ブログパーツ

精神攻撃は基本 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.16「2度目のインターハイ」 感想




いよいよインターハイ栃木県大会の日がやって来た!連覇への決意を胸に会場入りしたチーム総北、王者奪還を目指す箱根学園、御堂筋率いる京都伏見...。全国の強豪チームが続々と集い、熱気に包まれていく。そして総北は前年優勝チームの証、ヒトケタゼッケンを手に士気を高める。そんな中、緊張からトイレへと駆け込んだ鏑木は、そこで箱根学園の銅橋正清と遭遇する。

[STAFF]
脚本 広田光毅
コンテ 森 邦宏
演出 宮原秀二
作監 とみながまり、米本奈苗




綾ちゃん大丈夫?腐女子に叩かれない?


取材陣は節穴すぎないかな。前年のレギュラー全員卒業とかならまだしも3人も残ってるのに。
あと、仮にチームの力に疑問を持っていたとしても小野田なんかは読者の興味を引く絶好の素材なんだから取材しとけよ。


小野田にゼッケン1か……プレッシャー潰れそう。


御堂筋君は進撃の巨人に帰れ。


鏑木がBIG便するのを律儀に待ってくれる豚野郎銅橋は良い奴。
そんな風に考えていた時期が俺にもありました。
イキリ「取り消せよ……!!!今の言葉……!!!」

真実だと思い込んでるだけのハリボテって総北より箱学に刺さらね?。
箱学の誰かが落車したとかゴッドハンドされたとかならまだしも、そうじゃないのに総北のまぐれ勝ちと言ったら箱学は運に左右される程度の実力しかなかったって事にならね?

そして更に首を捻ったのが鏑木の反応。
え?お前今の発言が刺さるの?
本気で困惑したんだけど。お前の小野田への印象って以前の「ごめん」で改善したんじゃねえのかよ!?

銅橋は煽るのは別に良いけどさ、なんでよりにもよって小野田を引き合いに出したよ。弱泉君ならともかく。
1年生つっても入学して何ヶ月も経つなら何度も一緒に走ってるって想像出来そうなもんだが。
何故か、本当に何故か鏑木が真に受けて動揺したけど普通なら(この人箱学のレギュラーなのにロードレースのこと知らないんだ……)と可哀相な視線を向けられてたと思う。
それだけ去年の小野田の走りは有り得ないレベル。
あの場に真波やアブがいたらあまりの恥ずかしさに悶死してたんじゃ。
むしろ銅橋が箱学の負けを認められずフィルターをかけてるだろ。

Cパート
「やかましいッ!おれは女が騒ぐとムカつくんだッ!」






関連記事

テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる