FC2ブログ
ブログパーツ

ガンダムビルドファイターズ 第14話「暗号名(コードネーム)C」 感想

あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ。

あらすじ
世界大会は第6ピリオドまで消化され、残り2つのピリオドを残すのみとなった。セイとレイジは順調にポイントを稼ぎ、上位グループに食い込んでいる。そして、迎えた第7ピリオド。発表された試合内容は『ガンプラRACE』ーー会場内に作られた特設コースを3周し、その順位を競う、文字通りのスピード・レースであった。セイとレイジのスタービルドストライクは、ディスチャージシステムを使い、驚異的なスタートダッシュを見せる。レースは、セイたちの先行逃げきりで終わると思われたが、この特設コースには、PPSE会長マシタの秘書、ベイカーによる、大いなる罠が仕掛けられていた。スタービルドストライクに危険が迫る!

脚本=黒田 洋介/絵コンテ=西澤 晋/演出=大久保 朋・角田 一樹/キャラ作監=しんぼたくろう/メカ作監=有澤 寛



アバン。
微妙にやさぐれてるアイラ。
能力を評価されて拾われたっぽいが、一体どんな過去が……

新OP
組み合うスタビルとパピヨン、攻撃出来ないファンネルは「こう近付けば四方からの攻撃は無理だな」ってやつだな。
最後に出てきた機体はビギニング、パーフェクトジオング、コマンド、マスター、F91、パーフェクト、ミスサザビー、エクシアダークマターかな?

ストラックアウトや玉入れなどを順調に勝ち進むセイとレイジ。
ゾックで玉入れに出た奴は他のメンバーにフルボッコにされても文句は言えんな。

ザンスパインV2が光の翼を纏ったのはVガンの最終話のあれだな、とニヤニヤしてたらファイターがカガチで吹いた。あれは卑怯だわ。
メリクリウスが良い仕事した。しかもファイターはヒイロコスの金髪少女という。一体誰の趣味なんでしょうね。

ラルさんによる解説。
今の所、全勝が12人。4ポイント差が7人。なので今後の成績では覆る可能性あり。

最初は黒幕かと思った会長だけどあのコミカルっぷりを見るとどうなんだろう。
そして会長を裏から操る悪女ではないかと言われていたベイカーさんも前回のポンコツっぷりを見るにね……
でもOPに新キャラはいなかったしなぁ。

レイジが前にラルさんが言ってた「遊びだからこそ本気になれる」を言っててニヤリとした。
アイラもいつかガンプラバトルを楽しめるようになると良いな。

観客にスミルノフ中佐がいたな。
あと委員長の前の席にサジとルイス。

ライナーが使ってたのがロトなのかガンタンクR44なのか分からん。

いつか出ると思ってたが遂に戦国アストレイを乗せた風雲再起登場。

ラルさん35歳。
ランバ・ラルが35歳だからネタで言ったのか、本当に35歳なのか判断に困る。

ヘルジオング マリーンを使ってセイとレイジを妨害するC。もしかしてシャア(Char)のCだったのかな。
ラルさんの活躍でジオングを撃破するものの1位の座はレナート兄弟に奪われる。
漁夫の利っぽい勝利ではあるけど、ビームではなく実弾で攻撃したりディスチャージシステムの時間切れを見極めてたり、実力も確かなんだよな。
ジムキャノン、ハイゴッグ、バクゥタンク、ジムスナイパーK9?と機体のチョイスも好き。

それはそうと、ラルさんとCのリアルファイトで遊戯王GXのアモンVSプロフェッサーコブラを思い出してしまって良いシーンなのに半笑いになってしまった。

会長の「勝利の美酒」発言はセルフパロディかな?
まあ、直後にレイジに殴り込まれる訳だが。完全に逆効果だったな。

戦士達が求めたもの、それは愛――


関連記事

テーマ : ガンダムビルドファイターズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダムビルドファイターズ 第14話 『暗号名C』 チキチキガンプラ猛レース。

アイラ孤児だったの。そんでもって食うためにガンプラバトラーになったと。飢えた経験から食い物に執着するキャラって「フリージング バイブレーション」にも居ましたね。 レイジの正体を知った上で再度接触するアイラ。当たり前のように会ってますが、毎回どうやって見つけているんだろう。女の勘とか愛の力かな。自分の正体は伏せたまま、何故ガンプラバトルをやるのかと問うアイラ。お前もやってみれば?案外楽しいぜ!...

ガンダムビルドファイターズ 第14話「暗号名C」

ガンダムビルドファイターズの第14話を見ました。 第14話 暗号名C 「アイツが白いガンプラのファイター・レイジ…。アイツ、何が楽しくてガンプラバトルなんかやってんだろう…。私と当たったら負けちゃうのに」 世界大会は第6ピリオドまで消化され、残り2つのピリオドを残すのみとなる中でマシタ会長の秘書ベイカーはセイとレイジが決勝トーナメントに出られないように邪魔をしようとして...

ガンダムビルドファイターズ 第14話 暗号名(コードネーム)C 感想

ガンダムビルドファイターズ 私だ あらすじ 世界大会は第6ピリオドまで消化され、残り2つのピリオドを残すのみとなった。 セイとレイジは順調にポイントを稼ぎ、上位グループに食い込んでいる。 そして、迎えた第7ピリオド。 発表された試合内容は『ガンプラRACE...

ガンダムビルドファイターズ第14話『暗号名C』の感想レビュー

まさかのスピードレース、そしてまさかの黒星回でした。 暗号名Cというのは何かの作戦名かと思っていましたが、某ゴルゴ13っぽいのが出て来てフイタw でも、普通にガチ妨害で順位を落とさせたのは噂通りの仕事ぶりですのう(´・ω・`) 前半、レイジがガンプラファイタ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる