ブログパーツ

ジェネラル・ルージュの凱旋 感想



ローカルエリア接続が出来なくて暇という不純な動機だし前作は見た事ないけど視聴してみた。
そういえば公開当時、CMでタイトル見た時にクメール・ルージュを連想した記憶がある。あと前作もバリスタと間違えるという実に安直な勘違いをしてしまった。


あらすじ
「チーム・バチスタの栄光」では原作の主人公を中年男性から若い女性に変更した脚色、従来の医療ドラマとは一線を画す手術シーンなど大胆さと繊細さを兼ね備えた本格メディカル・エンターテイメントとして大ヒット!
本作は原作ファンの間ではシリーズ最高傑作として最も人気が高く「患者のたらい回し」「医師不足」「ドクターヘリ」問題などリアルな医療事情を取り込むなど、現役医師の海堂尊が原作者だからこそのミステリー。

チーム・バチスタ事件を解決した(と思われている)窓際医師・田口公子(竹内結子)のもとに、一通の告発文が届く。「救命救急の速水晃一センター長(堺雅人)は医療メーカーと癒着している」と。
そんな中、骨折をした厚生労働省の破天荒な官僚・白鳥圭輔(阿部寛)が運び込まれ2人は嬉しくない再開を果たした。救命救急の速水は“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)の異名を持つ男…告発文には予想外の闇と陰謀が隠されていた!

これデータ放送を書き写したけど再会の誤字だよな。


率直な感想だけど、超面白かった!
まさか女装癖のある口紅将軍が事実だったとは……自分の目を持ってしても見抜けなかった。
でも指揮官が青い顔してたら駄目だからって口紅差し出す花房さんはちょっとおかしい。

堺雅人の演技が凄かったけど、所々で内村光良に見えてしまう。

自殺未遂の女の子を公子が励ました事に感謝する場面が印象的だったな。患者の命を救う事が出来ても心を救えない事に歯痒さを覚えていたんだろうなぁ。
速水先生については震えてる公子を心配してた辺りで良い人じゃね?とほぼ確信したね。小袋の中身は時間帯的にミスリードっぽいなと思ってたし。チュッパチャップスでマジェプリのリンリンを思い出す。

「死んだら金取れないもんね」
最初の方で三船に言ったこの台詞って皮肉であり、同時にすげー拘泥たる思いだったんだろうな。

それにしても
「あの人は子供ですから」
「ワガママ将軍」
「わがままな3歳児」
と、散々な言われ様だよな。まあ、そこがまた良い味出してるんだけど。

普段から対立してて懲戒免職を要求した佐藤への
「迷うな。お前の判断=俺の判断だ。自信を持て」
とかも良いねぇ。
山本太郎は役者としては実力あるよね。原発の放射線被害って恐い。

「寒い所は……苦手なんだ」
「私は……平気です」
エンダァアアアアアアアアアアアアア!

沼田も怪しさ満点でこれもミスリードかなと思ったら直球だった。
まあ、2時間だからな。と勝手に納得してたらそんな黒さが霞むサイコがいた。こえー、ヤンホモこえー。お前がメンタルケアしてもらえ。

トリックの上田次郎といい残念なインテリが似合うな、阿部寛。

事故発生→速水が院内を指揮を任される流れでテンション上がってたんだけど、
「誰か指示して分かんないから」
でおいいいいいいいいい!となった。

原作者が本職の医者らしくて病院の実情にも触れられてたな。
全身大火傷とかだと病院側が赤字になるとか(これの説明があるから後半で治療する場面が活きる)ドクターヘリが維持費で2億もかかるとか初めて知った。
2億は大金だよな。商売的な事情を抜きにしてもその金を別の部分に振り分ける事で助けられる命があるだろうし。ジレンマだな。
あと病院をたらい回しにされて死亡ってニュースは結構聞くけど、現行だと治療に失敗して損害賠償請求されるよりは受け入れ拒否の方がダメージ少ないんだよな。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる