FC2ブログ
ブログパーツ

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」 感想

生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。
同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献にハッキングを仕掛けていた。同盟のリーダーである司甲(つかさ きのえ)から、彼らの手引きを命じられた紗耶香。言いつけに従いながらも、明らかな犯罪行為を前に心中は複雑で……。

脚本:木澤行人(セブンデイズウォー)/絵コンテ:島津祐行/演出:徳本善信/作画監督:町田康行



前回は銃とかRPGとかぶっ放してたのに今回は白兵戦を挑んでくる優しいテロリスト達。

小野先生の壬生に機会を与えてほしいというお願いを達也は甘いと一蹴。
非難したレオに対して、余計な情けをかけたら自分以外も怪我をすると諭す。
しかしそれはあくまで戦闘中の話であってちゃんと壬生の事を考えていると後の描写で分かるんだけど。

達也が索敵した時に壬生のポニテがちゃんと映ってて笑ってしまった。
それにしてもこの索敵も評価対象外か。

敵の目的は魔法大学の機密文書らしいけど、それなら直接大学を襲った方が良かったんじゃね?
襲撃された施設からのアクセスは遮断されるんじゃ。
警備の問題だったのかもしれないが、どっちも教育機関だし内通者がいるんだからそこまで難易度に差があるようには思えない。そもそも内通者がいるなら魔法科高校だって大掛かりな襲撃しなくても良いんじゃないかと思うが。

「愚かな真似はやめなさい。私がお兄様に向けられた害意を見逃す事など、ありません」
好意も見逃さないよね。

誰もが等しく優遇される平等な世界はない。才能も適正も無視した平等な世界があるなら誰もが等しく冷遇される世界。
つまり共産主義だな。

深雪が自分は達也を差別してない、敬愛してるって言ってるけど、達也って魔法科高校の評価基準に合わないだけでずば抜けた才能があるみたいだから引き合いに出されても壬生も困るだろう。いや、「お前も自分と同じように差別されただろ!」と話題にしたのは壬生の方だけどさ。
あと達也を侮辱する奴は無知って構図がちょっと気持ち悪い。

誰よりも自分がウィードだと蔑んでいたのは壬生自身だという事に関しては、自分も以前の感想で壬生は不平を訴えるだけで魔法を磨く気はないと指摘したんだが、こういうのって壬生と同じ立場の人間が言わないと逆上させるだけなんじゃないかな。
達也は知り合ったばかりだから上辺だけの剣の腕や容姿しか評価出来なかったって話にしたって、達也一人に認められたかった訳じゃないだろうし。……だよね?

エリカVS壬生。OPで戦ってたのはこういう事か。
壬生は摩利にコンプレックスがあったらしい。エリカはよく知ってたな。
で、その摩利は気流を操作して香料を掛け合わせて自白剤を作れるとか。ソラリスシンドロームか。

テロ組織に加入した原因:難聴による勘違い。
ポカーン……だ。
キスをキムチと聞き間違えそうだな。

達也の胸で泣く壬生。また深雪にぶちのめされるぞ。

警察を介入させると壬生が強盗未遂で家裁送りらしいが、それで済むのか。
まあ、まだ未成年だし……ね?
……もちろん他の生徒も助けるんだよね?壬生だけじゃないよね?

自分と深雪の日常を損なう輩を駆除する為に小野先生から情報を聞きブランシュの拠点にカチコミをかけるつもりの達也。
襲撃メンバーに桐原も加わる。
ここで再登場か。ぶっちゃけ魔法科高校の世紀末っぷりを表現する為の使い捨てキャラだと思ってた。
壬生の剣を汚染した奴がいるという発想が怖い。達也やエリカは褒めてたじゃん。
まあ、作品の構成からして桐原の発言が全くの的外れというのも考えにくいが……上着脱いだ後は本来のキレを取り戻したんだろうか。

でも仮に壬生が洗脳の類を受けてたとしても桐原が高周波ブレードを振り回す危険人物だって事には変わりないよな。
Cパートは達也に対して申し訳なさそうにしててもよかったんじゃないかな。








関連記事

テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 Episode06 「入学編VI」

魔法科高校の劣等生 Episode06 「入学編VI」です。 やはりうちのブログ

魔法科高校の劣等生 第6話 「入学編Ⅵ」 感想

足るを知れ―

分を弁えるがいい、下民共―【アニメ 魔法科高校の劣等生 #6】

【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 1(完全生産限定版)(オリジナルステッカー付き) [Blu-ray](2014/07/23)不明商品詳細を見る アニメ 魔法科高校の劣等生 第6話 入学編Ⅵ 一蹴―

魔法科高校の劣等生感想入学編Ⅵ

いきなりバトル(泣) セーターで胸でかいったすごい(笑) バトルだらけ(泣) 機密文書わ図書館にないよ 図書館に絵本わありますか???(笑) コミックわありますか???(笑)

(^ω^)可哀想なニブチン ~魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」~

あらすじ(公式HPから抜粋) 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。 同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献にハッキングを仕掛けていた。同盟のリーダーである司甲から、彼らの手引きを命じられた紗耶香。言いつけに従いながらも、明らかな犯罪...

魔法科高校の劣等生 TokyoMX(5/10)#06

第6話 入学編IV 公式サイトから生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献にハッキングを仕掛けていた。同盟のリーダーである司甲から、彼らの手引きを命じられた紗耶香。言いつけに従いながらも、明らかな犯罪行為...

魔法科高校の劣等生 6話 感想

魔法科高校の劣等生 入学編VI壬生先輩メインだったから、達也さんあまり活躍せず残念!

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」 感想!

終わんなかったw

魔法科高校の劣等生 第06話 感想

 魔法科高校の劣等生  第06話 『入学編Ⅵ』 感想  劣等生「警察なんて当てにならない!」  ブラックブレット「まったくだよ」  攻殻機動隊「本当にな」  警察「おいw」  次のページへ

魔法科高校の劣等生 第6話

生徒会や風紀委員の活躍で、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されて行きます。 敵の情報を得た達也(CV:中村悠一)たちは、図書館へ急ぎます。 彼らの本当の狙いは、魔法大学の機密文献にハッキングすることだったようですね。 案内したのは、紗耶香(CV:戸松遥)です。 二科生としての待遇改善を求めていただけなのに、こんな犯罪行為に巻き込まれて、紗耶香の心中は穏やかではないようで...

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編Ⅵ」

第6話「入学編Ⅵ」 深雪のお兄様教が全裸謎空間を作り出すまでに昇華したw (やっぱこれはノルマなんだなと確信w) まぁそこはいいとして司波兄妹の介入と二科生ってマジですか?なレオとエリカの活躍もあってテロリストはあっさり拘束されたなぁという印象。 壬生先輩のフォローに終始した感じですかね。

魔法科高校の劣等生 第6話 入学編VI 我を讃えよ感想

目先が曇れば剣先鈍る。

魔法科高校の劣等生 #6

【入学編VI】 【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 2(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.2付き) [Blu-ray]アニプレックス(2014-08-27)販売元:Amazon.co.jp 入学編だけで終わる ...

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」キャプ付感想

テロリストを鎮圧する達也さん強すぎw 深雪との生活圏に入った邪魔者に達也さんの怒りが炸裂(^^; あくまで妹だけが大事な兄です(笑) 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。 敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。 同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献に...

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編Ⅵ」

「俺と深雪の日常を損なおうとするものは全て駆除します  これは俺にとって最優先事項です」 ブランシュの狙いは機密文献である魔法研究の最先端資料! 今回の一件を見過ごせず叩き潰す為に拠点へ乗り込むつもりの達也   【第6話 あらすじ】 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図...

魔法科高校の劣等生 #06

『入学編 VI』

魔法科高校の劣等生 #06「入学編Ⅵ」

こ、高校生? ぼくがかんがえたさいきょうのこうこうせい ってやつを、真面目に文章化して、さらにアニメ化されるとちょっとツッコミが追い付きませんね。 アニメの中二病みたいなやつだと笑えるんですが…。 ・警察は後から来るもの 魔法科高校だから、二科生でも強いのでしょうかね。 いやーレオ君ってば硬化系ですか? CADも特別性ですか。音声認識とか発音間違えたら最期じゃね? つか、...

『魔法科高校の劣等生』#6「入学編VI」

「俺と深雪の日常を損なおうとするものは、すべて駆除します」 公開討論会がうまくいったと思ったら、テロリストが急襲!! 達也は攻撃された棟に向かおうとするが、 小野というカウンセラーがそっちは囮で、敵の本命は図書館だという。 そこまで分かっててなぜ…と思わないでもないんだが~

魔法科高校の劣等生 #06 「入学編Ⅵ」

ノースリーブが眩しい壬生先輩がフルボッコ。「魔法科高校の劣等生」の第6話。 ブランシュの突入に対して講堂での制圧は完了して図書館へ向かう司波兄妹。 途中、カウンセリングの先生が沙耶香に機会を与えて欲しいと達也に願い出るが 達也の答えはNO。 そして図書館へ突入、ロビーではエリカが頑張って司波兄妹は難なく資料室まで辿り着く。 なぜ資料が盗まれているのかも理解せずに立ち会っていた沙...

魔法科高校の劣等生 Episode 06 「入学編VI」

【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 1(完全生産限定版)(オリジナルステッカー付き) [Blu-ray](2014/07/23)不明商品詳細を見る 騒乱の最中、相手を吹き飛ばす魔法を発動する司波深雪の魔力は 意外と強いものですね。 何故だか、お色気一杯のカンセラー小野遥がテロリストの情報提供。 この人、一体何者でしょうか。 何...

魔法科高校の劣等生 第6話 「入学編 VI」 感想

遥先生はおっぱいテロリスト。

魔法科高校の劣等生 第06話 「入学編Ⅵ」 感想

nefiru: さすが達也さん雑魚如き殺さず制圧なんて楽勝だぜ( ・´ー・`) g_harute: 魔法をジャミングされようが楽勝っす nefiru: 魔法というか肉体面が強い仲間多すぎぃ g_harute: 脳筋1と剣道娘1       わーお nefiru: 魔法は防御力UP,スピードUPあとは物理で殴る!!!      やっぱ物理が最高なん...

魔法科高校の劣等生第6話感想 ~その幻影を打ち砕く!~

タイトル「入学編Ⅵ」

(アニメ感想) 魔法科高校の劣等生 第6話 「入学編Ⅵ」

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)(2011/07/08)佐島 勤商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コ...

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」

魔法科高校の劣等生の第6話を見ました。 第6話 入学編VI レオンハルトやエリカの力も借りて反魔法活動団体の狙いである魔法大学の非公開資料を達也と深雪は守り抜くのだった。 剣道選手としての評価と二科生としての評価のギャップに悩んでいた紗耶香は甲にマインドコントロールされていたようで、達也は勘違いし続けた1年間は無駄ではなかったと説く。 そして、反魔法活動団体を根絶やし...

『魔法科高校の劣等生』 第6話の感想と考察――なんでエリカは摩利先輩のことをあの女呼ばわりするのか?!

『魔法科高校の劣等生』 第6話「入学編Ⅵ」を観ました。<ストーリー>生徒会や風紀委員を始めとする生徒達の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧さ

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」感想

テロリスト VS 学生たち。 普通に考えればテロリストのほうが有利なんですがね~ テロリストたちも相手を理解できなかったのでしょうかね? 無謀にも程がある(^_^;) 【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 2(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.2付き) [Blu-ray](2014/08/27)不明商品詳細を見る

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編 6」

エリカvs紗耶香の殺陣のシーン、OP画のカットから少しは期待してたんですけどね・・・決めッ!ってところを直接描写でなく背景画で誤魔化すしBGMはダサダサだったりで演出がイマイチ。ここは入学編でのアニメスタッフの腕の見せ所の1つだったと思うんだけどなぁ・・・。 紗耶香の懺悔を桐原が盗み聞きしていたのと、十文字と桐原の問答のシーンはアニメオリジナル。桐原が中学時代に紗耶香へどういう印象を持ってい...

コメントの投稿

非公開コメント

魔法大学の警備は超厳重だから、比較的襲いやすそうな高校の方を囮にして図書館を襲ったとかなんとか
ただ、テロ組織が襲撃しやすいように仕向けた連中が

壬生がなぜあんなバカ(難聴)なことしたのかは来週のお楽しみで

原作を消化して自分なりの魔法科高校の劣等生になってるけど、その意見。
まず、ネタの出し方のタイミングが悪すぎる。アニメのタイミングにしてないのがわるい。司波兄妹の裸はいらないw スタッフの悪乗りとしか思わない。
達也の考え、エリカの思いがここで出てないと意味不がふえて萎える。
達也を侮辱するのは無知。アニメの中では当然の事。視聴者にとっては達也をもう大体知ってた方が楽しめる場面。そのネタは多分小出しでこの先出して行くと思う。

深雪の日常を損なう輩の駆除は、兄弟愛が理由の一番じゃない事だけは知っていた方がいい。アニメでそうみせてるけど。
達也の胸で泣く壬生。それを観て深雪はどんな顔をした?。あの時の態度には深雪の心の未熟さや本当の思いが隠されてる。大体のことは後で明かされるはずw明かされない場合や薄っぺらい明かし方したらまた、ネタバレしないように勝手に説明しますw。
うざいなら、ごめんなさいもうしませんw
兎に角説明削るだけならいいけど、心情や考え等居るものまで削られまくってるので。

Re: タイトルなし

やはり大学の方が厳重ですか。
流石に勘違いでテロはあまりにあんまりなので来週を楽しみに待つ事にします。


rajionさん
ラノベ原作のアニメだと地の文はどうしてもカットされがちになりますね。
不十分だった場合は説明お願いします。

>白兵戦を挑んでくる優しいテロリスト達
自分も思いました
そもそも先週の銃撃戦にビックリしてました

>達也を侮辱する奴は無知って構図
妹ちゃんの狂気。ブラコンって言葉じゃ足りない
壬生は憧れの人に認められたい!って意識から行動したんじゃないかなーと思います。摩利に認められたかったんじゃないかと想像

>達也に対して申し訳なさそうにしててもよかったんじゃないかな
恥ずかしくてできないんじゃないかとw

魔法科高校の人達、特に第一高校生の先輩方々は基本頭キレるし魔法実力者達。司波兄妹目線で話進んでるから他の人達は霞んで見えるけどね。それでも達也は神レベルって思っておけば中々いい意味で笑いながら楽しめるかもw魔法への理解も何となくでいいんじゃないかな?俺でもなんとなく出しw。だってリアルにはないからね魔法。そんなの完全に理解しても意味無い。

Re: タイトルなし

一既読者さん
摩利に認められたかったというのは自分もあると思います。
だからエリカじゃなくて摩利と戦うべきだったんじゃないかと思いました。

桐原はバツが悪いでしょうね。



rajionさん
なるほど。そういう視点でも見てみようと思います。
プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる