ブログパーツ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第11話「皇帝(エンペラー)と吊られた男(ハングドマン) その2」 感想

※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。

-----------------------------------------------------------------------------------
ポルナレフを庇い、敵スタンド攻撃の前に倒れたアヴドゥル。それを目の当たりにしたポルナレフは、ショックで冷静さを失っていた。そこにつけ込んだJ・ガイルはスタンド「吊られた男(ハングドマン)」で猛攻撃を始める。このままでは敗北必至と踏んだ花京院は、ポルナレフと共に逃亡をはかる。追撃してくるホル・ホースとJ・ガイルのコンビに苦戦を強いられながらも、ポルナレフたちは本体を探り当てることで反撃の糸口をつかもうとするが…!?


ポルナレフの「おれに…どうしろというのだ……………」は原作通りにしてほしかったな。仲直りの握手の代わりもギャグっぽくなってて残念。

「カモォ~~ンポルポルくぅ~~ん」
ホル・ホースの煽りは憎たらしいな。
J・ガイルのはガチでヘイト溜まるけど。
おまえの妹はなあ…ポルナレフ、殴りながらヤリまくるのがいい女だったんだよ。じゃなきゃあちっとも気持ち良くねーし……つまんねぇ女だった…

「鏡に「中の世界」なんてありませんよ…ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから」
イルーゾォ「……」
真面目な話をすると、マン・イン・ザ・ミラーは鏡の中の世界を作るスタンドだから矛盾してないけどね。

「おい花京院…この場合!そういうセリフを言うんじゃねえ。いいか…こういう場合!かたきを討つ時というのは、いまからいうようなセリフをはいてたたかうんだ…『我が名はJ・P・ポルナレフ』『我が妹の名誉のために!』『我が友アヴドゥルの心の安らぎのために…』『この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる』J・ガイル……」
こう言って決めるんだぜ。

「ポルナレフ。そのセリフはちがうぞ。あだを討つ時というのは『野郎』なんてセリフを吐くもんじゃあない。こう言うんだ。『我が名は花京院典明』『我が友人アヴドゥルの無念のために左にいる友人ポルナレフの妹の魂のやすらぎのために』『死をもってつぐなわせてやる』」
こういう遣り取りは痺れるぜ。
アニメだと、さっさとJ・ガイルを攻撃しろよと思ってしまうのが難点だな。

「「針串刺し」の刑だッ!この瞬間を長年待ったぜッ!」
エルメスもそうだけどきっちり復讐を完遂してくれてスカっとする。

「よし見てこよう!」
J・ガイル撃破後のホル・ホースはコミカルで面白い。

「こ…こいつはかなわんぜッ!おれひとりじゃ完璧不利!ここは逃げて次の機会を待つぜ!おれは誰かとコンビを組んではじめて実力を発揮するタイプだからな…「一番よりNo,2!」 これがホル・ホースの人生哲学。モンクあっか!」
良いキャラしてるよ、本当。後の再登場の多さを思うと荒木も仲間にするか迷ってたんじゃないかと思う。

チュミミーン
この時のネーナは本人なのか化けてるだけなのか。


関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第11話「皇帝(エンペラー)と吊られた男(ハングドマン) その2」

「鏡に『中の世界』なんてありませんよ……ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから」 そんなオカルトありえません。 マン・イン・ザ・ミラー? なにそれ。 というか、ここで言いたかったのはJ・ガイルが鏡の中の世界にいるわけじゃあないってことですからね。 いやほんとに。 ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産...

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第11話 皇帝と吊られた男 その2 感想

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』公式サイト 私だ TOKYO MX11話です アバンは、ポルを挑発するホルとポルを引き留めようとする花京院→ カモォ〜ンポルポルくぅ〜ん→トラックで逃げると提案する花京院→ ハングドマンに呼び止められたポル→→...

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第11話「皇帝と吊られた男 その2」 キャプ付感想

アヴドゥルさん、本当に死んじゃったのか…。 ポルナレフと花京院は、ホル・ホースとJ・ガイルに逆転できるのか? 花京院がクールでカッコ良かったですねw   ポルナレフを庇い、敵スタンド攻撃の前に倒れたアヴドゥル。 それを目の当たりにしたポルナレフは、ショックで冷静さを失っていた。 そこにつけ込んだJ・ガイルはスタンド「吊られた男(ハングドマン)」で 猛攻撃を始める。 こ...

ジョジョの奇妙な冒険 SC TokyoMX(6/13)#11

第11話 皇帝と吊られた男 その2 公式サイトからポルナレフを庇い、敵スタンド攻撃の前に倒れたアヴドゥル。それを目の当たりにしたポルナレフは、ショックで冷静さを失っていた。そこにつけ込んだJ・ガ イルはスタンド「吊られた男(ハングドマン)」で猛攻撃を始める。このままでは敗北必至と踏んだ花京院は、ポルナレフと共に逃亡をはかる。追撃してくるホル・ホースとJ・ガイルのコンビに苦戦を強いられながらも...

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第11話 『皇帝(エンペラー)と吊られた男(ハングドマン) その2』 ホル・ホースはジョースター家の縁者かもしれない。

呆気無い幕切れよの~~~。遺言を残すまもなく逝ってしまったアヴドゥルを揶揄するホル・ホース。 仲間を殺されて小馬鹿にされりゃだれだって怒ると思います。 むしろ高校生らしからぬ冷静さを持った花京院が凄い訳で。エメラルドスプラッシュでポルナレフを攻撃!?なんでそっち。ホルホースの皇帝をかわし、ポルナレフを正気に戻すためのもの。そして車でポルナレフ拾って逃走…花京院いくつだ...

ジョジョの奇妙な冒険3部 第11話 「皇帝(エンペラー)と吊られた男(ハングドマン)その2」 感想

ジョジョの奇妙な冒険3部 11話 「皇帝(エンペラー)と吊られた男(ハングドマン)その2」 の感想です。 やられてしまったアブドゥル。激昂するポルナレフだが、相手の手の内 を見定めてから戦おうと、花京院が静止する。

(アニメ感想) ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース 第11話 「皇帝(エンペラー)と吊られた男(ハングドマン) その2」

投稿者・フォルテ ジョジョの奇妙な冒険 The Animation 300ピース ジャン・ピエール・ポルナレフ 300-923(2014/04/25)エンスカイ商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる