ブログパーツ

弱虫ペダル 第十九話「新たなるスタート」 感想

あらすじ
過酷な1000㎞合宿を終えて、大きく成長した1年生達。坂道も、手嶋の助けを受けて、なんとか完走を果たす。しかし、経験、実力共に他のメンバーよりも不足している坂道は、インターハイメンバーになる事を諦めていた。そんな中、補習を受ける坂道達の前に、ピエール監督が現れて…。



激坂を歌を口ずさみながら登る小野田は王国民の鑑。

ガン飛ばしながら歩いてる今泉と鳴子。
二人は仲良し。

久々に本編で幹ちゃんを見た記憶がする。
「そういうお前も成長したな」
セクハラする鳴子。しかしこれはジャブにすぎなかった……

「ちょっと撮り溜めてたテレビを見てて」
(アニメだな)
(アニメやな)
小野田への理解が深い二人。
オタ泉君は貸してもらえないか内心で思ってそう。

合宿四日間って普通に平日にもやってるな、真波は通学途中だったみたいだし、という感想を前に書いたが、今回はその補習。
サポートが充実してるな。まあ、総北はインターハイの常連みたいだしな。

数学:杉元
古典:今泉
日本史:小野田
それぞれ得意分野があったが、鳴子だけなし。そんな鳴子を励ます今泉。
「大丈夫だよ、鳴子。お前にだって、ちゃんと仲間がいる」
それは田所先輩。熟睡してる先輩は大物だな。案外もうスポーツ推薦で大学行けるとかそういうのなんだろうか?
にしても小野田が日本史得意というのは何となく分かる。日本史って興味を持てば結構スラスラ覚えられるんだよね。そしてオタクという人種も興味を持った分野にはのめり込むし。


金城先輩に実戦における技術、判断力、経験が圧倒的に不足していると指摘されショックを受ける小野田。
指摘されるまでもない当然の事実の筈だけど、インターハイに出られると思って舞い上がってて忘れてたんだろうな。

落ち込む小野田を諭すピエール。
ピエール「最後まで聞きましたか?」
電話が来たからといって中途半端な所で切り上げられました……

万全を期しても負けるのがロードレース。
チームを勝利に導く為に金城が意外性として起用したのが小野田。

そしてレギュラーのユニフォームを貰い、大喜びの小野田。
だが、時間が経つにつれてプレッシャーに押し潰され練習で絶不調な小野田。

金城先輩が危惧してた経験のなさが露呈してしまったな。
自分のミスで仲間に迷惑がかかる団体競技、しかも全国の舞台なんて初めてだろうしな。緊張するなという方が無理。

精神的に気負っていると体力の消耗も早くなる。
側溝に落ちかける小野田を救う金城先輩。
「頑張らなくてもいいさ。一人で頑張る必要はない。お前が倒れたら俺が支える」
「……」
「心配いらない。だがもし他の奴が倒れたら、お前が支えろ」
マジイケメンだわ。
そして円陣を組んで決意を新たにする総北メンバー。
決勝の舞台は王者箱学のホームグラウンド、箱根!

Cパート
青八木翻訳検定1級の手嶋先輩。

提供
金城「おっぱいぷるんぷるん!」
遊びすぎだろ、スタッフ。
書くタイミングを逃したけど巻島先輩のYAGIにも笑った。

関連記事

テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チーム結成!【アニメ 弱虫ペダル #19】

弱虫ペダル Vol.3 初回生産限定版 Blu-ray【ドラマCD・渡辺航描き下ろし新作漫画ブックレット他付き】(2014/02/21)山下 大輝、鳥海 浩輔 他商品詳細を見る アニメ 弱虫ペダル 第19話 新たなるスタート

弱虫ペダル テレ東(2/17)#19

第19話 新たなるスタート 公式サイトから過酷な合宿を終えて成長した坂道だったが、経験、実力共にも他メンバーよりも不足していると、インターハイ出場を諦めていた…。 校内でも張り合う鳴子と今泉。1000Kmを走破したら逞しくなったと褒める寒咲。 合宿が終わった坂道たちに待っていたのは補習だった。合宿は授業を欠席していたから。坂道は実戦経験が圧倒的に足りない。最強でないと箱学に勝てない。真波くん...

弱虫ペダル 第19話「新たなるスタート」

他の奴が倒れたらお前が支えろ。 仲間を全力で支えるのが、チーム総北だ! リーダーの鑑な金城さんに惚れ直した第19話。 インターハイを目指すチーム総北結成です。 過酷な合宿を終えて成長した坂道だったが、経験、実力共にも 他メンバーよりも不足していると、インターハイ出場を諦めていた…。  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる