ブログパーツ

弱虫ペダル 第三十六話「最強最速」 感想

スプリントラインまで残り100m。御堂筋との激闘の中で〝箱根の直線鬼〟として覚醒した新開は、鬼の形相でかつて最速と言われた走りを見せる。その圧倒的強さを前に、御堂筋も太股のテーピングを外して全力で勝負に挑む。一方、バラバラになっていた総北も、坂道と田所が驚異的な追い上げを見せる。



互いに勝利への執念を燃やす御堂筋君と新開。
前傾すぎるダンシングでバイクに取り付けられた計測の計器が後ろになっていた御堂筋君だがハンドル投げで紙一重の勝利。

チームが続々と給水所を通過。
杉元はマイナス思考すぎるぜ。
選手の目で箱学と京伏が別格だと分かると言ったがそんな事は手嶋も分かってるって。
そして補給の時は調子いいな。ってかお前何もしてなくね!?

四人で勝負出来るのか不安を口にする鳴子だが、金城は四人で追いつく気はないと不敵な様子。巻島も同意する。
レース前半は平坦だが後半は緩やかな登り。小野田が追いつかない筈がない。

その小野田達。
熊本まで追いついたのか。苦手だと言われた平坦で追いつかれた肥後の超特急の立場が……
ここから先は平坦でくたびれた足が篩にかけられると自信満々な熊本だが……

登りでぶっちぎる小野田。
この状況で楽しいと言える小野田は大物。まあ、最下位からの一人で百人抜きに比べればね。

田所は普段通りまで回復。メンタル的な部分が大きかったのかな。

そしてヒメヒメソング。田所が完全に王国民に。
直線鬼に続く箱根の妖怪誕生だ。

不意に田所は監督の言葉を思い出していた。
「自転車は、競技の道具でもありますが、本来楽しいものです。過酷さも困難も失敗も、全部 楽しさに変えてくれる。まだ見た事のない道を進むという素晴らしさ。彼が見せているのは、自転車の根源的な面白さです」
8話のセリフだっけ。

(走り出す快感、回すたびに変わる景色、風、そして仲間。自転車そのものの楽しさを、こいつは体現してんだ)
そして田所男泣き。
「小野田、俺は最後、チームに追いつくまで言わないでおこうと決めておいた言葉があるんだ。こいつを言うと、集中力切れそうだったんでな。俺はお前に、してもしきれねえくらい感謝してる。小野田!ありがとよ。俺は、もう一度この目で、あのジャージを見られるとは、思わなかった……戻ってきたぜ、チーム総北!」
ここは俺の目も潤んだ。
二人が合流した事でチームの雰囲気も変わる。

残り30キロ。
ダブルクライマーがチームを引っ張り先頭の二校を追走。
小野田のスタミナが無尽蔵すぎる。

総北が「待ってろ!王者箱根学園!」と気合を入れていた頃、新開の敗北でバラけはじめてる箱学。
御堂筋君は無理してリザルトを取る必要があったかの疑問だったけど、この展開だと一応意味はあったのかな。
総北は巻島が東堂に負けてもそこまでショック受けてなかったから意外だった。
演技の可能性もある?

Cパート
アブの一人芝居。
新開も食ってないで突っ込んでくれ!
関連記事

テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

弱虫ペダル RIDE.36「最強最速」

評価 ★★★★ 最強最速、ついに決定!            

弱虫ペダル 第36話「最強最速」

第36話「最強最速」 箱学・新開と京都・御堂筋くんの対決。 最速の男の覚醒と負けられない男の意地の勝負。 スプリントは自転車に付けられたセンサーが先にラインを超えた方の勝利。 御堂筋は前傾姿勢で時点視野が後方に下がっている。勝利を確信した新開。 その隙を突くように御堂筋はフォームを変え、先にラインを超えた!またコンマの差かぁ。 つか御堂筋の自転車の乗り方って小...

アイツがペダルを踏めば―【アニメ 弱虫ペダル #36】

弱虫ペダル vol.8 初回限定生産版【Vol.8~Vol.13収納BOX付き】 [Blu-ray](2014/07/16)山下 大輝、鳥海 浩輔 他商品詳細を見る アニメ 弱虫ペダル 第36話 最強最速 空気が変わる

弱虫ペダル・第36話

「最強最速」 過去のトラウマを乗り越え、課題であった「左からの追い抜き」を可能にした新開。そして、そんな新開に勝つことこそが、自らの「予定」とする御堂筋。両者は、横一線のままゴールラインに達するのだが…… なんか、曲芸みたいな勝ち方だなぁ……御堂筋。 正直、それで勝った、ということにどれだけの意味があるのか? という気がするのだけど…… でも、「ファーストリザルト」と言うこと...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる