FC2ブログ
ブログパーツ

Z/X IGNITION 第11話&第12話

Z/X IGNITION PHASE 11

禍々しい咆哮とともに、とうとう飛鳥たちや御門の前に姿を現した「オディウム」。アレクサンダーは好機とばかりにオデイウムに襲い掛かる。アレクサンダーの圧倒的なパワーの強さの前に、追い込まれていくオディウム。そしてアレクサンダーがとどめを刺そうとしたその時、オディウムの正体が明らかになる。

脚本:田中 仁 / 絵コンテ:高林久弥 / 演出:高林久弥 / 作画監督:渡辺純子


さーきー!(麻雀的な意味で)

アレキサンダーに倒されたかと思われたオディウムだが……
そんな……オディウムの正体が藍那ちゃんだったなんて……

「かーいーかーいー」
「苦しんでやがる」
痒いのか……

両親の仇のゼクスでも憎み切れないほど優しい藍那を役立たず扱いするマリスにヘイトが溜まりまくりだぜ。

シリアスなのに月をバックに宙返りするオディウムで笑ってしまう。

綾瀬を使って新たな姿に変態しようとするマリス。
羽化の瞬間を狙おうとする神門に飛鳥は反発。
妹の事を思い出した神門に十分だけ猶予を貰う。

リソースが危ないのに綾瀬救出に向かうズィーガーはイケメン。

一枚のカードデバイスで二体のゼクスにリソースを供給するイグニッションオーバードライブ。
タイトル回収だな。

くるくる回ってるオディウムがウルトラマンマックスに見えた。




Z/X IGNITION END PHASE

手の付けられぬ怪物と化した憎しみの魔人、オディウム。仲間を助ける為、最後の手段として天王寺飛鳥がオディウムに突撃する。
交錯する綾瀬、神門、あづみ、千歳、藍那たちのそれぞれの想い…。
果たして天王寺飛鳥が掴みとるのは何色の未来か…!?

脚本:砂山蔵澄/浅川美也




仮面が本体のオディウム。眼鏡が本体の新八みたい。

ズィーガー「勘違いしないでよね。綾瀬の命は俺のものなんだからね」

両親と楽しそうにしてる綾瀬を見てたら「せやけどそれはただの夢や」という関西弁の少女の言葉が聞こえた。

ズィーガーの呼びかけで偽りの世界から覚醒する綾瀬。
ここだけだと完全にズィーガーが主人公。
飛鳥もしっかり決めたけどね。

妹が出来たよ!やったね綾瀬ちゃん!
綾瀬をお姉様と呼ぶミカエル。
何?知り合い?最終回なのに謎を増やさないでよ。

神戸から去る神門とアレキサンダー。
言葉遊びだけど、ぶっちゃけ撤退ですよね。

それぞれの道に進む一同。
出会いがあれば別れもある。でもまた会えるよね。

「ありがとう」
綾瀬がデレたぜ。

フィエリテはんの黒スト良いね。

これで最終回。面白かったけどあの1話はなぁ。
普通にやってれば良かったのに。


関連記事

テーマ : Z/X IGNITION(ゼクスイグニッション)
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる