ブログパーツ

今を越える力を 戦姫絶唱シンフォギアAXZ EPISODE 08「過去と未来の狭間で」 感想






開闢の刻はまもなく迫り、選択をキミは強いられる。

犠牲でないと嘯いても、唇の震えは隠せない。

悟られぬように噛み締めた、正義の味は鉄錆にも似て。

この瞬間を変えてみせると、踏み出したのは小さな一歩。

失くした笑みを取り戻すため、勇気を鎧って決起する。







切ちゃんのIQ低下が深刻。
それはまあ愛嬌なんだけど一方の調がなんだか不穏。カリオストロ撃破後の表情はなんなんだろうな。


「泥に塗れた奇跡を輝かせる為に」
やたら
大仰な
マリア


OTONAげないOTONA。
OTONA>装者>ノイズ>OTONAという力関係は変わらず。
アルカノイズさえなければキャロルもパヴァリアも司令に潰されてたな。

分断を予期してきりしら以外でもユニゾン出来るように特訓したり戦闘能力以外の部分も優れてる。
でもJIJIMORI的にはフィーネに名前を呼ばれたら躊躇う甘さが気に入らないんだろうな。


まさかの武闘派だったカリオストロ。

「あーしの魅力は爆発寸前ッ!」
嘘は吐きたくないが搦め手で行くと言ったカリオストロが、地声を出してまで装者をサンジェルマン達と戦わせない為に奮闘するのはテンション上がる。
男性声優を起用したのもこのギャップの為かな。


「クリスがあの時助けてくれたから、俺も今、クリスを助けられた!失くした足は、過去はどうしたって変えられない。だけどこの瞬間は変えられる!きっと未来だって!」
「姉ちゃんもクリスも、変えられない過去に囚わればかりだ!俺はこの足で踏み出した!姉ちゃんとクリスは!?」
ステファン君は将来立派なOTONAになれるだろう。
一連の台詞で1期でビッキーが言った「昨日に翼さんが戦ってくれたから、今日に皆が暮らせている世界です」を思い出した。
更に言うとワイルドアームズ4でジュードがハウザーに言った「『過去』(きのう)に世界を守ってくれたから、僕たちは、『現在』(きょう)を、『未来』(あした)を…生きていくことができる。」








関連記事

テーマ : 戦姫絶唱シンフォギア
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる