ブログパーツ

拒絶からの歩み寄り ソード・オラトリア 第8話「穢れと少女」 感想




バンシーがヨーロッパの妖精だというのは知ってるが、どうしてもガンダムUCのリディ少尉が頭をよぎる。
切った張ったの世界に生きてる冒険者なら験を担ぐのも分かるし、フィルヴィスが嫌われるのも納得するけど、なおさらディオニュソスの人選は失敗なんじゃね?

パントリーにヴィスクムを寄生させヴィオラスを生産。
ああ、パルスのファルシのルシがパージでコクーンね。
Wikipedia見たらなんとなく分かったけどさ。
食人花(ヴィオラス)
巨大花(ヴィスクム)
なのね。
こういうのはファンタジー要素ありのラノベ原作アニメが抱える問題だよね。
もしアニメで、ロイズモイ・オプロの一つリピ・カタスリプシを持つトレス・エスパニア、アルカラ・デ・エナレスの“ヴェロシダード・デ・デイオス”ガルシア・デ・セヴァリョスと名乗られても「何言ってんだこの杉田」としかならない。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる