ブログパーツ

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話「いざ、温泉街へ」 感想

温泉街へやってきた冒険部一同。旅館に到着した重護たちは、廊下で友人と一緒に投宿していた雪姫と出会うが完全に無視されてしまう。夜、一心はあたりをつけていた洋館の見取り図を取り出す。それを見た天災は《遺跡》が存在する部屋を指し示す。翌朝、集合時刻になっても一心たちが姿を現さない。



脚本:菅原雪絵(セブンデイズウォー) 絵コンテ・演出:下田正美
総作画監督:坂﨑忠 作画監督:シノミン・伊集院いづる・鈴木豪




OPでも思ったけど徒然影虎って荒川弘の漫画に出てきそうなキャラデザ。

一心はプレイボーイ。
報いを受ける受けろ受けてくれ。

でゅふふ。
ご主人様の唾液の味が気になるダルク。前にも書いたけどちゃんと性欲あっていいよね。

同じく気になる夕。
この人、男風呂を覗いた時もそうだけど中途半端に積極的なくせに一線を超えられないな。

遺跡の仕掛けに詳しい重護。そして既に誰かにクリアされた遺跡。
あっ……(察し)

イビキを理由に別室にしたのもそれが理由だろうな。冒頭でとろとろプリンを買おうとしたのもクール便の手続きをしても疑われない為の偽装かな。
天災は気付いてたっぽいけど。実はなかなか届かないのは回収されてたからだったりして。

棒読みの如月静香は鷲の変装かと思ったら岬かもめの方だったでござる。
真山りかは本職の声優じゃなくてタレントっぽいな。私立恵比寿中学って学校名じゃなくてアイドルグループ名だったのか。

何だろうな。前回に続いてすげーぶつ切り感がある。
今回の内容からして前回はあそこで切っても問題なかった筈なんだが。1巻のラノベを数話に分けるアニメ特有の問題だな。


関連記事

テーマ : 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 #06

『いざ、温泉街へ』

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話「いざ、温泉街へ」

「当たりをつけた遺跡はこの洋館だよ」 洋館の遺跡に隠された七々々コレクションとは… しかし、手に入れたコレクションが何者かに盗まれた!?     【第6話 あらすじ】 温泉街へやってきた冒険部一同。旅館に到着した重護たちは、廊下で友人と一緒に投宿していた雪姫と出会うが完全に無視されてしまう。夜、一心はあたりをつけていた洋館の見取り図を取り出す。 それを見た天災は《遺跡》が存在...

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話「いざ、温泉街へ」

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金の第6話を見ました。 第6話 いざ、温泉街へ 温泉街へやってきた重護達冒険部は日々の疲れを癒し温泉と食事を満喫したその夜、一心は《遺跡》とおぼしき洋館の見取り図を皆の前に取り出す。 「ここから近いっすね」 「ここを遺跡と判断した理由は何だ?」 「所有者が実在しない人物なんだ。人が出入りしている形跡もない」 見取り図から2階にあるのに1階に柱のな...

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話「いざ、温泉街へ」 キャプ付感想

待望の温泉回(?) 一番サービスしたのが男の娘メイドだった事実(笑) 天災の名推理もありますw   温泉街へやってきた冒険部一同。 旅館に到着した重護たちは、廊下で友人と一緒に投宿していた雪姫と出会うが完全に無視されてしまう。 夜、一心はあたりをつけていた洋館の見取り図を取り出す。 それを見た天災は《遺跡》が存在する部屋を指し示す。 翌朝、集合時刻になっても一心たちが...

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 フジ(5/15)#06

第6話 いざ、温泉街へ 公式サイトから温泉街へやってきた冒険部一同。旅館に到着した重護たちは、廊下で友人と一緒に投宿していた雪姫と出会うが完全に無視されてしまう。夜、一心はあたりをつけていた洋館の見取り図を取り出す。それを見た天災は《遺跡》が存在する部屋を指し示す。翌朝、集合時刻になっても一心たちが姿を現さない。 七々々のとろとろプリンを買い損ねた重護。徒然景虎を正式に紹介されて冒険部が勢ぞ...

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話 「いざ、温泉街へ」  

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/06/25)田辺留依、小野友樹 他商品詳細を見る 温泉に行くと夢路百合香が旅館に居るね。 これは、茨夕が嫉妬するのも無理はない。 そして、不義雪姫が泊りに来ている。 なんでやねん。 そんな不義雪姫を壱級天災は、しっかりマーク。 納得いかないのは、星埜ダルクが女性部屋に...

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話「いざ、温泉街へ」感想

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話「いざ、温泉街へ」感想   ご注文はうなじですか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる