ブログパーツ

暴かれる奇跡 バチカン奇跡調査官 Ⅳ「それでも尚、我は神を信ず」 感想





セント・ロザリオ教会で起きた連続殺人事件の真相に近づきつつある平賀とロベルト。ミハイル・ブラウン司教の部屋から持ち出した古代ルーン文字の書物の解読に取りかかったロベルトは、そこにすべての事件に繋がる事実が記されていることを突きとめる。ミハイル・ブラウン司教の正体、そして、半世紀以上も隠されてきたセント・ロザリオ教会の正体とは……!?



ミハイル・ブラウンの正体はゲシュタポ局長ハインリッヒ・ミュラー。
セント・ロザリオは洗脳も行うヒトラーユーゲントの育成施設。
ヒムラーの方かと思ったらそっちか。結合双生児って絶対ヨーゼフ・メンゲレが関わってますよね。
そういえば来期ロベルトがラインハルト・ハイドリヒを演じるアニメに出てくるね。

覚せい剤で資金調達してバチカン銀行でロンダリング。
神は信徒を試しまくりである。この辺の腐敗を改革しようとしたヨハネ・パウロ1世も暗殺されちゃったしね。


聖水に偽装した硫酸。
神父がこういう事をやるギャップが面白い。


レオンの死後から明らかに尺が足りなくて巻きに入ってるのが残念。トーマス神父の掘り下げがもっと欲しかったな。
母親の話題になった途端ヨハネス司祭を刺したのは偶然ではないだろうし。


マギー神父の正体はナチス残党狩りの組織シオンの掟の諜報員。
シスタードロテアとフランチェスコ神父も仲間。三人の背景を踏まえた上で見直すと印象が変わるんだろうか。

マギー神父はダークヒーローっぽさがある。
以前雨に濡れながらアンナ・ドロレスの前に現れた時は「ヤバいんじゃね?」と思ったけど真っ当な人で良かった。


来週からOPの映像変わるんだろうか。







関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる