ブログパーツ

紡いだ絆が導く新たなステージ ウルトラマンジード 第8話「運命を越えて行け」 感想






人質を、そしてレイトを救うため、ギャラクトロンを前にして、ウルトラマンゼロは力尽きて消える…。
まんまと伏井出ケイの謀略にはまり、敗退を喫したことに悔しがるリク。レイトは“本物の”戦いに恐怖を覚え、リクたちに背を向けて出ていく。レイトの心情を察したリクは、再び活動し始めたギャラクトロンに対し、たとえ独りでも戦い抜くと誓ってフュージョンライズ。果たしてレイトはどんな決断を下すのか!?

<出演> 濱田龍臣 山本千尋 小澤雄太 渡辺邦斗 水野直 長谷部瞳 清水美怜 ほか
 〈声の出演〉三森すずこ 潘めぐみ 宮野真守 ほか
<脚本> 柳井祥緒
<監督> 武居正能






今回のアバンだとレイトさんの名言にリクが反発したように感じる。


いけしゃあしゃあとインタビューに答える伏井出先生が本当に憎たらしい。


ギャラクトロンの攻撃を間近で受けたレイトが戦いを怖がって逃げるのは当然だし、それに対して「レイトさんが死じゃったらマユちゃんのお父さんはいなくなっちゃう」と孤児であり父親がベリアルだったリクが言うと辛い。
ライハも家族を亡くしてるみたいだし、この場面は後で盛り上げる為の谷の部分だとは分かっていてもきついぜ。


「僕はウルトラマンだから」
前回のラストでヒーローの条件に悩んでたけど、一度負けても諦めず、一人であろうと立ち上がるリクはまさにヒーロー。ネバー・セイ・ネバー。
ただ、戦う理由がウルトラマンだからというのは、まだ守るべきものは見つけられてないんだなって。


「いつだってウルトラマンは来てくれる。いつも必ず!」
マックスのミズキ隊員が言ってると思うと感慨深い。


「こんな頼りない僕だけどやっぱり守りたいんだ。キミも、マユも、キミの好きなこの町も全部!」
ダイナの「君だけを守りたい」が脳内でリフレインする。
この辺りから涙腺が緩む。

「守りたい。僕には2万年早すぎますか?それでもやってみたいんです。みんなを守るってことを」
「俺の相棒だったらもう30分早く判断しろ」
30分前……しまじろうに殴り込みかな?
早すぎるかと不安を見せるレイトに対してむしろ遅いくらいだと言うゼロ。この二人は本当良いコンビ。これまでこういう人間とウルトラマンの二人三脚なパターンがなかったのが不思議なくらいだ。

「ハッよく言うだろ。主役は遅れて来るってな」
刹那なのに准将みたいな事しやがって。
いや、宮野はキラでもあるんだけどさ。

目の前の敵に集中しろとレイトに言いつつも苦戦するジードを気にするゼロは先輩が板についてきたな。

OPで難波圭一さんの名前を見た時はテンション上がった。ちょい役だったけどヒカリの登場は嬉しかった。

「俺に限界はねぇ!」
ギンガとオーブ、ビクトリーとエックス。かつてゼロと共に戦った事のある後輩達による二段階フュージョンライズ。
いずれジードもプリミティブやソリッドバーニング、アクロスマッシャーでフュージョンライズするようになるんだろうか。

普段より落ち着いた感じの声だな、ビヨンド。
オーブの時はハリケーンスラッシュで負けたからある意味雪辱戦。
大切な人を守るため命をかけられたし華麗に戦いかっこよく勝てたな。
必殺技のバルキーコーラスで視聴者の多くが最弱ラスボスを思い出したよね。

にしてもビヨンドってスーパータロウやメビウスインフィニティーみたいなもんじゃん。
それをテレビシリーズの8話で出すとか、今後どんなヤバい怪獣や宇宙人が出てくるのか戦々恐々。最終的にはジャッカル大魔王クラスになりそう。
そろそろネクサス放送から10年以上経ったしそろそろダークルシフェル登場してくれないかな。


今回のサブタイでウルトラマンタロウ第40話「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」を思い出したんだけど、次回タイラント登場か。





関連記事

テーマ : ウルトラマンジード
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる