FC2ブログ
ブログパーツ

ノラガミ 第7話「迷い事、定め事」 感想

あらすじ
夜トvs毘沙門の一件は、風穴によって一旦先送りとなった。ひよりの家を出た雪音は天神を頼るが、「今のままじゃ雇えない」と断られてしまう。行く当てもないまま、どんどん魔が差していく雪音。それはヤスミとなって、主である夜トの体を蝕み始めていた。さらに、公園で一人佇む雪音の前に、夜トが“野良”と呼んでいた少女が現れて―。

脚本:赤尾でこ/絵コンテ:望月智充/演出:ヤマトナオミチ/作監:松田剛吏




毘沙門の入浴シーン。
戦い方が駄目だったとしっかり諫言出来る兆麻は良い従者だな。
髪を濡らすと風邪を引くというのはおかんだったけど。

雪音が家出して代わりにNEET化してる夜ト。
一方の雪音は天神の所に転職を希望するが、男はいらないんでまだきちんと夜トの所を辞めてない雪音を雇うと野良になるからと断られる。

野良は神の恥部。野良猫のように主をたくさん持つ神器の通称。
本来は抵抗がある筈の複数の名前を与えられている事から嫌悪の対象らしい。
温厚に見える天神がくぎゅう声の野良の事を下賤なものという辺り、よっぽど嫌われてるんだな。

ただ、野良が生まれる原因は自分の神器にさせられない汚れ仕事をやらせた結果らしいからなぁ。
くぎゅう声もそういう自分勝手な神の犠牲者なんだろうか。体にいっぱい名前あったし。

雪音を捜索中、兆麻に見つかるひより。
(誰か助けて神様)→夜トを思い出してがっくしの下りでドラゴンボールの「神様といってもデンデだぞ」を思い出した。

敵対はしていても夜トを恩人だと言う兆麻。
少しずつ事情が見えてきたな。

コンビニから募金箱を盗む雪音。
最初疑われた時に被害者面しておいてこれはちょっとな……
もう自暴自棄になってるっぽいが。

甘くもない苦くもない。毒にはならないが血肉にもならない。役に立たない空っぽの果実。
野良に言葉責めされてる雪音。これ、野良の方は嫉妬が大きそう。

妖と戦う夜トだが雪音の刃は鈍になっていた。野良は代わりに自分を使えと言うが、
「野良!お前は帰れ!こいつは碌でもねえクソガキだが、俺が見つけて、俺が名付けた!雪器は、俺が鍛える!」
夜トは面倒見良いな、これからゆっくりで良いから歩み寄ってほしい。
とか思ってたら
「雪音という悪ガキ、早く手を打たないと、夜トは死ぬ」
これだよ。
時系列的にはこの兆麻の言葉を受けてひよりの
「あるとかないとか、道具じゃないんです。雪音君は雪音君。神器としてではなくて一人の人間として接して話して。お願いします」
なんだよな。
ひよりも決死の思いで夜トに告げたんだろうな。

関連記事

テーマ : ノラガミ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悩み、迷い、行き着く先は―【アニメ ノラガミ#7】

ノラガミ 1 初回限定版[Blu-ray+DVD][イベント優先申込み券(1部)付き](2014/03/26)不明商品詳細を見る アニメ ノラガミ 第7話 迷い事、定め事

ノラガミ 第7話「迷い事、定め事」

「コイツはろくでもねぇクソガキだが  俺が見つけて 俺が名付けた、雪器は俺が鍛える!」 雪音に刺されヤスミが広がっていく夜ト 恩人を失いたくないと兆麻に助けて欲しいと頼まれたひより    【第7話 あらすじ】 夜トvs毘沙門の一件は、風穴によって一旦先送りとなった。ひよりの家を出た雪音は天神を頼るが、「今のままじゃ雇えない」と断られてしまう。行く当てもないまま、どんどん魔が差...

ノラガミ TokyoMX(2/16)#07

第7話 迷い事、定め事 公式サイトから夜トvs毘沙門の一件は、風穴によって一旦先送りとなった。ひよりの家を出た雪音は天神を頼るが、「今のままじゃ雇えない」と断られてしまう。行く当てもないまま、どんどん魔が差していく雪音。それはヤスミとなって、主である夜トの体を蝕み始めていた。さらに、公園で一人佇む雪音の前に、夜トが“野良”と呼んでいた少女が現れて―。 風穴が開いて3日経過。結界を張って押さえ...

ノラガミ 第7話 「迷い事、定め事」 感想

雪音の迷い道は続く。

ノラガミ #7

【迷い事、定め事】 ノラガミ 1 初回限定版[Blu-ray+DVD][イベント優先申込み券(1部)付き]エイベックス・マーケティング(2014-03-26)販売元:Amazon.co.jp もう神を辞めてハローに行った方が ...

ノラガミ 第7話「迷い事、定め事」

ノラガミ 第7話「迷い事、定め事」です。 今週は、『咲 -Saki-』がお休みな

ノラガミ 第7話「迷い事、定め事」

野良は疎まれる存在だったのですね。 神でも最下層の夜トとどう関わっていたのか気になるところです。 夜トvs毘沙門の一件は、風穴によって一旦先送りとなった。 ひよりの家を出た雪音は天神を頼るが、「今のままじゃ雇えない」と断られてしまう。 行く当てもないまま、どんどん魔が差していく雪音。 それはヤスミとなって、主である夜トの体を蝕み始めていた。 さらに、公園で一人佇む雪音...

ノラガミ 7話「迷い事、定め事」

評価 ★★ まあ、ようはすかした態度が悪いって話だな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる