FC2ブログ
ブログパーツ

お買い得の札でも張られた気分ね BEATLESS EP06「Higgins village」 感想






アラトは無事、産業振興センターの大惨事からケンゴを救い出すことができた。しかし穏やかな日常へと帰還しても、増えゆく謎に気を取られ、彼の心はなんとなく晴れない。そのころミームフレーム社では派閥争いがさらに激化。その渦中で、レイシア級のhlE・メトーデが動きだそうとしていた。
脚本:雑破業 コンテ:久慈悟郎 演出:久慈悟郎



ホームレスみたいな暮らしをしてるマリアージュはなんなのお前。
原作だと逃げ出した夜にはエリカの家に行ってた筈だが。


「ケモノの谷」って「どうぶつの森」みたいなゲームなんだろうか。

9500キロカロリーはヤバいが、連休合計ならまあギリギリセーフか……?
少なくともシンデレラ体重云々で小食になるよりはマシだろう。きっと。多分。

妹会議で「ビッチになるべきなんだよ!」がカットされていっぱい悲しい。
「どうせどこもここも不公平だから、正々堂々勝負なんてしなくていいんですー」
「不公平で残酷だから、こんな時代にもまだ人間がいて、努力する意味があると思うのだけれど」
のやり取りも聞きたかったぜ……

「私と私みたいなものの区別がつかない人ばかりになってしまったら私がいらない世界になってしまう」は空港のエピソードを知ってると辛い台詞。
渡来の本人に似せたhlEの話も伏線なのかな。メトーデの暗躍に気付いてたりして。

しかし、紫織役の佐武宇綺の演技は正直……
同じ水島精二監督作品のUN-GOで結城新十郎をやった勝地涼は本職の声優じゃないけど上手かったなー。


アニメだと色んな衣装のメトーデが見られて眼福眼福。
自己保存の為、複数のオーナーを得ようとするメトーデ。つまりはオーナーリセマラ。
レイシア級は基本誰もが生き残る為に必死。
紅霞は最初のオーナーガチャで外れを引いてしまったよなー。だからこそテロの時にケンゴとオーナー契約したがってた訳だが。


ざーさん声の女性は誰?と頭を捻ったが、堤美佳か。
この親身になってくれる彼女が空港のあれこれでああなると思うと紫織にとっちゃきついね。

一部ではメンヘラのヒギンズに付き合ってたから自分も病んだ可哀想な人扱いされてる渡来銀河。アジアが演じるとは思わなかった。



追記
公式サイトのニュースに情報あったわ。

【渡来銀河 CV: 神谷浩史】
ミームフレーム社の研究計画主任。レイシア級の事件に深く関わる男。メトーデとオーナー契約を結び逃走したレイシア級hIEの捜索を行う。レイシアと関わりを持つ海内遼に近づき何かを企てている。




【堤 美佳 CV: 花澤香菜】
ミームフレーム社の行動管理プログラム企画課課長。30代だが、口調が学生のようで親しみやすい性格。紫織と仲が良い。


関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BEATLESS EP06 『Higgins village』

廃墟となった地下鉄の駅で、MACらしきモニターで ニュースを見るのは、誰? メトーデなのかな? 遠藤ユカの摂取カロリーを計算していたレイシア。 これ以上食べると樽になると遠藤ユカに警告。 よかったね、遠藤ユカ。 レイシアのお蔭で樽にならずに済んだよ。 amzn_assoc_ad_type ="r...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる