FC2ブログ
ブログパーツ

ログ・ホライズン 第19話「あの背中を追いかけて」 感想

WEB版のネタバレがあるので注意

あらすじ
海から、陸から、モンスターたちの襲撃を受けるザントリーフ半島各地で、冒険者たちの防御戦は続いていた。内陸部では、クラスティたちがゴブリンの中枢部隊を急襲。一方、海辺のチョウシの町では、新人プレーヤーも奮闘を続けていた。雨中の乱戦となるなか、トウヤに襲いかかったのは巨大なダイアウルフ。トウヤ、絶体絶命…。そこに飛び込んできたのはルンデルハウスだった。


狂戦士クラスティの戦闘が映像化。
本当に楽しそうに戦うな、こいつ。
悲しそうで寂しそうという姫の感想は絶対乙女フィルターを通してのものだって。


冒険者にとってゴブリン自体はそれほど驚異ではないものの、点在する大地人の村を守るにはゴブリンを包囲しなくてはならない。
しかしチョウシの町を抜かれると包囲網が崩されるので絶対に死守しなければならない地点。
けれどオキュペテーの到着よりサファギンの増援の方が早かった。その数最低でも1000。
現地の冒険者達の厳しい戦いは続く。

そんな中でミノリの力の片鱗が。
敵の撃破という文を、戦闘という文章に仕立て、戦術という物語にしながら読む、全力管制戦闘(フルコントロールエンカウント)
ミノリのそれは5%刻みで5~10秒。シロエの1%刻みの先行30秒には及ばないもののプレイ時間を考えれば逆にシロエを超える天稟。

ミノリだけでなく新人は誰もが力を付けてきていた。
けれど過酷な現実が襲いかかる。
レベル32のダイアウルフ二体に複数のホブゴブリン。本来なら撤退するべき戦力差だったが、チョウシの町を守る為には引けない。
雨の中の戦闘が絶望感を煽る。

ジリジリと追い詰められる一同。そして数秒後に死ぬトウヤの運命を変えるべくルディが走る。
「舐めるな……!僕は……僕は、ルンデルハウス=コード!冒険者だ!」
決死の攻撃でダイアウルフを撃破するルディ。
すぐさまセララが蘇生しようとするが……

ルディはジェロニモだから……
アバンの梨?をトウヤと一緒に食ってる辺りからもうヤバかった。
大地人だと素直に言ってればこういう結末にはならなかったんだろうけど、困ってる人を助けたくて冒険者になろうとしたルディにとって自分が守られては意味がなかったんだよな……




その他雑感

シロエがボトラーだと判明してしまったな……
そしてゴミ箱には白いティッシュが散乱……

ルセアートの名前がちらっと登場。

シロエ並の全力管制戦闘はリアルのネトゲ廃人には結構出来る人がいるらしいと小耳に挟んだ。ソースはないけど。

アイキャッチ。
またエグザ……飛んだ!?

次回予告
アカツキ「ルンデルハウスは死んだ」
容赦ないな。

「僕達が、世界を変える」
発言が変わったな。

関連記事

テーマ : ログ・ホライズン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ログ・ホライズン #19

『あの背中を追いかけて』

ログ・ホライズン NHK(2/08)#19

第19話 あの背中を追いかけて 公式サイトから海から、陸から、モンスターたちの襲撃を受けるザントリーフ半島各地で、冒険者たちの防御戦は続いていた。内陸部では、クラスティたちがゴブリンの中枢部隊を急襲。一方、海辺のチョウシの町では、新人プレーヤーも奮闘を続けていた。雨中の乱戦となるなか、トウヤに襲いかかったのは巨大なダイアウルフ。トウヤ、絶体絶命…。そこに飛び込んできたのはルンデルハウスだった...

ログ・ホライズン 19話 「あの背中を追いかけて」

評価 ★★★☆ 見つめるのは30秒先の未来!                          

ログ・ホライズン第19話『あの背中を追いかけて』の感想レビュー

ミノリの才能開花回でした。 シロエの背中を追い続けて来た彼女が司令塔となってゴブリンの大軍を蹴散らす姿が胸熱でしたが、そんな善戦ぶりをあざ笑うかのように予期せぬ増援・ダイアウルフが乱入→トウヤを庇ったルディが逝くという展開に涙腺崩壊してしまいました(´;ω...

『ログ・ホライズン』 19話 あの背中を追いかけて

まさかルディといすずの好展開かとおもいきや盛大なフラグだったと( ゚д゚)

コメントの投稿

非公開コメント

ボトラー疑惑は直継の方ですね
あの時のリアルシロエは青いセーターのようなものを着ている方です

アニメについてでなくて申し訳ないのですが、前のブログで公開してたSSはもう公開する気はないのでしょうか?いつの間にか閉鎖していて驚きました。。。

Re: タイトルなし

直継の方でしたか。ご指摘ありがとうございます。

SSの方は要望があればハーメルンにでも再掲しようと思いますが、読みたいのあります?
プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる