FC2ブログ
ブログパーツ

復讐鬼見参 Code:Realize 創世の姫君 chapter 2「ザ・ストロンゲスト・ストーカー」 感想





ルパンたちがロンドンで隠れ家としているのは、サンという貴族の屋敷だった。
カルディアは主であるサンにも出会い、何か曰くありげな物言いをされる。
フランの分析で、カルディアの体の毒のもとが、胸に埋め込まれたホロロギウムが原因だということが判明する。
ルパンはカルディアたちを連れてロンドンの繁華街を訪れるが、そこで、不意に【黄昏】という組織に襲撃を受ける。
かろうじて逃げ延びた先に、二挺のショットガンを構えた男が立ちふさがっていた。

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:山本秀世 演出:佐藤清光 作画監督:伊勢奈央子



迂闊に寝返りもうてないとは難儀な体質だ。
1話を見た時、特に根拠はないけど毒の原因はホロロギウムだと思ってた。
関係ないけど最初にホロロギウムで変換したら「幌呂露儀有無」と出た。なんか安土桃山や江戸時代にいそう。


心臓の代わりのホロロギウム。
自分の中で父親善人説に針が触れたかな。まだ断言は出来ないが。


ねっとり平川ボイスで胡散臭いサンジェルマンだけど、初対面が怪しいと逆に良い奴かも。


黄昏って反政府な組織だと思ってたが、むしろ政府の暗部だった。
ヴィクトリアとフィーニスはエリザベス女王とウォルシンガム卿みたいな関係なのかな。フィーニスにはウォルシンガム卿みたいな忠誠はなさそうだが。


ペスト医師のマスク、サクラ大戦でも見た。


ちょくちょくキザでイケメンなルパンだが、カルディアがスカートをたくし上げた時の反応を見ると童貞だな。
温もりを感じてみたいと言われた時の反応も初心だったし。







関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる