FC2ブログ
ブログパーツ

ストライク・ザ・ブラッド 第24話「暁の帝国篇Ⅱ」 感想

あらすじ
雪霞狼を失った雪菜の元に、獅子王機関からの帰還命令が届いたのも束の間、竜脈を食らう魔獣によって絃神島の崩壊が進んでいた。一人魔獣の元に駆けだす古城。そして雪菜は自分の気持ちを押し殺したまま、古城の元に向かえずにいた。そんな雪菜の背中を押したのは、雪菜にそっくりのあの少女だった。

絃神島の運命は。そして雪菜の想いは古城に届くのか。「暁の帝国」篇、ここに完結――

脚本:吉野弘幸 / 絵コンテ:山本秀世 / 演出:立仙裕俊 / 総作画監督:佐野恵一 / 作画監督:佐野恵一 佐野隆雄 丹羽信礼 原友樹 井嶋けい子 橋本真希 井本由紀 明珍宇作



夏音の事をかのねえと呼ぶ零菜。
あ……(察し)

熱測るだけで桜Trickな想像する古城はマジエロ紳士。

自分といなければ危険な目に遭わないんじゃね?と雪菜の帰還を肯定する古城に紗矢華がビンタ。
責任を一緒に背負う約束をしたから離れる気はなかった雪菜。全部守るくらい言えや!と活を入れる紗矢華。
良い愛人だな。

人造魔獣によって絃神島沈没の危機。
最終回でも犠牲になるアイランドガード。まあ、無人機だろうけど。
島を守るべく残る覚悟を決め、告白しようとしたのに駄目だった浅葱も不憫。

「そんなの、決まってるじゃないですか……一緒に……一緒にいたいに決まってるじゃないですか!」
刃がないと歯止めが効かなくなるとかエロい。

攻撃してもすぐ再生する魔獣だが、アル・メイサ・メルクーリで完全に食えばいいんじゃね?

正妻とホモの戦い。

首筋を見せられて突然興奮する第四真祖。がっつきすぎ。
これには周囲も呆れ顔。

最後の決めがレグルス・アウルムだとは……

モグワイが言ったカインの巫女とは一体……?
カインといえば旧約聖書に出てくる人類最初の殺人者で「やられたらやり返す!7倍返しだ!」の人だよな。
ベオウルフに出てくるグレンデルがカインの末裔だっけ。
吸血鬼がカインの末裔として扱われてる創作も多いな。

獅子王機関からの通達は帰還命令ではなく定期健診のもの。
そんな事だろうと思った。

零菜が帰った後、とりあえず制服を回収する第四真祖。
いやらしい。

那月ちゃんの授業シーンって初めてじゃね?
最初の方であったかもしれないけど。

萌葱(CV津田美波)
どうも浅葱の娘っぽいな。
良かった。報われたんだな。

未来では古城死んだの!?と思ったら死んでなかった。
状況的にどう考えても視聴者へのミスリードだったな。

悪く言えばテンプレ展開な時もあったけど、全体的にストレスフリーで面白かった。


原作者ツイート
>nobuhiro nakayama @hegame
>最後の黒味にタイトルが出るカット。“「暁の帝国」篇 chapter end”という表記は結構悩みました。シリーズラストなので“fin”にする判断もあったのですが、何となく物語が終わっている感じがしないのであえて現状の形にしました。 #ストブラ #stb_anime

>三雲岳斗 @mikumo
>娘にはバレバレだったみたいですが…! まあそうなるよね… #ストブラ #stb_anime

>三雲岳斗 @mikumo
>そういえば、お気づきかと思いますが、謎の少女改め零菜さんの母親はガチガチの教育ママとして、「中学生が吸血行為なんてとんでもない。わたしは結婚するまで、あなたの父親とは手をつないだこともなかった」みたいなことを零菜に吹きこんでいた模様です。 #ストブラ #stb_anime

>nobuhiro nakayama @hegame
>「20年かけて雪菜のために作った」つまり今雪菜が持っている雪霞狼は… #ストブラ #stb_anime

>三雲岳斗 @mikumo
>時間転送魔術は生物しか転送できない設定なのですが、謎の少女が使った魔術(眷獣?)は無機物を受け取る機能があるっぽいです。なので彼女が過去に来なければ、雪霞狼・改を雪菜が受け取ることはできませんでした。 #ストブラ #stb_anime

>三雲岳斗 @mikumo
>今回の「暁の帝国篇」は、昨年秋の電撃文庫イベント限定本「電撃文庫20de20!!」に掲載された短篇をベースに、アニメオリジナルとして再構成してもらったエピソードでした。 #ストブラ #stb_anime

>三雲岳斗 @mikumo
>いきなりサービスシーンから入るとは…最終回までブレないな… #ストブラ #stb_anime


関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる