FC2ブログ
ブログパーツ

対抗しようがないとでも? BEATLESS EP18「Protocol of Love」 感想



紫織とユカに背中を押され、レイシアとふたたび向き合うことを決意したアラト。自分の命令がまだ有効ならば、レイシアはスノウドロップを止めようとしているはず……そう考えた彼は、スノウドロップの力で変貌し、もはや「異界」と化した三鷹を目指す。

脚本:雑破業 コンテ:吉田徹 演出:胡蝶蘭あげは、井畑翔太





市民も残ってるのにミサイル攻撃はね。政府もなかなか決断出来ないよね。後々やるけど。


ギャング団の行動がかなりマイルドになってやがる。
そして自分の手駒のhIEを潜り込ませるレイシアさんの黒幕っぷりも。
リョウがしぶとさや意地汚さも含めた人間の力を信じた集団にhIEを忍び込ませたりインフラを回復させてギャング団の団結をあっという間に乱したのは一種の滑稽さがあって同時に酷く残酷だった。

アラトとリョウのやり取りもかなりカットされてるな。
レイシアの行動で弱者が切り捨てられるという話には触れとくべきだったんじゃないかな。

俺の目を盗みやがったな!
どんどんポンコツっぷりが露呈していくメトーデ可愛い。




関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる