ブログパーツ

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンVII〈下〉 感想

白熱する関東解放戦。新たな局面を迎えた歴史再現の結末はいかに?

羽柴VS関東勢の直接対決が始まり、白熱する関東解放戦。武蔵第六特務、直政と正木・時茂による因縁の武神対決が火蓋を切り、九鬼・嘉隆率いる鉄甲船艦隊と村上・元吉の村上水軍による艦隊戦も新たな局面を迎えようとしていた。自国の未来を見据え、歴史再現に殉じようとする者、抗おうとする者――それぞれの思惑が交錯するなか、里見家復興を目指す里見・義康の戦いがついに始まる。
その一方で長岡・忠興の身柄を確保したトーリ率いる武蔵勢は、巴御前と忠興夫人・クリスティーナが担うネルトリンゲンの戦いの歴史再現にどの様に介入していくのか。
そして副王ホライゾンの出番はあるのか――?
『都市シリーズ』『終わりのクロニクル』の川上稔が贈る、大人気学園戦国ファンタジー第七話、クライマックス!




大罪武装についてのあれこれ。
大罪武装は感情呼応型。使用を許可するのはその要素を持っているより戒めたり拒否する思いが強い人。
使用者の大罪に対する忌避感を原動力に、相手に大罪の恐ろしさを教え込む説教武装。説教武装というのは1巻上で正純が言ってたな。
所有者が自分を嫌ってると理解した上で力を発揮する大罪武装が健気すぎる。

独自ルート進行中の武蔵。元信公にとっても想定外だといのが上手くいくのか裏目に出るか。
そしてホライゾンのOSが自己改変式というのも今後どう影響してくるのか。

賢姉の「もしも元信公に遭う時があったら、一発張り倒しておきなさい?」が死亡フラグに思えて怖い。



「九鬼・嘉隆」「それは、私が前回、君に見せた方法だぞ」
「村上・元吉」「それは、私が前回、君に向けた方法だな」
この二人のライバル関係は燃えるね。大勢の不良海軍も格好良い。

元吉がアンヌから託されたのは指揮官がいなくても民の力で勝てる国作り。襲名者以外の一般学生の底上げ。
他国が使用した車輪陣を改良して組み込んだりしながら見事成し遂げた元吉。こういう先達の願いを叶える話には弱いなぁ。

それにしても武蔵の学生は練度たけーなおい。キチガイ揃いだけど。
艦船を扱う機会が多い上に最近までは戦死がないから技術の保全や継承も滞りなく行われてただろうしな。

キメちゃんSTG
教譜の違いによる防護障壁の弾き方を別個に設定する氏は本当に馬鹿だなぁ!(満面の笑みで)
白姫の変形とかアンジーとの合体攻撃はアニメで見たいな。ってか対艦砲状態DEKEEEEEEE!扉絵で見てビビった。
アンジーがイカダ云々と言ってたけど史実の脇坂安治は文禄の役の閑山島海戦で李舜臣に負けてイカダで逃げたんだっけ。



"義"VS"信"
考のセバスティアンの矢のギミックもアニメで見たい。
でもちょこちょこ「セヴァスティアン」表記になってるな。

小西にとっては歴史再現的に勝てるかもしれない最後の戦いなので士気旺盛。
力量次第で氷も燃やす延焼術式ってすげえな。熱量の運動制御術式だから正逆の凍結術式も可能。キングゲイナーみたいだ。
結界はなんとなくアトゴウラみたいだと思ったが、区切られた領域内での一騎打ちという要素は伯林のベルガーとアルフレートっぽいなぁ。

金の力も相当無理が効くな。
シモン・マグスの聖術とかインチキ性能になりそう。聖人じゃないからいないか、異端扱いだろうけど。

一人で実況してる時茂は傍目から見るとシュール。

様々な経験を経てよくやく入口に立ったヨッシー。
地熱を利用して凍結術式から復活し、扉絵のトレース攻撃で勝利。
着実に成長してて読者としても嬉しい。

小西の武神乗りという戦種は基本インドア発言には首を捻る。重騎も含めて完全にインドアだと認定出来る奴っているかな?
それはそうとうどんの商人夫婦のせいで熱い風評被害が……



朱雀VS"信"
鉈砲とか初めて聞いた。武神を隠せる剣圧とか冷静に考えなくてもおかしい。
飛び方に対する両者の感想の違いとか面白いぜ。武蔵勢が戦うのは基本ブラック戦場だよな。

武神人気ランキングで9機中5位なのに結構上と表現する時茂……
色気担当の悌というのも謎だ。まあ、ホニメで白虎が出てきた時に「うひょおおおお!」となったカワカミャーも一部にはいたらしいが。
巨乳のメカ妹って属性も大分ぶっ飛んでる。

任せられる仲間がいる直政と流れに任せるしかなかった時茂。
竜脈炉をぶち込まれたら羽柴に抵抗する力は殆ど残されないだろうし、里見側からの非難もあっただろうし、厳しい立場に晒され続けたんだろうな。
『残骸の上に、立った事があるか、武蔵勢!!』の所は海野みたいな気持ちだったのかな。
そんな苦労を重ねてきた時茂だけどヨッシーと和解出来て良かった。まあ、これから武蔵と関わると別の苦労があるだろうけど。

ガっちゃんの真田・信之×猿飛・佐助×霧隠・才蔵の異種姦BLは斬新すぎる。

羽柴と里見の一般学生同士の友情は良いものですね。
ってか羽柴側はモブでも覚悟決めてんな。



武蔵と安土のすれ違い。
かつて武蔵に生じた異変は安土には発生せず。どっちが特別なんだろう。

武蔵さんがおかしい時に武蔵野が酒井学長を呼んでて萌えた。

(205ページを見つつ)ノリ殿とキヨ殿と可児の3Pだって!?
買い物の時に可児達と鉢合わせするといけないんですかねぇ(ゲス顔)
ノリ殿は意識しまくりだな。キヨ殿も最初の方で同棲生活を想像してて可愛い。

江戸の山奥にある太陽信仰の遊園地は東京サマーランド、年増が運営してたっぽいテーマパークはとしまえんかな?



本拠を巡る攻防。
猫耳っぽい消音術式の表示枠、その発想はなかった。

六護式仏蘭西、仏式旧派名物、山陰連隊。
「時は16××年、山陰は末世の炎に包まれ、過疎化が進んでいた……!」
お前等の前世、絶対鳥取UCATの砂丘連隊だろ!?
「ときは二〇〇五年、わが県は過疎の力により人口減少でパチンコ屋が増えつつあった……!」「だがモヒカンとバイク屋は消滅していなかった……!」
セルフパロかな。
二度勝てば全国大会というのは自分もちょっと覚えがある。高校は幻実都市出雲の近くだったもんでね。

仏教と旧派の融合。それが仏式旧派。その発想はry

大久保の合流志願者より前に突撃部隊を先行させて誤認させた戦術は上手い!と膝を打った。

誾さんの四つ角十字の零距離砲撃による攻城戦。
義腕は万能すぎる。



安土を襲撃する機鳳隊。
自動人形による長銃の受け渡しは脳内でイメージすると格好良い。
そしてまさかの叫食再登場。ギャグっぽい名前なのに貢献度は半端ないよ、こいつら。覚悟も決まってるし。

名前を捨て、命も捨てて囮になった機鳳隊には目頭が熱くなる。滅びの美学だなぁ……

ヴリトラ……
終わクロでは多分敵だっただろうヴリトラの名前がこういう形で出てきた事には感慨深いものがあるな。

艦橋ごと迎撃した安土側も頑張ったけど亡国の執念には一歩及ばず。

「――氏テル、入っテル!!」
まさか氏照のこの台詞に泣かされるとは思いもしなかった。

幻庵さんのヨッシーや早雲とのやり取りでしんみり。この人の感傷的な所は本当大好きだった。
氏は北条と里見の過去を描いたスピンオフとか書いてくれないかな。

撤退交渉。
ブラフかましたり大久保は強かで手強い交渉役だ。
それぞれ関東と本能寺を手に入れ、武蔵有利とはいえ痛み分けか。

小西を助けたのって葵父にスガ先輩やナベ先輩だよな、きっと。

それはそうと完全にえろえろが持ちネタになってる竹中さんは酷い。



巴御前と源・義仲と伊子の三角関係。出来た妹分というと詩乃的なアトモスフィアを感じる。
嘘で得た関係というとフアナさんにも通じるものがあるが、こっちは駄目だったな。
仮に歴史再現が当初の予定通りなあなあで済んでたらどうなってたんだろう。

クリスティーナによる重奏統合騒乱以降歴史再現が厳しくなってね?疑惑。
なにやら京の内裏が関わっているよう。帝が鍵を握っているなら俄然東の重要性が高まって来たな。

すげー脱線する話だけど、とある聖杯戦争スレでホラ子が安徳天皇役をやってたな。



ネルトリンゲンの戦い開始。
江戸バナーヌVS江戸ひよこ饅頭

相変わらずマティアスは緩いなぁ。
巴御前が言ったのって武蔵の事だと思うけど敢えて羽柴の名前を出したのか素で気付いてないのか。

傀儡経験の長い自分がリード傀儡とか傀儡のプロとか傀儡生活をエンジョイしてるぜ。

竜砲食らうと竜と間接キス。その発想はry
ベルンハルトの竜属というか強者の感性は興味深い。確かに消耗戦は強者の戦い方だ。

三成が一般学生に大人気で和む。

ダミー音に気付く丹羽さん。敵味方問わず演劇系はスペック高いな。

航行だけで竜巻や雷鳴を生む武蔵の巨大さよ。
途中まで術式で緩衝しつつ敵艦隊を巻き込むように分散させる是非とも映像で見たい。

「おい皆、素直になった方がいいぞ。俺じゃないがな」
ノリキのキャラ変わってるー!?

輸送艦を自分達の展開した防護障壁にぶつける事を疑問に思わないネイトは完全に武蔵の住人。
いや、合理的ではあるんだろうけど。

両腕もマスコットキャラが板についてきたな。可愛い。
この作品を知らない人には「なに言ってんだ、こいつ」と思われるだろうな。

一般学生からするとアデーレも十分強いんだよな。奔獣なしでも。
きみあさでは生身での訓練や戦闘がちょこちょこあったしな。

楽器ハンマー、神音大系が持ってそう。

F.L2.B.(二人のラブラブブーメラン)
顔の高さを合わせるとかもうね……もげろ!



三メートル超級の巨女、ですよう、二十歳の中等部三年生。
様々な属性を盛り込んだ新キャラ島・左近。口調は浅間と被るけどな!

相手を驚かせないようにまず声をかける所なんかはベルさんに対する外道共っぽいよね。
気遣いをしなくてもいい三成と会えたのは僥倖だっただろう。空白になっている半分、感情を左近に預けたってのは史実の禄高の半分を与えたというネタかな。

人を傷つけるのが嫌いで傷付くのを見るのも嫌な優しい子。
仲間に向かった砲撃を自分で受けるし鬼武丸にも当たらないようにする。
読んでて「左近ちゃんを守り隊一名参上!いじめる奴は俺が出て行ってやっつけてやる!」ってなった。

親に褒められたかった子供と子を褒めたかった親のタッグには涙腺が脆くさせられた。
キルラキルの流子と鮮血とかマテリアル・パズルのミカゼとシシメ師匠みたいなナイスコンビになってほしい。

第七十九章の一一九七年八月二八日というのは大姫の命日だな……
義仲の歴史再現が解釈で済むと知った時は義高も大姫も喜んだんだろうな。
でもその後に忠実に再現しないといけなくなったと知らされて……想像しただけで泣いてしまう。

史実で源義高の身代わりをやった海野幸氏の話を書いてみたくなったが、そのうち原作で鬼武丸さんが触れそうな気もするしなぁ。ってか義高って誰の子供なんだろう。

織田信雄の長女で徳川秀忠の正室に小姫という人物がいるが偶然か否か。

左近と同じ施設にいた子が今後出てきたりしないかな。

鎌倉の将軍VS天下の副将軍
障壁張れる相手との戦闘というのは前巻の糟屋と同じだな。新技変形式貧乳回避に開眼しやがって。
ルドルフ二世の時もそうだったけどネイトは再生能力持ち相手には残虐ファイトを仕掛けるな。



機動殻装備の副長と生身で戦える坂東武者怖い。
巴御前が強い者から死んだと言った時は身内贔屓かと思ったけど妥当な評価だったのかな。

口からビームのインパクトよ。
シリアスな流れなのに「正に光る源氏」は酷い。

死者を利用したトッシーのイメージがダウン。
きっと巴御前が抱えてたわだかまりを解消する展開があるんだろうけどさ。NARUTOの穢土転生みたく。

まあ、二次創作家としてはこういう事も出来ると提示してくれて有り難いのは確かなんだよな。
クリスチャン・ローゼンクロイツを中心にした、神聖ローマ帝国のバルバロッサ、ボヘミアのヴァーツラフ1世、葡萄牙のセバスティアン1世、丁抹のオジェ・ル・ダノワなどの祖国の危機に復活する伝承のある襲名者が末世で復活する話を書こうと思ってたし。

巴御前曰く
駒:源・義仲
天狗:源・義経
鬼:源・頼朝
義経の幼名は牛若丸や遮那王だけど、鞍馬天狗に剣術を教わったという伝説があるね。同窓会みたいなノリになってきたし義経も復活しないかな。

頼朝と義仲はTwelve~戦国封神伝~に出てきたけど平知盛の登場もあり得る?



ネルトリンゲン全体に劇場術式を展開する丹羽さん。
ノヴゴロドでも広範囲に雷撃を落としてたし五大頂のMAP兵器だ。

誠実で微Sな丹羽さん可愛い。

カワイイ衣装を着てる丹羽さんのイラストはいずれpixivに投稿されるに違いない

「――徹夜はスポーツよ」
完徹した方が楽とか午後くらいに一回寝るとすっきりするって氏の実体験なのかな。

ラブライブ開始。
十二弦ベースって調べてみたら実在するのか。

「馬鹿は死んでも治らねえ――!」
ここの歌合戦は声付きで見たかった。
CD付きのラノベとかあっても良いと思うんだよね。

葵姉弟の「賢姉来た!これで勝つる!」「それでも全裸なら……全裸ならきっとなんとかしてくれる……!」感はすごい。
八十五章の扉絵って最初ガっちゃんかと思ったが全裸なのかな?

純情ボーイ長太。
武蔵の女衆は外見だけなら美人揃いなんだよな。スタイルも良いし。中身?ハハッ

丹羽さんの言葉責めにはっきり自分の意思を宣言した所は良かったね。青臭いけどそれがまた。
正純や浅間の信頼も心地よい。

手助けしてくれた人達に頭を下げて感謝出来る長太は良い子。
だからこそ応援したくなる。

試し読みを読んだ時は自害して聖人として持ち上げられる事で各国の大義名分にする覚悟だったクリスティーナをどう説得するのかと思ったけど、まさか両思いだったとは。悪感情は持ってないだろう、くらいには思っていたが。
おねショタ最高!

28歳だから武蔵に来ると学生はやれないが暫定議員にでもなって世界の掌握をしてもらいたい。
長太のクラスで教員をやってもいいよ。

大谷はすっかりギャグキャラに。
まあ、こいつの本番は関ヶ原だろうけど。

やはりクリスティーナの侍女は清原・マリアだったか。
襲名者のグスタフ・アドルフはクリスティーナの兄?



♪見たか聖連 九個の力
電光石火のツッコミの腕
合体 絶対 ホライゾン
ホライゾン♪
配点(歌詞:ネシンバラ)
マジンガーZなポーズをするホラ子はノリノリすぎる。

「トゥルットゥットウットゥトゥッー デラララララララ ガッシャアアアアアアン!」
浅間はホラ子の笑顔を見た事があるらしいが、このホラ子なら笑ってもおかしくない気がする。

敵艦の迎撃に虚栄か傲慢のお披露目かと思ったら宗茂砲か。
当たらない攻性武装だとdisられるけど雑魚散らしには有効なんだよな。
そういえば不発ネタって史実の立花宗茂の種なし疑惑が由来なんだろうか。

さらりと書かれてるけど三メートルの隙間に撃ちこめるマティアスってすごくね?
六角義賢とか星野茂則ならセンチ単位でもいけるんだろうか?
ともかく暴食もゲット。これで残すは淫蕩と嫌気か。元少年はいずこに。


最後の
安心しろよ。間違っちゃいねえ。
で布団に突っ伏してしばらく泣いた。マジ泣きっすよ。この部分の感想を書いてるだけでも目が潤んでくる。
ガっっちゃんの「――里見・義頼に生かして貰った事、感謝してるわ」とか幻庵の「私達も、生きているとも」とか全裸の『俺も、そーなりたいわな。"不可能男"なりに』とか犬兄さんは本当に影響力の強い人だった。

関連記事

テーマ : 境界線上のホライゾン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

読み直したくなってくる楽しい感想でした
武蔵はほんと、関わった人達みんな苦労させられるぜ・・・

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
感想を書くのは苦手で箇条書きにしてしまったのですが、そう言ってもらえると嬉しいです。
武蔵が本当にもう……まあ、他国の人間も大概な時が結構ありますがw

ようやく読み終わってこちらの感想を見に来ました。
詳しく書かれていていつも興味深く読んでいます。

二次創作が原作と被るかどうかはあまり気にしなくていいんじゃないでしょうか。
というか海野幸氏の話は自分も見てみたいですw

Re: タイトルなし

感想ありがとうございます。
思った事を羅列しているだけのものですが、喜んでもらえれば幸いです。

あと、海野幸氏の二次については了解しました。
プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる