ブログパーツ

弱虫ペダル 第二十六話「空が見える」 感想

あらすじ
三つ巴の戦いとなったファーストリザルド。田所と鳴子は、落車も恐れずにゴールへと直進!最後の勝敗を分けたのは勝利への執念だった。そして、レースはいよいよ山岳区間へと突入。各校のクライマー達が動き出す中、巻島と箱根学園の東堂も準備を開始。坂道は、巻島が抜けた後のチームを引くという役割を与えられるが…。




新OP
悪くないけど盛り上がりに欠ける気がする。

強いチームが先頭でペースメーカーをやるらしい。説明乙。
でも名誉かもしれないけど先頭だと体力消耗しそう。

田所先輩と二年、そして寒咲さんのやり取りが良いな。
目をかけてきた田所先輩が勝利出来て寒咲さんも嬉しいだろうな。

確実に勝てる方法はない。泥を食っても砂を噛んでも勝ちを目指してきた田所先輩。
一方の泉田はインターハイに絞ってきたので勝ちと負けの経験が不足していた。

勝利への執念が勝敗を分けた。
コーンが来た時に転ぶ、危ないと思った泉田と行けるかもしれないと思った田所・鳴子。
まあ、泉田も間違ってる訳じゃないけどね。インターハイはファーストリザルドで終了ではなくまだ先があるし。
でもコーンを避けた事によるロスなんて僅かだろうし、それまでに差を付けられなかったのは泉田の敗北ではあるかな。

東堂はキャラが濃いな。
得意分野で勝負するしかないってのはこいつなりのエールなんだろうけど、人によっては馬鹿にしてるように感じるかもな。

小野田に任せておけるから自分は思う存分上れると言った巻島先輩だが……
交差点クランクで集団落車が発生。巻き込まれた小野田はチェーンを直すのに手間取り最下位に。

……これさあ、もしかして落車の原因って小野田じゃ?
あるいはゴッドハンドの仕業か?

三日間のレースはチーム全員が協力しないと駄目だが小野田は遥か後方……
総北が絶対絶命の危機だが、逆転前の溜めだろうし否が応にも期待が高まる。
「必ずやり遂げてみせます!」の言葉を現実にしてくれ。

Cパート
これの為だけにわざわざ梶君を呼んだのか。
もしかして本編にも今後出てきたりするんだろうか。

悪魔で執事


完全に染まってるオタ泉君……

舌で蠅を食う御堂筋君は本当に気持ち悪いな。


オープニング
「Be As One」
作詞 - leonn / 作曲・編曲 - 宮崎誠 / 歌 - チーム総北[小野田坂道(山下大輝)、今泉俊輔(鳥海浩輔)、鳴子章吉(福島潤)、金城真護(安元洋貴)、巻島裕介(森久保祥太郎)、田所迅(伊藤健太郎)]

エンディング
「Glory Road」
作詞 - Mio Aoyama / 作曲・編曲 - 宮崎誠 / 歌 - チーム箱根学園[福富寿一(前野智昭)、真波山岳(代永翼)、東堂尽八(柿原徹也)、新開隼人(日野聡)、荒北靖友(吉野裕行)、泉田塔一郎(阿部敦)]
関連記事

テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

弱虫ペダル テレ東(4/07)#26

第26話 空が見える 公式サイトから三つ巴の戦いとなった平坦ステージ。スプリンターの勲章“ファーストリザルト”獲得に向け、勝利の執念を見せたのは鳴子か、田所か、泉田か…!? ファーストリザルトを取得したのは田所、2位が鳴子だと 後続にも伝わる。それに合わせて総北がトップを走る。何故コーンをよけなかったのですか。タイムロスするからな。乗り上げて転ぶかもしれないのに。確実に勝てる方法なんて無い。...

弱虫ペダル 第26話「空が見える」

第26話「空が見える」 ファーストリザルトでワンツーを制した田所と鳴子。 この結果を受けてトップ交代。リザルトを取ったチームがトップに立てるという下克上ルールがあるのか。 レースを引っ張るという特典は名誉かもしれないけど、風除けで走るのはキツそうだ。 寒咲さんに引っ張り上げられ、手嶋と青八木の目標となった田所。 前年の雪辱もあっただけに、すごく意味のある勝利になり...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる