ブログパーツ

その追憶は悔恨 Lostorage conflated WIXOSS 02「理由/迷いと覚悟」 感想





“繭”のセレクターバトルを終わらせた少女・小湊るう子と接触した清衣。新たなセレクターバトルのはじまりが近づいていることを告げるが、るう子は「力を貸すことができない」と清衣を拒絶する。
一方、かつて繭という少女が存在した廃墟の部屋に、ひとりのルリグが立っていた。彼女に「鍵を集めて。絶望の扉を開ける鍵を」と部屋の意思が声をかける。最凶のルリグ・カーニバルはその言葉を受け、顔を邪悪に歪ませた。

STAFF
脚本
土屋理敬
コンテ
吉田りさこ
演出
森田ゆうき
作監
佐藤嵩光、八重樫洋平、青木健一郎、鈴木彩乃、岩崎亮
薮田裕希、鶴元慎子
総作監
佐藤嵩光



peeping analyzeダイジェスト。
回想で後ろ姿だけ出たけどちよりも参戦するのかな。

???「我がアミカの気持ちを書き換えたのだ」

繭の口癖「おかしいよね!?」が再び聞けて満足。

苦しみから解放=殺害とかHUNTER×HUNTERのボマーみたいな事をやりやがって。
世間的には清衣ちゃんが前科一犯の犯罪者がひでえ。
逮捕されたらワイドショーでコメンテーターに明後日な事を言われそう。

特別な力があったのは繭じゃなくて白窓の部屋の方だったのか。

リメンバは再登場して清衣ちゃんと再度戦いそうだな。
レイラから感じる、序盤から中盤に大暴れして場を引っ掻き回す中ボス感。



関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる