ブログパーツ

やりたい放題シリーズ ガンダムビルドファイターズ バトルローグ 第1話「AIバトローグ」 感想




メイジン・カワグチとアラン・アダムスはバトルシステムに新たに実装された自動操縦モードのテストのため、ヤジマ商事の研究開発室にいた。
自動操縦モードとは歴代ガンダム作品に登場したパイロットの疑似人格AIを使い、操縦スキルの無い者でも手軽にガンプラバトルができるという画期的なモードである。
メイジンはザクアメイジングの後継機、バリスティックザクに、アランはリボーンズガンダムのカスタム機、リバーシブルガンダムにそれぞれAIをチョイスし夢のガンプラバトルを開始する。



疑似人格と聞くと「これがガンダム!悪魔の力よ!」が脳裏をよぎる。
ARはF90の頭部に搭載されているという設定はラストシューティングのオマージュをやりつつデフの「これは俺の力だ!」に説得力を持たせるナイスな設定だった。

ユウ・カジマはシミレーターのアムロ・レイを倒した事あるんだっけ。

「それだけ出力が高いという事だ」の直後のガンダムヘッドってコレン・ナンダー軍曹のパロディだろうか。

関俊彦って本物のシャア・アズナブルじゃねえか!
どうしても種のラウル・クルーゼを連想してしまうが。

「他人の空似だろう!」
大御所声優古谷徹と謎の大型新人蒼月昇は別人。いいね?
リボンズからアムロの変更とかアランは本当裏技とか好きだな。ほっといたらガンダム以外のパイロット作りそう。



バリスティックザク
三代目メイジン・カワグチが製作したザクアメイジングの後継機。
ノーマルのザクを極限までブラッシュアップしたメイジンにしか作り得ないガンプラ。
新たにファンネルやダブルビームトマホークなど強力な武器も装備。


リバーシブルガンダム
元PPSE社の技術者であったアラン・アダムスが製作したリボーンズガンダムの改造ガンプラ。
ガンダム、キャノンの二形態に加えて、タンク形態へ変形することが可能になっている。あらゆる戦局に対応可能な万能機だ。





企画 サンライズ
原作 矢立 肇
富野由悠季
監督 大張正己
構成・脚本 黒田洋介
メカニックデザイン 大河原邦男
海老川兼武
柳瀬敬之
エンディングテーマ 「Chase Me」 FAKY





関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第1話

ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第1話 『AIバトローグ』 ≪あらすじ≫ メイジン・カワグチとアラン・アダムスはバトルシステムに新たに実装された自動操縦モードのテストのため、ヤジマ商事の研究開発室にいた。 自動操縦モードとは歴代ガンダム作品に登場したパイロットの疑似人格AIを使い、操縦スキルの無い者でも手軽にガンプラバトルができるという画期的なモードである。 メ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる