ブログパーツ

それでも世界は美しい 第10話「正しい国」 感想

遠い所からやって来たリビら晴れの大国の人々を歓迎しようと、宴の準備で大忙しの雨の公国。一方、思いのほか元気なトハラの姿を目にしてホッとするニケとリビ。 だが、そんなふたりに不安な影が近づいていた――。



前回のキスでリビの事を意識するニケ。ニヤニヤ。

BD/DVDでは自主規制が外れます(嘘)

相合傘で散歩。一緒に傘を持つ所でも悶えたぜ。

リビは以前ニケの故郷を火の海にすると言ったのを謝罪。
個人的にあの一件はニケの不注意さも大きいと思うが、火の海発言は言い過ぎ……なのかな。ともかく自分からちゃんと謝れるリビは良い子。

青空の下にいるニケは自由でどこかに飛んで行ってしまうのではないかと不安なリビ。
今は雨に閉じ込められて世界に二人みたい。詩人ですな。

いとこのキトラと影が薄い公王テテル登場。
公王は婿養子らしい。その割にはトハラと似てたけど王家の婿養子になれる身分なら先祖に降嫁くらいはしてるだろうし似てる事もあるのかな。

トハラが公王の座に就いたのはリビと同じ頃。
世界に出るべきだと息巻いていた連中を抑え、鎖国して秘術を守ったらしい。
アメフラシって遺伝によるものっぽいからそこまで心配する必要はなさそうに思えるけど、凌辱エロゲ的な展開になる可能性もあったか。

リビの存在が面白くなさそうなキトラ。
共に雨を呼べないというハンデを持ちながら屈しなかったニケを崇拝してるとか。
そんなキトラはニケを呼び出し、自分がいればどこにもやらなかったという束縛宣言。彼女が出来たらDVとかしそう。
キトラはニケがリビに付け込まれているだけだと言ったが、そんな事はないよな(付け込むの定義が意識的に行った場合は、だけど)
同情したのは多分事実だろうけど、そんな事まで問題にしたらこの世の恋愛の大部分がアウトだ。

それはともかく、怪しげなお香で眠らされるニケ。
やたら牢獄送りになるヒロインだぜ。

実はキトラの独断ではなくトハラの指示。
リビに暗示をかけてニケへの執着心をなくさせる計画だったが、リビに見抜かれる。
更にカラの協力を得てニケを助けに向かう。

リビは雨の公国は恐怖政治じゃないのに統制が取れててすごいと言ったが、誰も婆に逆らえないなら恐怖政治なんじゃね?
キトラも、裁定を覆すのは裏切りだと言っていたし。

リビはトハラと対峙。
トハラは塔の鍵を沼に放り投げ、世界そのものに干渉して天罰も下せるニケを利用しないと言えるのかと迫る。
それに対してリビは沼に飛び込み、人間の王だから未来の心配より今の強欲が大事だと返答。

心意気を評価して鍵を見付けられたらニケに会わせると約束。
雨の中で苦戦するリビに、世界王ならニケに拘らなくてもいいだろうと言うトハラだが、リビはここから先の人生にニケがいないならここで死ぬのと同じだと返す。
その頃ニケもリビを失うと思うと震えが止まらない、リビが好きだから自分を育てた全部を敵に回しても諦めないとキトラに宣言していた。

ニケへの入れ込み具合が誤算だと言ってたから「二人の絆を試す事にした」という展開になったりするんだろうか。

どうもすっきりしない。
トハラがあそこまでニケを大事にしてたのなら、旅で不在中とはいえ公王が独断で嫁に出せたのが違和感。
誰も国外に出す危険性を認識していないようだし。まあ、連載作品だしね。

関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それでも世界は美しい 日テレ(6/14)#10

第10話 正しい国 公式サイトから遠い所からやって来たリビら晴れの大国の人々を歓迎しようと、宴の準備で大忙しの雨の公国。一方、思いのほか元気なトハラの姿を目にしてホッとするニケとリビ。だが、そんなふたりに不安な影が近づいていた――。 昨夜のキスから調子がおかしいニケ。雨の公国では特別な傘を使う、二人で散策。ここにニケが居て良かった。晴れの公国ではニケが自由で何処かに飛んで行って しまいそうに...

それでも世界は美しい 第10話 「正しい国」

『iphone5/5S』アニメキャラクター・DIYケース/それでも世界は美しい()不明商品詳細を見る リヴィウス1世とキスしたことを意識し過ぎるニケ。 鉈で薪を割ったり、芋を籠3つ分も皮をむいたりと 意外な行動に出た先は、リヴィウス1世の裸姿に遭遇。 難儀ですね。 リヴィウス1世を謀ったトハラとキトラ。 やはり、乱心した婆さんは、用無し...

それでも世界は美しい 第10話 『正しい国』 野郎一人の策謀かと思ったら黒幕が居た!

世界に二人だけみたいだ。晴れの大国に居る時よりもニケが近い、というリビ。気持ちから出た言葉ですが、実際そうなんでしょうね。何しろ晴れの大国に居るリビは多忙。ニケと二人っきりの時間なんてそう取れないでしょうし。 やっとこさお邪魔虫登場…キトラって言うのか。リビに跪いたのは敬意じゃなくて敵意、他人行儀の現れか。でも次の瞬間ギャグになった。キトラも一人でフラフラしていた訳ではなく、公...

それでも世界は美しい 第10話 「正しい国」

『iphone5/5S』アニメキャラクター・DIYケース/それでも世界は美しい()不明商品詳細を見る リヴィウス1世とキスしたことを意識し過ぎるニケ。 鉈で薪を割ったり、芋を籠3つ分も皮をむいたりと 意外な行動に出た先は、リヴィウス1世の裸姿に遭遇。 難儀ですね。 リヴィウス1世を謀ったトハラとキトラ。 やはり、乱心した婆さんは、用無し...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる