FC2ブログ
ブログパーツ

紅に捧げる愛 ハイスクールD×D HERO life.MAXIMUM VS power.MAXIMUM「学園祭のライオンハート」 感想





セイクリッド・ギアの内部空間にて、自分の進むべき道を見つけた一誠。バトルフィールドで目を覚ますと、その鎧の色は通常の「赤」ではなくリアスの髪色と同じ「紅」に変わっていた。それは惚れた女のイメージカラー。リアスを勝たせたいという想いが形となり、サイラオーグに対抗する手段となった。壮絶な殴り合いに発展する二人の戦い。最後に立っていたのは一誠……のはずだったが、サイラオーグの傍らに彼の勝利を願う者が現れる。



脚本:古怒田健志 絵コンテ:森本育郎 演出:山田雅之
作画監督:近藤源一郎、橋本英樹、張丁、平田雄三、海堂ひろゆき、武本大介、加藤洋人、野道佳代、鶴田 愛、志生野好、
中武 学、阿佐ヶ谷太郎、佐々木洋哉、鳥山冬美、大河広行、伊集院いづろ、せれす、桜井正明、小林史織里、松尾 慎




真紅の赫龍帝(カーディナル・クリムゾン・プロモーション)
すぐさまサイラオーグが名づけてくれたお陰で異世界詐欺師みたいにならないで済んだな。
ふと、緋弾のアリア二次の「偽物の名武偵」でキンちゃんがオリ主の技に勝手に名前を付けたのを思い出した。


サイラオーグとの戦いはイッセーが言うように言葉にならない。


あなたにはまだ生命が残っているではありませんか。
母ちゃんが目覚めて何より。


あの喫茶店、サイラオーグも呼んだら更に人気が出そう。
グレモリー眷属にはいないワイルド系だし。


一度の敗北で支援がやめられる悪魔界は世知辛い。
イッセーには負けたものの三対一で勝利したり実力はきっちり示してたのにな。


インド神話のかませ枠のインドラさん!
帝釈天=インドラって冷静に考えると凄い。仁王=ヘラクレスとか。
カンピオーネでミスラ=ペルセウスと言われた時はビビった。



関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる