FC2ブログ
ブログパーツ

芽吹く希望、消え去った孤独 Code:Realize 創世の姫君 chapter 12「ぬくもり」 感想








カルディアは天球儀の中に取り込まれ、その中で、父であるアイザックの記憶を見る。

そこには彼が狂気の計画に憑りつかれるきっかけとなる悲劇的な出来事があった。

アイザックの野望に呑み込まれそうになるカルディアだが、再び駆けつけたルパンによって救い出される。

アイザックと対峙するルパン。

だが既に「コード:リアライズ」は達成され、アイザックは自らを世界を統べる神だと宣言する。


脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:山本秀世 演出:山本秀世 作画監督:石井明治



アイザックが神を名乗るのは科学を信じなかった既存の宗教観を否定したかったのかも。

なんか裏があると思ってたけど家から出ないように言ったのはエレインの時みたいな事になるのを避ける為だったのな。
少なくともその時点ではカルディアを大事にしてただろうに、1度反抗されたからって切り捨てるのはどうかと。
今のカルディア以前にも何体も製作してたみたいだし、思い通りにならないならまた創ればいいとか思ってそう。


有言実行でカルディアを盗み出すルパンは本当にイケメン。
お前にならカルディアを任せられるぜ。


フィーニス、父親でなくとも愛してくれる人はいたのに、それに気付いた時には罪を重ねすぎた。


二人は幸せなキスをして終了。
近所の人との交流が描かれてればなお良かった。
あとエティにも参加してほしかった。








関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる