FC2ブログ
ブログパーツ

ログ・ホライズン 第25話「天秤祭(てんびんさい)<終>」 感想

WEB版のネタバレがあるので注意

あらすじ
西の都市ミナミからの陽動作戦に揺れるアキバの街だったが、マリエールやヘンリエッタは、あえてにぎやかなファッションショーを開催する。カジュアルな衣装に身を包んだアカツキもランウェイを歩くが、そこにシロエの姿はない…。その夜、シロエを待ち受けていたのは、あまりにも妖艶な「闇の女王」だった。陰謀の真意にふれ、誘惑に揺れるシロエ…。ストーリーは急展開する!



ミチタカが歩いてくるシーンで「キサマの作戦目的とIDは!?」と聞きたくなった。

書状を偽造するシロエに倉庫を所有してるミチタカに妖怪眼鏡クラスティ。
アキバ有数の実力者を敵に回してしまったマルヴェス卿は南無。

ファッションショーでロデリックさんがロリを肩車してるように見えたけど詳しく。

クレバー矢野(空耳)

レイネシアが来た時に整列してた馬の中にKRが混じってたりして。

マリエール×レイネシアに興奮するモブ共。
気持ちは分かる。

好かれる担当と嫌われる担当をクラスティと分担してたシロエ。
ミノリに辛くないのか聞かれたが、ぶっちゃけレイネシアや周囲の人間にそんなに思い入れがないなら気にならないよね。

仕方ないとはいえ、アカツキが打ちのめされた所で1期終了というのはちょっと可哀想。

毒婦襲来。
身動きがとれないらしい大嶋さんの安否やいかに。

現実の濡羽の部屋にAmazonらしき箱が大量に重ねられてるのを見て「うん……」ってなった。

地上波の夕方の放送だし、流石に虐待や援助交際の話はカットか。
単純に尺の問題もあったのかもしれないけど。

良い腕だと言われて執着するようになったって、メタルギアソリッド3のネイキッド・スネークとリボルバー・オセロットを彷彿とさせる。
いや、たまたま長谷せんせのノベライズを読んでただけなんだけどさ。
あと、斎藤千和声の淫乱狐ってFate/EXTRAのキャス狐だな。

シロエ「ごめん、覚えてない」
ブレンパワードの伊佐未勇の場合は照れ隠しだったらしいけどシロエの場合は本当に覚えてない。
いやまあ、何度か組んだだけの相手に言った言葉を覚えてる方がおかしい気もするけど。

忘れたとはいえ自分が認めた相手をただの理由に使いたくない。
そして敵でいる宣言だが、実際濡羽は心の支えにしてるっぽいよね。
主にクレイジーサイコレズメイドのせいで。

ルディの服のソースを拭く五十鈴は完全に母親か飼い主。

ウィリアムやデミクァスの登場はファンサービスかと思ったら2期決定か。原作ストック大丈夫かな?
1クール?

関連記事

テーマ : ログ・ホライズン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ログ・ホライズン 第25話(最終話) 感想 - うおおお2期発表がキターっ!

ログ・ホライズン 第25話 「天秤祭」の感想です。 マジでビックリ! つい3日前、今年中の2期放送は無いだろう、と書いたばかりですが。 そんなことはどうでもいいのです(笑) 予期せぬ結果になって嬉しいかぎり。 1期 → 4月から再放送 → 2期 サイコーの流れですね。

ログ ホライズン 第25話 「天秤祭」(最終回) 感想

そして冒険は続く。『ログ ホライズン』の最終話の感想です。最後に嬉しいお報せがっ!!

ログ・ホライズン #25 最終回

『天秤祭』

ログ・ホライズン 第25話(最終回) 「天秤祭」 感想

祝!2期決定! もっと続きを見たいと思わせる良作品だったので秋からの 第2シーズン決定は嬉しいですね。 再放送もありますし、TRPGでの展開も。 まだまだこの作品を楽しめるというのが嬉しいですよ。 西の都市ミナミからの陽動作戦に揺れるアキバの街だったが、 マリエールやヘンリエッタは、あえてにぎやかなファッション ショーを開催する。 カジュアルな衣装に身を包んだアカツキもラ...

ログ・ホライズン NHK(3/22)#25終

最終回 第25話 天秤祭 公式サイトから西の都市ミナミからの陽動作戦に揺れるアキバの街だったが、マリエールやヘンリエッタは、あえてにぎやかなファッションショーを開催する。カジュアルな衣装に身を包んだアカツキもランウェイを歩くが、そこにシロエの姿はない…。その夜、シロエを待ち受けていたのは、あまりにも妖艶な「闇の女王」だった。陰謀の真意にふれ、誘惑に揺れるシロエ…。ストーリーは急展開する! レ...

ログ・ホライズン第25話(最終回)『天秤祭』の感想レビュー

アバンで経済戦争に決着&真の黒幕濡羽さん登場&秋から2期放映決定確定ヒャッハー!な、1期最終回でした。 もっと最後にすったもんだするのかと思っていましたが、シロエの対応早すぎ&的確過ぎでトントン拍子な展開でしたね。 というか、裏で色々情報集めてたとか、伏線...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる