ブログパーツ

初っ端から不穏なサバイバル編スタート ようこそ実力至上主義の教室へ 第9話「人間は自由の刑に処されている。」 感想





バカンスと思われた南の島への旅行だが、その実は学校が定めた特別試験だった。生徒たちは1週間、決められたルール下で無人島生活を行うことになる。主なルールは、『各クラスに300ポイントが与えられ、そのポイントで物品を購入できる』、『島内の特定スポットを占有することでポイントを得られる』、『各クラスでリーダーを決め、他クラスのリーダーを当てればポイントが与えられる』など……。この試験の成績次第で、各クラスが保有するクラスポイントは大きく増減する。A〜Cクラスは試験内容を理解すると同時に、迅速に動き始めた。だがDクラスの生徒たちは慣れない無人島生活に困惑し、行動方針も決まらず険悪な空気が漂い出す。




脚本:風埜隼人 絵コンテ・演出:夕澄慶英! 作画監督:金子美咲/成川多加志


L' homme est condamné à être libre.
2回目の登場のサルトル先生。
スパロボファンにはシュウ・シラカワの「自由であるとは、自由であるように呪われていることである」で馴染み深いかもしれない。



ポイントマイナスの査定、著しい環境汚染はともかく
・体調不良や大怪我、朝と夜との点呼時の不在
・他クラスへの暴力や略奪
つまり、いかに気付かれないよう他クラスの人間を殺(ヤ)るかどうかのスニーキングミッションだな!
いや真面目な話、龍園辺りは実際にやりそう。



木の上からドヤ顔で挙手したりターザンと化す高円寺が面白すぎる。
今まで空気だと思ってたがとんでもない。完全に他のキャラを食ってしまう。
などと、前半ではコメディ方面のキャラとして面白く見てたんだけどラストでやられた。なにわろてんねん。



葛城のリーダー発言はブラフ臭い。
でもAクラスがスポットを確保してたのは確かだから本当のリーダーは戸塚の方か?



ここをベースキャンプ地とする!

枝拾いがネタヒロインに聞こえた。
堀北、なんかやけに腕を組んでるけどどこか怪我してるとか体調不良とかだったりしない?

火を起こしたり果物をチェックしたり池は有能だけど川の水は危ない気がする。
伊吹の存在もなんだか不穏。





関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ようこそ実力至上主義の教室へ TokyoMX(9/06)#09

第9話 人間は自由の刑に処されている 無人島での7日間のサバイバル生活。 Dクラスに支給されたのは8人用テント2張り、懐中電灯2つ、マッチ1箱、  人数分のアメニティグッズの入ったリュック、女子用日焼け止め。 龍園と葛城は何やら相談、坂柳に選挙で負けた葛城。 300ポイントが支給されるので、何かを購入することも可能。 簡易トイレが1つでは女子は使えない。 仮設トイレも購入可能だった。 購入す...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる