FC2ブログ
ブログパーツ

咲-Saki- 全国編 第9局「出撃」 感想

波乱の大将戦開幕。

※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


姫松:127300
清澄:118100(実際は118300。積み棒分マイナス)
宮守女子:89300
永水女子:65100

塞さんは思案。
宮守と2位の清澄の点差は29000点。
ハッちゃんが役満をツモれば最下位になるが2位との差は21000点、のどっちへの直撃なら差は15800点に縮まる。
2位抜けだし、ここは塞ぐのをやめた方が良い。
牌が落ちてるシーンって阿知賀編のOPEDにも似たカットがあったような。

東一局二本場
六巡目。ハッちゃん、塞さんの北、のどっちの東を続けて鳴いて準備完了。
(薄墨の役満……もちろん私が振り込むこともあるだろうけど――役満を警戒してない親のほうが、より死に近いはず………だーからやられちゃえ!インターミドルチャンピオン……!!)
相変わらずエロい妄想。
「だーからやられちゃえ!」ってあんなに力込めてたんだ。
だが流局。のどっちは2副露を見てフツーにオリる。

開かれたハッちゃんの手を見たのどっち。
(部長の言ってた小四喜…なかなかの偶然ですね)
ずこー。
いや、のどっち視点だとここで初めての聴牌だからしょうがないんだけどさ。(仮に過去の牌譜を見てても偶然で済ませただろうけど)

東二局三本場
ハッちゃん、塞さんのタンヤオドラ2の三本場6100に放銃。

東三局
絹ちゃんのリーチに対してのどっちは追っかけリーチ、だがこれが当たり牌で3900の放銃。

東四局
姉に憧れ同じ大会まで来れた絹ちゃんは雀力的にも精神的にも充足していた。
2000・4000の満貫ツモ
ここから~一歩も~下がらない~♪

南一局
三校の薄墨対策が上手く機能(※一人は除く)

のどっちが親リー。
これに対して不敵に微笑むハッちゃん。
東を鳴き、北を暗槓。
絹ちゃん、というか末原先輩が暗槓でもOKって事を知らなかったって事は能力の範疇外、偶然なんだろうな。あるいはハッちゃんの気迫が引き寄せたチャンスか。

役満小四喜炸裂8000・16000。
のどっちが親カブリだが、のどっちに動揺なし。まあ、親カブリ程度ではね。
アニメ1期最終話?知らんなぁ~。

のどっちに精神的動揺による打牌ミスは決してない!と思っていただこうッ!


最後の局は塞さんの3900で終了。
結果
姫松:127600
清澄:99600
永水女子:87100
宮守女子:85700


……ちょっと愚痴。
ある程度覚悟してたけど先週の内容について色んなブログでのどっちが空気読めって言われてるな。殆どは冗談半分だろうけど、どうも本気で言ってるっぽいのもあってちょっと怖い。
作中のキャラが内心で愚痴るのは分かるけど、視聴者が競技で他校に協力しないから非難するってのは……


最下位になったと落ち込む塞さんに、塞さんが頑張ったからこの点差で済んだんだよと励ます姉帯さん。
ちょうかわいいよー。

控え室に戻る途中で咲さんと会った時にのどっちが喜びすぎ。

洋榎ちゃんが語る末原先輩の強さ。
「うちは負けるつもりで卓についたことなんて、過去一度もあらへん。でも恭子は、どんな雑魚相手でも負ける可能性を常に考えてる。だからこそ強い。それが恭子や」
でもいざ始まってみると「そんなん考慮しとらんよ…」な状況だったけど。
まあ、あんな人外魔境に放り込まれたら誰だってメゲる。

咲さんの入場シーンは1期ラストのセルフオマージュだな。

東一局
親:霞
末原先輩が姉帯さんの四索を鳴いた事で咲さんがツモる筈だった三索は霞さんの元に。
それが咲さんの槓材だと把握してる霞さんにはもう突っ込まないよ。
末原先輩、これ意図してたのかな。そこまでの力はないかな。
この局は姉帯さんが末原先輩の3900に放銃。

続く東二局、三局も末原先輩が連続で和了る。
だが大将二人は余裕の表情。
(お急ぎかしら……)
(逃げるために最速のギアに入れてるねー?)
咲さんだけ何か思う所ありそうだけど。

東四局
末原先輩が親だが、あまり嬉しそうではない。
まあ、直前に他校とはいえ親カブリで16000点失うの見てるしね(当事者はまったく気にしてないけど)

末原先輩の親リーに対して咲さんが大明槓。
嶺上開花炸裂。県大会決勝で編み出した責任払いで末原先輩は8000点を払う破目に。

ここまでの嶺上開花乱舞はにわかには信じ難いね。
つまり小走先輩なら信じてくれる。

南一局
末原先輩の三連続和了はさっきの失点でほぼチャラ。
取り戻すべくリーチをかけるが……
「んーおっかけるけどーとおらば――リーチ」
追っかけた姉帯さん、リーチ一発ドラ1で5200。
先週の予告でもあったけど、可愛さと格好良さが凝縮されたシーンだ。

4面張で辺張に負けるのはよくある事。よくある事なんだが……
最下位とはいえ辺張でのリーチに他二校は警戒。
ふんふむ………

南二局
末原先輩が再びリーチ。
これに対しても姉帯さんは追っかけ。
咲さんは冷静に三枚切れの白を切る。

またしてもリーチ一発。今回はリーチ一発のみだったので3900。

南二局一本場
霞さんが一盃口ツモ赤1で1300・2600の一本付け。

南三局
咲が嶺上開花のみの500オール。

南三局一本場
末原先輩が三度目のリーチ。三度先負が刺さり2900。
追っかけリーチを温存してた姉帯さんに完全に翻弄される。
だがまだまだあるんだよね。

(追っかけリーチをかけると先制リーチ者から直撃をとれる…そんな不思議があったりなかったりするのかしら)
ハッちゃんもそうだけど永水は「お前が言うな!」的な発言がちらほら。

南四局
(もう一回試したい!)
「リーチ!」
(これであかんかったらあとはダマで通す)
「じゃあ私もーとおらばリーチ」
「あの子の故郷でのあだ名は――背向のトヨネ。先制した者を、後ろから縊く―― !!」

白いワンピースに帽子、完全に八尺様じゃねーか!ぽぽぽぽ。

何度もリーチした事が批判されるけど、データがないから一回目は仕方ないし二回目、三回目でやっと気付くってレベル。
でも問題は四回目。これはちょっと擁護が難しい。
咲さんの事を条件付きで支配を発揮するタイプと言ったりオカルトの存在を認めてるのが逆に評価を下げてる。
咲さんや霞さんに試させるべきだった。いや、既に二人とも察知してて南二局一本場のダマや三局の嶺上開花が対策だった可能性があるけど。
にしても好形聴牌率がおかしいよな。ここも4面張だし。

中国ルールでは裸単騎は十二落抬という役がつく。
友引ですね……


関連記事

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

咲-Saki- 全国編 #9

副将戦終了。そして、ついに大将戦です! 副将戦も後半です。4位の宮守女子の塞は、ここで能力を使わないことを決断します。薄墨を全く警戒していない和に振り込ませて、2位との差を詰める作戦に出ました。しかし1巡目は失敗。そして2巡目に突入です。薄墨が北家の時に、和がリーチ。和が振り込む確率が高くなったところで、塞は再び能力を封じました。その結果は、薄墨の役満ツモ。親だった和には、大きな損失と...

咲-saki-全国編 第9話「出撃」

「咲-Saki- 全国編」 一 (初回特典:新規描き下ろしコミック付き) [Blu-ray]『とおらばリーチ♪』 原作 : 小林 立 監督 : 小野 学 シリーズ構成・脚本 : 浦畑達彦 キャラクターデザイン&総作画監督 : 佐々木 政勝 アニメーション制作 : Studio五組 宮永咲:植田佳奈  原村和:小清水亜美  片岡優希:釘宮理恵 染谷まこ:白石涼子  竹井久...

咲-Saki-全国編 テレ東(3/09)#09

第9話 出撃 臼澤は3位、2位も狙えるだけに初美を塞ぐのを 辞めるのも良いかと考える。東一局2本場、永水の初美は東、北をポン。親が警戒しないなら振り込む可能性も高いと考える。振り込んでしまえと塞がない。しかし流局、小四喜で聴牌していた初美。それも偶然ですと異常と思わない和。 臼澤は頑張れ私と和了。未だノーホーラの永水。姫松の絹恵が好調に和了して南入。最後の北家も能力を発動しない宮守の臼澤。和...

咲-Saki- 全国編 第9局 出撃

咲-Saki- 全国編 第9話。 2回戦副将戦決着と大将戦開始。 以下感想

咲 -Saki- 全国編 #09 「出撃」

いよいよ大将戦に突入、「咲-Saki-全国編」の第九局。 マイペースな和の打ち筋が必死で初美を押さえようとする二人に大きなストレスとなる。 和に責任は無いけど、これは確かに疎まれてもしょうがないですね。w 結果、最後には初美に役満を与える結果となり和は親かぶりで大きな失点。 しかし周りが驚くほどに動揺も無く淡々と点棒を出す和。 宮守女子の塞が和がったところで全体としては点数...

咲-Saki- 全国編 第9話「出撃」

臼沢さん体力の限界、最小限のリスクに抑える作戦に方向転換。 のどっちがはっちゃんに振り込んでくれれば文句なし、ツモでも大きく点数を削れる。 結果、はっちゃんは執念の小四喜をツモアガリ。 臼沢さんが塞がなかったら、確実に4回スーシーホーあがってたか。 しかし128000モノにしても、はっちゃん他の局で結構高い点数取られてたし、トップになれたかは微妙なところ。 臼沢さんの能力の痛い...

咲 -Saki- 全国編 第9局「出撃」

咲 -Saki- 全国編 第9局「出撃」です。 先週はインフルエンザで休んでいて

咲 -Saki- 全国編 9話「出撃」の感想

追っかけ一発! なんかエロい能力ですね。背後から締め上げるみたいなイメージ映像だけど、 むしろ絶頂しそうなところを先にイって見せて興を削ぐいやらしさ。 変な帽子でデカ女で声が合ってない風(わざと?)とかアンバランスさ。 というような感じでようやくの主人公登場ながら持ってかれてる感がある。 えーと、副将戦の方は最後まで原村は空気読んでなかったけど振り込まなくて、 なんか盛り...

咲-Saki- 全国編 第9話 『出撃』 オカルトじゃなくて偶然です。

中々の偶然ですね。三回目の薄墨北家では自身の負担と清澄の振り込みに賭けて能力をセーブした塞。でも薄墨が上がれない。必ず上がれるほど強力な能力じゃないんですね。そして小四喜テンパイを見ても和は「偶然」で済ましちゃう。ああ何かこのまま終わっちゃいそう。 と思ったらラス北家でそれは来た。今回の薄墨、東はポンして北は自分で持ってた。必ず他家から鳴かなきゃいけない訳じゃないんですね。つまりこれまでより...

咲-Saki- 全国編 第9話 「出撃」 感想

真打登場―

咲-Saki- 全国編 第09話 出撃

はっちゃんアガれたー! 点数調整のためにアガらせてもらった的な感じですが( ´・ω・) それでも最後に一発デカイの決めてられて良かった。これで3校ほぼ横並び。姫松だけ抜きん出てますが・・・・・・可哀想だがヤラれ役なのねん。

【アニメ】咲-Saki- 全国編 第09話 「出撃」 のどっち地味に終了! 末原さんカモられてるよーw

4806 名無しになるもんっ♪ sage New! 2014/03/10(月) 01:39:03 ID:??? のどっちwwwwwwww

咲-Saki-全国編 第9話「出撃」

副将戦決着へ。 初美の能力を抑えていた塞だが、清澄との点差を考え封鎖を解く。 直撃を受ける和だが… いよいよ大将戦まで進行。 主人公、咲さんの嶺上開花が炸裂ですねw すごく久々に見た気がします(笑)  

咲-Saki- 全国編 9話 「出撃」

洋恵「うちは負けるつもりで卓についたことなんて過去に一度もあらへん でも恭子は雑魚相手でも負ける可能性を常に考えてる だからこそ強い。それが恭子や」 絹恵(ええなぁ…私もいつか おねーちゃんに期待かけられるようになりたいな)

咲-Saki-全国編 第9話「出撃」

咲-Saki-(11) (ヤングガンガンコミックス)(2013/04/25)小林 立商品詳細を見る  副将戦も後半を迎えました。臼沢塞は封印能力を自重しました。原村和はオカルトを信じずに、プレイを続行しています。薄墨初美に振りこんでしまい、大きく点数を奪われかねません。それを狙っているようです。能力表現もビッグスケールになっていましたね。麻雀卓を囲んで、静かに打っているだけですが。薄墨初美...

咲-Saki- 全国編 第9話「出撃」

「嶺上開花です」 この実況のアナウンスですでにちょっとおもしろい。 ミンカンで嶺上はちょっとウザったいですね。 ドラ増やされた上に直撃なわけですから。 「咲-Saki- 全国編」 一 (初回特典:新規描き下ろしコミック付き) [Blu-ray](2014/03/19)植田佳奈、小清水亜美 他商品詳細を見る 以下咲-Saki- 全国編 第9話「出撃」の感想

咲-Saki-全国編 第9話

咲-Saki-全国編 第9話、「出撃」。 コミックは未読、アニメの無印および阿知賀編は視聴済みです。 副将戦後半戦東場、和が親連荘で初美が北家継続...というところからの続きです。

咲-Saki-全国編 第9話 出撃

和に初美の役満直撃となれば2位との差が縮まると、塞ぐ事を止める事を決める塞。 後半戦の南場、最後の初美の北家で、ついに役満・小四喜が、オカル ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる