ブログパーツ

天才の覚醒 クロックワーク・プラネット 第10話「自動人形を繋ぐもの(プログレッサー)」 感想





区画・秋葉原を脱磁させるために、国の中枢にして日本中の区画の中心である「天御柱」を乗っ取ることにしたナオトとマリーたち。ハルターの意思を持った兵器とともに区画・桜田門を突破し、星宮蓮子を人質に「犯行声明」を出す。その狙いは——?



Playmakerといい尼小僧様といい最近は人質を取る主人公がトレンド。

ハルター、カレンデバイス化。
窮地において才覚を更に研ぎ澄ませるとか、これだから天才ってやつは。
でも音速を超える砲弾の辺りは小説とアニメの媒体の違いというかアニメの表現の限界を感じた。

マリーとアンクルの疑似母娘は良い感じになってきたね。

比良山ゲンナイの中でYはノストラダムスとかイオリア・シュヘンベルグみたいな存在になってね?
実際にまだ生きてて何か干渉してるのかもしれないが。





関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる