ブログパーツ

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編Ⅵ」 感想

達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への記録が打診される。かつてない快挙に真由美たちは快哉するが、開発者の達也は迷わず辞退。雫を登録するよう勧める。一方、三高のエース・一条は、相棒の吉祥寺とともに、一高に多大な戦果をもたらしている謎のエンジニアに警戒を強め……。

脚本:中本宗応(セブンデイズウォー)/絵コンテ:島津祐行/演出:横田一平/作画監督:野田康之/総作画監督: 石田可奈



スピード・シューティングで雫がパーフェクト勝利。2位と3位も一高の生徒で独占。
が、前回に続き選手じゃなくて技術者の方を褒める会長。

そしてインデックスへの登録を断る達也。謙虚だなー憧れちゃうなー。
理由は開発者として登録した魔法を使えないという恥を晒したくないから。でも実際は発動に時間がかかるだけで使える。
後の場面で断る口実だった事が分かるけど、雫達はそれで納得したんだろうか。
新種魔法の開発者名に最初の使用者が登録されるのはよくあるらしいが、使う側に特殊な技能が必要で開発者は理論だけで実演出来なかったというならまだしもさ(それにしたっておかしいと思うが)


ようやく話に絡み出す†クリムゾン・プリンス†一条将輝。
やってる事は達也の持ち上げだけど。クリプリに化物扱いされるなんて流石ですお兄様!

それにしても、エンジニアの力量で結果が大きく左右されるならこれまで一高がエンジニアの育成に力を入れてなかったのが謎だ。
制度は整えてたけど達也クラスは現れなかったという訳でもなさそうだし。


四日目新人戦女子のバトル・ボード。
ほのかに作戦を授けるお兄様。

うおっまぶしっ
水面に光学系魔法を仕掛けるなんて……その発想はなかったわー。やはり天才か。

喜ぶほのかは可愛かったが、それを見てる深雪さんの表情が……


男子のスピード・シューティグは森崎が2位で後は予選落ちらしい。
何位から予選突破なのか分からないけど、3人中1人が2位なら健闘した方なんじゃね?と思うけどな。
摩利が女子の上位独占を快挙だと言ってたし。それが逆に男子のハードルを高めてしまったんだろうけど。


ノー・ヘッド・ドラゴンと思しき連中による話し合い。
本命が優勝すると胴元が一人負け……?
いやいやいやいやいやいやいやいや。
オッズがおかしい。どういう倍率なんだよ。
キャプテン・アースでも無敗のチャンピオンが1.2倍でたけえと思ったがこっちも大概だな。

それとも、利益は出てるけど目標の儲けに届かなかっただけなのか?
いやでもこのままだと本部の粛清対象になる程の損失が出るって言ってたしな。

……ってかまさかこれまでの妨害って全部一高以外を勝たせる為?
そんな事の為に達也でも最初は気付かないレベルで魔法を行使出来る魔法師を使い潰したのかよ……あの魔法師、負け分より価値があったんじゃね?

摩利の件、目的が分からなかった前回は「妨害に勘付かれても選手を委縮させる意味があるかもな」と考えてたけど、これだと駄目じゃん。
裏賭博って胴元の信頼が何より必要とされるものなんだがな。そこが不正を行ったとバレたらケジメ案件待ったなし。
これならまだ無頭竜が大穴に賭けた参加者という設定の方が……


深雪が夜這い。
達也がインデックスに名前を登録するのを断ったのは叔母の意向を汲んでの事らしい。
夜の女王に対して相性が良い(意味深)

叔母上を倒した所でやがて第二第三の四葉が現れるだろう……

魔法大学に司波と四葉の関係を暴かれたくないなら、そもそも去年の夏に発表された新技術を改善して実用化なんてしなければいいのに。
妨害が起きてるのに中止にさせようとしない事といい、何故か達也が九校戦に異様な熱意を燃やしてて戸惑う。
まあ、キャスト・ジャミングやトーラス・シルバーの件と併せて考えてみると、達也は大衆には知られたくないけど一部の人間には実力を披露したい難儀な性格みたいだしね。


五日目、女子新人戦のアイス・ピラーズ・ブレイク。
雫は振袖姿で出陣。
どうしてお兄様が着替えに立ち会ってるんですかねぇ……

対戦相手の春日茜も岩鬼コス。これコスプレ大会だったのか。

ほのかは入学試験会場で達也の実力を垣間見ていたらしい。
前に、ほのかは達也と碌に交流ないのに惚れてて怖い!と書いたけど、これなら多少は納得……かなぁ?

応援団到着。前日会ってるのに今更達也が摩利の心配をしてて違和感。

巫女服……はやみん……うっ……頭が……
相手はポケモンとかやってそう。

深雪が†ニブルヘイム†に続いて大技†インフェルノ†発動。
メドローアとか出来そう。


森崎がしっと団に。
ブルームより優れたウィードなど存在しねぇぇ!

自分達が拒否して女子の方に行った達也が大活躍してさぞ面白くないだろうな。
まあ、当時の達也はエンジニアとしては未知数だしエガリテの事もあるから二科生に不信感を抱いてもしょうがない。
もっとも、森崎は単純に入学編の時の諍いを根に持ってるだけな気もするが。

むしろ不憫なのは菜々美を担当したエンジニアの方か。
内心で思うには仕方ないにしても声に出しちゃ駄目だろ。高校一年生にそういう自制や配慮を求めるのは酷かもしれないが。

関連記事

テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第13話 「九校戦編Ⅵ」 感想

群蟻附羶―

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編 VI」キャプ付感想

まるでファッションショーだな いえ、完全にファッションショーです(笑) 決勝は好きな服で出ていいようなので、巫女服や着物など好き放題w バトルボードは水着でしないのですか?(^^;   達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。 その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への 記録が...

まったり観戦3【アニメ 魔法科高校の劣等生 #13】

【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 1(完全生産限定版)(オリジナルステッカー付き) [Blu-ray](2014/07/23)不明商品詳細を見る アニメ 魔法科高校の劣等生 第13話 九校戦編Ⅵ まだまだ続くよ、九校戦

魔法科高校の劣等生 #13「九校戦編VI」

妹:「ライバルが増えるばかり…グヌヌ」 着々とハーレム要員が増えていく。 野郎の嫉妬を買いまくる。 これって、男子はお兄様だけが優秀だから、女子の方が一般男子より上に掛れてる? 深雪は天才で、他のお友達も才能があるってか? 達也と仲のいい男子だけ才能があるっていう話だっけ。うわぁ…。 ・新しい魔法を考えても使えない 仕えないこともなけど、発動に時間がかかり過ぎるから、やっ...

魔法科高校の劣等生 TokyoMX(6/28)#13

Episode 13 九校戦編VI 公式サイトから達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への記録が打診される。かつてない快挙に真由美たちは快哉するが、開発者の達也は迷わず辞退。雫を登録するよう勧める。一方、三高のエース・一条は、相棒の吉祥寺とともに、一高に多大...

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編VI」

魔法科高校の劣等生の第13話を見ました。 第13話 九校戦編VI 達也の調整したCADを駆使したことでスピードシューティングでは雫以外の第一高校の選手も三位までを独占する。 「すごいじゃない、達也くん!これは快挙よ!一位、二位、三位を独占するなんて」 「優勝したのも、準優勝したのも、三位に入ったのも全部選手で俺ではありませんが」 雫の魔法に関しては大学から魔法大全へ...

魔法科高校の劣等生 Episode13「九校戦編VI」

魔法科高校の劣等生 Episode13「九校戦編VI」です。 『魔法科高校の劣等

魔法科高校の劣等生13話の感想「北山雫ちゃんの振袖キタ―(゚∀゚)―!!」

魔法科高校の劣等生13話「九校戦編VI」の感想です。 北山雫ちゃんの大活躍からの幕開け!対人戦でもパーフェクトとか話が違うw 達也君がエンジニアなら、七草真由美会長よりも強いのでは!?

魔法科高校の劣等生 #13 「九校戦編 VI」

ほのかのボン・キュ・ボンに雫は着物で対抗、でも大トリ深雪は巫女姿。w タッちゃん争奪戦の 「魔法科高校の劣等生」の第13話。 達也の調整したCADを駆使して競技を圧勝で終える雫。 スピードシューティングでは雫以外の選手も三位までを独占し達也の エンジニアとしての功績は大きく評価され真由美も上機嫌。 しかも雫の魔法は大学から魔法大全への登録要請まであったという。 が、自分が実用...

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編VI」 感想!

平和な回だったなぁ。

魔法科高校の劣等生 第13話 九校戦編VI

魔法科高校の劣等生 第13話。 九校戦新人の部、深雪たち1年生女子の大活躍。 以下感想

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編Ⅵ」

第13話「九校戦編Ⅵ」 競技会というよりコスプレ会場と化してきたなw 今回も歪み無く兄貴SUGEEEEE! 達也が構築した雫のCADは大学から登録させて欲しいとオファーが来る代物。 登録者名は雫にして欲しいと申し出る達也。

魔法科高校の劣等生 第13話 「九校戦編 VI」 感想

コスプレ戦。

(´・ω・`)負け組代表森崎くんの憂鬱 ~魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編Ⅵ」~

あらすじ(公式HPから抜粋) 達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への記録が打診される。かつてない快挙に真由美たちは快哉するが、開発者の達也は迷わず辞退。雫を登録するよう勧める。一方、三高のエース・一条は、相棒の吉祥寺とともに、一高に多大な戦果をもたら...

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編Ⅵ」

「それが全てエンジニアの腕で実現してるのだとしたら  到底高校生のレベルじゃない、一種の化け物だ」 達也が調整したCADにより良い成績を出す女子選手 そんな凄腕エンジニアの存在に気付き警戒する一条たち 【第13話 あらすじ】 達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の...

『魔法科高校の劣等生』#13「九校戦編VI」

「いいなぁ。私も司波君に担当してもらえば優勝できたかも」 女子の新人戦が始まった。 雫が圧勝する姿を見せたと思ったら、 なんと第一高校はスピードシューティングにおいて1位から3位を独占! それもこれも達也のおかげだとみなが認めるところだったが…

『魔法科高校の劣等生』第12話、13話感想、北山雫はギャップ萌え?

 『魔法科高校の劣等生』九校戦はまさかの一校ワンサイドゲーム。11話では、ほのかちゃんの魅力が出ていましたが、12話から雫ちゃんの表情に変化が。雫ちゃんの晴れ姿が前面に出ている12話、13話をまとめてレビューです。 ▼北山雫ちゃんの表紙がメインな『魔法科高校の劣等生』第6巻 【楽天ブックスならいつでも送料無料】魔法科高校の劣等生(6(横浜騒乱編 上)) [ 佐島勤 ]価格:637円(税...

魔法科高校の劣等生 第13話 「九校戦編 VI」 感想

スピードシューティング 雫の活躍が危なっかしく表現されていましたけど、達也のメンテがあれば大丈夫だよねw それにしてもパーフェクトが良く出る学校ですね~ 【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 3(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.3付き) [Blu-ray](2014/09/24)中村悠一、早見沙織 他商品詳細を見る

(アニメ感想) 魔法科高校の劣等生 第13話 「九校戦編VI」

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)(2011/07/08)佐島 勤商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コ...

魔法科高校の劣等生 第13話 7/1 あらすじと感想 #mahouka

 新人戦、圧勝。  冒頭は、新人戦で好成績を収めた雫ちゃんを含む三人に祝辞が述べられる様子。三人とも、達也くんがエンジニアを担当し、実力を充分に引き出したらしい。特に、雫ちゃんは新しい魔法を開発したと認定され、登録されることになったようだ。  達也くんは、自分の名前の登録を断り、雫ちゃんに譲っている。表向きは、雫ちゃんが使った魔法を実践的に発動できないから、と言うが…。この後のピ...

『魔法科高校の劣等生』 第13話――コスプレ大戦、勃発!

『魔法科高校の劣等生』 第13話「九校戦編Ⅵ」を観ました。<ストーリー>達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位まで

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編 6」

ブラジル大苦戦の余波を喰らって関西圏では次週までお流れになってしまった第13話、待ってられないので衛星放送での視聴にしましたが・・・これはまた想像以上に酷い内容でしたね(苦笑)。脚本から絵コンテから演出から作画から、これまでで一番出来が悪いですね。アニメスタッフは極一部を除いてもう投げてるんじゃないの?と思わせるほど手抜きが過ぎます。 ここは原作でも達也がエンジニアと戦術家の腕を存分にふるう...

コメントの投稿

非公開コメント

目潰しのようなダーティーなやり方は見ててどうかと思いましたね
危険だしああいうのが絶賛されるのはちょっと……

Re: タイトルなし

目眩ましはスタート時だったし自分はそれほど気にしませんでした。
むしろ他校の選手はそれくらい想定しておけよと思いました。魔法が使われなくても水面に光が反射する事もあるだろうし。

達也に担当云々は原作だと慌てて謝りにいってるんですけどねぇ

Re: タイトルなし

そうだったんですか。
尺は有限なので仕方ないですが、カットの有無で印象が変わってきますね。

ついでに言えば森崎のセリフは原作ではないです

謝罪カットして森崎のくだりを入れたのはなんの意味が……

Re: タイトルなし

まあ、最初の出会い以降達也と森崎は碌に交流がないので差別意識を持ったままなのは自然だと思いました。
現実問題、制度としては差別されているし達也は例外として一科生と二科生で実力差があるのは確かですし。

原作をカットしてアニメオリジナルの描写を入れる事の是非は今後の森崎の扱いを知らないので何とも言えませんが。
プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる