ブログパーツ

風雲維新ダイ☆ショーグン 第六話「大乱の重義、江戸鮮血開城!」 感想

慶一郎と同じように鬼神を操ることのできる一ツ橋重義。彼こそ17年前に日本にやってきた黒船を焼き払い、徳川の体制を護った英雄であった。現在はほかの有力者に疎まれ、半ば幽閉されている重義だが、徳川幕府の腐敗を前にある計画を実行に移す。

脚本 : 武田無我 , 佐藤大 絵コンテ : 羽多野浩平 , 渡部高志 演出 : 小野佑樹 
作画総監督 : 西尾公伯



ペリー「開国してくださいよ~」
ペリー来航が21年前って事は作中は1874年頃?史実の佐賀の乱の前後か。

OPの集団はやっぱり新撰組だったか。
列剣伝や流亡伝の作者に教えなきゃ(使命感)
伝習隊や彰義隊とはどこで差が付いたのか。慢心、環境の違い。

近藤勇 美名
土方歳三 ブリドカットセーラ恵美
沖田総司 藏合紗恵子
土木作業員は能登麻美子さんかと思ったらブリドカットか。総司は男の娘かな。井伊が悲鳴を上げてたし。

ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲じゃねーか、完成度高けーなオイ。
エセ外人っぽいおっさん、グラバーやスネルかと思ったらフルベッキか。

沖田が井伊の腹を掻っ捌き重義が印籠回収。印籠はそんな所にあったのかよ。
重義は黒船を撃退した後に水戸に謹慎させられてたらしいが、史実の桜田門外の変で井伊直弼暗を暗殺したのも水戸藩士だったな。
井伊にはもっとドレスブレイクで活躍してほしかった。

重義は支持者多かったみたいだし、普通に政治的に解決出来たんじゃね?慶喜公ならやれた筈。
武力行使しか出来なかったのが重義の器の限界って事なのかな。ぶっちゃけ重義が立派だと慶一郎が戦う理由ないしな。
腕組みしてるタケミカヅチは格好良かったけどね。

そんなに悪い人じゃなさそうだった松平さんは南無。

井伊は将軍は幕府を維持する理でしかないと言ったが、三好長慶や織田信長も同じ事を思った時があったんじゃないかな。
鎌倉幕府なんて途中から執権の北条が実権を握って末期には内管領の長崎だしな。幕府とは一体何なのか。

朱い月はエミュレイター出現の前兆だな。



関連記事

テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風雲維新ダイショーグン TokyoMX(5/14)#06

第6話 大乱の重義、江戸鮮血開城 公式サイトから慶一郎と同じように鬼神を操ることのできる一ツ橋重義。彼こそ17年前に日本にやってきた黒船を焼き払い、徳川の体制を護った英雄であった。現在はほかの有力者に疎まれ、半ば幽閉されている重義だが、徳川幕府の腐敗を前にある計画を実行に移す。 21年前に来航した黒船を撃退した鬼神タケミカヅチに 搭乗した少年こそが一ツ橋重義だった。将軍が大奥以外から側室を迎...

風雲維新ダイ☆ショーグン 第6話「大乱の重義、江戸鮮血開城」 キャプ付感想

今回は慶一郎と戦うことになるだろう一ツ橋重義の物語。 幕府の腐敗に立ち上がったサムライ。 単純に悪とはいえないキャラですね…。 慶一郎と同じように鬼神を操ることのできる一ツ橋重義。 彼こそ17年前に日本にやってきた黒船を焼き払い、徳川の体制を護った英雄であった。 現在はほかの有力者に疎まれ、半ば幽閉されている重義だが、 徳川幕府の腐敗を前にある計画を実行に移す。  

風雲維新ダイ☆ショーグン 第6話 5/20 あらすじと感想 #daishogun

 今回はシリアス。  冒頭は、かつて、黒船を撃退したという、一橋重義の姿。このとき一橋重義が操ったとされるオニガミ「タケミカヅチ」は、どこかに封印されてしまったらしい。  そして、現在、徳川家では、将軍が新たな側室を迎えるという話が持ち上がっていた。その側室の話を持ってきた者は、井伊大老らしい。一橋重義は、井伊大老の所業を快く思っておらず、その席を立ってしまった。  側室の...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる