FC2ブログ
ブログパーツ

とある飛空士への恋歌 第八話「鳥の名前」 感想

連れ戻します(用事が終わったら)

あらすじ
空の一族の戦略にはまり、主力を引き剥がされたイスラが爆撃を受ける。
イスラで待機の任務が下っていたカルエルたちは、イスラを守るため、
自らの判断でエル・アルコンで飛び立つ。
しかし、敵機カマキリの編隊に次々と撃ち落され、劣勢に追い込まれていく。



カドケスの面々は「大人達が勝手に始めた戦争に、なんで子供の俺達が戦って尻拭いしなきゃいけないんだよ!」と言いたい気分だろう。

敵エース銀狐の前にファウストやウォルフがあまりにあっけなく散っていく。
戦争の無常感をひしひしと感じるな。そしてアリエルも……
それまで散々自分が兄だと言い張って来たカルエルの「君の妹でいいから!」発言が胸に染みる。
「魔術師、還らず」にならないで良かった。

地上戦でも装備の差が大きいな。
何とか撃退出来たけど、ソニアが危惧したように補給が受けられないイスラじゃジリ貧なんだよな。
最後に手紙をよこしてきた神聖レヴァーム皇国のファナとどれくらい協力してくれるかが鍵か。
つーか単騎で戦場に乱入して書簡を送れとか海猫さんもかなり無茶振りされてるな。

ストーリーは無力さを痛感したカルエルのこれからとかいよいよ正体がバレそうなクレアとか期待が高まるが、戦闘面では色々と気になる事が。
円陣組んだり縦一列になってたけど、固まってたらいい的じゃね?
前者はホバリングしてたし。そして真上を取られて銃も貧弱。普通なら圧倒的に不利だろうにそこそこ善戦してたな。
ってかアリエルに纏わるあれこれで空の一族側がしょぼいんじゃないか疑惑が。腕に直撃した筈なのにもげる事もない機銃とか、装甲にしたって向かって来ていたとはいえライフルですらない拳銃で落ちたぞ。
3機でかかって遂にカルエルを撃墜出来なかったし。まあ、主人公が乗ると装甲とかパワーアップするからな。ヒイロが乗ったリーオーとかマジ固い。


関連記事

テーマ : とある飛空士への恋歌
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とある飛空士への恋歌 8話「鳥の名前」の感想

完全に死ににいった……。 ホバリングしつつ上から機銃を撃ってくる相手をライフルで迎撃とかなにそれ。 って、それで結構落としてるからアレなんだけど、明らかに勝ち目のない作戦で、 どんどん仲間を失っていくという話、前回と比べるとヒロイズムもなにもなく、 戦争って悲惨だよね、というところなのかもしれないけど、なんかアホっぽい。 上陸されたので島ごと占領されるぐらいの勢いなのかと思...

とある飛空士への恋歌 第八話「鳥の名前」

とある飛空士への恋歌の第8話を見ました。 第八話 鳥の名前 「敵戦空機多数、小型飛空艇約30確認!」 待機命令が出ていたヴァン・ヴィール組の生徒とカルエル、アリエル、ウォルフガング、マルコの4人はイスラを守りたいと出撃し、残りのセンテジュアル組は陸戦で拠点防衛にそれぞれ参加するのだが、敵機カマキリの編隊に次々と撃ち落され戦死していく。 「カル、ボヤっとするな!まだ敵の...

とある飛空士への恋歌 第8話「鳥の名前」

絶望的な状況でカルエルたちよく戦いましたが… 凄惨な結果となるのは当然でしたね。   空の一族の戦略にはまり、主力を引き剥がされたイスラが爆撃を受ける。 イスラで待機の任務が下っていたカルエルたちは、イスラを守るため、 自らの判断でエル・アルコンで飛び立つ。 しかし、敵機カマキリの編隊に次々と撃ち落され、劣勢に追い込まれていく。  

とある飛空士への恋歌 TokyoMX(2/24)#08

第8話 鳥の名前 公式サイトから空の一族の戦略にはまり、主力を引き剥がされたイスラが爆撃を受ける。 イスラで待機の任務が下っていたカルエルたちは、イスラを守るため、 自らの判断でエル・アルコンで飛び立つ。 しかし、敵機カマキリの編隊に次々と撃ち落され、劣勢に追い込まれていく。 敵の攻撃がイスラの町に到達した。爆撃される町、騎士団の帰還は2時間後。パラシュートで上陸部隊も降下。 避難を伝えられ...

とある飛空士への恋歌 #08「鳥の名前」

海猫キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ってそれだけかよおおお工エエェェ(´д`)ェェエエ工 前作主人公はカットする方向か……_| ̄|○ ・ノブレス・オブリージュ 高貴なるものの義務か。 無能とか言われる金髪の髭司令官は、結局息子を亡くしたわけですね。 自分たちが囮に引き寄せられている間に、残った学生たちが二時間耐えられなかった…。 ファウストが、自身が使えるべき皇子がカル...

とある飛空士への恋歌第8話『鳥の名前』の感想レビュー

鳥=海猫さんの救援&ファナの署名(゚∀゚)キタコレ!!回でした。 飛空士シリーズ第1作であるとある飛空士への追憶の主人公&ヒロインが介入してくるということで、シリーズファンドキワクの展開なわけですが、カルエルにとっても究極的な目標というか、理想の飛行技術を目の当た...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる