FC2ブログ
ブログパーツ

ピンポン THE ANIMATION 第10話「ヒーローなのだろうが!!」 感想

「ヒーローは……俺だぜ!俺だかんね!俺の名は……俺の名は……星野裕だ!そこんとこ、よろしく!」

ペコとドラゴンの試合が始まろうとしていた。ペコのラケットを手にして、驚くドラゴン。「ドラゴンと遊ぶため、ソッコー買ってきたんよ」と不敵に笑うペコ。それは反転式ペンホルダーのラケットだった。「こんなおもちゃで私の相手ができると思うな」。そして試合が始まった。力の限りを尽くして戦いあうふたり。遠く離れて座るスマイルに、小泉が話しかける。スマイルは小泉に「先生はヒーローを信じます?」と問いかける。「君は信じるのかね?Mr.月本」。スマイルの答えは……。


絵コンテ : 湯浅政明 演出 : Eunyoung Choi 作画監督 : 伊東伸高




百合枝が海外に。
「竜ちゃんくらい、ずっと前からヒーローを待ってる人はいないから。いつかきっと、竜ちゃんの前にヒーローが現れる」
後から見返すと感慨深いものがある。

試合前のペコとドラゴンの応酬。
膝の調子は悪いから高い所にいるドラゴンの背中に乗せてもらって飛ぶと言うペコに対し、ドラゴンは人は空など飛べる筈もないと切り捨てる。
ドラゴンはこれまで色んなものに縛られた人生だったからな。

試合ではペコを圧倒するドラゴン。
しかしスマイルはペコの勝利を信じている。

(いずれお前も知るだろう常勝の憂い、称賛の苦痛。背負うものの重圧、孤立と苦悩……やがてお前は努力を無意味に……勝利を虚しく感じるだろう)
(だがお前は、決してその疑問に立ち止まってはならない。それは隙を生む!隙は敗北を呼ぶ!敗北は死……!)
(強く……ただ強く……勝利を望め!)

(人前で泣くな。敗北は死を意味すると思え。妥協は腕を切り落とすに等しい。 勝利の中にのみ真実がある。 勝て、竜一!家族の為、海王の為、ポセイドンの為……勝て!)

(誰かが助けてくれると思うな。誰も助けてくれない。いじめられたくなかったら強くなれ。勝って勝って勝ち上がれ)
これまでこんな重圧を感じながら卓球してたならそりゃトイレに籠るわ。
卓球とは直接関係ないけど親を気遣って高いカルパッチョじゃなくて安いうどんに変更させる所とか切なすぎる。

「どうしたヒーロー!どうしたよ!?ヒーローなのだろうが!飛ぶのだろうが!皆を救うのだろうが!」
この台詞には現状への苛立ちや助けてほしい気持ちが現れてる。

苦戦するペコだが、そんな時鼻歌が。
「相手は強い?」
「卓球の権化さ」
「ペコなら楽しめるよ。遊んでるとあっという間に時間がすぎる。卓球してる時、ペコはどんな怪我も忘れて遊んでた。膝だって大丈夫。ペコ、いつも言ってた。遊ぶ相手が強い程、高く飛べるって」
「うん」
「飛べる?」
「うん!」
自分の勝利が必然でないと駄目だと思ってていて卓球は苦痛なだけのドラゴンに対して卓球はメタクソ楽しいものだと教えようとするペコ。

(インパルス走る!永久記憶不滅!飛ばすぜドラゴン!反応反射音速光速!)
心の底から卓球から楽しむペコ。
勝利への近道はなく登り続けるしかないと考えていたドラゴンだが、ペコに感化されて狭いトイレから飛び立つ。
チームの声援にうるさいと返すドラゴンは自分の為に卓球を楽しんでるな。

(そうさ。飛べるのだ……人は飛べるのだ)
しがらみから解放されたドラゴンには目頭が熱くなる。
笑顔が本当に素敵。
関連記事

テーマ : ピンポン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピンポン THE ANIMATION 第10話「ヒーローなのだろうが!!」 感想

「人は飛べるのだ」 風間、ヒーローに救われるの巻。 原作よりも、風間のキャラクターは深く描かれていましたね。 以下ネタバレあり。

ピンポン THE ANIMATION #10「ヒーローなのだろうが!!」

ヒーロー待ちの人多いな。 ドラゴンは卓球やってても楽しくなかったんだな。 自分の為にやったことは一度としてなかった? 父親やってた頃が一番楽しかったのかな。 ・ヒーローがやってくるから、見なくてOK 月本は星野が決勝に上がってくると信じているのね。 昔はペコのやってることを真似したがるほどか。 何時の間にペコは本気じゃなくなったんだ…。 それにしてもHERO待ちが多いな。...

ピンポン フジ(6/12)#10

第10話 ヒーローなのだろうが!! 公式サイトからペコとドラゴンの試合が始まろうとしていた。ペコのラケットを手にして、驚くドラゴン。「ドラゴンと遊ぶため、ソッコー買ってきたんよ」と不敵に笑うペコ。それは反転式ペンホルダーのラケットだった。「こんなおもちゃで私の相手ができると思うな」。そして試合が始まった。力の限りを尽くして戦いあうふたり。遠く離れて座るスマイルに、小泉が話しかける。スマイルは...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる