FC2ブログ
ブログパーツ

皆の力 ウルトラマンジード 第20話「午前10時の怪鳥」 感想






街にギエロン星獣が出現。ジードが立ち向かって撃退するが、翌日も、その翌日も、そのまた翌日も「午前10時」になると、ギエロン星獣は再び姿を現す。倒したはずなのに何度も現れる星獣に万策尽き、すっかりお手上げ状態のリクたち。しかもAIBの調査により、毎日現れるギエロン星獣は全て同じ個体だと判明。果たしてリクたちはギエロン星獣を無事倒すことが出来るのだろうか…?

<出演> 濱田龍臣 山本千尋 長谷川眞優 小澤雄太 渡辺邦斗 長谷部瞳 清水美鈴 岩田栄慶 小林涼子 小林美江 未浜杏梨 ほか
 〈声の出演〉三森すずこ 潘めぐみ 浅沼晋太郎 宮野真守 ほか
<脚本> 三浦有為子
<監督> 冨田卓




ウルトラマンネオスBlu-ray BOX発売か。ちょこちょこ見た記憶があるんだよな。
それはそうと「ね♂」に変換される俺のPCはどうなってんだか。


テレビでは厳しい事を言われてたが、風物詩になるという事は信頼の証でもある。
この前地上波が放送したシン・ゴジラでも蒲田君が去った後に日常が戻ってたな。


四人が一列になって歩いてる所でメビウスの映画を彷彿とさせる。
市民の協力で撃破するというのは良い展開だと思うけど正直、ギエロン星獣じゃなくても他の再生能力持ちの怪獣、サラマンドラやライブキングでも良かったんじゃね?と言いたくなる。
「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」に代表されるように「超兵器R1号」はメッセージ性の強い回で、ギエロン星獣をこんな扱いしてほしくなかった。






関連記事

テーマ : ウルトラマンジード
ジャンル : テレビ・ラジオ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウルトラマンジード 第20話「午前10時の怪鳥」

ウルトラマンジードの第20話を見ました。 第20話 午前10時の怪鳥 街にギエロン星獣が出現し、リクが立ち向かって撃退するが、翌日もその翌日もそのまた翌日も「午前10時」になると、ギエロン星獣は再び姿を現す。 倒したはずなのに何度も現れる星獣に万策尽き、リク達はすっかりお手上げ状態になってしまう。 しかもAIBの調査により、DNAが一致して毎日現れるギエロン星獣は全て...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる