ブログパーツ

天才邂逅 クロックワーク・プラネット 第2話「大支柱崩落(パージ)」 感想




「マイスターギルド」の天才技師マリー・ベル・ブレゲは京都コア・タワーの異常を調査するべく派遣されていたが、軍の不審な動きを察知する。一方、ナオトの高校にリューズが転入生としてやってきた。さえないナオトと美少女リューズの組み合わせに学校中が大騒ぎに…!?



面子の為に2000万人を見捨てる軍はしょうもねえな。罪悪感に耐えかねて真実を告白する軍人が出るレベル。
というかゲロった軍人やマリーを放置しちゃダメなんじゃね?
リモンズは自分の発言を録音されてたらヴァシュロンの方の立場が危うかったね。迂闊。

マリーはヒロインというより女主人公という感じ。
故障箇所は分かるけど修理技術はない(と思われる)ナオトと修理技術はあるけど故障箇所は分からないマリー。
この二人の出会いはテンション上がる。マリーサイドで閉塞感と焦燥感マシマシだっただけにね。

リューズが故障したのは206年前。
経年劣化ではなく人為的なものだったとしたらいずれ話に絡んできそう。
にしてもあざといなぁ。
転校の挨拶はお約束すぎる。
ただ、今のところリューズくらいしかオートマタが出てきてないから世間からの認識とかどれくらい普及してるのかとか今一つ分からない。
ナオトの同級生もリューズがオートマタだと気付いてるのかいないのか。オートマタが入学するのはあり得る事なのか。
愛玩目的の使用に対する周囲の評価も気になる所。
フィギアや抱き枕を「俺の嫁」と呼ぶ程度のキモさで済むのか「あなたって本当に最低の屑だわ!」と言われちゃうレベルなのか。



関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる