ブログパーツ

マンガ家さんとアシスタントさんと 魔法少女大戦 犬神さんと猫山さん 1 感想

マンガ家さんとアシスタントさんと 第9話「過去の過ち」

脚本:伊丹あき 絵コンテ:高橋成世 演出:土屋智義 作画監督:三島千枝 美術監督:田尻健一


同窓会。
高校の時に愛徒が好きだったとからかわれるみはり。
髪を切ったのはふられたから疑惑浮上。

手を握られてときめいたりみはりちゃんと呼ばれて赤くなるのはまだしも、似合いそうなパンツを買われてもズキューンなみはりは重症だ。
完全に濡れてやがる。

自分の事を女の子として好きなのか確認するみはり。
勿論と言われて動揺。
事ある毎にオナってるな。

編集長から原稿がギリギリの愛徒を泊まり込みで見張るよう指示が。

「二人で作るのは漫画だけなんだから」
子作り妄想だろ、これ。
スーツで何が不便なんですか?

締め切り前の修羅場で三日寝てない愛徒。

脱衣所にいると扉越しに愛徒がやってきて
「見たいんだ」
どうせ幻滅されるなら早い方が良いとかスイーツ脳に侵されてるぞ。
実際に見たがってたのは資料の下着。何故そんな所に。

原稿にインクを零してしまったみはりは辞職して責任を取ろうとする。
それを見た愛徒は必死に原稿に取りかかる。

「大丈夫……大丈夫だよ」
イケメンだけどパンツ被ってるのが台無し。
あと、実際は常に代原がストックされてるらしい。

みはりは決意表明でショートに。

10年後にお互い一人だったら付き合ってあげる。
いやもう、今すぐ付き合えよ。






魔法少女大戦 第9話「東京都 小張凛の場合 第三幕」


光を纏った魔法少女は闇鍋会の敵。
なんなんだろうな、闇鍋会。

マガツヒに取り憑かれて闇堕ちした雨切レイ。
「綺麗なものは……好き。でも……あなたは嫌い」
露骨な尺稼ぎしてたな。







犬神さんと猫山さん 9th「犬神さんと痴話喧嘩」


痴話喧嘩中の二人。

後ろの習字に原田ひとみが。
ダチャンは確か猫山さんの姉だっけ。

チーズ食ってる杜松。自分も食いたくなってしまったな。

猫山さんが癖っ毛だからストパーかけたいと言ったら犬山が突然キレた。
猫山の全て=猫っ毛

ストレートの私に興味がないのかと言う猫山さんもガチレズだよなぁ。

「結局痴話喧嘩じゃねーか!」


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる