ブログパーツ

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編VII」 感想

紗耶香は催眠術によって過去の記憶を改ざんされ、ブランシュに利用されていた。達也は自分と深雪の日常を損なおうとするものすべて駆除すべく、ブランシュを叩き潰そうとする。敵のアジトに向かう達也に、深雪、エリカ、レオ、十文字、そして紗耶香を利用されたことに憤る桐原まで同行するという。達也の指揮の下、アジトに乗り込む 一同。そこには武装したブランシュのメンバーとそのリーダー・司一が待ち構えていた。


脚本:木澤行人(セブンデイズウォー)/絵コンテ:吉田りさこ/演出:吉田りさこ/作画監督:高 炅楠



達也がナチュラルに逃げ出そうとする奴を始末しろと命令しててびっくらこいた。
達也は既に戦場に出た経験があるっぽいからまだしも、他の奴等はパンピーだろうに普通に受け入れたな。
経験がないからこそ軽く考えてるのかな、と思ったが戦闘後もエリカやレオが平然としてるし、暴力が有り触れた世界なのかもしれない。相手を殺しかけても悪ければ停学だし。
常識なんていらない~♪


ブランシュ日本支部のリーダー司一はコードギアスのロイド博士みたい。外見が。
こいつら、仲間が捕まったのに無警戒すぎないかな。非魔法師の機動隊とかが来たらジャミング効かないしどうする気だったんだろう。

キャスト・ジャミングの事を知っていた一は達也を勧誘。
やっぱレオ達に話したのは不注意だったな。今回は壬生や甲から漏れた訳だけど、あの喫茶店の会話から漏れる可能性は十分あったし迂闊としか言いようがない。

達也を意識干渉型系統外魔法光波振動系魔法邪眼(イビル・アイ)で洗脳しようとするが失敗。
取り敢えず食らってから解説を始める達也はエンターテイナー。

壬生は一の魔法で記憶改竄されてたらしい。流石に勘違いでテロは滑稽すぎるしな。
まあ、自分の方が弱いからって手合せを断った摩利も冷たいと思うけど。
初めての相手との戦いは得るものがあるだろうし、そもそも壬生は魔法なしの勝負を望んでたんだろうか。
実は面倒であしらってたのを後付けで誤魔化しただけなんじゃ

それにしても、催眠術が使えるなら大々的な襲撃をする必要なかったんじゃね?
一の視点では誰が相手でも無茶な命令をさせられると認識してた訳だし。


「祈るが良い。せめて命がある事を」
エターナルフォースブリザード振動減速系広域魔法ニブルヘイムで深雪はテロリストを一掃。
発言からしてテロリスト達が死んでも構わなかった深雪。ヤンデレブラコンめ。
どうもお兄様が助けたらしいけど。


レオが呆気ないと言ってたけどまったくだ。
学生側が圧倒的すぎて敵が可哀想に見えてきたぜ。過剰防衛だな。
テロリストが踏み台なのはいいけど、ある程度すごい所を見せてくれないと倒してもカタルシスも何もあったもんじゃねえ。
実質1巻だから相手がしょぼいのは仕方ないかもしれないが。


カチコミに関しては十文字の実家が十師族だから警察が介入しなかったらしい。
それについて色々言いたい事もあるが、とりあえず今回は保留。

十師族ってどういう経緯で名乗り始めたんだろうな。
たとえばある日、優れた魔法師が二十八人ほど集まって、
「俺は今日から一条な」
「それじゃあ僕は十文字」
「なら私はウェブデザイナーになるわ」
そんな感じで話し合って決めたのかな。四とか六とか微妙な数字は人気なかったに違いない。


エガリテのメンバーはお咎めなしらしいけど、教師や生徒には責められるだろうし、全員自主退学だろうな。
少なくとも学校側はそういう想定だろう。

風間少佐「オフレコで頼む」

壬生が達也に追いつけないって言った時に心なしかドヤ顔してて笑ってしまった。
どの発言で迷う事を思い出したんだろう。

ブランシュのリーダーを前にした桐原の勇姿(八つ当たりで腕切断)

壬生が桐原と付き合いだしたのは吊り橋効果の一種だろう。
高周波ブレードで襲われた時の心臓の鼓動を恋と誤認したんだ。あるいは、断ったらまた命を狙われるかもしれないから表向きは桐原に合わせているのだろう。どっちにしろ不憫な……

真面目な話、自分はこのカップリングそのものに不満がある訳じゃない。
でも一悶着あった男女がくっ付くのに必要な過程をすっ飛ばしてるだろ。前回、壬生と戦うのはエリカじゃなくて摩利の方が良かったんじゃないかって書いたけど、こうなるなら桐原と戦わせるべきだったと思う。
これって小説家になろうに投稿したものを書籍化した筈だけど、なんで加筆するなり道場のシーンを改変するなりしなかったんだ?まあ、アニメでカットされただけかもしれないけど。


「お兄様」
「ん?」
「深雪は、いつまでもお兄様に付いていきますから。たとえお兄様が、音の速さで駆け抜けていかれても。空を突き抜け、星々の高みへ駆け昇られても」
この妹なら比喩抜きで付いていきそう。

「俺は嫌々高校に通ってるんじゃないよ。この日常は、今しか経験出来ないものだと分かっているからね。俺はお前と、普通に学生でいられる事が楽しいんだ。
「お兄様……」
「そういう訳で、今日の所は、日常に戻ろうか」
入学編完。
次回から新章九校戦編スタート。


Cパートでスザク†クリムゾン・プリンス†一条将輝(CV松岡禎丞)登場。
原作読者の話では達也のかませ犬らしいけど。
EDのキャストを見た時は「まさてる」かと思ったら「まさき」か。


関連記事

テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第7話 「入学編Ⅶ」 感想

示せ、揺るぎない強さを―

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編VII」キャプ付感想

入学編、完結!  テロリストなどただのザコでした(^^; 次回からが本番の九校戦スタート。 達也のライバルになるらしい、クリムゾンプリンスが登場w   紗耶香は催眠術によって過去の記憶を改ざんされ、ブランシュに利用されていた。 達也は自分と深雪の日常を損なおうとするものすべて駆除すべく、ブランシュを 叩き潰そうとする。 敵のアジトに向かう達也に、深雪、エリカ、レオ、十...

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編Ⅶ」

第7話「入学編Ⅶ」 テロリスト殲滅に向かう達也たち。 ぼ く の か ん が え た さ い き ょ う の さ く せ ん

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編VII」

魔法科高校の劣等生の第7話を見ました。 第7話 入学編VII レオンハルトとエリカに退路の確保をしてもらいながら、武明と克人と共に反魔法活動団体ブランシュの日本支部のアジトに潜入した達也と深雪は甲の義兄である一と対峙する。 甲や紗耶香を光波振動系の洗脳用魔法「邪眼」で洗脳していたようで、達也は一を追い詰めていく。 「やるじゃねえか、司波兄。それで此奴は?」 「ブラン...

魔法科高校の劣等生 TokyoMX(5/17)#07

第7話 入学編VII 公式サイトから紗耶香は催眠術によって過去の記憶を改ざんされ、ブランシュに利用されていた。達也は自分と深雪の日常を損なおうとするものすべて駆除すべく、ブランシュを叩き潰そうとする。敵のアジトに向かう達也に、深雪、エリカ、レオ、十文字、そして紗耶香を利用されたことに憤る桐原まで同行するという。達也の指揮の下、アジトに乗り込む一同。そこには武装したブランシュのメンバーとそのリ...

魔法科高校の劣等生 7話 感想

魔法科高校の劣等生 入学編VII手を繋いで一緒に下校できるようになってよかったねw

魔法科高校の劣等生7話の感想「司波達也君強過ぎ!」

魔法科高校の劣等生7話「入学編Ⅶ」の感想です。 ついにブランシュのアジトへと侵入する魔法科高校生一同!

(`・∀・´)b付き合うなら低スペ! ~魔法科高校の劣等生 魔法科高校の劣等生 第7話「入学編VII」~

あらすじ(公式HPから抜粋) 紗耶香は催眠術によって過去の記憶を改ざんされ、ブランシュに利用されていた。達也は自分と深雪の日常を損なおうとするものすべて駆除すべく、ブランシュを叩き潰そうとする。敵のアジトに向かう達也に、深雪、エリカ、レオ、十文字、そして紗耶香を利用されたことに憤る桐原まで同行するという。達也の指揮の下、アジトに乗り込む 一同。そこには武装したブランシュのメンバーとその...

魔法科高校の劣等生 第07話 感想

 魔法科高校の劣等生  第07話 『入学編Ⅶ』 感想  レオ「次があっても俺留守番な気がする…」  エリカ「…」  次のページへ

魔法科高校の劣等生 #07 「入学編Ⅶ」

ブランシュ日本支部長が雑魚過ぎ。「魔法科高校の劣等生」の第7話。 学園を襲ったブランシュを壊滅するべく突入する達也と仲間たち。 達也の探査能力で人数などは丸わかり、迎えたリーダーの催眠術も達也には まるっきり通じず逃げ出す上に構成員も深雪にカチカチにフリージング。w 追った達也がさらに奥でキャストジャミングに囲まれるが、なぜかそれも達也に効かず。 最終的には別ルートで潜入してき...

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編VII」 感想!

メディアの違いを理解せよ、って何気に至言だよね。

魔法科高校の劣等生 第7話 入学編VII

魔法科高校の劣等生 第7話。 反魔法組織、ブランシュとの決着。 以下感想

魔法科高校の劣等生 #07「入学編Ⅶ」

ロイドさんとスザクさんがwwww これキャラデザした人がキアスのキャラデザインやってたアニメーターでしたよね。 そりゃあ、スザク似とロイドさん似が出てもおかしくないわw ・高校生がテロリスト退治 まあ、そんな事できるから魔法師はバケモノみたいな風潮が出来るんでしょうね。 幾ら外部(警察)の介入をふせぐためとはいえ、自分たちでテロリスト退治しちゃったよこいつ等…。 どうやら、剣...

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編Ⅶ」

「深雪はいつまでもお兄様について行きますから」 ブランシュを叩き潰す為にアジトへ乗り込むメンバー リーダーの司一と対峙する達也!    【第7話 あらすじ】 紗耶香は催眠術によって過去の記憶を改ざんされ、ブランシュに利用されていた。達也は自分と深雪の日常を損なおうとするものすべて駆除すべく、ブランシュを叩き潰そうとする。敵のアジトに向かう達也に、深雪、エリカ、レオ、十文字、そし...

魔法科高校の劣等生 第7話 『キャスト・ジャミングの罠!ブランシュと最終決戦!!』感想

「入学編Ⅶ」「行くぞ深雪。」 ついにテロリスト<ブランシュ>のアジトに乗り込みます!!

『魔法科高校の劣等生』#7「入学編VII」

「深雪のガーディアンである以上、 あの子は四葉を裏切ることはできないの」 お兄様、深雪はいつまでもお兄様についていきますから。 自分たち兄妹の日常を守るため、 学校を襲ったブランシュどもをたった数人で倒そうとする達也たち。 多少はピンチが訪れるかと思いきや、予想よりもはるかに圧勝ムード!! ようやく入学編が終わる…。。。

魔法科高校の劣等生 #07

『入学編 VII』

魔法科高校の劣等生 第7話

達也(CV:中村悠一)は、自分と深雪(CV:早見沙織)との日常を損なおうとするすべてのものを駆除するべく、ブランシュを叩き潰そうとします。 会頭・十文字(CV:諏訪部順一)を始めとして、深雪、エリカ(CV:内山夕実)、レオ(CV:寺島拓篤)、桐原(CV:杉田智和)が達也の指揮の下、ブランシュのアジトに潜入します。 桐原は、紗耶香(CV:戸松遥)が催眠術で過去の記憶を改ざんされて、...

魔法科高校の劣等生 Episode 07 「入学編VII」

【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 1(完全生産限定版)(オリジナルステッカー付き) [DVD](2014/07/23)不明商品詳細を見る 司波達也を仲間に取り込もうとするブランシュのリーダー。 浅はかな策略ですね。 兵力を持ちながら生かせないのは、司波達也のかませ犬でしか ないでしょう。 司波深雪の攻撃は、凍らせて相手を...

■魔法科高校の劣等生 第7話「入学編VII」

 長かった入学編も、いよいよ完結。  俺達の入学はまだ始まったばかりだ!、みたいな感じに…(^^;。  ちなみに、魔法科高校って、各地に何校か存在しているみたい

魔法科高校の劣等生 #7

達也たちは、ブランシュの日本支部を壊滅しました。そして、入学編の完結です。 ブランシュの日本支部に向かった達也たちは、作戦を決めて支部へと突入しました。達也と深雪が正面から突っ込み、十文字と桐原が敵の逃げ道を断ちます。そして達也たちの前に、支部のリーダーが現れました。司一は、魔法科高校の司の血縁みたいですね。最初は余裕をかましていた司でしたが、その洗脳能力が達也に通じないと知って焦りま...

魔法科高校の劣等生第7話感想 ~お兄様と並んで進めるのは私だけ~

タイトル「入学編Ⅶ」

「魔法科高校の劣等生」第7話

【入学編Ⅶ】 司波の「S」はドSの「S」だなっ

魔法科高校の劣等生 第7話 5/20 あらすじと感想 #mahouka

 突入。  十文字会頭の運転で、ブランシェ日本支部のアジトに突撃する。達也くんは深雪ちゃんとペアを組んで、奥へと進む。伏兵が居たようだが、達也くんの探査魔法で居場所は判明していた。広間に出たところで、ブランシェ日本支部のリーダーである司一と遭遇する。  司は、またもや、達也くんを勧誘する。しかし、達也くんが拒否すると、司は邪眼魔法を使って洗脳しようとする。しかし、達也くんによって...

『魔法科高校の劣等生』 第7話の感想と考察――お兄様がすべてやってくれました・・・・・・。

『魔法科高校の劣等生』 第7話「入学編Ⅶ」を観ました。<ストーリー>達也は自分と深雪の日常を損なおうとするものすべて駆除すべく、ブランシュを叩き潰そう

魔法科高校の劣等生 第7話 「入学編VII」 感想

ブランシュさん~逃げて~な回(←コラ) 【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 3(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.3付き) [DVD](2014/09/24)中村悠一、早見沙織 他商品詳細を見る

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編 7」

入学編としては最終回。元々敵の首領が小者キャラなので、終わりも呆気ないものです。 良かったこと ・アニオリで葉山と真夜を登場(しかも真夜のCVが斎藤千和さん!) ・原作でも苗字しか書かれてなかった四つ葉執事さんのフルネーム=葉山忠教を明示 悪かったこと ・アニオリのCパート・・・アレ要らんかった・・・あの誰得カットは腐女子向けサービス? 真夜の本格的登場はもちろん初めてでしたけど、美貌は知っ...

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編 7」

入学編としては最終回。元々敵の首領が小者キャラなので、終わりも呆気ないものです。 良かったこと ・アニオリで葉山と真夜を登場(しかも真夜のCVが斎藤千和さん!) ・原作でも苗字しか書かれてなかった四つ葉執事さんのフルネーム=葉山忠教を明示 悪かったこと ・アニオリのCパート・・・アレ要らんかった・・・あの誰得カットは腐女子向けサービス? 真夜の本格的登場はもちろん初めてでしたけど、美貌は知っ...

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編 7」

入学編としては最終回。元々敵の首領が小者キャラなので、終わりも呆気ないものです。 良かったこと ・アニオリで葉山と真夜を登場(しかも真夜のCVが斎藤千和さん!) ・原作でも苗字しか書かれてなかった四つ葉執事さんのフルネーム=葉山忠教を明示 悪かったこと ・アニオリのCパート・・・アレ要らんかった・・・あの誰得カットは腐女子向けサービス? 真夜の本格的登場はもちろん初めてでしたけど、美貌は知っ...

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編 7」

入学編としては最終回。元々敵の首領が小者キャラなので、終わりも呆気ないものです。 良かったこと ・アニオリで葉山と真夜を登場(しかも真夜のCVが斎藤千和さん!) ・原作でも苗字しか書かれてなかった四つ葉執事さんのフルネーム=葉山忠教を明示 悪かったこと ・アニオリのCパート・・・アレ要らんかった・・・あの誰得カットは腐女子向けサービス? 真夜の本格的登場はもちろん初めてでしたけど、美貌は知っ...

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編 7」

入学編としては最終回。元々敵の首領が小者キャラなので、終わりも呆気ないものです。 良かったこと ・アニオリで葉山と真夜を登場(しかも真夜のCVが斎藤千和さん!) ・原作でも苗字しか書かれてなかった四つ葉執事さんのフルネーム=葉山忠教を明示 悪かったこと ・アニオリのCパート・・・アレ要らんかった・・・あの誰得カットは腐女子向けサービス? 真夜の本格的登場はもちろん初めてでしたけど、美貌は知っ...

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編 7」

入学編としては最終回。元々敵の首領が小者キャラなので、終わりも呆気ないものです。 良かったこと ・アニオリで葉山と真夜を登場(しかも真夜のCVが斎藤千和さん!) ・原作でも苗字しか書かれてなかった四つ葉執事さんのフルネーム=葉山忠教を明示 悪かったこと ・アニオリのCパート・・・アレ要らんかった・・・あの誰得カットは腐女子向けサービス? 真夜の本格的登場はもちろん初めてでしたけど、美貌は知っ...

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編 7」

入学編としては最終回。元々敵の首領が小者キャラなので、終わりも呆気ないものです。 良かったこと ・アニオリで葉山と真夜を登場(しかも真夜のCVが斎藤千和さん!) ・原作でも苗字しか書かれてなかった四つ葉執事さんのフルネーム=葉山忠教を明示 悪かったこと ・アニオリのCパート・・・アレ要らんかった・・・あの誰得カットは腐女子向けサービス? 真夜の本格的登場はもちろん初めてでしたけど、美貌は知っ...

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編 7」

入学編としては最終回。元々敵の首領が小者キャラなので、終わりも呆気ないものです。 良かったこと ・アニオリで葉山と真夜を登場(しかも真夜のCVが斎藤千和さん!) ・原作でも苗字しか書かれてなかった四つ葉執事さんのフルネーム=葉山忠教を明示 悪かったこと ・アニオリのCパート・・・アレ要らんかった・・・あの誰得カットは腐女子向けサービス? 真夜の本格的登場はもちろん初めてでしたけど、美貌は知っ...

コメントの投稿

非公開コメント

疑問に思われてたみたいだし、ネタバレ?て程でもないので(アニメで説明なさそうだしw)

数十年前の大戦中に日本は国主導で協力な魔法師を作ろうとしてました。で魔法ってのは遺伝するので全国から魔法能力の高い人間を集めて研究(非人道的なものを含め)を始めます。でその研究所が全国に全部で10個あって、その研究所出身が十師族ですね。
第1研究からは一条、第10研究所からは十文字が生まれましたとさ

因みに、今戦争中だから日本。あっちが命狙った攻撃してくれば、殺しても構わないでしょ、しかも、弱くてもテロだよ?。これからも将来日本の戦力になる魔法科高校生は命狙われる、特にナンバーズは。だから、達也は深雪のガーディアンでもあるんだけどね。
まぁ、アニメ化自体が林檎の皮むきを頼んで芯だけが残った失敗作品。原作読んでるからそれなりに面白いけどねw

Re: タイトルなし


なるほど。説明ありがとうございます。
研究所の番号を名字に使うという事は十師族の側は研究所へ愛着を持っているのかな。


rajionさん
学生が戦えた事に違和感は残りますが、作中でそういう設定なら納得するしかないですね。

同じ2科生のエリカに剣で負けたことに意味があると思いますよ。摩利でも桐原でもどうせ私は2科だしという言い訳が心の中でできてしまうので。
エリカだからこそ素直になれたんだと思います。

>どの発言で迷うことを
達也がカフェで壬生と話した時じゃないかと思いますがどうでしょう

>くっ付くのに必要な過程をすっ飛ばしてる
自分も最初ビックリした記憶が
壬生と桐原のイチャイチャ生活を見せられたらグヌゥってなりそうw

Re: タイトルなし

一既読者さん
壬生の描写に関してはなんとも難しい所ですね。
桐原が病室の外で立ち聞きしてないでちゃんと話に来てればよかったのですが。
プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる