ブログパーツ

弱虫ペダル GRANDE ROAD 第二十四話「WINNER」 感想

託された総北のジャージを届ける為に、ペダルを回し続ける坂道。真波も最後の力を振り絞り、山頂を目指す。ゴール目前、二人は総合優勝の座を手にする為、全力のラストスプリントでゴールへと飛び込む…!坂道vs真波、長かった真夏のインターハイが遂に決着を迎える!


ジャージを肌蹴てるから……
小野田の前では爽やかだったけどその後で悔し泣きした真波は良い流れ。

今泉が小野田を抱き上げる所が完全にヒロイン。

杉元のフォローをする田所は人間が出来てるぜ。

SUBUTA

金城や鳴子を連れてきた大会役員は空気読めてるな。それ監督の仕事じゃね?と思ったりもするが。

クールキャラの巻島が泣く所はぐっとくるものがあるね。

小野田が以前から行きたかった場所で「あっ(察し)」となったけどやはり秋葉原だったか。オタ泉君歓喜だな。
小野田はずっと友達と一緒にアキバに行きたがってたから嬉しいだろうな。先輩達への恩返しという意味も勿論あるだろうけど。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

俺達の総北を頼むぜ 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.1「最後の峰ヶ山」 感想




インターハイでの激闘を終えた、総北高校自転車競技部。1年の小野田坂道は、同級生の今泉や鳴子と共に、ニューバイクに乗り換え、3年生が抜ける新生チームとしての新たな闘いに向けて走り出していた。総北の新キャプテンに任命された手嶋も、盟友の青八木と共に連覇を目指し動き出す。そんな中、坂道は憧れの先輩である巻島から、ある事を告げられる...。

[STAFF]
脚本 砂山蔵澄
コンテ 鍋島 修
演出 大庭秀昭
作監 岡崎洋美 宍戸久美子




新型機への乗り換えイベント。
電動で変速って肝心な所でトラブルが起きそう。弱泉君だし。
どれも高そうだけど大丈夫なんだろうか。確か弱泉君は家が金持ちっぽい描写があったけど。

巻島先輩、海外に行くのは卒業してからで良いんじゃないかと思ったら向こうの学校は9月からか。ハリポタとかそうだったな。
それでも卒業後の方が……って、単位は取得済みなのか。
どれだけ本気なのか伝わってくるだけに遅らせろとは言い辛いが、小野田君の落ち込みっぷりを見てると、せめてもっと前にしっかりと話しておいてほしかった。

3年生の引退で総北の弱体化は避けられないかと思ったが、パーマ先輩も無口先輩もしっかりパワーアップしてた
でもまあ、2年生時は優勝を逃しそうな気がする。で、3年でリベンジ、みたいな。



キャスト
小野田坂道 山下大輝
今泉俊輔 鳥海浩輔
鳴子章吉 福島潤
手嶋純太 岸尾だいすけ
青八木一 松岡禎丞
杉元照文 宮田幸季
鏑木一差 下野紘
段竹竜包 羽多野渉
寒咲幹 諏訪彩花
寒咲通司 諏訪部順一
橘綾 潘めぐみ
金城真護 安元洋貴
巻島裕介 森久保祥太郎
田所迅 伊藤健太郎

真波山岳 代永翼
泉田塔一郎 阿部敦
黒田雪成 野島健児
葦木場拓斗 宮野真守
福富寿一 前野智昭
荒北靖友 吉野裕行
東堂尽八 柿原徹也
新開隼人 日野聡

御堂筋翔 遊佐浩二

原作:渡辺航(週刊少年チャンピオン)
監督:鍋島修
シリーズ構成:砂山蔵澄
キャラクターデザイン:番由紀子
デザインワークス:水村良男 秋篠Denforword日和
ライドデザイン:堀内博之
美術設定:青木智由紀
美術監督:吉原俊一郎
色彩設計:中尾総子
CG監督:佐々木俊宏
撮影監督:葛山剛士
音楽:沢田完
音響監督:高寺たけし
編集:坂本久美子
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント



テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

託されたバトンの重さ 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.2「巻島が残したもの」 感想




巻島が卒業を待たずして部を退部し渡英するというショックから抜け出せず、一人調子が上がらない坂道。練習でも空回りしている坂道に、同じく巻島からクライマーとしての魂を受け継いだ手嶋が「ゆっくりでいい」と語りかける。一方、箱根学園も新キャプテンに泉田が任命され、今年の雪辱を果たすべく新生チームが始動。その中には新たなメンバーが...。
[STAFF]
脚本 砂山蔵澄
コンテ 紅 優 鵜飼ゆうき
演出 森 邦宏
作監 米本奈苗 斎藤大輔



小野田の巻島ロスが深刻。
鳴子はさらりと言ってたけど、頻繁にあんな感じで転倒するって相当ヤバくないかな。

大勢に注目される中、不調のままレースに出るというので共感性羞恥が発動するかと思ったら手嶋先輩がフォローしてくれた。
3年が抜けた穴がどうなるか不安だったけど、ちゃんとキャプテンやってる手嶋先輩を見て一安心。
ただ根を詰めすぎないか心配。カラオケくらい行っても良かったのに。
ってか集まった人も可哀想。本人に確認を取る前に人を集めた東戸はどうよ。

俺は弱いと自覚してる手嶋の直後に「オレは強い」な福富登場。
箱学も新体制スタート。
手嶋先輩の回想で「モブに宮野とは豪華だな~」と思ってたら新メンバーの葦木場拓斗だった。
声的に変態な印象があるが……




話は変わるけど、通勤途中にあるパチスロの店で本作の宣伝をしてた。なんにでも手を出すな。





テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

旧友相打つ 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.3「手嶋、魂の走り」 感想






秋の「峰ヶ山ヒルクライム」に出場する総北高校の坂道、今泉、手嶋。インターハイの優勝者として注目を集める坂道だが、不調から抜け出せず、不安で萎縮してしまう。一方、箱根学園は2年生の葦木場拓斗を送り込んできた。202cmという長身を活かした"メトロノームダンシング"で他を圧倒する葦木場に対し、総北の新キャプテン・手嶋が魂の走りで挑む!
[STAFF]
脚本 福嶋幸典
コンテ 紅 優 鵜飼ゆうき
演出 池田智美
作監 竹本佳子




脳内で第九再生。
こいつはやべえ奴だ!

明らかに3メートルくらいあるカットがあったね。強敵らしさを見せる為のアニメ的な演出だろうか。

葦木場のダンシングって並走すると怖い。先を譲ってしまいそう。

無期限で謹慎って何やらかしたんだろうな。ゴッドハンドよりは軽そうだけど。

原田さんは葦木場の何を知っていたんだろう。

「後でそいつら反省会だ!」
この台詞は葦木場の手嶋への友情と尊敬が感じられてグッとくる。

「もがけ純太!お前は登れって、巻島さんに託されて、ここ来たんだろ!」
平凡だけどその走りで仲間を鼓舞する手嶋はキャプテンの器。
小野田や弱泉君を見てるとメンタルが強いってのもすげー重要に感じる。

「気持ちを抑える事はない。受け止めてくれるはずだ。手嶋さんなら。お前が行きたいと思ったなら、真っ直ぐに行け」
気が早いけど次期キャプテンはエリートかな。
にしてもニューバイクの30%しか引き出せてないのに追いついていってる小野田が妖怪すぎる。




テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

受け継ぐ者達 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.4「峰ヶ山で一番速い男」 感想





峰ヶ山ヒルクライムレースで手嶋が見せる魂の走りに熱い鼓動を感じた坂道は、自らを奮い立たせ懸命に葦木場を追う!果たして勝負の行方は...!?レース後、3年生の福富と顔を合わせる葦木場。彼にはある過去があり...。後日、田所の卒業レースとなる「湾岸クリテリウム」が開催。"総北スプリントスピリッツ"を持つ田所、鳴子、青八木の三つ巴の勝負が展開する!
[STAFF]
脚本 岡田邦彦
コンテ あきとし
演出 村山 靖
作監 小林ゆかり



小野田優勝。
巻島がいなくなった事を長々と引っ張るんじゃないかと危惧してたけどちゃんと立ち直ってくれて一安心。

負けた葦木場だけど、公式サイトを見るとオールラウンダーらしいからそれであそこまで食い下がったのは怖ろしい強敵。

身長という本人の頑張りではどうにも出来ない要素で落ちこぼれてた葦木場が新開と福富に励まされて結果を出す一連の流れは良かったけど、その後のコースの逆走は正直唐突すぎないかな。カットされた描写とかあるのかな。

無期限謹慎の理由としては納得したが。ジャージを掴んで転倒させるくらい危ない。
箱学と一緒に走るのこえーよ。

スプリンター勢は湾岸クリテリウムで先輩越えならずとも肉薄してた訳で世代交代に確かな手応えを感じる。


鳴子が肉弾頭になった時はいつの間にかCパートが始まったのかと勘違いした。

スバル・レヴォーグ
リリカルなのはに出そう。




テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

萌芽 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.5「自転車異種格闘技場!!」 感想




順調に滑り出したと思える新生総北だったが、今泉は3年生が抜けてチーム全体のレベルが下がることを懸念していた。そして鳴子に対して、チームが勝つためにオールラウンダーになれと言い放つ。自分はスプリンターであると反発しつつも、先輩の抜けた穴の大きさを痛感していた鳴子は、ある決意を胸に地元大阪に向かう。一方、総北の練習に1人の中学生が参加する。
[STAFF]
脚本 久尾 歩
コンテ あきとし
演出 黒田晃一郎
作監 渡邊一平太 はしもとかつみ



チームの為とはいえオールラウンダー転向は鳴子にとっては受け入れ難い話。
定時への対応といい今泉はいささか気負いすぎじゃね?
小野田を基準にしたら並の新人は期待外れだろうし、見切りをつけるのが早すぎるよ。
ってか監督は何をやってるんだ。新人の指導はあんたの仕事じゃないかな。

スポーツ作品のコピー系キャラって生来の身体特質に依拠する技は模倣出来ない事が多いが、小野田のケイデンスは常人には無理。葦木場のメトロノームダンシングの方がまだ合ってるかも。
定時が総北の6人目なんだろうか。

分岐点に立たされた鳴子の前に現れた御堂筋君。
鳴子にはスプリンターを貫いてほしいけど御堂筋君の相手は正直厳しいか?

Cパート
オタ泉君……
まあ、駅伝ランナーにオタクが多いのは有名な話だしフィギアのメドベージェワはキスクラ聖地巡礼するくらいのユーリファンだし。





テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

脱皮 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.6「鳴子vs御堂筋」 感想




総北を強くする答えを求め、地元・大阪で草トラックレースに参加する鳴子。スピード自慢のスプリンターたちを蹴散らし、自分が強くなっていることを実感する鳴子だったが、そこに京都伏見高校のエース御堂筋翔が現れる。「大切なもの」を賭けた勝負を持ち掛ける御堂筋に、鳴子は全力のスプリントで挑む!そして御堂筋も更なる強さを求めていた...!
[STAFF]
脚本 広田光毅
コンテ 大庭秀昭
演出 大庭秀昭
作監 岩岡優子 小美戸幸代



総北のジャージを着た御堂筋君がキモすぎる。
魂運ぶ器とか急にファンタジーみたいな台詞を言われると戸惑う。あのシーンだけ映像を東京レイヴンズの大友先生やBLEACHの市丸ギンに変えても違和感なさそう。

石垣さんは御堂筋君の事をよく見てるよね。
彼が引退して御堂筋君のイエスマンばかりの京都伏見は大丈夫だろうか。

覚醒した御堂筋君はテラフォーマーズ的な解説が欲しいな。
ってか演出じゃなくて本当に髪の色変わってんのな。

もしかしてだけど、御堂筋君って鳴子が自転車競技そのものを辞めると思ってない?
そうじゃないとしたら、少なくとも御堂筋君視点では鳴子のオールラウンダー転向は戦力ダウンに繋がると考えてる訳か。

手に汗握る戦いだったけど鳴子には勝ってほしかった。倒した上で総北にお前なんかいらないと突っ撥ねてほしかった。
まあ、個人成績は別として御堂筋君はインハイで総北に負けてる以上、ここらで勝っとかないとライバルとしての格がね。

軽量化の時にヘルメットを捨てなかったのはクレーム対策かな。




テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

もう一つの世代交代 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.7「最後の走行会」 感想




箱根学園では、伝統の3年生追い出しファンライドが行われようとしていた。120㎞にも及ぶファンライドは、スタート早々福富たち3年vs泉田たち新世代の本気レースに!箱根学園の"王者"としての意志を受け継ぐため、そして憧れである3年たちを超えようとする新世代と、それを迎え撃つ3年生。まずは泉田と新開のエーススプリンター対決がスタートする!
[STAFF]
脚本 砂山蔵澄
コンテ 紅 優 鵜飼ゆうき
演出 宮原秀二
作監 中山由美 宮西多麻子






期待されて怒鳴る荒北はあざといな。
後輩の間でも弄られキャラと認識されてそう。

母校の伝統に泥を塗ったとか、あんまゴッドハンドを責めてやるなよ。
いつにも増して泉田が暑苦しいと思ったが、新キャプテンとして気負う所があるのかも。

葦木場や真波への黒田の長台詞は正直テンポ悪くしてる。
こういうのって漫画やラノベだとそんなに気にならないんだけど、アニメだとどうしてもね。

構成上仕方ないけどレースがスタートしてから色々説明するのに違和感。

鬼と筋肉モリモリマッチョマンの変態の対決。都市伝説になりそう。
二人の対決は燃えると同時にしんみり。
3年が引退となると寂しくなるな……回想でいっぱい出番がありそうだけど。
インハイメンバーが一度に4人も抜ける箱学も大変そう。
新メンバー4人は確定として、他の二人はどういうキャラなんだろうか。
そういえば花江夏樹ヴォイスの半モブが出てきてたな。高田誠だっけ。


テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

先輩から後輩へ 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.8「ゴールライン」 感想




箱根学園恒例の3年生追い出しファンライド。福富ら3年に「今から超えます!」と宣言した泉田は新開と対戦し、成長した姿を見せつける。そしてレースは山岳区間に突入、東堂と真波のクライム勝負へ。どこか思い悩む様子の真波に、東堂が語り掛け...。一方、福富と荒北、葦木場と黒田のエースとエースアシストのコンビ同士も熱い火花を散らす!
[STAFF]
脚本 福嶋幸典
コンテ 紅 優 鵜飼ゆうき
演出 関 暁子
作監 小嶌エリナ



ボトル「ぐあああああああ」
一見爽やかな主人公キャラな真波だけど闇を抱えてそう。

東堂はナルシストな部分がなければ完璧超人。つーか残念な部分さえ親しみやすさに繋がるレベル。
でも恋人と死に別れたかのような雰囲気を出してるのは笑う。

エリートが挫折してプライドをかなぐり捨てる展開好き。
けど荒北の臭い判別はなんなの。ハイウェイスターなの?

拓斗って楽器のタクトが由来だったのか。
ってかタクトで声優が宮野真守……貴様、銀河美少年か!

箱学も大分チームとして仕上がってきてるけど、だからこそ5人目、6人目が気になる。
3年生との対決をやらないって事は新入生なのかな。




テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

それぞれの想いを乗せて1年生レース開始 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.9「新生総北、始動!」 感想





2年に進級した坂道、今泉、鳴子。インターハイで優勝した総北自転車競技部には、多くの新入生が入部し、手嶋や青八木も手ごたえを感じていた。しかし、初めて部の先輩となった坂道は戸惑うばかり...。そんな新入部員の中には、中学から活躍していた鏑木一差と段竹竜包の姿も。2人は「1年生レース」でのワンツー優勝でインターハイのメンバー入りを狙っていた!
[STAFF]
脚本 岡田邦彦
コンテ 越智一裕
演出 森 邦宏
作監 米本奈苗 宍戸久美子


ありがちな描写だけど、本人に気付かずに凄さを語るシーンは面白い。

速くなる為に今泉に頭を下げる杉元。これは荒北と黒田の関係を彷彿とさせる。
メンバーに選ばれるかどうかは分からないけど杉元には頑張ってほしい。
1年生レースに2年生が出るのはどうかと思うが、漫画の構成としてはここで成長を披露させたかったんだろう。
いきなりインハイメンバー並になるのは嘘っぽくなるし。

今泉の面倒見の良さは次期キャプテンの器。
小野田にアドバイスする鳴子も安定して良い奴。妖怪のメンタルの弱ささえなければこの世代は盤石。




努力が試される時 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.10「杉元兄弟の絆」 感想




総北自転車競技部恒例の1年生ウェルカムレースが始まった。その中には2年生杉元の姿が。ひそかに練習を重ね、レギュラーの座を狙う杉元に、今泉たちもエールを送る。しかし、同じくワンツーフィニッシュによるインハイメンバー入りを狙う鏑木と段竹は凄まじいスピードでレースをリードする。それでも諦めない杉元は、弟・定時と一緒に2人を追い上げていく!
[STAFF]
脚本 久尾 歩
コンテ 大脊戸 聡
演出 大脊戸 聡
作監 斎藤大輔 近藤いずみ 二宮奈那子



アバンの小野田の反応を見るに杉元兄の事を忘れてたね?

熱血な今泉君も良いものだね。
今年は無理かもしれないけど3年の時には妄想が実現してほしい。

チームSS……武装親衛隊?

車に置いて行かれて足を止めた時は俺も「もうちょっとやれると思った」となったけど定時と一緒に追い上げた時は興奮した。
兄の意地や力になりたい弟の想い、互いに支え合う兄弟の絆に感動。

感情表現が素直な鏑木も嫌いじゃないんで勝負の行方が超気になる。


テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

6人目 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.11「決着」 感想



混戦となった1年生ウェルカムレースは、大本命の鏑木と段竹、そして弟・定時とのシンクロ走法で驚異の追い上げを見せた杉元によるゴール争いへと突入!レースを制したのは...鏑木!敗れた杉元は鏑木に想いを託す。インターハイ出場を目指す総北のレギュラメンバーの座を勝ち取った鏑木は期待に胸を膨らませるが、一方で先輩らしくない坂道に不満を抱いていた。
[STAFF]
脚本 広田光毅
コンテ 鍋島 修
演出 斉藤啓也
作監 岩岡優子 小美戸幸代



SSで一緒に走るのは定員を競い合うライバル達。
だから鏑木と段竹は二人で完結してて今泉や弟のアシストを受けて走る杉元の強さがないって事かな。

公式のあらすじのネタバレっぷりが酷いよね。
6人目になれるなら全てを捨ててもいいと思った杉元と小野田を超えるのが目標の鏑木。
この試合に全てを賭けてた杉元が負けるのは悲しい反面、まだまだ先を目指す鏑木が勝ったのは妥当だと思う自分もいる。

1位でゴール出来たと勘違いしてる杉元の場面は痛々しくて見てられない。
戦争物とかだと死にそうな仲間に嘘を吐くパターンだ。

このレースは杉元だけじゃなくて今泉の掘り下げも良いな。
今泉で跡部様ゲームやってみたいぜ。

金城と荒北のコンビがわくわくする。
大学編とか見たい。

小野田に威厳がなくて苛つく鏑木は自分本位な所もあるけど、憧れの人には格好良くあってほしいというのは仕方ない気持ちだね。

インハイとはいえ小野田みたいなのがそうそういてたまるか。
精々御堂筋君と真波くらいだよ。

箱根の2倍の標高の日光いろは坂がインハイの舞台。
こりゃあの手この手で小野田の足を引っ張らないと独走しちゃうんでね?


総北の形 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.12「トラブル!」 感想




インターハイ千葉県予選。高校の公式戦デビューとなる鏑木は自分がエースとして走ると意気込むが、段竹と離れ1人で走るプレッシャーから腹痛に襲われる。レーススタートから勢い良く飛び出す鏑木だったが、パンクトラブルに見舞われてしまう。果たして総北はインターハイに出場できるのか...!?そして、王座奪還を目指す箱根学園、御堂筋の京都伏見も動き出す!

脚本 砂山蔵澄
コンテ あきとし
演出 黒田晃一郎
作監 佐藤弘明 齋藤樹里 渡邊一平太 はしもとかつみ


SSって知名度ないのかな。
中学生の頃から社会人チームのメンバーなら雑誌とかでも取り上げられそうだけど、全国制覇に比べればマイナーかな。


鏑木が緊張すると腹にくるのはいわゆるイップスなのかな。
これがトラブルに発展するのかと思ったが(焦ったのが原因には違いないけど)パンクか。
自分もちょっと前にタイヤがバーストしてひどい目に遭った。

総北のやり方は鏑木じゃなくても度肝を抜かれる。
賛否両論ありそうだけど、今回のレースで置いていかれてたらかなり引き摺りそうだからありかな。

インターハイの時の小野田の無茶振りに比べれば全然大した事ないよね実際。


一周遅れを物ともせず完全勝利した総北UC。
柳田が惨めすぎる。
鏑木に経験を積ませる為のかませ犬になってしまったな。


青八木列車は完全にギャグ。
イメージ映像で誇張入ってるんだろうけど。


東堂のお陰で闇堕ち回避して真っ当なライバルになった真波。
こりゃ腐ったお姉さま方もびしょ濡れにちげーねー。


インターハイが近づき各校も新キャラがちらほら。公式サイトでも触れられてたな。
岸神小鞠が福山潤、銅橋正清が小野大輔、新開悠人が内田雄馬。



波乱の予兆 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.13「1000㎞再び」 感想



インターハイ出場を決めた総北は、最後の強化を図るために地獄の1000km合宿へと突入する!4日間で1000km走破という過酷なメニューに、合宿初参加の鏑木たちは戸惑いを隠せない。一方、車酔いで参加が遅れていた坂道の前に、3年生の古賀公貴が現れる。これまでメカニックなどで部を支えていた古賀は、ある決意をもってこの合宿に参戦してきていた。

[STAFF]
脚本 福嶋幸典コンテ 大庭秀昭
演出 大庭秀昭
作監 中山由美 三浦雅子 二宮奈那子


レギュラーじゃない段竹と10m以内への接近禁止は妥当な処置だな~と軽い気持ちで見てたら鏑木が思いの外メンタルが弱かった。
こりゃ英断だわ。さっさと慣れさせないと拙い。
メンタル面は前回で克服したと思ってたから鏑木のパートは見るのが苦痛だった。

一方の段竹は安定感がある。
鬼滅の刃の炭治郎もそうだけど長男力って凄い。

古賀先輩、穏やかな物腰から強気な発言、更に声優が中村悠一。
強キャラ臭が半端ないけど、これまでの流れでパーマ先輩を倒してキャプテンとレギュラーになる事は……多分ないだろうな。出番が唐突すぎるし。いや、自分が気付いてないだけでこれまでの画面に映ってたのかもしれないけどさ。

キャラの見せ場とか考えて本編のような構成にしたんだろうけど、インハイ予選後の1000kmで再びレギュラーを選考するってちょいと違和感。


Cパート
寒咲さんからの弁当と言われて鏑木のテンションが上がった時(あ、これ寒咲は寒咲でも兄貴の方というオチだな)と思ったけどオチがつかなかったって事は幹ちゃんからだったのか。


テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

平凡の意地 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.14「凡人と天才」 感想



手嶋と古賀によるインターハイメンバー入りを賭けた勝負が始まった。力強い走りで手嶋を追い込んでいく古賀は、1年の時にインターハイに出場するほどの選手だったが、レース中に重傷を負い、これまで回復に努めていたのだ。古賀はインターハイで借りを返そうと意気込むが、手嶋は魂の走りで食らいつく!そしてインターハイ入れ替え戦は最後のゴールスプリントへ...!

[STAFF]
脚本 岡田邦彦
コンテ 紅優、鵜飼ゆうき
演出 池田智美
作監 竹本佳子


キャプテンのUTSUWAをキメる戦い。

散っていった者と言われると杉元が死んだみたいな扱い。

古賀先輩に月島さんやマンソン、ソニック・ウォリアーとの過去エピは良いよね。

監督が完全に置物。すげー持て余してる感がある。

ゴッドハンド再び。何度総北の前に立ち塞がるというのか。広島待宮のボトルも砕いたし。
作者は福富をどうしたいんだ。まあ、古賀先輩は自爆という面もあるけど。
金城の穴を埋める(意味深)

松岡君……応援……
みんなー挫けそうな純太を応援してやってくれー!
キャプテンはジャンケンで決めよう!(提案)


それまで相手の背中を見送るだけだった手嶋先輩が競り勝ったのは胸が熱くなる。
あれだな。限界が近いから、何か良い雰囲気出してラスト一周の勝負に持ち込んだ手嶋先輩の策略勝ちでもある。



テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

託す想い 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.15「古賀のゴール」 感想


インターハイメンバーの座を賭けた手嶋と古賀の勝負は、手嶋に軍配が上がった。勝負を終え、吹っ切れた古賀は、空白の時を埋めるように手嶋、青八木と語り合う。古賀の熱い意志を受け、坂道や手嶋ら6人はインターハイに向けて決意を新たにする。過酷な練習が続く中、合宿所になんと京都伏見の御堂筋と1年の岸神小鞠が偵察に現れる。岸神は坂道に接触し...。


脚本 久尾 歩
コンテ 紅優、鵜飼ゆうき
演出 五月女有作
作監 上野翔太、内野明雄、佐々木敏子、中村統子



あの結果でも後悔はないと言える古賀先輩はぐう聖。
そういえば1000キロ完走出来ず足も故障した古賀先輩がレギュラーに選ばれたのって結局総北の人材層の薄さが原因?

小野田が息が上がったと言い出した時は「お前は一体何を言ってるんだ?」となった。
まあ、小野田って追い詰められないと普通だし。

飛ぶ事を知らない芋虫ってある意味褒め言葉な気がする。未完の大器的な。

範馬勇次郎が筋トレによる不自然な筋肉じゃなくて戦場で鍛えた打撃用筋肉を持つように小野田もアキバに行く為に漕ぎ続けた結果自転車に乗る事に特化した筋肉なのかな。(*´Д`)ハァハァものらしいが。
落第騎士の英雄譚のステラが一輝の腹筋を触ってトリップした時は笑ったけど小鞠の場合はきもかったな。
ってか声がふくじゅんで青い髪だと王。を連想してしまう。アプリボワゼ!

遠くの空から~とか巻島先輩が死んだみたいな扱いだ。



精神攻撃は基本 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.16「2度目のインターハイ」 感想




いよいよインターハイ栃木県大会の日がやって来た!連覇への決意を胸に会場入りしたチーム総北、王者奪還を目指す箱根学園、御堂筋率いる京都伏見...。全国の強豪チームが続々と集い、熱気に包まれていく。そして総北は前年優勝チームの証、ヒトケタゼッケンを手に士気を高める。そんな中、緊張からトイレへと駆け込んだ鏑木は、そこで箱根学園の銅橋正清と遭遇する。

[STAFF]
脚本 広田光毅
コンテ 森 邦宏
演出 宮原秀二
作監 とみながまり、米本奈苗




綾ちゃん大丈夫?腐女子に叩かれない?


取材陣は節穴すぎないかな。前年のレギュラー全員卒業とかならまだしも3人も残ってるのに。
あと、仮にチームの力に疑問を持っていたとしても小野田なんかは読者の興味を引く絶好の素材なんだから取材しとけよ。


小野田にゼッケン1か……プレッシャー潰れそう。


御堂筋君は進撃の巨人に帰れ。


鏑木がBIG便するのを律儀に待ってくれる豚野郎銅橋は良い奴。
そんな風に考えていた時期が俺にもありました。
イキリ「取り消せよ……!!!今の言葉……!!!」

真実だと思い込んでるだけのハリボテって総北より箱学に刺さらね?。
箱学の誰かが落車したとかゴッドハンドされたとかならまだしも、そうじゃないのに総北のまぐれ勝ちと言ったら箱学は運に左右される程度の実力しかなかったって事にならね?

そして更に首を捻ったのが鏑木の反応。
え?お前今の発言が刺さるの?
本気で困惑したんだけど。お前の小野田への印象って以前の「ごめん」で改善したんじゃねえのかよ!?

銅橋は煽るのは別に良いけどさ、なんでよりにもよって小野田を引き合いに出したよ。弱泉君ならともかく。
1年生つっても入学して何ヶ月も経つなら何度も一緒に走ってるって想像出来そうなもんだが。
何故か、本当に何故か鏑木が真に受けて動揺したけど普通なら(この人箱学のレギュラーなのにロードレースのこと知らないんだ……)と可哀相な視線を向けられてたと思う。
それだけ去年の小野田の走りは有り得ないレベル。
あの場に真波やアブがいたらあまりの恥ずかしさに悶死してたんじゃ。
むしろ銅橋が箱学の負けを認められずフィルターをかけてるだろ。

Cパート
「やかましいッ!おれは女が騒ぐとムカつくんだッ!」






テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

数多の因縁 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.17「スタート!!!」 感想




スタート直前、京都伏見は御堂筋が急遽メンバーを変更し、1年の岸神小鞠がチームに入る。一方、ウォーミングアップ中だった今泉の前に岸神が現れ...!?葦木場や1年生レギュラーの新開悠人ら箱根学園も闘志を燃やし、全国の強豪たちがスタートラインに集結。そして、坂道は叫ぶ!「ボクたちはひとつです!」いよいよインターハイがスタートする!

脚本 福嶋幸典
コンテ あきとし
演出 関 暁子
作監 小嶌エリナ



広西君可哀想すぎる。
サスペンス物の動機判明の場面でもおかしくない。アニオリや劇場版の名探偵コナンなら御堂筋君は確実に殺されてた。
ってか一人しょぼい奴がいたってどこまで油断するんだろう。他のメンバーの士気低下の方が深刻じゃないかな。


ゴッドハンドを継ぐ者岸神小鞠。
今泉は変態に触られたんで調子悪いしざらついてる。


3年最後のレースに出られない古賀先輩……


ポカリ「ぐあああああああああああ!」
真波とか東堂なら普通に受け取ってただろう。
葦木場は妙に気負ってるというかなんというか。


やっぱり小野田にゼッケン1は拙かったんじゃないかな……
と思ってたら無口先輩っぱねえ。



テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

熱戦開始 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.18「ふくらむ青八木」 感想




それぞれの想いを胸に、遂にスタートしたインターハイ栃木県大会。坂道は真波と言葉を交わし、インターハイ中に山で勝負することを約束。ペースが徐々に上がり、泉田がファーストリザルトを狙って送り出したのは"怪道"銅橋!銅橋はその豪快な走りで他チームを圧倒する。総北は青八木、そして鏑木が飛び出した。そこで青八木は必殺の「酸素音速肉弾丸」を繰り出す!

[STAFF]
脚本 砂山蔵澄
コンテ 宮崎なぎさ
演出 黒田晃一郎
作監 渡辺一平太、はしもとかつみ




段竹は鏑木のおかんか何かか。

弱ペダで自己紹介するモブは直後にかませにされるよな。

スプリンターがチーム全員を引いていくならともかく、スプリンター単独で飛び出してファーストリザルトを取る重要性がいまいち分からない。




テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

道の怪物 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.19「怪道銅橋」 感想




ファーストリザルトを狙って各校のエーススプリンターが疾走する中、総北は青八木と鏑木が先頭を猛追する。そこで待っていた"怪道"銅橋と、青八木・鏑木のコンビが激突!野性的な走りを見せる銅橋に、鏑木は"ある神様"の助言で磨いた走りを見せる!しかし、銅橋は「勝つことこそ真実」と豪語し、自らの感情をむき出しにして2人の前に立ち塞がる。

[STAFF]
脚本 岡田邦彦
コンテ 大庭秀昭
演出 大庭秀昭
作監 小美戸幸代、宍戸久美子、田角麻奈美



とびきりのバカだけど鏑木のメンタルの強さは頼もしい。
ちょいちょい下ハン握ってたのには笑った。

ちょくちょくアドバイスしてる青八木を見てるとスプリンターだって教えない手嶋はどうなのよ。


3年の浜内はともかくタイヤの空気圧を下げた2年の高山と白川は殴られても仕方ない。

実力者の銅橋が去年影も形もなかった理由付けなんだろうけど、箱根学園が急速にクズの巣窟になっていく。
なんで1年のお前が3年の浜内を殴ったって台詞がすげー引っかかった。逆ならOKだったのか?

泉田や新開にはちゃんと敬意を払ってるんだから他の先輩もまともならあそこまで問題起こさなかったろうに。
つーか黒田の回想を見るに荒北は結構1年の面倒を見てたっぽいのに銅橋の時はどうしてたんだろう。

今までの雄叫びと違うと言ったモブはなんなんだろう。
他のレースの話?




テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

第一の決着 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.20「鏑木、全開!」 感想




ファーストリザルトのスプリントラインが近づく!銅橋が背後に迫る中、青八木は強力な逃げの加速を生む「筋力弾丸バンビスタイル」で力を振り絞る。しかし解き放たれた銅橋に追いつかれ、ここまでかと思った矢先、銅橋を風よけにして鏑木が追いついてきた!青八木から「全力でスプリントを獲れ!」と想いを託された鏑木は、銅橋との一騎打ちでスプリントラインに飛び込む―!

[STAFF]
脚本 久尾 歩
コンテ 越智一裕
演出 池田智美
作監 竹本佳子


わーい!君はバンビのフレンズなんだね。
長く持たなくて足への負担がデカそうなバンビスタイルを仲間を引いてる訳でもないこの場面で使っても大丈夫?
ファーストリザルトを取るとタイムボーナスがあるとかなら分かるが、それそれで最終日に1位でゴール出来なくても優勝出来る可能性が生まれて盛り上がりに欠けるしな。
他校にFS取られて僅差での勝利では優勝出来ない、とかだと緊迫感があるかもだけど、その場合でもルールで敗北か圧勝で他校の株が落ちるかの二択だし。


箱学がどんだけ練習してるかとか選抜がどんだけ過酷かとか、前回の回想の後だと悲痛な叫びにしか聞こえない。
ストイックな選手ばっかりだったら良かったのにね。ちょっと銅橋に同情したから勝ったのは素直に頑張ったなと言える。まあ、ここで勝ったからどうこうなるって話じゃないけど。

見た目でラフプレーって結構酷い偏見。後ろからタイヤぶつけてたから事実だけどね。


てっきり段竹が鏑木の応援をするのかと思ったら出なかったな。
1日目にまだ出番あるんだろうか。



テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

牙を剝く策略 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.21「箱根学園、動く!」 感想




ファーストリザルトは銅橋に軍配が上がる。負けた鏑木はうなだれるが、その熱い走りを見ていた古賀らに励まされ、「次は絶対に勝つ!」と決意を新たにする。一方、箱根学園がいよいよ動き出し、泉田を中心に集団を一気に引き離しに掛かる。なんとか付いていく総北を勇気づけるのは、坂道の真っ直ぐな言葉だった。要注意人物の坂道に対し、箱根学園はある作戦を仕掛ける...!

[STAFF]
脚本 広田光毅
コンテ あきとし
演出 ながはまのりひこ
作監 岡崎洋美、米本奈苗、斎藤大輔、田角麻奈美





最初の10キロの結果で一喜一憂されてもね。
まあ、箱学は名誉挽回しないといけないから仕方ないけど。
ってか背景ループさせてね?


ファーストリザルトを取ったチームは集団をコントロールするというよく分からないルール。
紳士協定とか同調圧力?
モブ校の箱学ageはなんだか笑ってしまう。


どんな手を使っても王者の称号を奪還とか箱学が言うとマジで怖い。
やべえよ。ゴッドハンドに注意しないと。


リザルトに誰も出さず鳴子の代わりに鏑木や青八木に引いてもらえば良かったと言ってはいけない。


やはりアニメスタッフは堀内賢雄さんにギャラを払う気はないな。


総北はコーナーに消えたと推測で語って違ってた黒田がちょっと恥ずかしい。


デスポエマー「誰かが危機に陥る度、誰かが立ち上がる。それが総北の戦い方」


アブがチームのカラーを語っただけでエア巻島しないといけないレベルで緊張する小野田はいい加減鬱陶しい。


葦木場の「バッシー」のイントネーションが園子様の「わっしー」を彷彿とさせる。
「結城友奈は勇者である」続編というか前日譚の「鷲尾須美は勇者である」のテレビ放送は10月からか。


自分達が今どんなペースで走ってるのか分からないってありうるのかな。
アブなんか途中手放しでリラックスしながら走ってたのに。
ってか箱学の策に気付きながらあっさり小野田を分断された手嶋ェ……





テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

王者の代償 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.22「ゼッケン1のプレッシャー」 感想





集団にのまれ、チームから離れてしまった坂道。さらに他のチームから徹底マークを受け、自分が背負うゼッケン1の重みを実感するが、チームのために何とか追いつく決意をする。一方、先頭集団は山岳ステージへと突入し、箱根学園は山岳ゼッケンを獲る為に、エースクライマーの真波を送り出す。エースクライマーの坂道が不在の総北は、キャプテン・手嶋が真波に挑む!


[STAFF]

脚本 福嶋幸典
コンテ 森 邦宏
演出 森 邦宏
作監 小美戸幸代、宍戸久美子




いや、本当なんで一人だけ逸れたんだろうな。
普通にやったら小野田の圧勝だからいかに枷を付けるか腐心してるように思える。

あそこまで執拗に小野田がマークされてるのに真波がノーマークなのが違和感。
ってかこの鈍感め。ラブコメの主人公かおめーは。

アシストが風除けになって足を温存させるとかじゃなくて他校のエースの妨害ってダサいな。
追い抜かれた後に嘲笑する静岡富士川の大観寺もダサすぎる。

山形最上の川原が来た時に「現在トップ!」と叫んだモブがいたけど、なんかタイミングがおかしくないかな。
お前視点だとそりゃそうだろう。

途中で千切られるだろう手嶋でどこまで真波を牽制出来るのやら。
ってか去年の巻島先輩は特にその辺は考えてなかったような。
にしてもアブの性格悪くなってね?

川原群平の声優が川原慶久で山形最上の稲代文也の声優が最上嗣生って、絶対狙ったろスタッフ。
声優自身もTwitterで言及してるし。

>川原慶久★世界樹10周年‏
>@nekemodamstar

>川原さん役で呼ばれた弱虫ペダル……放送昨日だったんですね(。╹ω╹。)。山形最上の文也さん役の最上さんに『川原さん!川原さん!』と呼ばれ続けて……やり辛かったけど楽しかった思い出です(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)。



最上さん、メルトやAUO、槍ヴラドにじいじはいるし「我らが征くは星の大海」は限凸出来てるし羨ましい。
https://twitter.com/ponshu_love/status/860375739920654336

大海があればようやくバルムンクの真の力を取り戻したすまないさんが更に強くなれるんだが……
羅生門4日目はゲオル先生と組んでイバラギンに冤罪剣を叩き込んで凌辱するのが楽しかった。
関係ないけど7月からやるApocryphaだと初戦で寒咲さんと御堂筋君が戦う訳か……

川原さんは衣遠兄様やバルデス兄の人で最上さんはサー・マウロスクやポール・オブライエンの人か。もっと色んなアニメに出てくんないかな。
男性声優はデビューから結構経ってからブレイクする事も多いので諦めない。


テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

巡らされる罠 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.23「坂道、追撃」 感想




集団に抑えられ、坂道は最後尾に沈んでしまった。しかし、いろは坂でのクライム勝負に手嶋が出ていることを知り、手嶋とチームを助けるために追いつくべく、大好きなアニソン「ヒメのくるくる片想い」を歌いながらぐんぐん加速する!そこに、御堂筋の京都伏見が立ち塞がり、坂道を止める役目を背負ったのは、3年の山口!坂道は果たしてチームに追いつけるのか...!?

[STAFF]
脚本 岡田邦彦
コンテ 紅優、鵜飼ゆうき
演出 関 暁子
作監 小嶌エリナ


小野田坂道が口ずさんだら用心せい。
鼻歌クライムの恐ろしさや。
驚異的なバフと共にHP回復効果もありそうだ。


道を開ける山口の山際さんは良い人だな。マジリスペクトっす。


相変わらず妖怪染みた御堂筋君。

いざという時に御堂筋を止めるというインハイ優勝より難しそうなオーダー。
石垣さん、それは本当無茶振りだよ。
ヤマさんは天才同士の戦いに巻き込まれた凡人の悲哀を感じる。



テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

俺は自転車が好きなんだ 弱虫ペダル RIDE.24「雑草の走り」 感想





山岳賞を狙う真波を追って、つづら折りが続くいろは坂を必死に登る手嶋。そんな手嶋の平凡な走りから真波は彼に対して興味を持てなかったが、手嶋は何度引き離されても執念の走りで食らいつく!その姿を目の当たりにした真波は、それに応えるかのように温存していた力を発揮し、全開で加速していく。意識が飛んで挫けそうになっても踏みとどまり、手嶋は限界の力を振り絞る!

[STAFF]
脚本 久尾 歩
コンテ 紅優、鵜飼ゆうき
演出 斉藤啓也
作監 宮西 多麻子、三浦 雅子



アブの性格がすげー悪いな。真波もちょくちょく煽ってきてうざい。
更に舐めプ……と思ったが総合優勝どころか1日目のゴールすらまだ先なんだから体力温存はむしろ妥当か。

根性で食らいつく手嶋は格好良いと思うんだけど、レース序盤であそこまで疲弊して大丈夫なんだろうか。
ってか一番凄くはないよね。

一度二度千切られたら諦める者ばかりの箱学のクライマー。
銅橋の回想も含めてどんどんモブの株が落ちていくな。





テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

激闘決着 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.25「空を仰ぐ」 感想



インターハイ1日目の山岳賞争い。いよいよ全開の真波と、執念で食らいつく手嶋の戦いは、リザルトラインまで残り400m!そこで真波にメカトラブルが発生、チェーンが外れてまさかの失速を起こす!山頂目前で手嶋はついに真波を抜き去り、千載一遇のチャンスに一筋の光を見た手嶋。そして真波が見たものとは...!?山岳賞を獲得するのは果たして...!?ついに決着!

[STAFF]

脚本 砂山蔵澄
コンテ 鍋島 修
演出 大庭秀昭
作監 番 由紀子、岡崎 洋美、岩岡 優子、中山 由美、とみながまり、米本 奈苗



真波にマシントラブルか。勝ったな。風呂入ってくる。
と思いきや……
これが噂のティーブレイクか。確かにこれは賛否両論になりそう。

正直、山岳リザルトを取る事にチームとしてそれほど意味を見い出せないけど、作中では重要な事なんだ、と自分を納得させた直後にこれだよ。
真波が小野田を待つならまだ分かるんだけどな。そんなに力の差はないし、自分勝手をしそうだというイメージがある。
それか個人競技なら特に引っかかるものもなかったんだろうが。


つーか真波が遊んだ結果僅差になったと思ってるアブ達がゴールを狙うって事は、真波を抑えないとそのままゴールされるという手嶋の推測と違うな。
やっぱ山岳賞って個人成績でしかなかったんじゃないかな。


気付かなかったり気付かなかったと主張すれば誰も何も言う事は出来ないと、トラブルを知りながらスルーする事が悪い事のように言われてたが、じゃあ去年の集団落車の時はどうなのよ。
頻繁にギアチェンジするスタイルの真波のメカトラを待たなきゃフェアプレイじゃないなら落車に巻き込まれた選手達も待たなきゃ。


にしてもアブは本当は嫌な奴になったな。
散々平凡だと言ってた手嶋と遊んで僅差で負けたと思ったならそこは真波に怒らなきゃダメだろ。
もう箱学は王者じゃなくて挑む側なんだよ?もしかして銅橋と真波の勝利で威信を取り戻したと思ってる?そんなに安いものだったの?


とはいえ、自分が言うのもあれだがネットの感想を見てると目に余るものも散見される。
わざわざ立ち止まった結果負けたのをダサいと言うのはもにょる。
メカトラで勝っても納得出来ないから負けても正々堂々の勝負に拘るというのは理解出来るんだ。
つくづくこれが団体競技でさえなければ素直に応援出来たんだがなぁ。序盤で力を出し尽くすのも個人のレースなら自由だけど、チーム戦だとなぁ。





テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

熱き戦い、再び 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.1「最終局面へ」 感想






インターハイ栃木県大会1日目。ファーストリザルトは箱根学園の銅橋が獲得、続く山岳ステージでも総北のキャプテン手嶋を抑え、箱根学園の真波が山岳賞に輝いた。快進撃を見せる箱根学園は迫るゴールに向けて、エース葦木場とエースアシスト黒田が飛び出す!抜群にしなる脚を持つ"黒猫"黒田の走りに後れを取ると思われた総北だったが、今泉と鳴子の2年生コンビが猛追していく。緊迫する最終局面、遂にゴール争奪戦がスタートする!

[STAFF]
脚本 砂山蔵澄
コンテ 鍋島修
演出 原田奈奈
作監 番由紀子、村谷貴志


アバンの小野田の声変わってね?


事故とは運がない。
総北以外の高校はどうしてんだろうと思ったが、箱学くらいの規模があれば最初から全部の給水所に部員を配置してるか。


もはやアニメスタッフは堀内賢雄さんにギャラを払う気はないな。


クライマーのプライドを捨ててアシストに回る黒田は格好良い。
刃牙によるとモハメド・アリの筋肉も柔らかいんだっけ。マリリン・モンローくらいに。
葦木場の体格だと風除けの意味なくね?と言ってはいけない。

鬼や黒猫が出没する箱学周辺は一種の怪奇スポットになってそう。


総北2年生コンビの追走劇。
凸凹コンビが一つの目標に向けて一致団結するのは心躍る。


「肉? 誰か今、肉の話をしました?」
変態だー!?


ED、腐に媚びたな。
これで歌ってるのがヒメなら笑うんだが。






原作:渡辺 航(週刊少年チャンピオン)
監督:鍋島 修
シリーズ構成:砂山蔵澄
キャラクターデザイン:番 由紀子
デザインワークス:水村良男、秋篠Denforword日和
ライドデザイン:堀内博之
美術設定:青木智由紀
美術監督:吉原俊一郎
色彩設計:中尾総子
CG監督:佐々木俊宏
撮影監督:葛山剛士
音楽:沢田 完
音響監督:高寺たけし
編集:坂本久美子
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

オープニングテーマ:
「僕の声」Rhythmic Toy World
エンディングテーマ:
「Carry The Hope」THE HIGH CADENCE
(小野田坂道/今泉俊輔/鳴子章吉/手嶋純太/
青八木 一/鏑木一差)

キャスト
<総北高校>
小野田坂道:山下大輝
今泉俊輔:鳥海浩輔
鳴子章吉:福島 潤
手嶋純太:岸尾だいすけ
青八木 一:松岡禎丞
杉元照文:宮田幸季
鏑木一差:下野 紘
段竹竜包:羽多野渉
古賀公孝:中村悠一

<箱根学園>
真波山岳:代永 翼
泉田塔一郎:阿部 敦
黒田雪成:野島健児
葦木場拓斗:宮野真守
銅橋正清:小野大輔
新開悠人:内田雄馬

<京都伏見>
御堂筋 翔:遊佐浩二
岸神小鞠:福山 潤





テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

三つ巴の兆し 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.2「2人のエース!!」 感想





1日目のゴールに向けて、黒田の引きで一気にリードする箱根学園だが、総北はスプリンターからオールラウンダーに転向した鳴子章吉が本領を発揮!登りでもスピードを発揮する新必殺技を見せて一歩も引かない。手嶋から「エースは自分たちで決めろ」と言われ、コンビというよりライバルのように競り合って走る今泉と鳴子に対し、黒田は葦木場とのコンビで百戦錬磨のレース運びを見せる。そんな中、後方から両チームに忍び寄る影が…!




鳴子を去年も見たと言ったモブがいたが、途中しか見てないのかな。山でも走れるんだが。
アームストロングクライムじゃねーか、完成度高けーなオイ。

自尊心の強さはエースに必要な要素よな。
「ほんのり俺推し」という面白ワード。

素直じゃないが今泉を助ける鳴子と、鳴子の事をちゃんと信頼してる今泉。
普段はいがみ合ってる二人がここぞという場面で絆を見せるのはいいもの。

ボトルの受け渡しシーンはグッとくる。
杉元には来年のインターハイに出てほしい。

御堂筋と小鞠が妖怪すぎる。本当になんだあれ。
やめてくれないか! リザルト争いの意味をなんとか脳内補完しようとしてるのに「くだらないスプリント争い」とか言うのは!



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

いざリベンジ 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.3「約束の時」 感想




1日目ゴールまで残り3.5㎞!優勝は総北か箱根学園どちらかのチームだと誰もが確信する中、突如京都伏見の御堂筋と岸神が後方から奇襲を仕掛け、御堂筋がゴールに向けて一気にアタック!しかし、鳴子だけは御堂筋から目を離さず、そのアタックについていく。開会前の宣戦布告のとおり、御堂筋vs鳴子のリターンマッチが始まる!一方、今泉に協調を提案した黒田は「スイッチ」を入れ、今まで以上の走りで2人を追いかける!
脚本:岡田邦彦



嬉しくてよろけたなら仕方ない。

御堂筋と鳴子が出たのを見逃すのは流石に無理があるのでは。

協調提案による鳴子と今泉の判断の差はまんま御堂筋君と黒田の信頼差だね。

名前で呼んだりとっておきを見せたり御堂筋君、結構鳴子の事を評価してる?

黒田のスイッチ痛い。
こう、武人が自分を戒める為に不覚傷を敢えて残しておくのと同じなのかな。

京風ローストビーフはどんな料理になるか気になる。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

ゴール直前の死闘 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.4「覚悟の5人」 感想




先頭で御堂筋と鳴子の激しいデッドヒートが続く!後方では黒田が決死の引きを見せ猛追するが、前を行く2人を視界に捉えることができない。するとこれまで引いてもらっていた葦木場が「ゴール前にいなければ勝負にならない」と、黒田とポジションを交代し、メトロノームダンシングで激走。ぐんぐん前との差を詰めていく。今泉も鳴子の走りを後押しすべく懸命にペダルを踏む。御堂筋、鳴子、黒田、葦木場、今泉――。覚悟を決めた5人の決着の時が迫る!

脚本:久尾歩


シリアスな場面でゴリ蔵と言われるのは笑ってしまう。

残り1キロで追いつくのはどうあっても無理な気がするけど、もし追いつけたら空想科学読本辺りで検証してほしい。

最高の友達やってる鳴子と御堂筋君はちょっと見てみたい。
っていうか既に二次創作でありそう。

ゴール直前のコーナーってミニ四駆みたいなコース。
そんなコースで変態した御堂筋君はどんな変態な走りを魅せてくれるのか。




余談
「HUGっと!プリキュア」のハリおは福島潤で赤毛で関西弁なので実質鳴子。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

弱虫ペダル GLORY LINE 1日目の決着 RIDE.5「削る3秒」 感想





自らの力を全解放して“変態”した御堂筋と、この日のために磨いてきた純粋な全力スプリントを見せる鳴子がゴールに近づく。そこに、黒田のギリギリのコーナリングと決死のアシストから飛び出した葦木場が追いついた!「オレは強いよ!」黒田に背中を押された葦木場、御堂筋と鳴子の三つ巴のゴールスプリント!3人がゴールラインに向かってバイクを投げ出して、ほぼ同着でゴール―。果たして、インターハイ1日目を制したのは…!?


脚本:広田光毅 コンテ:紅優/鵜飼ゆうき 演出:池田智美 作監:次橋有紀/たなか みほ/萩原正人/船越麻友美/中俣由貴乃



御堂筋君の手術ベースは蝗。
遊佐さんの演技凄すぎでしょ。


実際に速いかはともかく黒田の文字通り身を削る引きは壮絶。
それでも追いつけないのはそれはそれで可哀想だが、散々鳴子と御堂筋君の因縁の対決を演出しといてあの結果はちょっと肩透かし。


結果的に箱学のアシストしか弱泉君ェ……
まあ、初日にあそこまで疲弊する黒田が正しいかと言われれば微妙だが。





テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

正念場 弱虫ペダル GLORY LINE GLORY RIDE.6「揺らぐ総北」 感想





インターハイ1日目、三つ巴の争いを制したのは箱根学園のエース葦木場拓斗だった!僅差で同着2位は鳴子と御堂筋。初日の全てのゼッケンを獲得した箱根学園は、王者復権を見せつける。鳴子は表彰式では明るく振る舞うも、その心は悔しさに震えていた。総北は全ステージで2位という悔しい結果に加え、鏑木が疲労で倒れ不穏な空気に包まれる。そんな中、不安な表情を見せる坂道の前に、総北の前主将・金城が姿を見せ…。

脚本:福嶋幸典 コンテ:鍋島 修 演出:原田奈奈 作監:米本奈苗/宮西多麻子/岡崎洋美



葦木場と鳴子のコント楽しい。
が、この時の鳴子の心情を想像すると辛い。鳴子には勝ってほしかったな。


何故葦木場が勝ったのか。
弱泉君が箱学の二人を引いたからかな?


真波がゴール前の戦いに絡んでないから手嶋が疲弊しながら追走した意味合いが薄いように思えてしまう。
とはいえ、他のメンバーのフォローや士気の維持など2年生がまだまだ未熟な中ではなくてはならない存在だ。

手嶋に追いついたのに平然としてる小野田が山岳の過酷さを語るのはもはやギャグだよ。そしてとってつけたような筋肉痛。


今の二年は化物揃いだから鏑木のダメージが分かんなかったんだな。

支え合う事と依存や甘えは違うもんね。
金城さんの判断は厳しいながらもこれからの総北を見据えた思いやり、更に現メンバーへの信頼も感じる。
流石は金城さん。ただ、小野田のスーパーサイヤ人化には笑ってしまう。




王に迫る羽音 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.7「希望の足音」 感想






金城と出会い、もっと強くなれと言葉をもらった坂道。さらに巻島と田所も応援に来てくれていると知り、1日目の敗北で揺らぐ手嶋たちにその事を伝え、チーム総北は2日目以降のレースを新たな気持ちで挑む決意をした。一方、同じく1日目に敗れた京都伏見の御堂筋も、2日目のレースに向けて新たな戦略を立てていた…。そして迎えたレース2日目の朝。坂道に箱根学園の新開悠人が話しかける。「勝負しましょう、オレと、今日どこかで。」
脚本:砂山蔵澄 コンテ:金崎貴臣 演出:斉藤啓也 作監:宮西多麻子/岩岡優子/小美戸幸代


片目隠れてる鳴子がイケメンすぎる。
デーハーサッパリ術が鳴子のスイッチング・ウィンバックか。


県立は世知辛い
咲でも清澄と阿知賀の宿のグレードの差が凄かった。

小野田の母ちゃんのズレっぷりは正直イラっとする時もあるけど、日光東照宮でお参りしたのは親なんだなあと。
今年の先輩は老けてないと言われて金城さんを連想する古賀先輩も地味に酷い。


御堂筋君のメンタルが不安定すぎる。新たな怪談が誕生してもおかしくない。
遊佐さんの演技が凄すぎる。
そしてヤマ不憫。

まるでアナ雪のようなアブ雪。
やっぱり一日目に出場を心配されるレベルでクラッシュするのはどうなんだろう。OBとか世間の圧力が凄かったんだろうけどさ。
あと葦木場のトラウマ克服になったのも結果的には+なんだろうか。

山王と聞くとスラムダンクを思い出す。
実際はさんのうだけど。

新開弟「一緒にいて、マスコミに噂とかされると恥ずかしいし…」




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

一年の重圧 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.8「2日目、スタート!!」 感想



インターハイ2日目がスタートし、選手が1日目の着順スタートで次々と走り出す。少しでも早く先頭の今泉と鳴子に追いつこうと坂道と手嶋がペダルを回すが、鏑木は自身の様子がおかしいことに気付く。一方、なかなかペースを上げない箱根学園だったが、それは司令塔の黒田を合流させるためだった。そんな中、不調の鏑木がチームからちぎれてしまう。鏑木を助けに行こうとする坂道を、箱根学園を警戒して止める手嶋。そこに青八木が口を開き…。
脚本:岡田邦彦 コンテ:大庭秀昭 演出:大庭秀昭 作監:岡崎洋美/三浦雅子/小美戸幸代/二宮奈那子/宮西多麻子


鏑木「え?なんだって?」


着順スタートで合流を優先させると前日の結果に水を差される印象を受けるが、前にも書いたけど、同時スタートでタイムボーナスなんかを付けると三日目のゴール前以前に勝負がついて盛り上がらなくなる可能性があるんだよな。難しいところ。


唯一の一年生で前日鳴子の成績に色々言った手前、体調が悪くても言い出しにくいか。
この辺は古賀先輩の忠告を受けた手嶋がフォローすべきだったんだろうが、手嶋も手嶋で初めてのインターハイで経験不足だからな。


なんだかんだで鏑木を気にかける銅橋は良い奴。
黙ってついていけばいいのにわざわざ声かける(呼び方は豚だけど)鏑木は青臭い。


実力者だから救出は許可出来ない(意訳)の後に鏑木を助けに行こうとする青八木さん神ってる。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

仲間の為に 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.9「願いのタスキ」」 感想





手嶋の制止を振り切り、後方に沈んだ鏑木の救出に向かった青八木。一方、鏑木は古賀の激励もあり少しずつ調子を取り戻すものの、まだ全力を出す事ができない。そこに現れたのは...青八木!ところが鏑木は青八木がバテて落ちてきたと勘違いし、逆に自分が前になって激走!先行する集団に追いつく。青八木はその集団からさらに飛び出すため、ペースを上げる秘策として神様からのメモを鏑木に渡す。そこに書かれていたのは、ある歌の歌詞だった...!

[STAFF]
脚本 久尾歩
コンテ 紅優、鵜飼ゆうき
演出 黒田晃一郎
作監 はしもとかつみ、渡邊一平太



「お前がいたからここまで来れた」
キャプテンとして勝算の低い賭けはやれない手嶋の気持ちも、総北は6人揃ってこそという青八木の気持ちも分かるのでコンビ解散は辛い。なんとか合流してほしいもんだ。

古賀「止まるんじゃねぇぞ……」
鏑木を助けるだけじゃなくて、皆が支え合ってるから前に進めると気付いた古賀先輩の成長も見所。
それだけにレースに出られないのが惜しい。金城さんと同じ大学に進学してくんないかな。

鏑木を待ってる青八木が本当に格好良かっただけに、勘違いしてる鏑木の態度はイラっとするな。
こいつ本当に社会人のチームにいたんだろうか。
仲間を助けてる時の方が調子が良いってのは王道だけどさ。

山際さんは流石だな。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

背中を押す仲間の想い 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.10「16番、新開悠人」 感想




京都伏見が先行していることに気付いた青八木は、集団から抜け出そうと鏑木に神様のメモを渡す。そこに書いてあったのは、先輩・田所がインハイで救われたというアニソン「恋のヒメヒメぺったんこ」の歌詞だった!2人は一緒に歌いながら一気に加速する。そして前方では箱根学園が手嶋と坂道に追いつき、1年生クライマー新開悠人が牙を剥く!手嶋を抜き去った悠人は坂道に宣戦布告。対する坂道も、先頭の今泉と鳴子を守るために闘志を燃やす!



神様の便箋と聞くと神様のメモ帳が思い浮かぶ。
あれの主人公は松岡君だったか。

急に歌うよ。
来年辺りからインターハイにおける怪談になりそう。
総北が「恋のヒメヒメぺったんこ」を歌ったら用心せい。

8区イキリオタク
青山学院大学の下田裕太がミリマスの七尾百合子役の伊藤美来さんと番組と会ってたから小野田もラブ★ヒメのファンを公言してればそのうち声優なり作者なりと関われるかも。


接近して威圧するの、ちゃんとした戦術なのかもしれないが、ちょっとせこさを感じる。所詮ゴッドハンドの後輩か……

勝負に消極的な小野田が仲間の為に奮起するのは熱い。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

分水嶺 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.11「山王」 感想






坂道と悠人の戦いが始まった。“山王”とまで呼ばれるほどになった坂道と戦うことに悠人は興奮し、先頭を行くそれぞれのチームメイトとの合流をゴールとする勝負を持ちかける。「ただチームのために」走る坂道の姿勢に違和感を覚えながら一気に勝負に出る悠人。しかし今泉と鳴子が坂道が来ることを察知し、勝負は引き分けとなった。しかし、そこに黒田ら箱根学園が追いつくと、勢いは一気に箱根学園へ。追うか、手嶋を待つか…。今泉は判断を迫られ…。





1年で強くなったと悠人は言うが去年の小野田の事は知らない筈だから違和感。

人は何度も目の前で加速されると心が折れるけど山王は妖怪だからな。

小野田の走りって基本的にケイデンスの凄さが取り上げられて、たまに初心者故の拙さには触れられた記憶はあるけど、地味じゃダメとか言われた事ないよな。
まあ、悠人がその辺の事情を知ってる訳ないし、精神攻撃のつもりで自分の主観を垂れ流しただけなんだろ。

悠人が追いついた時の葦木場の目の冷たさがヤバい。
悠人は性格が性格だからチームに溶け込めてないのかも。

委員長ビジョン、普通に自転車でも十分イケメンだったのに白馬のせいで完全にギャグ。


これが最終日だったら鳴子の発言ももっともだけど2日目だからな。しかも結局一人で飛び出してるし。なんとも中途半端。
三人で追走するのならまだ理はあるが……


トンネルの中に現れる妖怪。もし遭遇したらちびりそう。

水田達がザクだとしたら小鞠はゲルググ辺り?
声的にはスターゲイザーだが。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

亀裂 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.12「こぼれ落ちた想い」 感想






全員が揃った箱根学園が加速し、鳴子は今泉の命令を振り切り一人で箱根学園を追いかける!その後、手嶋が今泉と坂道に合流するがなかなかペースが上がらない。するとそこに岸神小鞠が引く京都伏見が現れ、抜き去っていく!自身の判断ミスと苛立ちから手嶋に厳しい声を浴びせる今泉の心で、何かが折れた音が―。そして対峙する箱根学園と京都伏見はスプリント勝負へ。泉田と御堂筋が対決…と思いきや、意外な男が忍び寄り…!


脚本:砂山蔵澄 コンテ:菅原静貴 演出:大庭秀昭



御堂筋君はポキ泉君の事をよく分かってんな。

USAGIのTシャツ着てる今泉君可愛すぎか。
色々と引き摺るし今泉君ってあんまキャプテン向きの性格じゃないな。それなのに皆から判断を任されて大変。
ギスギスした空気は見てるこっちも辛くなる。
仮に事実であってもレース中には言ってはいけない事もある。


ジッパーを上げたと思ったらすぐに下げる泉田。
死の大胸筋スクワットというフレーズや銅橋の解説に笑ってしまう。

※見た目が滑稽である事は否定しない。

御堂筋君すらドン引きさせる小鞠はすげえよ。
触れただけで筋肉の性格も見抜く謎技能。

四方山話。
DTBが無料配信してるので見てたんだけど、河野って鳥海だったんだな。






テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

罪を背負って前に進む 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.13「罪を背負いし者」 感想





スプリントリザルトを懸けた闘いが始まった。箱根学園キャプテンのスプリンター泉田に対し、京都伏見は泉田の「最上級筋肉(よきにく)」に執着する岸神小鞠が飛び出す!泉田は、前年のインターハイでの敗北、自分がキャプテンにふさわしいのか葛藤していたこと、そんな自分の背中を押してくれた葦木場や黒田の言葉を思い出していた。すべての罪と覚悟を背負った泉田が疾走する!しかし岸神も「最上級筋肉(よきにく)」への異常な執着で追いすがる!

脚本:岡田邦彦 コンテ:金崎貴臣 演出:備前克彦


肉は美しい(至言)
言い回しとテンションで迷言っぽく感じるけど、内容自体は真っ当だな。
実際鍛えられた筋肉は美しい。

美食家は葦木場だよね。声的に。その場合高田城が狙われてる。

ジッパーを閉める=肉が見えなくなる
ぶれねえな。

クライマーやオールラウンダーじゃないとラストで指示が出せないという観点はなかった。
でもだからって真波がキャプテンはないわ。

スプリンターのキャプテンがいないならお前が歴史を作れと檄を飛ばす黒田は格好良い。黒田にキャプテンをやってほしいと思う人間がいてもおかしくない。
葦木場も天然で口下手だけど良いチームメイト、良い先輩になりそう。

「罪を負った人間が上に立つ訳にはいかない」
福富に刺さりまくり。ただの接触事故だったとか社会的な罰は受けたとかなら良かったんだけどな。

常勝校が優勝を伸ばすとOBや後援会からのバッシングがヤバそう。

アンディやフランクに相談するシーンはシリアスなのかギャグなのか分かんねえな。

ランセルノプト放射光……?
アブと叫ぶのが対価かな?

アイウェアで肉畑とかハーブか何かやっておられる?





テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

社会通念との決別 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.14「心のつつみ、心の函」 感想




白熱するスプリント争い!岸神は己の“欲”を全て解放させて走る。彼は幼い頃から筋肉(にく)に興味を抱いていたが、由緒ある家の教えからその欲求を包み隠していた。しかし、中学生の時に御堂筋と出会い、「真実が欲しいなら己の全てを差し出すべき」という言葉を受け、欲望を覚醒させたのだ。リザルトラインが迫り、泉田と岸神の戦いはさらに激化。箱根学園の主将として走る泉田。「もう包み隠さない!」と解き放たれた岸神。勝負の行方は―!?


コンテ:大庭秀昭 演出:大庭秀昭



アニメや漫画、ゲームに触れられずに育った子供が大人になって一人暮らしを始めたらドハマりするようなもんかな。
まあ、肉好きは抑制した方がいいけど。
っていうか一応複数人にカミングアウトした事はあるのな。


純粋な目……
ある意味純粋ではあると思う。


目の動きを悟られないようにする為の眼鏡……∀ガンダムのハリー・オードみたいだ。


お堅い家っぽいけど自転車をやるのは許してくれたんだ。
肉にかけるガッツは溢れすぎてる。


なんかツンデレと一途のラブコメみてえだ。
御堂筋と岸神の関係は言峰にとってのギルガメッシュのよう。
「衛宮さんちの今日のごはん」でも桜餅やってたな。小次郎と由紀香の絡みはほっこりする。
岸神が興味を持ったのが相撲やレスリングだともっと酷い事になってそうだし、御堂筋は他の競技選手を救ったのだ。


親子の「包みなさい」発言で動揺した時はまだ人の心が残ってると思ったのに……


努力は当然で勝って当たり前。そんな世界でも負けずに頑張ってる泉田は格好良いのに岸神無双すぎた。
変態役をやってる福山潤は輝いてる。ペルソナ5の雨宮蓮はちゃんとしたイケメンなのに……





テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

過去の楔を引き抜く時 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.15「歓喜のスプリントライン」 感想




泉田と岸神の全力スプリント勝負も大詰め。そんな中、コースに観客のペットボトルが転がり落ちてきた。スピードを緩めて障害物を避けるべき、とシグナルを出すアンディとフランク。しかし泉田は、昨年のインターハイの田所と鳴子とのレースを思い出し、構わずに直進する!そして勝ったのは…泉田!箱根学園の主将として、エーススプリンターとしての重責を果たした。岸神は筋肉(にく)への欲を満たせなかったものの、その敗北を受け入れる美学を見せたのだった。


コンテ:紅優/鵜飼ゆうき 演出:原田奈奈



ポカリスエットの風評被害。
泉田は障害物に妨害される宿命でもあるんだろうか。
去年と似たようなシチュエーションで異なる選択をするのはベタだけどいいもんだ。
アンディ&フランク(´・ω・`)


二位を嘆くのは俺達の役割だとかお前の結果はまだ出てないとか荒北さんが格好良すぎる。
応援に来た新開といい先輩に恵まれてる。


超回復についてはアイシールド21で学んだ。


岸神、自分ルールには忠実なのがサイコっぷりを際立たせる。


ゴッドハンドはいつ罪を払拭するんだ?






テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる