳴ってるね。

質問自体がアウトだと察した承太郎の洞察力は流石だけどバイツァ・ダストの性能が反則すぎた。
一方早人が数週している事は察したのはともかく、前の週でポットセットが割れたのにも気付く吉良の洞察力もおかしい。
更に何気なく胸ポケットに入れた腕時計で助かる運の良さ。単行本で結果が分かってるのにハラハラする。
ここで猫草が吉良の元に来た事で事態は二転三転するんだよな。

次回は「クレイジー・Dは砕けない」
46巻の表紙は格好良さは異常。



テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

異邦人による変革 ドリフターズ 09「本気ボンバー」 感想




あらすじ

オルテ帝国を盗るため、労働者として捕囚されているドワーフを解放すべく、ガドルカ鉱山へと向かう豊久たち。ついに火薬を手に入れた信長は与一の弓を使った爆撃弾で城市を強襲する。初めて聞く爆音と衝撃にオルテ兵は驚き混乱。見事ドワーフを解放しそのまま城市を落とす直前、豊久は敵前で思いもよらぬことを始める・・・

■脚本:倉田英之 ■画コンテ:加藤敏幸/鈴木健一 ■演出:江副仁美 ■作画監督:大塚八愛/村井夏織/耳浦朋彰 ■エフェクト作監:白石達也



火薬を知らない人間にとって爆音と閃光は恐怖だろうね。
しかも知識がないと何が爆発するか分からないし。

通信機の登場以前と以降だと戦術が根底から変わってそう。小豆袋もいらないね。
挟み撃ちにしようとしてもタイミングが合わずに各個撃破されたり進軍や撤退の指示が伝わらずに孤立した例は無数にあるのだろう。
……2000年前に包囲殲滅をやったハンニバルお爺ちゃんは頭おかしいね。
今回の地面から縦に生える石壁を見て城壁から横に出すアイデアに至るのも半端ねえ。

別の分野からすると凄い技術なのにその分野の人間は気付いていないというケースは現代日本でも往々にしてあるらしい。

偏見がなく視野が広がってきているシャラは今後貴重な人材になりそう。
そしてドワーフの凄さを語るモノローグの直後に衰弱した姿は悲しい。

鳥取の飢え殺しは酷かったな。

劉邦と張良なら撤退した所を後ろから襲ってたに違いない。
切腹は残酷だけど、とりあえず腹を切っとけば名誉は守られて後に残される者は大丈夫ってのは分かりやすいシステム。

切腹じゃなくて敗戦の責任で指揮官の処刑なら向こうにも理解されたかもしれない。
切腹って痛いばかりでなかなか死なないしね。あっちの世界の人には意味不明に違いない。
江戸時代では扇子で腹を切った演技をした後に介錯されるケースも多かったらしいし。堺事件の時の土佐藩士は腸を引っ張り出してぶちまけたらしいが。

デミに農耕を教えている黒王様はあれだね。飢えている人に魚を与えるんじゃなく釣りのやり方を教える人。魚も与えてるけど。

究極乳技爆裂肉球
乳忍者や魔乳秘剣帖に出てきそう。



テーマ : ドリフターズ
ジャンル : アニメ・コミック

光明と暗雲 ブレイブウィッチーズ 第8話「君の瞳にぶどうジュース」 感想





ブリタニアからムルマンに大規模な補給船団が向っていた。
502部隊に船団護衛の『ラッセルシュプラング作戦』が命じられるが、
護衛隊の指揮をとるのは、ヴァルトルート・クルピンスキー中尉。
「えーなんで僕なの。他の子が行けばいいんじゃないかな~」
文句を言いつつもロスマンに丸め込まれたクルピンスキー。
そして彼女に選出されたのは、管野、ニパ、ひかりの3人であった。


「いーでしょーあげませんよー」
FP-45を大事にしてるひかり可愛い。
伯爵、ルーン魔法のおまじないとか即興でよく考えつくな。あんな自然な感じで説明されたら信じても仕方ない。

ウォーロックの情報を流したのはミーナ隊長かな。
伯爵がエーリカに探りを入れてたらしいからその返事とか。

ぶどうジュース連呼は未成年だからアニメ的な配慮?

陸戦ウィッチアニメ初登場。
アウロラ姉さん来ないかな。

統合戦闘航空団の人員、最近整備兵が一人消えたりしてない?大丈夫?
https://twitter.com/humikane/status/800232284901163008

アイキャッチが完全に事後。
フミカネのクルロス最高や!

「失せろカトンボ」
木星帰りのニュータイプみたいな発言が。

単独で戦線を支えたりネウロイを蹴り返してコアを露出させる伯爵はカールスラントトップエースの一人なだけはある。

胸ポケットに入れていたアイテムで間一髪助かるのは定番だね。
俺も一度でいいから「たまたま胸ポケットに入れていた境ホラのお陰で助かったぜ!」とかやりたい。

ストライカーユニットを吸収したネウロイがラスボスかな。

ブリタニアウィッチ、途中までウィルマ・ビショップだと思ってた。伯爵がコナかけた所で既婚者オチかと。
デレ顔した時の為に「性の悦びを知りやがって」と書き込む用意もしてたんだけどあてが外れた。
山田悠希って艦これで阿賀野型を演じてる人か。




テーマ : ブレイブウィッチーズ
ジャンル : アニメ・コミック

秘められたあすかの想い 響け!ユーフォニアム2 第九回「ひびけ!ユーフォニアム」 感想




勉強を教えてもらいに、あすかの家へやって来た久美子。
部員たちにも背中を押されて、あすかを復帰させようと説得を試みる久美子に、あすかはなぜ自分がユーフォを始めたのか、部活を続けて来たのかを打ち明ける……。

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:石立太一 作画監督:高瀬亜貴子



夏紀先輩はコンクールに出れなくてもいいのが本心だと言ったが、それを素直に受け取る訳にもいくまい。練習頑張ってるのを視聴者は知っている。
まあ、ちゃんと演奏出来るか不安だから安堵もあるだろうが。


滝先生の寝顔や寝起きで乙女顔になり手が触れただけで震える麗奈は本当に先生の事が好きなんだな。
奥さんが写った写真を見つけた事が今後どういう影響を及ぼすのか。


香織先輩の太ももアップは何を意味してるのかと思ったら直後のあすか先輩の口元で「ひぇっ!」となった。
あれは何を意味しているのやら。いちいち構ってくるのが鬱陶しいとか?
でもグラスは使ってるし、限度や頻度の問題なのかな。あるいは自分の方から歩み寄る分には問題ないとか。

あすか先輩の父親はユーフォニアム奏者の新藤正和。
離婚しても元じゃなくて父親では?と思ったけど2歳の頃なら実感なくても仕方ないか。
2話前でユーフォやってるのはあてつけ云々と言ってたのは父親の事かな。

広い家なのに川辺で練習してるのは母親に聞かれたらヒステリーを起こすからなんだろうな。手紙を破ったのも母親だろうな。

部員を鼓舞したり鎧塚先輩を気遣ってたのもコンクール審査員の父親に会いたいから。
私利私欲でも現状の部の方針と合致してるならそんなに気に病まなくても良いんじゃないかとも思うが、現在進行形で部活に参加出来てないし、相手の事を考えず自分本位な所が母親を連想させて嫌なんだろう。

母親もさ、シングルマザーだから娘に苦労させたくないという思いもあるんだろう。きっと、多分。まあ、家はデカいけど。てっきりアパートとかに住んでると思ってた。

嫌いじゃないとか育ててもらった借りは返すとか、言葉にする事で自分に言い聞かせてるように見えた。

カツサンドのソースの味=男の子
刹那=ガンダム
ムスタファ・ケマル=トルコ
久美子=ユーフォニアム
その分野の人間だと道具を擬人化というか、無機物以外の要素を感じたりする事があるんだろうか。
プログラム言語にバブみを感じてオギャってるプログラマは知ってるが。
Javaはバブみ高いプログラム言語か






テーマ : 響け!ユーフォニアム
ジャンル : アニメ・コミック

全裸待機も辛くなってきた今日この頃





感想は書いてないんだけど、今期は「魔法少女育成計画」も視聴してる。
以前ニコニコ動画で傾城反魂香と合わせたMADを見てそれから興味を持ってた(そのMADは今はもう削除されてるのが残念だが。ルーラとスイムスイムが出てた記憶があるから今こそ見たかったんだけども)
原作が宝島社だと知った時の絶望を誰が知ろう。電子書籍版、欲しかったな。

トントン
カチャカチャ
まさか公式でTS魔法少女をぶち込んでくるとは参るね。
竜要素を加えた少女騎士という設定は実に男子中学生っぽい。
ラ・ピュセルは俺ツイのテイルレッド以来のメス堕ちさせたい男子。

魔法少女版バジリスクと聞いてオラワクワクするぞ!
などと身構え?ながら視聴したが、確かに番う雛を絡める非情の罠だった。
アリス殿がまた死んでおるぞー!
バジの方は伊賀と甲賀の不戦の約定が解かれた事を喜んでる奴が結構多かったからバタバタ死んでいっても辛い反面、どこか納得出来るものもあったんだよなぁ。全員生まれつき忍者というのもあるし。

妊婦さんはやめたってくれんか……
二次創作で救済したいが、キラークイーンやSAOと違って時間制限で必ず犠牲者が出るのがきっついな。
どっかの聖者様がやったみたいに一回殺してから蘇生させるしかねえのかな。
原作知識持ちのオリ主様なら試験開始前にファヴやクラムベリーを排除して穏便に出来るんだろうが(オリ主様は原作開始まで特に何もしないけど)

クラムベリーにボコられたラ・ピュセルは疲れからか、不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは…。
スノラピュ尊い……(現実逃避)
死ぬとは思ってたしむしろ長生きした方だと思うけどそれでもショックだわ。

あんなの魔法少女の死に方じゃありませんよ!
異世界に転生したくらい言ってくださいよ!
追記
思い出したけどハマーン様の前世であるミンキーモモもトラックに轢かれて死んでたわ。

今期のジャンヌ・ダルク枠は頭のおかしい奴に負ける宿命なんだろうか。豊久は無抵抗の相手を襲ったりはしないけどさ。

ビジュアルを最初に見た時は「エルフで音楽家とはあざといぜ!」と思ったのに仮面ライダー龍騎で言う浅倉(王蛇)枠だったとは……
魔法騎士レイアースの花京院エメロード姫といい、金田一少年の事件簿 星見島 悲しみの復讐鬼の桂木なおといい男八段の女キャラは一癖ある。
覚悟のススメの散様は女……ではないな。
リンネ選手といい今のトレンドはノーカラテノー魔法少女か。ぷにえ様にようやく時代が追いついた。

ルーラの本名は木王早苗。
枉にはまげるとかそういう意味があるらしいけど、ルーラももっと柔軟な性格だったら魔法少女になる前は上手くいったかもしれない。ルーラの死因は他人を見下す性格の悪さと特に関係ないのが酷い。スイムスイムの地雷なんて普通分かんないよな。
仮にルーラが逆行して死亡を回避しようとしても極めて困難な気がする。棲威武棲威武が東條枠だったなんて読めるか。

自作小説に不枉流という架空の剣術流派を登場させたリアル中二時代の思い出が甦る。
境ホラ二次で滝川さんの家臣という設定で木全忠澄(あだ名は栓さん)をオリキャラとして出した短編は我ながら良い出来だったけど原作進行中の二次創作の問題点が如実に現れてて結果的にダメになってしまった……

16人という事はダンガンロンパパロや汝は人狼なりや?パロとかやれそう。
創作論破みたいにオリジナルの魔法少女を作ってバトロワさせるのも面白そう、と思ってたらハーメルンで見つけた。

魔法少女育成計画 -Genocide Side-
誰かと思ったらだむさんの作品だった。
対極に位置していた筈の二人の魔法少女が共に孤高でなくなった結果敗北したという構成が凄いぜ。
流子ちゃん、魔法の応用で視線を切ってステルス状態になるという、川上作品に出てきそうな技は出来なくなってるっぽいね。
死の女王デスクイーン57世の話もやってほしい。

ゆゆゆとまほいくのクロスオーバー出ないかな。
犬吠埼という苗字は不幸になる定めでも背負ってるんだろうか。


ふと思ったんだけど、バジ1話の弾正の「十人?九人であろう?」って「お前はもう死んでいる」という意味だと思っていたが、直前のお幻婆の「お前様こそ、伊賀の鍔隠れ十人衆をよくは知るまいが」に対して「お前の事はよく知ってる」という手向けだったのかも。

しかし、ここで弾正が生還したらという妄想が捗るね。
夜叉丸の帰還が結構遅かったから伊賀側はろくに事情を把握出来ないうちに敗北する可能性も高い。
風待将監や地虫十兵衛も襲われないだろうし、鵜殿丈助も生き残る。
弾正が生きてて伊賀討伐の主導権を握ってる事を弦之介様がどう思うかが問題か。弾正も朧との事は気にしてたが。

パチスロで儲けてるだろうからY十M~柳生忍法帖~や十~忍法魔界転生~もアニメ化おなっしゃす。





http://www.takaratomy.co.jp/products/zoids_teaser/
ゾイドのソシャゲか。出来次第じゃアニメも?
ゾイドは俺の青春。
/0放送時、バーサークフューラーが売ってなくて代わりにケーニッヒウルフを買ったのは良い思い出。

GBAのSAGAはやり込んだなぁ。ウルトラザウルスに挑んでみたりパーティーを同じ系統で埋めたり。
ジェノザウラーRS(リーゼスペシャル)
ジェノトルーパー
ジェノハイドラ
ジェノブレイカーRS(レイヴンスペシャル)
バーサークフューラー
ゼネバスフューラー
こんな感じで。
レジーナは航空系のゾイドに乗せるという妙な拘りがあったんだよな。
トルーパー以前はサラマンダーF2に乗せてた。ノーマルのサラマンダーはデカくてね……





ちょっと前までポケスペの4章や10章が無料配信していたと聞いて悔やんでも悔やみきれない。1章から4章までは読んだ事があるんだけどルビサファがすげー好きでなぁ。竹みたいな竜神様(レックウザ)の気持ちもよく分かる。
なのでいっそ全巻揃える事にした。
楽天koboだと20%は返ってくるし割引クーポンもよく配布されてるから数ヶ月単位で集めれば金銭的には無理なく集まるだろう。

B2・W2の方は毎週楽しみにしてるんだけど、ヒロインがカルト2世とはまたぶっとんだネタを投入してきたもんだ。悪の組織というよりは宗教団体なプラズマ団だからこそやれるキャラ付けだわな。曇らせパターンが多すぎてどういう形で曇るのか全く想像出来ん。

警視殿は完璧超人すぎる。ネーミングセンス以外は。NN付けないタイプなのかと思ったらフタチマルが既にNNだったとは……
ゲノセマルが来る可能性ワンチャン?

アニポケのサン&ムーンも面白いな。
托卵されてたモクローを他のツツケラと同じように愛しているドデカバシとケララッパとか最高じゃん。
ベビーゴジラを守ろうとしたファイヤーラドンのように血の繋がりはないけど家族って良いよね。アメリカのジョージア州でアメリカグマとベンガルトラとライオンが一緒に生活しているというニュースを聞いた時もほっこりした。

リュックに収まるぼんがすげー可愛くてな。もうモンスタボールに入れずにサトシのリュックが定位置で良くね?ってかグッズ出そ?

ピカチュウに恨みがあって中を見るとショック死する……ミミッキュ、まさかポリゴンお前なのか……?

ククイ博士の奥さんがARサーチャーのバーネット博士だったとは。
いや、不満とかなくて納得だけどね。ククイ博士は超イケメンだし。
コロコロについてた応募券で青版をゲットした初代世代。ククイ博士のような立派なOTONAになりたかったけど、今の自分はどっちかというとグズマさん……

カントーのジムリーダーや四天王と戦ったという設定がポケスペでどういう風に描かれるか楽しみ。
……アローラ地方のベトベターやベトベトンの存在を知ったのがワタルの人間粛清の理由の一端だったらどうしよう。

既婚者なのにマーレインやグズマさんとのBLカップリングがチラホラある腐海怖い。
ルザミーネはゲームの発売がもっと早ければ冬コミを席巻してかもしれない。これが経産婦だと?ゲーフリはちびっこの性癖を歪ませようとしているに違いない。
モーン博士、お前の嫁だろ。豆食ってないで早くなんとかしろよ。





今期はまほいくの他に刀剣乱舞花丸も見てみたんだけど、ソロモンは歴史修正主義者だった?
とうらぶはFGOはクロスオーバーしたら結構相性良さそう。
やる夫系の聖杯戦争スレで村正とか祢々切丸がサーヴァント化してるのを見た事がある。マテリアルの記述を見てると士郎が千子村正の依り代になって登場する可能性大。

池田屋で沖田総司が倒れたのは結核じゃなくて熱中症という説が強いらしい。池田屋の時点で吐血するくらい進行していたら数年持たないからとか。





最近アクセス解析でちょくちょく「光武帝 fate」や「劉秀 fate」を目にするんだけど、もしかしてめいぷる氏が製作中の同人ゲーム「Fate/Empire of Dirt」にセイバーとして登場するからかな。
十九氏はラーマ君やベディ卿で完全に目覚めてしまったな。

すげー楽しみなんだよな、F/EOD。
ゲームの仕様がちょくちょく公開されてるけど、さらりと「大いなる破局」という単語が出てくるのがずるい。

ゴリラガウェイン卿って夢女子の中では故郷の村を焼かれたいキャラらしい。
セイバーを侮辱してベディ卿やアッ君に斬り殺されたい勢もいるんだろうか。
まあ、俺も真田丸に攻めかかって毛利勝永様に撃ち抜かれたいと思ったから人の事はとやかく言えない。

そうそう、Fateといえば、今FGOでやってる「二代目はオルタちゃん ~2016クリスマス~」で十連ガチャやってみたんだ。
結果

Screenshot_20161128-192205.png

すまないさん!(バシッ)
剣の全体宝具は男性特効カリバーンのリリィやEXTELLAで絶賛ストマ中のアルテラさんがいるし、良妻やナサリのスキル上げに使ったから再臨素材の世界樹の種が枯渇中だからなぁ。

それにすまないさんって二つの幕間をクリアしても
バルムンクが真の力を開放(しない)
ラインの黄金をその手に(していない)
というパワーアップ詐欺らしいね。
強化クエストで竜殺しがパワーアップしても竜特攻とバスターカード性能アップの使いたいタイミングが違ってて微妙らしいし。

初期実装組の悲しみを背負ってるわ。3章、4章辺りの実装なら悪竜の血鎧(アーマー・オブ・ファヴニール)をスキルで持ってこれたろうに。
そのうちApocryphaがアニメ化する際にコラボイベントやるだろうからその時の活躍に期待。
ネロ祭の時のように竜殺しの大英雄、ジークフリートが見られる日を楽しみにしてる。

追記
当カルデアには4章以降に実装されたのに悲しみを背負ってる奴がいたわ。
フィオナ騎士団団長フィン・マックール。

再臨に凶骨と虚影の塵を使う上にスキル1が千里眼、橘ァ!じゃなくてJDASLL(ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ・ランサー)に地位を脅かされているフィンにも救いの手を。
良い奴なんだけどな。槍王を心配して夢の中までやってきたり、ディルムッドもこいつに振り回されるのはなんだかんだで楽しそうだし。
まあ、強化クエはまだだし水着イベントが復刻されれば輝ける。

各所で話題のサンタアイランド仮面様、天草市はサンタクロースの聖地らしい。
セミ様、旦那がすげー面白い事になってるから早く来て。





インドネシア、アチェ王国の女軍人ケウマラ・ハヤティとか境ホラ二次に出したいキャラを知ってしまった。
英語版Wikipediaによるとハリカルナッソスの女王アルテミシアを除いた場合世界初の女性提督っぽい。自分の英語力だと誤訳の可能性も高いが。

アイジアルク/望月千代女、秦良玉とか史実女性の襲名者のネタのストックは増える一方だけど完成はせず。
1575年、オランダとスペインの八十年戦争においてマクデブルク以上の虐殺に発展するアウデワーターの包囲戦にオランダ側で参戦してアドリアーン・スヴィーテンやヤーコブス・アルミニウスと共闘する魔女の義勇兵の話も途中まで書いてやめちゃったしな。





法事で実家に帰省。
お坊さんによる法要の後は料亭で食事だったんだけど、従業員のお姉さん、まだ刺身が出てないのに刺身醤油を回収するという痛恨のミス。
つーか一品ずつ持ってくるのは困る。食べるの早い方だからすぐ手持ち無沙汰になる。

そしてリアルで「あちらのお客様からです」を経験した。
やってきたのは牛肉のワイン煮込みだけどさ。爺婆が食べない料理は必然的に若い衆の元にやってくるんだよね。しかも弟が帰ってこなかったからアサラーの俺が一番若い。法事の深刻な高齢化問題。

親戚のおじさんと女将が同じ中学だと判明する一幕も。

実家にいる間は暇だからスパイラルを読み直してたんだけど、歩君の
バカな
この舌をえぐるような苦み…!
ストリキニーネ!!
でちょいと笑ってしまった。名探偵コナンの「ペロッこれは麻薬!」を思い出して。

結構シリアスな場面なんだけどね。
信じる力は何も変えない
勝つのはいつも知略を巡らせた者だ
そう言った歩君が自分の推理を信じきられずに敗北したシーンであり、彼が清隆の影響をどれだけ受けていたかを暗示する場面。
同時に、歩の推理を信じて躊躇いなく飲み干すひよひよが格好良すぎる。良い年してバックプリント履いて女子高生のコスプレしてるだけあるぜ。

小説版も読み直したけど、ヴァンパイア十字界や絶園のテンペストを読んだときはいよいよアルクトゥールス星人が襲来したんだと思ったもんだ。

親族の間では俺は法事饅頭が大好物という認識らしく毎回持たされるんだよね。いや、別に嫌いという訳ではないんだが、特別好きという訳でもない。

そういえば「結城友奈は勇者である」7話で風先輩が言ってた「確かお供え物って、時間が経てば自分で食べてしまってもいいのよね?」って最終回の伏線だったんだろうか。
ゲーム版だと返って来たんじゃなくて新しく創られたんじゃないかって疑惑があるけど。





ちゃんねる系とかいう魔境。掲示板形式は好きで結構掘ってるんだけど地雷にぶち当たる事も多い。冬木ちゃんねるとかどうしてああなった……
シュタゲの@ちゃんねるとか原作にネット掲示板が登場している作品だと結構好みのもあるんだけど。

マイナス検索でオリ主は除外したい反面、原作キャラの行動をモブが目撃してスレ立てする展開が好きだから地雷原に突っ込まざるをえない。腐要素は除外するが。

追記
ふと思ったが真田丸を現代パロしてちゃんねる系やったら楽しそう。
単身赴任してたら娘がなついてくれないとか懇親会で親会社のワンマン社長と出し物が被ってしまったとかノルマをこなしてたらどんどん納期が短くなっていったとか、介護の苦悩とか。

更に追記
最終章もあれ、派遣社員がいないと会社が回らないのに蔑視してる上層部とか、プレゼンの結果が一言でなかった事になるとか、社畜には辛い大河全開だったね。

大蔵卿局はともかく有楽斎がネットでやたら叩かれてて悲しい。
この人はこの人なりに茶々様や秀頼を生かそうとしてるよね。
本多正純と密会してたのもスパイというか、片桐殿がいなくなった後の徳川との外交ルートの意味合いが強いよね。
大阪城の内情を流してるのは多分厨の大角与左衛門の方……

大蔵卿局にしたって牢人を養う禄がないのは事実で、牢人を徳川が警戒しているのもまた事実。
幸村は「戦えぬ我らに家康が約定を守るとお思いか!」と言ったが、牢人を抱えたままだと軍資金が尽きて戦えなくなるんだよな。
堀を埋めさせたのは悪手に違いないだろうけど。





真田丸のキャラを境ホラキャラに置き換えた妄想を時々やる。
精一杯頑張ってるのにぞんざいに扱われる片桐君とか悲しい。相手が正純や生子だとなんとなくイメージ出来るけど。
2巻の点蔵はまさに全力で押し通ってたな。
あっちの信之お兄ちゃんも「黙れ小童!」と言われても違和感ない。
上杉景勝はどっちも萌えキャラ。

猿飛佐助や霧隠才蔵が竜な真田十勇士並のインパクトはそうそうないと思ってたが、若先生の新作「衛府の七忍」の十勇士の中に明らかに孫悟空らしきシルエットがあるんだよな。悟空道からの参戦だろうか。三蔵は波裸羅様初登場回に出てたよね。
蛮勇引力から由比正雪も来そう。対徳川幕府の本命だし。慶安の変がもう少し早かったら境ホラ二次に出せたんだが。

追記
あの龍=正雪な考察があるらしい。護国吽龍的な意味で。





真田丸放送前の宣伝、「マスケティアーズ パリの四銃士」からの韓国ドラマ「三銃士」のCMをやるのはNHKは完全に狙ってるだろ。

「コピーフェイス~消された私~」のCM、村上新悟さんのイケボで「戦慄のラブサスペンス」と紹介するのはずるい。
直江状朗読も聞いたけど本当に格好良い声。





新作「復活のルルーシュ」が決まったギアスだけど、2chにあった後世世界視点でコードギアスを語るスレは楽しかったな。
一国のトップを軟禁して罵詈雑言と共に内政干渉を企てたら開戦不可避。仮にスザクがあの場でランスロットで暴れても擁護されそう。

前線で戦って世界征服した皇帝とか功罪はともかく評価せざるを得ない。
心優しき皇子が母親の暗殺や人質として切り捨てられた事で冷酷な独裁者に変貌するってドラマ性を感じる(視聴者視点じゃそんなに悪行してないけど)当時を知る人が少なくなった時代の創作では悲劇の皇帝として扱われそう。NTRされた事でNTRに目覚めたチンギス・ハーンのように。
スザクは乗機の名前があれだし、呂布的な裏切りの騎士扱いが定説だったんだけど、ある時人質時代のルルーシュが預けられたのが枢木家だったりアッシュフォード学園で共に生徒会だったとする史料が発見されて一転忠義の騎士扱いされるかもしれない。下剋上や乱世の梟雄の代名詞とされる松永久秀も最近の戦国研究者の間じゃ三好家の忠臣らしいし。

後世、ルルーシュ寄りのドラマだとギアスをかけられてフレイヤに突っ込んだ兵士達もペンドラゴンに家族や友人がいたとか、次は自分の故郷が狙われるかもしれないから自ら決死隊に志願した、というエピソードが加えられそう。
ってかあのシーンはルルーシュを悪に見せようとする脚本の都合を感じる。ペンドラゴンの惨状を考えればギアスを使わなくても志願者は集まったろ。
最終回もなんでブリタニア人までルルーシュに否定的だったのか。国粋主義者はペンドラゴンと一緒に吹き飛んだとかルルーシュのせいで既得権益を失ったとかだろうか。





最近気付いたんだけど、月に寄りそう乙女の作法のルナ様ってあゆるだったのか。NavelはSHUFFLE!や俺たちに翼はないがアニメ化してるけどつり乙もしねえかな。
卯衣って戦国†恋姫の本多忠勝や英雄*戦姫のフビライ・ハンもやってたのか。相州戦神館學園 八命陣の百鬼空亡たんをやってたのは知ってたけど。
「唵 呼嚧呼嚧 戰馱利 摩橙祇 娑婆訶」「六算祓エヤ、滅・滅・滅・滅、亡・亡・亡ォォォ!」
トラウマ持ちのエロゲ主人公は珍しくないけど、女装した父親が母親に掘られているのを目撃してしまった主人公はそうそういないぜ。





休みの前日はトラブルが起きて安らかに休めないというジンクスがあるんだけど、この前は朝からサラダにビニールの破片っぽいのが混じってた。いきなりテンション下がる。





カオスサーガェ……
古参のファンとしたらサービス終了は悲しいわー
BRAEVEはやらかしてしまいましたな。

「私たちは、日中韓を中心としたメンバーで構成されており、各国の文化やゲームの特性の違いをよく知っています」
国民性までは知らなかったんやな。悲劇なんやな。

BRAEVE 東京都新宿区新宿1-13-1
スクウェア・エニックス 東京都新宿区新宿6丁目27番30号
まあ、頑張ってほしい。





パソコンのメモ帳を開きっぱなしにしてると妙な挙動をするようになった。これまでは一度閉じてまた開けば直ったんだけど、先日はパソコンそのものを再起動しないと駄目だった。
アニメ見ながら要点をメモるのは感想記事を書く際に必須なんだがなぁ。
買ってからまだ2年くらいしか経ってないけど安いノートだったから仕方ないのかな。
「マツコの知らない世界」で紹介されてたサイバークリーンでキーボードを変えるみたいにパソコンを新品に出来ないかな。サイバークリーンで。





この前の鉄血のオルフェンズの放送がまさかのおやっさん×メリビットでチャドとオルメリ派が悉く虐殺されておる……むごい……
自分?自分はミカ(ガルパン)×オルガ派だったから。

カップリング道は死狂い也。
ファイアーエムブレムなんかの評価が高い二次でも自分がやったカプ以外だと手を出し辛いし、やる夫スレを見てる時もたまに「〇〇〇は△△△以外にそんなこと言わない!!!!!」と、面倒臭いカプ厨化する時がある。

追記
飛影って作中でかなりキャラ変わってるから何を言ってもそこまで違和感ないよね。
遊戯王5D'sの鬼柳さんも突然ウェディングデュエルを始めても違和感ない。





氏が最果てのパラディンに推薦コメント書いてた。

>「読んだ後 誰かにイチオシしたくなるシリーズ」
>でまあ内容を説明すると、結果的に暴力解決率100%を誇る人の好いバーサーカーが、パンを食ってよく寝ながら聖騎士として手当たり次第に人や人外を救って泣かせていく話です。
ラッセル式善行の前に敵は無し! ともあれ筆力がずば抜けているんで、何となく読み出せば「やはり暴力しかあるまい」とか、そんなポジティブに読了してることを約束します。(川上稔)

「やはり暴力しかあるまい」
セージュンの最後は戦争になるけど、やレッドゴリラ=サンの「何事も暴力で解決するのが一番だ」に通じるものを感じる。
両方の作品は知ってるけどまさかの繋がり。アクセル・ワールドの1巻に純色の七王が一人ホワイト・ターニップの短編を載せたのは知ってるし持ってるけど、あれは同じ電撃文庫。最パラはオーバーラップ文庫。
どういう経緯で書く事になったんだろう。

追記
氏のtwitterを見てたら有川浩先生や成田良悟先生が反応してて「なるほど。現代ではこういう形で関係が広がる事もあるのか」と一人頷く。






拳に想いを乗せて ViVid Strike! #09「再会」 感想





ヴィヴィオに敗北し、戦意も自身も失ったリンネ。
リンネは競技を続ける意味を失い、競技を辞めるとヴィクターやジルに伝える。
一方、ブロック決勝にも勝利したフーカは、アインハルトと決勝で戦う事が決定する。
しかしリンネとフーカとの試合は流れる事になり、
リンネとの再戦のために努力を続けてきたフーカの思いは宙に浮いてしまう。
そんなフーカとリンネを見たアインハルトが、二人のためにとった行動とは……。


脚本:都築真紀 絵コンテ・演出:菱川直樹 作画監督:飯嶋友里恵 平田賢一 宇都木勇 総作画監督:橋本貴吉



部屋に引き籠り中のリンネ。
これで負けた事で状況が悪くなったのならまだ格闘技を続けるモチベもあったんだろうけど、家族は相変わらず優しいし今までの苦しみはなんだったのかと虚しくなるのは分からんでもない。

恒例のハルさんの黒歴史発掘だけどリンネの「不良の方」という表現が可愛かった。

ベルトを持ち出されて試合に乗り気になったのは現金だと思ったが、まだ中一だしね。
むしろ子供っぽさを見せてくれた安心する。

「思った通りじゃ。お前、弱いのう」
たとえ鎧を纏おうと…心の弱さは守れないのだ。
ここで覇王断空拳が決まっちゃったのは負けフラグに思えてならん。
別にフーカは勝つ必要はないんだけどさ。

「人を見下して貶めるくせに、辛くなったらすぐに投げ出す。その腐った性根、わしがぶち壊してやる」
常に気を張った態度はまたイジメられる事がないように意識してやってる面がありそうだけど、それ以外にもちょこちょこ傲慢さが垣間見える所あるよね。今回の試合でフーカを倒したと思ってハルさんの方を見てたのも見下すの範疇かな。

リンネって孤児院にいた頃はフーカにべったりだったっぽいし転校したらすぐイジメられてたしジムでは訓練一筋だったみたいだし、圧倒的に対人経験が不足してるんだよな。
フーカとの戦いを通して考え方を変えて人と交流するようになれば改善するかも。

ハルさんとノーヴェの依頼で試合映像を配信してるらしいが誰が見てるんだろう。
ノーヴェといえば病院に入るシーンで放送でマイク・アコードって言った?
ホンダ・アコード?ヴェロッサの名字のアコースの元ネタじゃないかって考察があったな。



テーマ : 魔法少女リリカルなのはViVid
ジャンル : アニメ・コミック

その真実は唐突 Lostorage incited WIXOSS 第8話「闇/渇望と喪失」 感想




ちーちゃんの慟哭を目覚ましのアラームに使ってる里見は愉悦部員の鑑。


カードゲームで既成概念に囚われない戦い方ってどんなプレイングだろう?
遊戯王やMTGで言うならサイカトグデッキからサイカトグを抜くとかハウリング・オウルに空虚自身を使うとか餓死させるとか相手の手札にエクゾディアを揃えて満足するとか?

「これって何の写真だ?」
ハシビロコウは本当になんなんだろう。

お小遣いがないから自分で作るという健気さアピール。

ユートが死んだだと!?おのれズァーク!

回想ははんな主観で弟が死んだ時の記憶がないという話だったけど、実は既に一度勝利して弟の記憶を操作したって可能性もあるのかな。

すずとはんなは共に家族を失った過去があったけど莉緒との絡みもありそう。


誰にも理解されず独りぼっちだとか、決意を簡単に諦める弱い子じゃないとか、メルはちーちゃんを孤立させて独占しようとしてねえかな。
以前なら「この邪悪なメス豚め!」と思った所だが、ちーちゃんはこうやってすずを自分に依存させていったのだと思うと因果応報な気分。


ニューピルルクたんは坂口やアミカっぽい意匠があるな。
清衣の記憶から作られたルリグだからコイン技もピーピングか。


そんな気はしてたけど、妹を倒したセレクターは里見だったな。
ナナシは里見はセレクターじゃないと言ってたが……
素で気付かなかった:ぽんこつ説
何か裏があって嘘を吐いた:腹黒説
敵の拠点で明かすと拙いと判断した:忠臣説


セレクターの記憶から生まれたルリグ、の記憶から生まれたのがカーニバル。
自己定義とか大丈夫かな。攻撃でも宣戦布告でもなく逆襲したりしない?

EDを見てビビったのは
カーニバル 阿澄佳奈
アスミス、あんな声も出せたのか。

ピルルクたん役の篠田みなみは聞かない名前だったけど橋本ちなみと同じヴィムス所属らしい。



テーマ : selector infected WIXOSS
ジャンル : アニメ・コミック

絶望から生まれる最凶 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」 感想




追い詰められた川尻浩作は、早人を手にかけてしまった。事故に見えるよう早人を殺害したが、露伴たちが早人の存在に気づき、明日にも川尻家を調べに来ようとしているという最悪のタイミングだった。このままでは、正体がバレる、捕まってしまう―!絶望の淵に追い詰められた川尻だったが、突如、吉廣の持っていた矢が川尻を突き刺して―!

◆脚本:ヤスカワショウゴ ◆コンテ:加藤敏幸 ◆演出:加藤敏幸/村田光
◆作画監督:石本峻一/馬場充子/西位輝実/仲敷沙織/木下由衣/横山謙次
      芦谷耕平/飯飼一幸/SHIN HYUNG WOO/CHA MYOUNG JUN




BITE THE DUST(負けて死ね)
キラークイーン第3の爆弾は髪を染める能力地雷。

吉良が矢に刺されて発現したけどバイツァ・ダストがレクイエムなのかどうか結構議論になるよね。
スタンドに刺さってないから違うんじゃね?という見解が多い気がする。

バイツァ・ダストでカーズ様を延々爆破すると1巡前の世界にまで戻るんだっけ。

承太郎に会いたくない一心で発現した能力だというが、時間が巻き戻るのは重ちーを殺したのに手がかりを残してしまったトラウマの影響だよね、きっと。
まあ、承太郎と遭遇するきっかけだから間違ってないけど。

吉良のちょっとした発言から思考を広げる早人(しかも正解)は本当に小学生とは思えない。しかもここから更に凄いんだよな。
吉良は油断して色々喋りすぎたね。バイツァ・ダストの性質上、早人が持ってる吉良に関する情報が多ければ多いほど的確に追跡者を爆殺出来るけど、それはぶっちゃけ名前だけで十分だし吉良の慢心。




テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

俺達の国盗りはこれからだ! ドリフターズ 08「不思議 CALL ME」 感想



あらすじ

駆け付けたキャシディとキッドによりジルドレをなんとか倒すことができた与一。そこに声をかけたのは、元主にして与一の心に陰を落とす源義経だった。与一は激しく苦悶する。かくして晴明たちと合流を果たす豊久たち。オルテ帝国を滅ぼし漂流者の軍閥を作ろうと画策する信長に晴明はその先の戦乱を危惧する。揃って廃滅のため動く廃棄物と予想のつかない漂流者は世界をどう変えていくのか。


■脚本:倉田英之 ■画コンテ:村川健一郎 ■演出:大河原 崇 ■作画監督:小林利充/中村深雪



まるで
駄目な
与一


豊久に情けをかけられて逃走したジャンヌ。
FGOの方のジャンヌはJDASLという新しい妹が出来たのにこっちは散々だな。バレー部…どうして差がついたのか…慢心、おっぱいの違い。
というか、クリスマスイベントでDWは俺を殺そうとしている!!!!!!!!!ロマン!この馬鹿野郎!


おんみょう寺の坊主はるあきら。
豊久は本当に残念な子。昔は大宰府にも陰陽師がいたらしいがね。

秀吉なんかは陰陽師狩りをしてたな。そのせいか豪姫が狐に憑かれた際には伏見稲荷に脅迫状を送るくらいしか出来なかったみたいだけど。

和服の晴明は耽美。
廃棄物絶対殺すマンだけどなんだか理由あるんだろうか。
この作品だと元の世界でも式神みたいなファンタジーが存在したみたいだけど、はるあきらの母ちゃんは葛葉狐なんだろうか。


平たい顔族。
完全にテルマエ・ロマエ。




のエピソードは史実にモチーフがあるから困る。ブレイブウィッチーズの方のナオちゃんにもやってほしいけどネウロイ相手にやるのは厳しいか。


ガトリング銃を見てすぐさま散兵戦術に気付くノッブは流石。
武士って大阪の陣の頃には既に簡易塹壕戦やってるからなぁ。生粋の戦闘民族。
そのせいか天下泰平の世になったら殉死が流行ったり武士道という観念的なものに傾倒していく事になるんだが。

銃が量産出来なくても爆薬が出来れば戦力的には十分向上するけど、仮にガトリング砲まで造れたら凄い事になりそう。
幕末から明治初期には人撃ちガトリング斎と呼ばれる無双の銃客もいたし。


流暢なエルフ語を喋るノッブは格好良かったな。
別にお前らの協力は必要ないと暗に示唆したって事だよね。


曖昧な状態なハンニバル。
ぶっちゃけ、常に正気だとノッブの出番ないからな。ボケてるのがハンデ。
豊久曰く、伯父上と同じ眼。義弘もボケてたのが勝鬨の声を聞くと元気になったらしいしな。


利を説く訳でも恐怖で縛る訳でもなく行動だけでエルフの心を動かした豊久は王のUTSUWA。
豊久がいれば多部族連合国家も可能かも。豊久がいなくなったらチトー死後のユーゴスラビアより酷くなりそうだけど。

チョビ髭は頑張ったみたいだけどそれでも最後は自殺なんだから独裁者になんてなるもんじゃないね。
天寿を全う出来たカストロ議長は幸せだよ。あんまり思いつかないな。
フランコや毛沢東、スターリン、デュヴァリエ、アミンは病死。ケマルは過労死だしサラザールは事故の後遺症だろうしな。
あれ、ボカサ1世は地味に天寿?メンギスツやムガベはどうなる事やら。




テーマ : ドリフターズ
ジャンル : アニメ・コミック

祭で紡がれる絆 ブレイブウィッチーズ 第7話「聖なる夜に」 感想





12月下旬、オラーシャ帝国ペテルブルグ基地周辺は川も凍るほどの寒さである。
ひかりと管野が寒さに震える中、一人普段着で平然としているニパ。
「さ、寒いですね・・・」
「今年は温暖かな?」
「どこが温暖だ!?これだからスオムス人は・・・」
3人は凍ったネヴァ川の氷上でソリ遊びを行うが、気が付くと目の前には・・・。


平気な顔をしてるニパを見てフィンランドのコピペを思い出した。

>809 名無しさんの野望 :2007/09/06(木) 16:17:20 ID:3YdZCk+R
>「気温が・・・℃の時、フィンランド人はどんなふうにふるまうか、そのとき他国では何が起きているか」

>+15℃。スペイン人は毛糸の帽子をかぶり、手袋とコートを着用。フィンランド人は日光浴をする。
>+10℃。フランス人は集中暖房をつけようとむなしい努力をする。フィンランド人は花壇に花を植える。
>+5℃。イタリアでは車のエンジンがかからなくなる。フィンランド人はオープンカーでドライブする。
>  0℃。蒸留水が凍る。フィンランドのヴァンターヨキ川の水は、ほんの少し凝固する。
>-5℃。カリフォルニアでは住民が凍死寸前。フィンランド人は庭で、夏の最後のソーセージをグリルする。
>-10℃。イギリスでは暖房を使い始める。フィンランド人はシャツを長袖にする。
>-20℃。オーストラリア人はマヨルカ島から逃げ出す。フィンランド人は夏至祭りをおしまいにする。秋の到来である。
>-30℃。ギリシャ人は寒さで死亡。フィンランド人は、洗濯物を屋内に干し始める。
>-40℃。パリは凍えてガチガチ音を立てる。フィンランド人は屋台に行列する。
>-50℃。シロクマが北極から退避しはじめる。フィンランド軍は、本格的な冬の到来までサバイバル技術の訓練を延期する。
>-60℃。コルヴァトゥントゥリが凍結。フィンランド人はビデオを借りて家の中で過ごすことにする。
>(コルヴァトゥントゥリはフィンランド北部・ラップランドにある山でサンタクロースが住むとされる)
>-70℃。サンタクロースが南方へ引っ越す。フィンランド人は、
>      コスケンコルヴァを屋外に保管しておけなくなり、いらいらする。フィンランド軍がサバイバルの訓練を開始。
>(コスケンコルヴァはフィンランドの蒸留酒でアルコール度数が非常に高い。通常、飲む前にビンごと冷凍庫に入れて冷やす)
>-183℃。食品の微生物が死滅。フィンランドの牛は、乳しぼりに来る人間の手が冷たいと文句を言う。
>-273℃。絶対零度。あらゆる原子の運動が停止。フィンランド人は「くそっ、今日はずいぶん寒いじゃないか」と言い始める。
>-300℃。地獄が凍結。フィンランドがユーロヴィジョンで優勝する。


「こけちゃいましたー」を暫くリピートしたい。


先生:ニョッキ
伯爵:ピエロギ
サーシャ:ペリメニ
ナオちゃん:すいとん
国際色豊かな部隊ならではのやりとりは楽しい。
そして首を傾げながら食べるジョゼはちょっと可愛すぎやしないかな。具のないポトフだと思ったりしてたのかな。

502の立地的に物資の不足は戦死より先に餓死や凍死もありうる危機的な状況じゃね?
足らぬ足らぬは工夫が足らぬ。


ひかりを元気付けたいニパは天使かな。
ナオちゃんの不器用な優しさもいいゾ~これ。


冬爺さんと雪娘、ジェド・マロースとスネグーラチカという名前らしい。
子供の頃のクリスマスの翌日、朝起きたら枕元に遊戯王のパックが。
中にはシャドウ・グールが入ってた。思えば自分のアンデットデッキ好きはあれが原因だったのかも。


上方向だけのカモフラージュをしてたネウロイだけど本来は巣の防衛が役目で対地攻撃は専門外とか?
あるいはカモフラージュのメカニズムが太陽光関係とかでそもそも下方向には出来ないとかかな。

ワライタケなどコミカルな描写が多かったけど基地に砲撃をされるまで接近を許すなんて戦局は悪化の一途を辿ってる。
一歩間違えたらみんなのトラウマ、シルバーブルーメ回みたいな事になってたね。あっちは松木隊員の誕生日を祝ってた時だったな。ウルトラの星接近の影響で警戒網がズタズタになってたんだっけ。おのれババルウ星人!
ギャグ展開で追い詰められるのはウルトラマンマックスのタマ・ミケ・クロを彷彿とさせる。あれもかなりのピンチだったんだけども。カイトもハヤタも変身方法を忘れるし。


まさかのエイラーニャ登場。「ストライカーの飛翔」は興奮する。
別の場所で聞いた記憶があると思ったらあれだ。∀ガンダムの「軍靴の記憶」


ラル隊長の笑い声が酷い。
ちょくちょく祭を楽しみにしてそうな描写があったり、ポンコツキャラが垣間見える。


風説の流布
情報漏洩
破壊活動
伯爵と先生の絡みが多くてニヤニヤする。クルロス最右翼のフミカネも満足する事だろう。

Twitterで「クルロス」で検索すると「再婚」がサジェストされるのが面白い。いや、確かに離婚なり別居中の元夫婦感はあるカップリングだけどさ。
来週はどうなってしまうんだ……


サトゥルヌス祭、サトゥルヌスと聞くとフランシスコ・デ・ゴヤの「我が子を食らうサトゥルヌス」を連想してしまう。グロいよなぁあれ。

関係ない話だけどヴィルケ大佐の後任、“トゥッティ”フリードリヒ=カール・ミュラー中佐の誕生日が12月25日らしい。ウィッチ化したら名前はフレデリカになるのかな。カールの方はカロリーネとかシャルロッテとかかな。
ルッキーニは24日だっけ。







テーマ : ブレイブウィッチーズ
ジャンル : アニメ・コミック

すれ違う家族の気持ち 響け!ユーフォニアム2 第八回「かぜひきラプソディー」 感想



無事に駅ビルコンサートを成功させた北宇治高校吹奏楽部だったが、あすかが退部する可能性はなくなってはいなかった。
一方黄前家では、麻美子と両親による話し合いが行われていた。
そんな中、久美子は風邪をひいてしまう……。

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:北之原孝將 作画監督:角田有希




お姉ちゃんの退学理由は美容師になりたいから。
年齢的にお姉ちゃんの方に近いからこっちに同情してしまうが、なんで卒業まで待てないのか明かされてないのでそこはもやもやする。3年生って辞めるには早すぎて遅すぎるよね。
競争率激しそうだから早く訓練や勉強を始めた方が良さそうというイメージはあるけど、だからこそ卒業してからで良いんじゃないかと思ってしまう。

父親の気持ちも分かる。俗っぽい話だけど、学費に一人暮らしの為の生活費は馬鹿にならんしな。ずっと嫌々大学に行ってたと言われたら良い気分はしない。進学や転校も娘の将来を案じた結果だろうし。
ただ、都合が良すぎるという言葉は正論っちゃ正論なんだけど、一方的に言ってさっさと部屋に引っ込んだ辺り、やりたい事を言えない空気を作ってた自覚があって後ろめたさを覚えたのかな。

話は変わるんだけど、近所の1000円カットの店が11月から1100円になってた。
で、散髪に行ったのが3日。髪型には拘りがないのでギリギリまで伸ばしてからスポーツ刈りにするサイクルだったけど、こんな事なら数日早く行くべきだった。近所と言っても職場やスーパーとは別方面だから殆ど行かないんだよな。


葵ちゃんも吹奏楽に未練がありそう。
ってかお姉ちゃんも久美子が吹奏楽で結果を出したから触発されたのかな。


あすか先輩の家庭問題はどうなるやら。
前回言ってた皆に迷惑をかけないってのは辞める事になっても夏紀先輩にユーフォをやってもらうってのも含まれてたんだろうな。


風邪を引く久美子だけど、黒沢ともよの鼻声は伏線だった……?
久美子はあれ、風邪で休めるのは学生のうちだけだから心行くまで養生するといい……







テーマ : 響け!ユーフォニアム
ジャンル : アニメ・コミック

弱さを許せない者が負ける時 ViVid Strike! #08「勝者と敗者」 感想




リンネが持って生まれた、技術を蹂躙する圧倒的なパワー、そして「強者としての才能」。
一方、筋力やタフネスといった「格闘技者としての才能」には恵まれなかったヴィヴィオだが、
ノーヴェの指導で身につけた、自分のストライクアーツを信じて貫こうとする。
二人の試合の決着は……。

脚本:都築真紀 絵コンテ:飯野まこと 演出:吉田俊司 総作画監督:新垣一成



直撃を耐えきるタフネスとガードの上からでも薙ぎ倒す腕力。技術を蹂躙する先天的強者の才能。
恐ろしいゴリラパワーだぜ。力を振るう度に相手を病院送りにしてね?

だが相手の恵まれた部分だけ見て嫉妬したり卑屈になったりしているうちは失うものはなくても得るものはなさそう。
もちろん、お前よりヴィヴィさんの方が不幸だから我慢しろなんて言うつもりは毛頭ないが。エリート公務員っていったって母親が二人の普通の家庭だし。
優しい大人も裕福な家庭も友達もリンネの周囲には既にあるんだけど、それらと素直に向き合えない性格になってしまったのは仕方ない。つくづくあの三人組の罪は重い。

「しょうがないや。私の冬はここで終わり」
リンネに勝ちたかったとか、フーカやハルにゃんと戦いたかった発言、負けたか……風呂入ってくる。
と思ったら勝った。カウンターを顔面で受けられた時はもう勝ち目ないじゃん……と諦めたものだが。
聖者殺しのロンギヌスの餌食になるものとばかり。

リンネはタフネスだけでなく技術も向上してたみたいだけどヴィヴィさんの成長がそれ以上だった。
\まっくのうち!まっくのうち!/
相手が慣れてきた時にスイッチしてアクセルスマッシュインフィニティーのディカプル凄い。

強くならないと大事なものを失うと強迫観念に突き動かされてきたが判定ではなくKO負けを喫したリンネ。
これが一つの転機になりそう。後はフーカの出番か。

前作主人公なのに大活躍するとはなんと傲慢なのだろう。ヴィヴィオは准将にでもなったつもりなのであろうか。
敗北したリンネ・ベルリネッタは廃人と化した。








テーマ : 魔法少女リリカルなのはViVid
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる