ブログパーツ

信念の激突 クロックワーク・プラネット 第12話「終焉機動(スティール・ウェイト)」 感想




ナオトとマリーが世界の再構築を試みる中、アンクルは八束脛の暴走を止めるため一人立ち向かう。リューズ、ハルター、ベルモットもそれぞれ戦いながら二人の起こす奇跡を願っていた。「Y」の構築した世界を壊そうとするゲンナイに、二人の天才は抗うことができるのか——!



チャージなどさせるものか。
最初からリューズも一緒に戦えばいいんじゃね?と思ったけど原作だと説明されてるんだろうなきっと。

ゲンナイの台詞になんか違和感あると思ったけどこれまでもナオトの事を指してYと言ってたのかよ。キバヤシじゃなかったんだな。
こいつ、地下でナオトと会わなかったら今頃どうしてたんだろう。



関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる