ブログパーツ

行きずりの英雄再臨 戦姫絶唱シンフォギアAXZ EPISODE 05「虚構戦域に命を賭して」 感想





互いの胸の、想いを徹すに勝利は必定。だとしても――

迫り来る不可避の戦いに、勝たなくてもと君は告げる。

その想いを知るからこそ、振り向かないまま駆けていける。

それこそが錬金思想と秤にかけ、怖れを殺して戦場に立つ。

いつかに聞いた「らしく」ある事を自分の武器と携えて。





公式サイトの説明で「「ただの美形」と囁かれるほど錬金術に対してのセンスが皆無の究極凡人」だの「組織の上司として驚くほど無能」だの散々な言われ様のアダム。
前回の錬金術師だから金を錬成するって発言は劣等感の裏返しなのかもしれない。ただの深読みかもしれない。


SAKIMORIの防人は血ではなく心意気ってJIJIMORIに対する痛烈な嫌味。


幽霊だって神様だって真っ二つのイガリマ。
フィーネは実質幽霊で神様みたいなもん。

調が焦ってビッキーに当たる気持ちは分かるんだけど、このパターン何回目だよ。


未来さんの正妻っぷりは安定してる。


ダイレクトフィードバックシステムを錬金術で再現するエルフナインは流しそうめんやってるだけじゃなかったのな。

ただの
やけっぱちの
マリア
脳内お花畑。

自分で自分の意識に介入するなんて流石は悪い事以外なら何でも出来ると評判のマリアだ。
「裸になろう~♪」でアダムやフィーネが脳裏に出てきた。

旅に出ていた真実の人帰還。Cパートに登場するだけで話題を掻っ攫っていく男。
君の胸に生き続けるって鉤爪の男とは別ベクトルで嫌だな。

マリアによるウェル博士のエミュ精度高い。
ただ、その場合LiNKERの謎を解明する手がかりにはならんな。
置き土産に仕掛けられた残留思念だったりしないかな。



関連記事

テーマ : 戦姫絶唱シンフォギア
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる