FC2ブログ
ブログパーツ

ブラック・ブレット 第1話「最後の希望」 感想

突如、現れた異形の寄生生物「ガストレア」。赤く輝く目と圧倒的な力、そして桁外れの再生能力を持つ彼らの侵攻に、人類はなす術もなく大敗を喫する。
国土の大半を失った現在、人類は彼らが唯一弱点とする金属「バラニウム」で作ったモノリスで囲われた、狭い「エリア」の中で、ガストレアの脅威に怯え、隠れながら生きることを余儀なくされていた。
そんな中、生き残りをかけた人類のささやかな抵抗として組織されたのが、ガストレアへの対抗手段を持ったスペシャリスト集団「民間警備会社」――通称、民警。
そのひとつ、天童民間警備会社に所属する高校生・里見蓮太郎は、相棒の少女・藍原延珠と共に、東京を壊滅に追い込まんとする、危険な企みに巻き込まれていく――。



2031年、東京エリア。未知の生命体・ガストレアに受けた壊滅的被害から復興を遂げた人類は、未だその脅威に怯えながら暮らしていた。対ガストレア最後の砦である民警のひとりとして天童民間警備会社に所属する高校生・里見蓮太郎は、ある事件現場で、仮面にタキシード姿の怪しい男・蛭子影胤と遭遇する。警官たちはおろか、蓮太郎すら歯牙にもかけぬ圧倒的な強さを発揮した彼は、『世界を滅ぼす者』と名乗り、姿を消す――。



ラノベ原作の新アニメだが、いきなり「死にたくなければ生きろ」で吹いてしまった。
そこは普通契約しろとか言う場面なんじゃね?
生きろと言われて生きれたら苦労はしない。
世界観や主人公の声優から進撃の巨人っぽいという意見をよく目にするけど、個人的には紅や円環少女に近い印象を受けた。

序盤の蓮太郎がガストレアと戦う所で世界観がよく分からなくなった。
現実でも手柄欲しさに過剰に交通違反を取り締まる警官がいるけど、それは命の危険がないからで、人類を追い詰めた化物相手に先走るかな?
警部が普通の銃弾は効果がない事を知らなかったのも違和感。脅威を知ってるのは既に全員死んだとか?
つーか体液感染するんだから防護服とか着ようよ。

あと警官にもバラニウムの銃弾を支給すりゃいいのに。日本では豊富に産出されるらしいし。
モブが駄目で主人公を活躍させる為の舞台作りが上手くいってない。

技名言っちゃったか。
異能系なら発動の為に言わなくちゃいけないとか勝手に解釈するけど体術はなぁ。

もやし6円か。それは安い。
詠「ガタッ」

報酬って現場で受け取るものなのかよ。
ってか警察が未払いする訳ないだろ。ただでさえガストレア相手に無力で肩身が狭いだろうに、こんな事が発覚したら死活問題だろ。
そういえば蛭子影胤の事を報告してなくね?カットされただけかな。

蓮太郎「小学生は最高だぜ!」
延珠がエロい感じで注射の時間と言ってたが、デモンベインのアル・アジフも似たような事をしてたな。

敵と真っ向から戦えるのが敵と同じ力を持った者達ってのは王道だな。
その辺の葛藤とか周囲からの偏見や差別がしっかり描かれるのを期待。

タイトルについてなんだけど、英語の日本語表記に正解はないがバレットの方が一般的じゃね?


スタッフ
原作 - 神崎紫電(電撃文庫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊)
原作イラスト - 鵜飼沙樹
監督 - 小島正幸
副監督 - 博史池畠
シリーズ構成 - 浦畑達彦
キャラクターデザイン - 海島千本
フューチャーデザイン - shirakaba
ガストレアデザイン - 安藤賢司
メカニックデザイン - 高倉武史
銃器デザイン - 森賢
設定協力 - 白土晴一
総作画監督 - 海島千本、長谷部敦志
メインアニメーター - 黒田結花、竹内由香里、戸田麻衣、諸貫哲朗、野中正幸
3DCGプロデューサー - 井野元英二
美術監督 - 柴田聡
色彩設計 - 山下宮緒
撮影監督 - 木村俊也
編集 - 三嶋章紀
音響監督 - 山田陽
音楽 - 鷺巣詩郎
音楽制作 - NBCUniversal
音楽プロデューサー - 西村潤
プロデューサー - 小倉充俊、黒崎泰隆、山崎史紀、山崎明日香
アニメーションプロデューサー - 小笠原宗紀
アニメーション制作 - キネマシトラス×オレンジ
製作 - ブラック・ブレット製作委員会(NBCユニバーサル・エンターテイメント、KADOKAWA アスキー・メディアワークスBC、ショウゲート、AT-X、キネマシトラス)

主題歌
オープニングテーマ「black bullet」
作詞・作曲・編曲 - 八木沼悟志 / 歌 - fripSide

エンディングテーマ「トコハナ」
歌・作詞 - やなぎなぎ / 作曲・編曲 - 齋藤真也


里見蓮太郎:梶裕貴
藍原延珠:日高里菜
天童木更:堀江由衣
ティナ・スプラウト:黒沢ともよ
蛭子影胤:小山力也
蛭子小比奈:悠木 碧
室戸 菫:甲斐田裕子
聖天子:豊崎愛生

関連記事

テーマ : ブラック・ブレット
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラック・ブレット #01「最後の希望」 感想!

うん、面白い!

ブラック・ブレット #01

『最後の希望』

■ブラック・ブレット 第1話「最後の希望」

 あ、延珠に情が移った…。  大事にしてあげて下さあい。  一応、普通の小学生ライフは送れているのですねー。  あのへんてこな口調、周囲と浮いたりしないのかしら

ブラック・ブレット第1話感想 壁の中で梶君が蜘蛛を駆逐する!

なお、誠に遺憾ではございますがパンチラは無い模様!

ブラック・ブレット TokyoMX(4/08)#01新

第1話 最後の希望 公式サイトから2031年、東京エリア。未知の生命体・ガストレアに受けた壊滅的被害から復興を遂げた人類は、未だその脅威に怯えながら暮らしていた。対ガストレア最後の砦である民警のひとりとして天童民間警備会社に所属する高校生・里見蓮太郎は、ある事件現場で、仮面にタキシード姿の怪しい男・蛭子影胤と遭遇する。警官たちはおろか、蓮太郎すら歯牙にもかけぬ圧倒的な強さを発揮した彼は、『世...

ブラック・ブレット 第01話 感想

 ブラック・ブレット  第01話 『最後の希望』 感想  次のページへ

影背負う希望の子供たち【アニメ ブラック・ブレット #1】

ブラック・ブレット 神を目指した者たち (電撃文庫)(2011/07/08)神崎 紫電商品詳細を見る アニメ ブラック・ブレット 第1話 最後の希望 寄生生物のパンデミックにより 一度、絶滅の危機にさらされた人類 瀬戸際で踏みとどまった彼らの最後の希望は その身に寄生生物のチカラを宿す希望の子供たちだった…

ブラック・ブレット 第1話 「最後の希望」 感想

呪われた子供達が、世界を救う―

ブラック・ブレット 第1話「最後の希望」

主人公の技名+蹴りのシーンにちょっとツボった。 中二って言われちゃうよ! ブラック・ブレット 神を目指した者たち (電撃文庫)(2011/07/08)神崎 紫電商品詳細を見る 以下ブラック・ブレット 第1話「最後の希望」の感想

ブラック・ブレット 第1話「最後の希望」

「私は世界を滅ぼす者」 未知の生物ガストレアに対抗する民警の連太郎 事件現場で出った怪しい仮面男は何者なのか…    【第1話 あらすじ】 2031年、東京エリア。未知の生命体・ガストレアに受けた壊滅的被害から復興を遂げた人類は、未だその脅威に怯えながら暮らしていた。対ガストレア最後の砦である民警のひとりとして天童民間警備会社に所属する高校生・里見蓮太郎は、ある事件現場で、仮面...

ブラック・ブレット #01「最後の希望」

ブラック・ブレットの第1話を見ました。 #01 最後の希望 近未来、寄生生物「ガストレア」に敗北した人類はガストレアが唯一弱点とする金属「バラニウム」で作られた壁・「モノリス」を建築し、そのエリアの中でガストレアから身を守って生活をしていた。 希に外から侵入するガストレアの排除を業務とする「民間警備会社」(民警)の一つ、幼馴染である天童木更が経営する「天童民間警備会社」...

アニメ「ブラック・ブレット」第1話 あらすじ感想「最後の希望」

人類最後の希望---------!! 設定からいえば・・・という内容のものであるなぁ。 比較してしまうのはちょっと仕方ない流れかも。 梶くんだし(^^;) でも、これはこれで続きが気になるお話だった。 突如、現れた異形の寄生生物「ガストレア」。 赤く輝く目と...

ブラック・ブレット 第1話「最後の希望」

神崎紫電原作のラノベのアニメ化。 延珠ちゃんの可愛さと、fripSideのOP曲がイイですね!! 虫とかはちょっと苦手なのでお手柔らかにお願いします(^^;   2031年、東京エリア。 未知の生命体・ガストレアに受けた壊滅的被害から復興を遂げた人類は、 未だその脅威に怯えながら暮らしていた。 対ガストレア最後の砦である民警のひとりとして天童民間警備会社に所属する 高...

駆逐してやる! ブラック・ブレット 第1話「最後の希望」感想

近未来。 寄生生物『ガストレア』の爆発的な増加によって滅亡の危機に瀕した人類はガストレアの嫌う特殊金属『バラニウム』で作られた巨大な壁『モノリス』によって守られた狭いエリアで辛うじて生存を続け、その脅威に怯えながらも人類復興を模索し続けていた。 10年後、ガストレア駆除を生業とする天童民間警備会社のプロモーター『里見 蓮太郎』はとある事件で警察に協力を要請されるが、その現...

ブラック・ブレット #01 最後の希望

ブラック・ブレット 第1話。 2014年春アニメ感想第四弾は、 ライトノベル原作のアニメ作品。 以下感想

ブラック・ブレット #1

【最後の希望】 ブラック・ブレット (1) (電撃コミックスNEXT)著者:もりのほんアスキー・メディアワークス(2013-05-27)販売元:Amazon.co.jp 祝!今期10作品目です! 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる