FC2ブログ
ブログパーツ

王都の闇を切り裂く刃 オーバーロードⅡ 第9話「舞い上がる火の粉」 感想




Soaring sparks of fire


ツアレを守るため、セバスは犯罪組織《八本指》が経営する娼館へ突入を決意する。協力を申し出たブレインとクライムは、セバスが正面から乗り込み敵を撹乱している間に裏口から侵入することに。裏口の近くで待機するクライムの前に、異変を察して隠し通路から逃げてきたコッコドールが現れる。その護衛は、凄腕が集められた《六腕》の一人“幻魔”のサキュロント。クライムは、彼らの逃亡を防ぐべくサキュロントと対峙する。

脚本:武井風太/菅原雪絵 絵コンテ:寺澤和晃 演出:安部元宏 
作画監督:王國年






鍵開け(物理)

スタッファンはウェカピポの妹の夫みたいな事を言いやがって。
セバス「今日を生きる資格はねぇ!!」


クライムがすげー真っ当な主人公をしておるわ。
幻魔か……GXの頃のカードだから耐性もなくいまいちだったけど失楽園の登場で結構使いやすくなったね。
安田宇里亜ちゃんかわかわ。


セバスに会った後だと八本指への勧誘は魅力がない所か、心が汚されるような感覚さえありそう。
ブレイン、ちょっと前の惨めな姿が嘘のように生き生きとしてる。

秘剣虎落笛格好良い。
しかし、不可視の存在も発見出来ると言った直後に現れるセバスには歴然とした差を感じさせる。
だからといってブレインはもう腐る事はないが。


正義の味方ムーブを楽しんだセバスに一転して訪れる圧迫面接の時間。
仕事とはいえ上司を売った形になるソリュシャンも辛い所。


ガゼフとブレインのやりとりが実況でホモホモ連呼されてて酷い。
まあ、酒で顔が赤くなってるし、そっち方面を連想させなくもないが。


ラナーのサイコっぷりからそのままEDに繋がる演出が見事。



関連記事

テーマ : オーバーロード
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる