FC2ブログ
ブログパーツ

神々の悪戯 第6話「月光の指輪(きもち)」 感想

秋のある日、お月見を計画した神々と結衣。準備を引き受けた日本神話の月の神・月人は、
お月見の当日、無理がたたって倒れてしまう。心配する尊の言葉も聞かず起き上がろうとする
月人に、トトは「今のままでは卒業できない」と告げる。自分に何が足りないのかと困惑する月人。
そこにロキが現れ、足りないのは『愛』だと言うと――!?


トト様の命令で風紀を取り締まってる月人。
苺大福はアウトか

月人「神が嘘を吐いても良いのですか?」
ゲレグ「良いんじゃね?」
ヘルメス「そうそう」
八十神「騙される方が悪い」
ウェウェコヨトル「だよなー」

風紀委員なら女性のスカートを引っ張れるのか……なるほど……

連日の準備に加え朝の5時から立っていたせいで寝不足で倒れる月人。
一人で無理しすぎだわな。

「ラヴァーズリング~(ドラえもん風)」
指輪を取り出すロキ。
アンドヴァリの持ってたアンドヴァラナウトかな?
装着者が片時も離れず、二人が以心伝心通じ合わないと外せないらしい。
ヘルマプロディートス「自分よりはマシだな。死にさらせオリュンポスの神共」

電撃食らってる時の皆の微デフォルメが可愛い。天丼も笑った。

恋人が理解出来ない月人。
六柱の神の中で唯一妻がいないんだよな。そもそも性別すら定かじゃないが。

ロキに唆されてキスをしようとする月人。
レイプ目で顔を近付かれると怖い。

止めようとするアポロン、バルドル、尊。
好感度的にはこの三人がトップ3なのかな。

壁ドンがマンネリ化してきた頃に机ドンと絡めてくるとは、流石はトト様だ。

「君は俺の背中を見ていてください」
指が繋がったままじゃ難しいな。

北欧神話ではユミルの汗から男女の巨人が生まれたというが、日本神話でも汗から神が生まれそう。

尊は二人が近い事の、どっちを気にしてるんだろな。

腹を減らした結衣に団子をあげて良い雰囲気だと思ったら自分で台無しにしやがった。
余計な事を言わなければときめいたかもしれないのに。
だがススキ畑で自主的に手を繋いだのは高評価だぞ。

「食事とは美味しいのですか?」
保食神「あ"?味が分からないなら文句言わずに食えや!」

楽しいかは関係なく使命だからやってた月人。
使命が存在価値で月を眺めること以外には興味が持てない。
神話での影の薄さをこう解釈したか。
トト様が卒業出来ないって言ったのはこの辺りが理由かな。

そんな月人に対して結衣は準備が楽しかったと言い、月人も楽しいというのは分からないが今見ている月はこれまでで一番美しいと返答。
これまで使命だけだった男が自分の欲望を抱く話は面白そうだな。アニメだとあっさり解決しちゃいそうだが。

侘び寂び略してワサビ。その発想はなかった。
ミダス「ほらよディオニュソス、ワインをやるよ……おっと、黄金になっちまったぜ!HAHAHAHA!」



関連記事

テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神々の悪戯6話の感想「戸塚月人君回!」

神々の悪戯6話「月光の指輪」の感想です。 風紀委員として、校則に反する持ち物を持ってきた生徒を取り締まっていた月人君! こそこそしてるハデスさん可愛過ぎる(*´▽`*)結局大福の持ち込みがばれちゃう ところもお茶目で可愛いwロキ君はおもちゃとかパズルとか持って来過ぎw 大門カイト君でもそんなには持ってませんよw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる