ブログパーツ

宿命の再戦 ソード・オラトリア 第10話「少年と英雄」 感想




ヴァナ・フレイアとブリンガルの言う余計な真似ってなんだろうな。
調査の事かと思ったけどダンジョンに籠るのは余計な真似ではないみたいだし。フレイヤ・ファミリアって事はベル君に関わるなって事?

オッタルとのやり取りを見るに上記の推測で正しかったみたいだけど分かり辛い警告だこと。
カサンドラやフォーグラー博士じゃねえんだぞ。ちゃんと言葉で伝えようぜ。
菓子折りでも持って「すみません……うちのビッチな女神がそこのショタにご執心なんで……はい……本当すみません」と頭を下げるのが筋ってもんじゃないの?
案の定ヴァレン某はその後もベル君の訓練してるし。


フィン、リヴェリア、ガレスのいがみ合っていた過去の話が知りたい。


オッタルさんよぉ、他のフレイヤ・ファミリアのメンバーも襲ってきてんのに独断が通ると思ってんのかよ。
まあ、ロキ・ファミリアは戦争を望んでないだろうから嘘と分かってもおあしすという事にするしかないだろうが。


ベル君VSミノタウロスのリベンジマッチ。
男の子意地って良いものだね。




関連記事

テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソード・オラトリア 第10話

ソード・オラトリア 第10話 『少年と英雄』 いよいよ始まったロキ・ファミリアを中心とした深層エリアへの遠征。二班に分かれた部隊編成で先発隊に名を連ねたアイズは、その途中で上層まで上がってきたミノタウロスとベルが戦っていることを知る。慌てて援軍に向かうが、そこで待っていたのは―― 公式ホームページ更新後、改訂予定 (公式HP STORYより抜粋) ≪感想≫ あっさりと...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる