ブログパーツ

有無相通ずる クロックワーク・プラネット 第11話「天才の理論(セオリー・オブ・Y)」 感想




マリーのかつての学友であった星宮蓮子とともにクーデターの行方を見守るナオトたちは、日本政府によって八束脛に「トールワンド」が投下されることを知る。投下時刻が迫る中、クーデターの黒幕、ゲンナイは八束脛の主砲を放つーー!ゲンナイの暴走を止めるべくナオトとマリー、二人の天才が挑む…!
脚本:あおしまたかし  絵コンテ:吉川博明、長澤剛  演出:千葉孝幸  作画監督:クラージュ





滋賀残党のこれまでの人生ってなんだったんだろうな。
一般市民を巻き込むクーデターを起こした時点で因果応報なんだけどさ。

ナオトがマリーの才能を羨んでる描写は前々からあったね。
完全に凡人ならまだ諦めがついただだろうけど、なまじ普通の人間には出来ない芸当が出来る分、自分にないものの存在を意識してしまうんだろう。

Yさんはあれかい?
誤った情報や不完全な技術を残して後世の宿題にする超越者ムーブでもやってたんだろうか。





関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる