ブログパーツ

ブレイドアンドソウル 第9話「月」 感想

目的を失ったアルカは、カレンの誘いで渡門旅館で働くことにする。旅館の仕事を教え、いろいろと気遣ってくれるミハルと次第に仲良くなっていくアルカ。人間らしい感情が少しずつ芽生え始めていた彼女は、今までの暗殺者の生き方とはまったく違う世界があることを知る。しかしそんなアルカの安息の日々は、意外な人物によって打ち砕かれるのだった。

脚本:古怒田健志演出:佐々木純人絵コンテ:原 博作画監督:渡辺純夫・徳倉栄一


娯楽党の誘いを断り殺しの依頼も断りアルカはどこへ行く。
まあ、カレンの所に居着く訳だけど。これまで暗殺一筋だったせいか仕事は駄目駄目だな。
案外他で生きられないように剱一族の人間が意図して教えなかったのでは……?

ミハルと食べ物を半分こしててほのぼのとしたんだ。この辺りまではな!
途中まで「これってもしかしてあれじゃね?」と冗談交じりに思ってたら本当に呪みちるの炭焼き又六っぽい。まあ、あれは坊主の妄想だけど。

カレンは恋人が殺されたら殺した誰かの一番大事なものを壊すと誓っていた。
つまらないのは復讐する価値のないものに復讐する事。
器が満ちるのを待ってから殺さず痛みを与え続けるのがカレンの考えた復讐。

なにかと世話を焼いてたけどこういう裏があったとは……
ミハルはとばっちりに思えるが、カレンとしちゃ人を殺した者はその報いを受けるというのが全てなんだろう。

ひょっとしたらアルカが暗殺を請け負わなければ別の可能性があったかも、と考えたがあの様子では違うかな。
アルカにとって唯一の特技である暗殺さえも奪おうとしているのかもしれない。

アルカがカレンの仇だというのは動かしようのない事実。どういう決着をつけるのか。
正直微妙な作品だと思う時もあったけど、面白くなってきたな。難しいテーマだけに結末次第ではまた評価が変わりそうだけど。




その他雑感

ビッキー「生きる事を諦めないで!」

死んだリン族は何かを注いでいった(意味深)






関連記事

テーマ : ブレイドアンドソウル
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブレイドアンドソウル TBS(5/29)#09

第9話 月 公式サイトから目的を失ったアルカは、カレンの誘いで渡門旅館で働くことにする。旅館の仕事を教え、いろいろと気遣ってくれるミハルと次第に仲良くなっていくアルカ。人間らしい感情が少しずつ芽生え始めていた彼女は、今までの暗殺者の生き方とはまったく違う世界があることを知る。しかしそんなアルカの安息の日々は、意外な人物に よって打ち砕かれるのだった。 男を抱いたカレン、かつて愛した男が居た。...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる