ブログパーツ

週初めの活力 有頂天家族2 第一話「二代目の帰朝」 感想




人間は街に暮らし、狸は地を這い、天狗は天空を飛行する。

京都・下鴨神社、糺ノ森に暮らす下鴨家。狸界の頭領であった今は亡き父・総一郎の血を継ぐ四兄弟たちは、タカラヅカ命の母を囲んでそれなりに楽しく暮らしていた。
総一郎の「阿呆の血」を色濃く継いだ三男・矢三郎を中心に起こった狂乱の一夜。次期「偽右衛門」選出も、叔父・夷川早雲の策略も、そして「金曜倶楽部」との一幕も、すべてが一陣の風と共に京の夜空に飛び去ったあの日から季節は流れ、洛中に心地よい香が溢れる若葉の候。毛玉たちは尻の冷えを気にもせず、うごうごと動き出す。
天狗に拐かされ神通力を得た人間の美女・弁天は京を離れ、愛弟子である弁天に恋焦がれる隠居中の大天狗・赤玉先生こと如意ヶ嶽薬師坊は、寂しさと不機嫌を撒き散らしながら相変わらずボロアパートの万年床で、赤玉ポートワインを啜る日々を送っていた。
そんな折、赤玉先生の息子であり、壮絶なる親子喧嘩の末、敗北し姿を消した“二代目”が英国紳士となって百年ぶりに帰朝を果たす。
大驚失色。驚天動地。吃驚仰天。
天狗界、そして狸界を揺るがす大ニュースは瞬く間に洛中洛外へと広がった。
京の町を舞台に、人と狸と天狗の思惑が渦巻く毛玉絵巻第二集、ついに開幕!

「面白きことは良きことなり」




京都には人間と狸と天狗が暮らしている。狸の矢三郎は、師匠である大天狗の赤玉先生の世話をするため、ボロアパートに通う日々を送っていた。そんなある日、矢三郎はツチノコを探しに弟の矢四郎と如意ヶ嶽山中へ繰り出すのだが……。

脚本:檜垣亮 絵コンテ:吉原正行 演出:藤井康雄
作画監督:川面恒介



日曜日の夜はこれを見て一週間の英気を養う。
いや、本当心が穏やかになる。
わざわざ感想を文字にしたりせず余韻に浸るべきなんじゃないかと思ったりもしたが、1期も感想を書いたし2期も多少簡単になるかもしれないが書いてみる。

どんどん適当になっていく宛先と内容の手紙が弁天様らしい。
エンディングの映像を見るにいずれ帰国しそう。

1期1話では弁天に化けてたけど2期1話だと赤玉先生に化ける矢三郎。
どっちも赤玉先生の為にやってるんだよな。

……ホテル内にデカい荷物を運び込まないといけないクロネコヤマトの人は大変そうだな。ここ数ヶ月、過酷な業務内容が報道され先日もAmazonの当日配達からの撤退を発表したばかりだし。
河原町御池のホテルってオークラ?

赤玉先生と早雲の息子がそれぞれ帰郷。
下鴨家の両親の過去話もあったし2期も親子の絆が描かれるのかな。
天狗礫から咄嗟に弟を庇う矢三郎とか弟の見立ては確かだと信頼している矢一郎。兄弟の繋がりが視聴してて心地良い。

行くか行かないか分からないと素っ気ない態度だけど結局行く辺り2代目と先生は間違いなく親子。




【スタッフ】
原作:森見登美彦 『有頂天家族 二代目の帰朝』 (幻冬舎)
キャラクター原案:久米田康治
監督:吉原正行
シリーズ構成:檜垣 亮
キャラクターデザイン・総作画監督:川面恒介
美術監督:竹田悠介・岡本春美
撮影監督:並木 智
色彩設計:井上佳津枝
3D監督:小川耕平
編集:高橋 歩
音響監督:明田川 仁
音楽:藤澤慶昌
オープニング主題歌:milktub
エンディング主題歌:fhana
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:P.A.WORKS

【キャスト】
矢三郎:櫻井孝宏
矢一郎:諏訪部順一
矢二郎:吉野裕行
矢四郎:中原麻衣
弁天:能登麻美子
母(桃仙):井上喜久子
赤玉先生:梅津秀行
金閣:西地修哉
銀閣:畠山航輔
海星:佐倉綾音
淀川教授:樋口武彦
二代目:間島淳司
玉瀾:日笠陽子
呉一郎:中村悠一
天満屋:島田 敏

オープニングテーマ「成るがまま騒ぐまま」
作詞・作曲・歌 - milktub / 編曲 - 宮崎京一
エンディングテーマ「ムーンリバー」(第1話 - )
作詞 - 林英樹 / 作曲 - yuxuki waga / 編曲・歌 - fhána




関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる