ブログパーツ

反撃の兆し クロックワーク・プラネット 第9話「空前絶後の犯罪(クリミナル・アクト)」 感想




電磁波の影響で動きを止めたリューズとハルターを直すべく、ナオトとマリーたちは区画・上野のコンラッドの元へ向かう。そこでベルモットから、八束脛の真の目的を知る。八束脛が再び動き出すまでの限られた時間、動かないリューズとハルターを直すことはできるのかーー!?

脚本:あおしまたかし  絵コンテ:あきとし  演出:大西 佐々木  作画監督:暁





これまで渋いおっさんキャラだったコンラッド先生の意外な一面。
UN-GOだとR.A.I.がポルノや暴力的な試合をさせる事が問題になってたな。動く風守兄様をまた見たいぜ。


ベルモットTS
こち亀の秋本治が描いてる「Mr.Clice」や井上ひさしの「吉里吉里人」でもこんな展開あったな。
ナオトも女装してるし、今回は一部のフェチを狙い撃ちする回だった。


滋賀残党からは放っておいたら自滅すると思われてる政府。いや実際グダグダしてたが。こんな時、大人党の四季大和とかでもいれば……
情報操作は凄いんだけどな。上野に秋葉原の様子が全く伝わってる様子がないのがすげえ。
インフィニット・ストラトスのヘイトSSに出てくる日本政府並。あいつら市街地にミサイルが着弾しても隠蔽出来るからな。


トールワンドってようは「ロッズ・フロォム・ゴォォォッド!」か。
イメージ映像が都市一つで済むレベルじゃねーぞ。
赤道ゼンマイというパワーワード。


ヤりたい娘と全部ヤっていい
俺の娘が可愛くて生きているのが全然辛くない。
そんなラノベタイトルありそう。「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。」とかならあるし。


母ちゃんの育児疲れ。
マリーはなんというか、天才で先が見えすぎるけどそれ故に他の人間と危機感を共有出来ず袋小路に入ってしまう感じ。
そんなマリーを諭しつつ嫉妬もするナオトは年相応。


国家区画中枢管理制御塔天御柱。ガンダムSEEDのあれみたいなやつかな。
桜田門にあるみたいだから、つまりは次回は桜田門外の変か。




関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロックワーク・プラネット 第9話 『空前絶後の犯罪』

区画・上野にて地上に出たマリー・ベル・ブレゲ 見浦ナオト、アンクル。アンクルに教えられないような店の前に 出てしまいました。え?コンラット先生が指定した場所なの。 しかも、先生は美女を連れて、現れました! 一体、どうなっているの? あれ?今気づいてけど、動けないリューズも連れてきたのね。 コンラッド先生は、マリー・ベル・ブレゲ達を連れて...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる